「境界型糖尿病」の方が食事の際に気をつけたいコト

「境界型糖尿病」の方が食事の際に気をつけたいコト

糖尿病を発症する危険性が高い人のことを「糖尿病予備群」あるいは「境界型糖尿病」と呼びます。そんな糖尿病予備群が、厚生労働省発表の「平成19年国民健康・ 栄養調査の概要」によると、日本には約2,210万人もいるそうです。境界型と診断されたら、食事はどのように気をつけたら良いのでしょうか。


「糖尿病一歩前」の状態とは

「このままだと糖尿病になってしまいますよ」と、会社の検診などで言われたことはありませんか? この状態が、いわゆる「境界型」(アメリカでは「プレ糖尿病」)です。

診断基準は国際的に定まっていますが、一般には「糖尿病の可能性を否定できない人」を指します(厚生労働省の糖尿病実態調査より)。

一つ確認しておきたいのは、「境界型糖尿病」という糖尿病はないということです。日本でいう「境界型」とは、正常値よりは血糖値が高いが、糖尿病とは診断できないというゾーンのことで、高血糖の判定区分の一つなのです。病名ではありません。

しかし「境界型」、つまりボーダーラインという曖昧さにしがみついて、いつまでも糖尿病であることを自分で否定してしまう弊害があるので、この言葉は先進国ではもう使われなくなりました。ですから、アメリカでは明解なメッセージとしてプレ(前)糖尿病とネーミングされているのです。

境界型の人は、数年以内に、糖尿病を発病する確率が高いことが明らかになっています。また、糖尿病を発症していなくても、境界型でブドウ糖負荷2時間後の血糖値が高い人は、「動脈硬化」が進行しやすい傾向があります。

動脈硬化とは、血管が硬くなったり、狭くなったりして、血液の流れが滞っている状態のこと。動脈硬化にも自覚症状はありませんが、そのままにしていると、血管が詰まったり、破れたりして、「心筋梗塞」や「脳梗塞」「脳出血」などを引き起こす可能性があります。

何に気をつけたらいいの?

境界型を診断されたら、食生活や運動習慣の改善、肥満の解消、禁煙、ストレスの軽減などを行い、意識的に血糖値を下げるようにしていくことが重要です。

特に、食事においては、肥満の解消や血糖値コントロールの観点からも、「まだ大丈夫」と安心せずにできることからはじめて行くべきでしょう。

食事療法のポイント

適正なエネルギー量の食事をとりましょう

適正な体重を保ちながら、日常の生活に必要な量の食事をします。
エネルギー摂取量は、性別、年齢、肥満度、日常生活やスポーツによる身体活動量、血糖値、合併症の有無などを配慮し、医師が決定します。一人ひとり適正エネルギー量は異なりますので、医師から指示されたあなたの量を守りましょう。
(通常成人男性では1400~1800キロカロリー(kcal)、女性では1200~1600キロカロリー(kcal)程度となります)

エネルギー摂取量算出の目安(成人期)=標準体重(*1)×身体活動量(*2)
*1 標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22
*2 身体活動量の目安(体重1kgあたり)

軽労作   デスクワークが主な人・主婦など:25~30kcal
普通の労作 立ち仕事が多い職業:30~35kcal
重い労作  力仕事の多い職業:35kcal~

(例)身長160cm 軽労作の場合 身体活動量28kcal/kgとすると
1.6(m)×1.6(m)×22=56.3kg (標準体重)
56.3(kg)×28(kcal)=1576 約1600kcalとなります。

一日3回規則正しく食べましょう

血糖値を安定させるためには、食事の時間と量をできるだけ毎日一定にすることが大切です。
一日2食にすると、一回当たりの食事量が増え、食後の急激な血糖の上昇につながったり、空腹の時間が長くなることによって栄養素の吸収が増し、体脂肪がつきやすくなったりします。
典型的な悪い食べ方として、「朝抜き、昼そば、夜大食い」があげられます。気をつけましょう。

栄養のバランスが偏らないようにしましょう

指示された一定のエネルギー量の中で、身体に必要な栄養素を十分に満たすには、いろいろな食品を偏りなくとることが必要です。
食品に含まれる栄養素には、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル等があり、それらに過不足のないバランスのとれた献立をたてるために、「糖尿病食事療法のための食品交換表(第6版)」 (日本糖尿病協会/文光堂 2002年発行)を利用する方法があります。

その他のポイント

外食の取り方に気をつけよう

糖尿病・食事療法のコツ!外食の時に気をつけるべきポイント

http://blue-circle.jp/articles/22

糖尿病だから、食事に気をつけたい…家で料理を作る分にはなんとかなっても、急な付き合いや外出・旅行のときはどうすればいいの?という疑問を持つ方は多いはず。今回はそんな、家以外での食事の際のポイントについてご説明します!

おやつやコンビニを利用するなら

糖尿病でもおやつが食べたい!コンビニ・スーパーで買える低糖質おやつ

http://blue-circle.jp/articles/12

糖尿病を患っていると、食事の内容に気を使わないといけません。ですが、甘いスイーツなどのおやつを楽しめないかというとそうではないんです!内容に気をつけさえすれば、幅広く間食を楽しめちゃいます。

糖尿病・糖質制限中でもお菓子が食べたい♪ロカボスイーツまとめ

http://blue-circle.jp/articles/63

糖質制限中や糖尿病治療中でも食べられるロカボ(低糖質)スイーツ、最近は多く見かけるようになりましたね。 種類もさまざまで見た目や味も遜色なし!そんなお菓子をまとめてみました♪

糖尿病の食事治療中でもコンビニの惣菜などの中食って大丈夫?

http://blue-circle.jp/articles/35

最近は中食(なかしょく)という言葉が一般的に使われるようになりました。これは、スーパー・コンビニやお惣菜屋さんで調理済みの料理を買って、自宅で食べることを言います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
もちろん食事だけでなく、生活全般で改善ポイントはあります。

・食事記録をつける
・体重を測る習慣をつけ、適正な体重を維持する
・ゆっくりよく噛んで食べる
・体を動かす習慣をつける

「まだ予備群だから」と安心せず「もう正常ではない」との意識に切り替えて、
予備群のうちに努力をしていきたいですね!

境界型糖尿病と診断された…。まだ間に合う!自分次第で完治あり!

http://blue-circle.jp/articles/275

「境界型糖尿病」と言われてショックを抱えてませんか?ちょっとした日常生活の工夫で糖尿病にはならない、しかも治癒する病気です。「境界型糖尿病」を知り、糖尿病から脱出しましょう。

この記事のライター

最新の投稿


糖尿病の食事レシピ・メニューで困ったらコレ!おすすめ10

糖尿病の食事レシピ・メニューで困ったらコレ!おすすめ10

糖尿病の食事で困っている人必見! 糖尿病の方でも食べられるおいしいレシピ・メニューです! ちょっとした工夫で糖質オフだったりカロリー制限が出来ちゃいます! 食卓をいつもよりもにぎやかに♪


糖質ダイエット!糖質制限の基礎知識と様々な効果に驚き!

糖質ダイエット!糖質制限の基礎知識と様々な効果に驚き!

カロリー制限ばかりがダイエットではありません。糖質制限することはインシュリンとの関わりから見えてくる効能が大きいのです。身体の中の糖質プロセスを知って、より良いダイエットに繋げましょう。


妊娠糖尿病の食事メニュー!毎日おいしく過ごそう!

妊娠糖尿病の食事メニュー!毎日おいしく過ごそう!

妊娠糖尿病ではどんな食事メニューがよいのか? 注意点をしっかり押さえればおいしい食卓を囲めます。 注意点をおさえた、美味しく食べれる食事メニューをご紹介! 食事は生活をささえる大事な要素なのでストレスの原因にもなってします。 健康かつ、満足のいく食事を毎日摂りたいですね!


糖尿病で皮膚にはどんな影響が?皮膚乾燥の対策と気になる5大症状

糖尿病で皮膚にはどんな影響が?皮膚乾燥の対策と気になる5大症状

糖尿病と皮膚との関係について。糖尿病を発症すると合併症が起こりやすくなると言われているように、体にさまざまな症状が出てきます。 皮膚もその一つ。一般的に、糖尿病患者さんの約3割に何らかの皮膚病変が見られると言われています。今は大丈夫と思っていてもそこが落とし穴になります。


糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病になると皮膚のかゆみが出てくる時があります。なぜでしょうか? 高血糖が続くと免疫力が低下し、合併症を起こしやすく末梢神経・循環の機能障害から、皮膚トラブルも起こしやすくなってしまいます。 糖尿病と皮膚の関係を知り、正しいスキンケアを身につけて、かゆみ等の皮膚トラブルを未然に防ぐことが大切です。