糖尿病でもおやつが食べたい!コンビニ・スーパーで買える低糖質おやつ

糖尿病でもおやつが食べたい!コンビニ・スーパーで買える低糖質おやつ

糖尿病を患っていると、食事の内容に気を使わないといけません。ですが、甘いスイーツなどのおやつを楽しめないかというとそうではないんです!手軽にコンビニやスーパーでも買える商品でいくつか良いものをピックアップしました。


ほっとひといきつけるおやつの時間は、毎日の生活のなかでも大事にしたい時間ですね。
食事に制限があると、お菓子は楽しめないのか?というと、そうではないんです!
選ぶものに気を配れば、楽しく間食タイムをすごすことができます。そして身近なコンビニやスーパーで買えるものでもオッケーなのです。

では、どういうものを選べばいいのでしょうか?
選ぶ際に気をつけるポイントと、実際にどんな商品があるのか
ご紹介していきます!

コンビニおやつ選びのポイント(1)低糖質

食事をすると血糖値が上昇するのは、糖質を摂るからです。以前は、タンパク質や脂質も食後血糖値を上げると考えられていましたが、最近の研究では、タンパク質や脂質は、食後血糖値をほとんど上げないことがあきらかになりました。つまり、糖質だけを控えれば食後血糖値を上げずに済むのです。

コンビニおやつ選びのポイント(2)低GI

GIは、Glycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、食後血糖値の上昇度を示す指標のこと。つまり、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示し、摂取2時間までに血液中に入る糖質の量を計ったものです。
GIは、特に1990年代に脚光をあびはじめ、1998年にFAO/WHOレポートが発表されました。さらに2003年にWHOから「過体重、肥満、2型糖尿病の発症リスクを、低GI食品が低減させる可能性がある」というレポートが出されるなどの背景から、その後もさまざまな研究が進行し、食品メーカーは食物繊維が多く、エネルギー密度が少ない、GIの低い食品を供給すべきと求めていました。

低GI食品は、現代人に急増しつつある肥満やメタボリックシンドロームの予防・改善の観点からも、注目されている、熱いキーワードなのです。

コンビニおやつ選びのポイント(3)低カロリー

肥満改善を行うときの摂取カロリーの目安は、20〜25キロカロリー×標準体重です(標準体重を超過している際など、数値が当てはまらないケースもありますので、医師にご相談しましょう)。

この中でも、糖質>GI値>カロリーの順に気をつけていくと選びやすくなってきます!
では実際にどんな商品があるのか、ご紹介します。

くるみとココナッツのキャラメリゼ|ローソン



エネルギー / 249kcal
たんぱく質 / 5.4g
脂質 / 22.0g
糖質 / 5.4g
食物繊維 / 3.8g
ナトリウム / 57mg

ナッツ類はもともと糖質が低く、身体にやさしい栄養もたっぷりの優秀なおやつ。
こちらはさらにナッツをキャラメリゼしてとっても優しい甘さに仕上げられています。
それなのに一袋食べても糖質はなんと5.4g!

ソイジョイ アーモンド&チョコレート|大塚製薬

エネルギー 146kcal
タンパク質 5.4g
脂質 9.9g
炭水化物11.8g(糖質 7.1g、食物繊維 4.7g)
ナトリウム 42〜92mg
大豆イソフラボン 14mg

おいしくて食べごたえがあり、根強い人気を誇るソイジョイシリーズ。
中でもこのアーモンド&チョコレートのフレーバーは、糖質7.1gと大変低めです。
チョコレートの甘さとナッツの食べごたえで小腹がすいた時にもぴったりのおやつです。

やさしい糖質生活 どら焼き|シャトレーゼ

エネルギー 100kcal
たんぱく質  6.5g
脂質     4.6g
炭水化物  21.8g(糖質11.8g、エリスリトールを除いた 糖質量4.8g)
ナトリウム  184mg

シャトレーゼからは「やさしい糖質生活」というシリーズで様々な低糖質スイーツが発売されています。
糖質がグッと抑えられているから、どら焼きだって楽しめてしまえます!

スイーツプラン ミルククリームプリン|モンテール

カロリー 167kcal
タンパク質 3.6g
脂質 10.9g
炭水化物 13.4g
ナトリウム 52mg

※エリスリトールを除いた糖質量:9.6g

スーパーなどで手に入りやすい定番スイーツブランド、モンテールからも低糖質スイーツが出ています。
クリームがたっぷりで満足感も◎

糖尿病でも大丈夫なコンビニおやつのまとめ

いかがでしたか?
近くのコンビニでもたくさん低糖質のおやつはあります。
内容に気をつけて選べば、毎日のおやつタイムがグッと楽しくなること間違いなし!
賢く選んで、上手にコントロールしていきましょう♪

糖尿病の食事治療中でもコンビニの惣菜などの中食って大丈夫?

http://blue-circle.jp/articles/35

最近は中食(なかしょく)という言葉が一般的に使われるようになりました。これは、スーパー・コンビニやお惣菜屋さんで調理済みの料理を買って、自宅で食べることを言います。

関連する投稿


糖尿病と腎臓病の関係。~慢性腎臓病ってどんな病気?~

糖尿病と腎臓病の関係。~慢性腎臓病ってどんな病気?~

腎臓は障害を受けた場合、二度と回復することをご存知でしたか? 予後良好への道は 透析や腎臓移植を選択するほかないという事になります。 そうなる前に私たちはどんな対策を取っておくべきなんでしょうか。


ロカボ体験記(13):ローソンの「ブランのスイートチョコロール」

ロカボ体験記(13):ローソンの「ブランのスイートチョコロール」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソンの「ブランのスイートチョコロール」をレビューします。


ロカボ体験記(12):イオン・トップバリュの「やさしさ想いスイーツ エクレア」

ロカボ体験記(12):イオン・トップバリュの「やさしさ想いスイーツ エクレア」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はイオンPBトップバリュの「やさしさ想いスイーツ エクレア」を食べました!


ロカボ体験記(10):ローソンの「ブランのオムレット」

ロカボ体験記(10):ローソンの「ブランのオムレット」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソンの「ブランのオムレット」を食べてみたいと思います!


ロカボ体験記(9):日清の「カップヌードルナイス しょうゆ&シーフード」

ロカボ体験記(9):日清の「カップヌードルナイス しょうゆ&シーフード」

ぺたこのロカボ体験記★この記事では糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回は日清さんから出た「カップヌードルナイス ポークしょうゆ&クリーミーシーフード」のレビューです♪


最新の投稿


糖質制限中の外食、気をつけたい5つのポイント!

糖質制限中の外食、気をつけたい5つのポイント!

糖質制限中の外食の際、自分ひとりの食事はなんとかなっても、家族や友人、会社の付き合いで食事をする機会も多くあります。そんな時もポイントさえおさえれば大丈夫!糖質制限中でも外食を楽しみましょう!


ロカボ体験記(13):ローソンの「ブランのスイートチョコロール」

ロカボ体験記(13):ローソンの「ブランのスイートチョコロール」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソンの「ブランのスイートチョコロール」をレビューします。


人工透析とたばこ。もっとも注意しなければいけないことはコレ。

人工透析とたばこ。もっとも注意しなければいけないことはコレ。

人工透析治療を導入すると、生命予後はよくなりますが、 生活スタイルが大きく変わりますね。例えば、絶対に定期的に病院へ通わなければならなければなる、食事に気を付けなければいけなる、透析中心といっても過言ではない生活になります。今回は導入前は日常のように吸っていたタバコ、透析導入と共に何か危険となってくるのしょうか?


糖尿病と腎臓病の関係。~慢性腎臓病ってどんな病気?~

糖尿病と腎臓病の関係。~慢性腎臓病ってどんな病気?~

腎臓は障害を受けた場合、二度と回復することをご存知でしたか? 予後良好への道は 透析や腎臓移植を選択するほかないという事になります。 そうなる前に私たちはどんな対策を取っておくべきなんでしょうか。


糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病になると皮膚のかゆみが出てくる時があります。なぜでしょうか? 高血糖が続くと免疫力が低下し、合併症を起こしやすく末梢神経・循環の機能障害から、皮膚トラブルも起こしやすくなってしまいます。 糖尿病と皮膚の関係を知り、正しいスキンケアを身につけて、かゆみ等の皮膚トラブルを未然に防ぐことが大切です。