境界型糖尿病完治には食事や生活など自分次第で!

境界型糖尿病完治には食事や生活など自分次第で!

「境界型糖尿病」と言われてショックを抱えてませんか?食事や運動などのちょっとした日常生活の工夫で糖尿病にはならない、しかも完治する病気です。「境界型糖尿病」を知り、糖尿病から脱出しましょう。


境界型糖尿病って?

糖尿病は良く知っていても、「境界型糖尿病」は聞きなれない方も多いようです。
これは、糖尿病とはっきり診断できない、しかし完全なる正常とも言えない中間に位置する病名です。

境界型糖尿病特徴

境界型糖尿病とは、簡単に言えばイエローカードのようなもので、このまま手立てを考えずに放置したら糖尿病になります。
しかし、生活習慣などで改善を図ると完治するというものです。

膵臓のインスリンは通常、糖に見合った量を分泌し、糖の処理をきっちりと行うための物ですが、分泌不足や処理機能の低下が起きると糖尿病と診断されます。

しかし境界型糖尿病は、分泌と処理のどちらかは正常だが、どちらかが異常または両方の働きが悪く、異常基準値まで達しないがギリギリのラインで留まるといった範囲の物です。

境界型糖尿病に関して、しっかりと頭に置いておきたいことは、糖尿病は一度罹患してしまうと治りませんが、境界型糖尿病は完治するということです。

境界型糖尿病基準

境界型糖尿病の有無を調べる際は、空腹時血糖値に加えて「経口75gブドウ糖負荷試験」という糖分を飲用して時間の経過とともに通常の血糖値に戻る過程を見ていきます。

▪空腹時血糖値         = 110mg/dL以上、126mg/dL未満
▪ぶどう糖飲用後時間後の血糖値 = 140mg/dL以上、 200mg/dL未満

どちらかに当てはまるか、または両方に当てはまると境界型糖尿病

WHO(世界保険機構)の基準値と違って日本では境界型糖尿病をもっと細かく分類している部分があります。IGT(耐糖能異常)とIFT(空腹時血糖異常)です。

境界型糖尿病の症状は糖尿病と同じ?

糖尿病と違って境界型糖尿病は無症状です。

糖尿病の特徴的な症状は口が渇く、おしっこがたくさん出る、疲れやすいなどですが、血液内が高血糖となって細胞との浸透圧のバランスが崩れて起きる症状です。

これらは、糖尿病と診断された以降に病気が進んで出る症状とされています。
境界型糖尿病と診断された人は、すぐにはこの症状はなくとも、数年で糖尿病に進行すると言われています。

境界型糖尿病の症状はありませんが、ブドウ糖負荷2時間後の血糖値異常(IGT)に該当する人は、動脈硬化に移行しやすいと出ているため、動脈硬化に関する症状には警戒が必要です。

境界型糖尿病の原因4つ

糖尿病は高血糖が続くことで他の病気を引き起こすものですが、原因は1型糖尿病と2型糖尿病では内容が変わってきます。

1型は免疫異常などが関与して膵臓のβ細胞が破壊されて起こるインスリン分泌の低下、2型は体質な問題に生活習慣がプラスされて、インスリン量が普通どおりでもインスリンに対する反応が鈍くなって血糖値が下がりづらくなります。

境界型糖尿病は後者の2型糖尿病の予備軍とも言えます。
生活習慣の具体的な要因とは次の4つです。

過食

インスリンの分泌異常でもなく、感受性の異常でもなく一番の原因は過食です。
たくさん食べれば食べるほどインスリンの量は分泌されます。
処理される物質と処理する物質の量のバランスが崩れると高血糖が持続し、それだけ血管にも負担がかかり、膵臓にも過労を与えてしまうため、糖尿病、境界型糖尿病にとなってしまいます。

肥満

肥満は皮下脂肪と内臓脂肪に分類されますが、この内臓脂肪が糖尿病と境界型糖尿病に大きく関わってきます。

アデポサイトカインというホルモンにも似た物質(生理活性物質)があります。
本来は脂質代謝や糖代謝がスムーズに進めるような働きかけをする物質ですが、内臓脂肪が増えると分泌異常をおこします。

アデポサイトカインはインスリンの働きを妨害してしまい血糖が通常通りに処理されなくなるので、これでもかという具合にインスリンはどんどん分泌されることになります。
すると、膵臓は疲弊してしまい機能低下となってしまうのです。

喫煙

喫煙は食べ物でもないのに糖尿病に影響することを不思議に思う人もいると思われますが、これには2つの悪影響が考えられます。

一つはニコチンがインスリンの効果を効きにくくするということです。
インスリンは分泌されていてもそれを受け入れて血糖を下げるという機能を弱めてしまいます。(インスリン抵抗性の増強)

もう一つは交感神経に刺激を与えてカテコラミンという副腎髄質ホルモンを分泌させ、血糖値を上げます。

アルコール

アルコールをたくさん摂取することで脳にある視床下部で炎症反応が起きます。
同じくインスリンも視床下部に作用し糖代謝をコントロールしてもらっています。

アルコールの多量摂取で視床下部から他の組織へ、インスリンの効果を受けなさいと伝える伝達機能が阻害されてしまいます。したがって高血糖の状態が長くなるというわけです。

まだ遅くない!境界型糖尿病からの脱出方法

境界型糖尿病と診断されても、今後の自己管理と努力次第で完治が望めます。
一生糖尿病で苦しむよりも、治癒の可能性のある期間に少しの努力をする方が楽ではないでしょうか。

食事の仕方

食事の量を極端に減らさずに、食べ方の工夫をすることで、血糖値を急激に上昇させるのではなく、滑らかに血糖値が増えていくようになります。

・早食いを避け、ゆっくりよく噛んで食べる
・まとめ食いしない
・1日3食同じ時間に食べるようにする
・野菜中心のメニューにする
・揚げ物など油が多いものや甘いものは、たくさん摂取しない
・味付けは薄く
・アルコールは少量(ビールなら中1本)
・間食は避ける

運動

食事制限しているから大丈夫というものではありません。
体のエネルギーは運動を通して筋肉部分で消費されます。

運動することによってインスリンの感受性が高まり、また肥満改善にもなり必須対策です。
毎日続けることが効果的なので、20~30分程度の運動をしましょう。
有酸素運動は体の代謝を良くしますので、脂肪が燃えやすい体質へと改善できるようになります。

禁煙

ニコチンがインスリンに悪影響なのは明確です。
インスリンの抵抗を高めるばかりではなく、それを介して他の臓器のホルモンがインスリンの分泌までも抑制するという負のサイクルを作り上げます。

インスリン投与の治療を受ける場合は、非喫煙者よりも量が多くなる傾向もあります。
喫煙にメリットはありません、禁煙に努めましょう。

ストレス

ストレスは自律神経を左右してしまい、インスリンの感受性を低くしてしまいます。
社会生活の中では切り離せないものですが、蓄積してメリットはないものですので、自分の解消方法を見つけるように努力しましょう。

隠れ糖尿病はこんな症状!気付かないうちが一番怖い?

http://blue-circle.jp/articles/249

隠れ糖尿病とはどのような症状をいうのでしょうか? 糖尿病はいわば誰でもなりうる病気です。 最近、少し太り気味、けだるい、喉も乾きやすい、、、 もしかしたら自分も。。?食事、日頃の運動で予防できることがあるかもしれません。

関連する投稿


糖尿病と歯周病はお互いを傷つけあってしまう!今からのケアが大事

糖尿病と歯周病はお互いを傷つけあってしまう!今からのケアが大事

詩風病が糖尿病の合併症のひとつでもあり、また逆に歯周病が糖尿病を悪化させる、そんな関係だと知っていましたか?関連性のないように見える二つの病気には、驚くような深い関係があるのです。 糖尿病をもっていなくても絶対に知っておくべき内容です。糖尿病と歯周病の徹底解析です。


糖尿病について徹底解析、糖尿病の基本から未来治療まで!

糖尿病について徹底解析、糖尿病の基本から未来治療まで!

すでに日本では300万人を超えて発症している糖尿病、多くの人が知っている病名です。しかし詳しい内容は意外に知らない人が多いのではないでしょうか。ここでは糖尿病の基礎から、そして現代医療の内容までをご紹介いたします。


糖尿病食事レシピ  【 あまーい☆アスパラの胡麻和え 】  

糖尿病食事レシピ  【 あまーい☆アスパラの胡麻和え 】  

作り置きにもピッタリ!夏野菜のうまみを存分にいただける一皿です。


糖尿病の食事には塩分制限が必要?高血圧予防

糖尿病の食事には塩分制限が必要?高血圧予防

糖質ばっかりであまり気にしてなかったけど、塩分制限ってやっぱり必要? 塩分制限の重要さを集めてみました!


糖尿病予防!低糖質レシピ フルーツ編~キウイ~

糖尿病予防!低糖質レシピ フルーツ編~キウイ~

糖尿病生活のため自炊をしたい!そんな時に使えるおいしいレシピをご紹介します!「血糖値上昇を抑制する栄養素」を重視したフルーツレシピ! 今回は抗酸化作用の強いキウイを主に取り上げます♪


最新の投稿



糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~関西版~

糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~関西版~

糖尿病だけど美味しいケーキ・スイーツが食べたい!糖質が少なくても上質なスイーツが食べられたら…そんな風に思う方は多いハズ! 関西圏内の美味しい低糖質スイーツ店をご紹介します!


人工透析中の食事管理。治療中でも毎日楽しく食べたい!

人工透析中の食事管理。治療中でも毎日楽しく食べたい!

人工透析中でも食事管理はとても大切です。特に、水分・タンパク質の管理は重要で、毎食バランス、摂取量を考えなければなりません。大変な食事管理の中でも食は楽しみでもあり、制限などにしばられるとストレスを感じてしまう事も。


糖質制限は朝食が肝(キモ)!効果を最大化させる方法

糖質制限は朝食が肝(キモ)!効果を最大化させる方法

糖質制限は、ダイエッターなら一度は試しみたいダイエットですね。朝食を抜くと逆に太りやすくなってしまうのをご存知ですか? 「明日からダイエット」と言っても、1日の最初に食べる食事は朝食なように、糖質制限ダイエットは朝食から大事!糖質制限ダイエットにおける朝ごはんの重要さを見直していきましょう。


糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

心臓の病気と聞けばすぐに命に関わることと当然のように認識されています。 糖尿病は膵臓に関わる病気であって心筋梗塞とは直接は結び付かないように思われますが、実は大きなかかわりを持っています。 恐ろしい心筋梗塞だからこそ病気を知り、予防を心がけましょう。