2020年8月24日

糖尿病生活 Q&A「どうして高血糖な食べ物はダメなの?」

高血糖・高脂質なもの、食べたくなりますよね。 ただ怖いのが食後に血糖値が上昇する事による食後高血糖。 糖質制限が基本の糖尿病ですが、そもそもそれはなぜなのでしょう? よく理解するために、もう一度見直してみましょう!

「食後高血糖」とは?

「食後高血糖」は、糖尿病だけでなく糖尿病予備群においても重要な指標のひとつとして注目されています。
食事で摂取されたブドウ糖は、腸で吸収されて血液中に移行し、インスリンの働きによって肝臓や筋肉などの組織に取り込まれ、エネルギーとして利用されます。したがって、食事をすると一時的に血糖値が上昇します。
健康な人の場合、食後2時間もすれば血糖値は140㎎/dL未満に低下しますが、血糖値が低下せず140㎎/dL以上の高い値が続く状態を「食後高血糖」といいます。このような「食後高血糖」は、重大な合併症が発症する危険性(リスク)を上昇させることがわかってきました。
また、糖尿病を発症した早期の段階には、空腹時血糖値が正常域であっても、「食後高血糖」がみられることがわかっています。

なぜ「食後高血糖」は起こるの?

健康な人でも糖尿病予備群でも、食後の血糖値は上昇します。
健康な人では血糖値が上昇すると、すい臓から適切な時間に適切な量のインスリンが分泌され、その働きによって血糖値は低下し、食後約2時間後には空腹時の値に戻ります。
一方、糖尿病や糖尿病予備群の人では、インスリンの分泌量が少なかったり、分泌する速度が遅かったりと、血糖値を下げる働きが十分でないため、食後2時間たっても健康な人のように血糖値は低下せず、高血糖の状態が続いてしまいます。

危険な「食後高血糖」は特に注意が必要!!

「糖尿病型」と「境界型」に含まれる「食後高血糖」は、いずれの病型でも食後血糖値は高値を示しますが、動脈硬化や死亡などのリスクについても同じかというと必ずしもそうではありません。
アジア人(日本人、中国人、インド人など)を対象とした調査※1では、OGTT2時間値※2のみが高値を示した「糖尿病型」の死亡リスクは、「正常型」の約3.5倍高く、また「境界型」よりもリスクが高いことがわかりました。
空腹時血糖値がたとえ正常であっても、食後血糖値が明らかに高い人は、死亡リスクが高いことから、「食後高血糖」は特に注意が必要と考えられます。
※1:DECODA study (2004)
※2:経口ブドウ糖負荷試験2時間値

あなたは何パターン?

糖尿病は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)など様々な検査によって総合的に判断されます。空腹時血糖値、ブドウ糖負荷後2時間値の2つの指標から、「糖尿病型」、「正常型」と、その中間である「境界型」とに分類されています。

何パターンかを調べるには、やはり病院が一番です。
気にされている方は一度なにもなくても病院で検診を受けてみましょう!

食後高血糖を改善するために

食後高血糖の改善で効果的なのは、やはり食事と運動です。食事では少し工夫することで、血糖値が上がるのを抑えやすくなります。
 食事の初めに野菜など消化吸収の遅い食品を選び、よく噛んで食べる、食品は食物繊維の多いものを選ぶ、グリセミック指数(GI)の低い食品を選ぶといった工夫が役立地ます。
 このうちグリセミック指数(GI)は、ブドウ糖を摂取した後の血糖上昇率を100として、それを基準に、同量摂取したときの食品ごとの血糖上昇率をパーセントで表した数値。日本語で「食後血糖上昇指数」と訳されることもあリます。GI値が高いほど食後の血糖値を上げやすく、低いほど上げにくくなります。

牛乳をいっしょに飲むとGI値は低くなる

牛乳の糖質は分解に時間がかかるため血糖値の急激な上昇を抑え、全体のGIを下げたりインスリンの分泌を良くする働きがあります。

朝食に牛乳を飲むだけで、炭水化物の吸収が遅くなるので、糖尿病の人はもちろん、肥満が気になる人にもおすすめです。

関連するタグ
関連する記事
最新記事