糖尿病を理解するための基礎知識5点 初級編

糖尿病を理解するための基礎知識5点 初級編

糖尿病になってしまった・・・。糖尿病の勉強を始めたいけど、何から始めればいいか分からない・・・。そんなあなたのために、糖尿病を知る上で必要な基礎知識を簡単にまとめてみました。糖尿病の原因や体の中で起こっていること、放っておくとどうなってしまうのかなど、基礎的な知識を身につけたい方は、是非参考にしてみてください。


糖尿病になってしまった方、医者に要注意と指摘された方。。。
病気は知ることから始めましょう。
最初はこれだけ知っておけば大丈夫です!
カンタンにまとめてあるので気軽に勉強してみて下さい(#^.^#)

まずは血糖値について知ろう!

私達は生きていくためにエネルギーが必要ですので、毎日の食事から炭水化物、タンパク質や脂質(三大栄養素と言われています)などを摂取しています。

これらの中でも、大きなウエイトを占めているのが炭水化物(でんぷんや砂糖、ブドウ糖などの糖分)です。

ご飯、パン、麺類、それから清涼飲料水やお菓子を食べたり飲んだりすると、腸から糖分が吸収されて肝臓へ送られた後、ブドウ糖に変えられて血液中に入り、脳や筋肉、神経などの全身の細胞に送られます。この血液中のブドウ糖の濃度のことを「血糖値」といいます。

血糖値はどうやって管理されているの?

血糖値は健常人で通常80~100mg/dLとされ、日中で変動しますが、一定の範囲になるように体の色々な臓器が管理しています。
食事や飲み物から糖分を摂った後は、30分もしないうちに血糖値が高くなっていきますが、数時間すれば元の状態に戻ります。

逆に、1日何も食べなくても血糖値が0mg/dLになることは通常ありません。これは、血糖値を下げる働きのある「インスリン」と、血糖値を上げる働きのある「グルカゴン」などのホルモンによって、上手くコントロールされているからです。








それではよく聞くインスリンやグルカゴンとはなんなのでしょうか?



・・・糖尿病患者さんにとってとても重要なホルモンなんです!

インスリンって何?

血糖値の管理はインスリンやグルカゴンによって行われているということは上で記述しました。それでは、これらのホルモンについて少し詳しく見ていきましょう。

インスリンもグルカゴンも膵臓で作られるホルモンです。

膵臓から血液中に放出され、体内の様々な臓器や細胞に作用します。

特にインスリンは、多くのホルモンの中でも血糖値を下げる働きのある唯一のホルモンです。

食事やお菓子、飲み物などから糖分を摂ると血糖値が上がります(この理由は①を見てください)。

血液中のブドウ糖は、全身の細胞に取り込まれてエネルギー源として使われますが、勝手に細胞に入っていくわけではありません。
この時、細胞にブドウ糖を取り込む働きを担うのがインスリンです。
つまり、インスリンが血糖値を下げるのは、「血液中のブドウ糖をエネルギーとして利用するために、細胞内に取り込むため」と言えます。

グルカゴンって何?

私達は一日3回食事をし、その間にお菓子を食べたりジュースを飲んだりすることもあります。

しかし、寝ている間や食事を抜いた時など、食べ物からエネルギー源(ブドウ糖)が摂れない時は、血糖値がどんどん低下していってしまうのでは?
と思うかもしれません。
特に脳や神経は、ブドウ糖しかエネルギー源として使えないため、ブドウ糖が供給されないと上手く働かなくなってしまいます。

そこで、このような事態に対して働くのがグルカゴンというホルモンです。

このホルモンは、肝臓に貯められているグリコーゲン(この後に詳しい説明があります)という予備エネルギー源の1つからブドウ糖を作り出し、血液に放出することで血糖値を維持する働きがあります。

また、アドレナリンというホルモンも、このような働きがあることが知られています。

血糖値を保つための仕組み

ブドウ糖は重要なエネルギー源となりますが、1日中エネルギー源を摂り続けないと生きていけないわけではありません。

それは、私達の体に、ある程度エネルギー源を貯めておく仕組みがあるからです。

食事から摂ったブドウ糖は肝臓や筋肉に集められ、予備エネルギー源としてグリコーゲン(ブドウ糖が並んでくっついているような構造をしています)に変えられて貯蔵されます。

特に肝臓のグリコーゲンは血糖値の維持に重要であり、必要になったらブドウ糖に戻されて、血液中に放出されます。ちなみに、筋肉に蓄えられたグリコーゲンは何に使われるかと言いますと、こちらは筋肉を動かすエネルギー源としてのみ使われます。

まとめ

糖尿病の勉強をする前に知っていると良いことを、血糖値を中心にまとめてみました。

専門用語が幾つか登場しているので少し難しいと思われるかもしれませんが、知っておいて損はないと思います。

今回は基礎知識のみですが、他の記事で糖尿病についてまとめてありますので、そちらも参考にしてみてください。

関連するキーワード


糖尿病 血糖値 インスリン

関連する投稿


糖尿病食事レシピ【 卵豆腐の和風あんかけ 】

糖尿病食事レシピ【 卵豆腐の和風あんかけ 】

油揚げの中に卵豆腐を入れ、優しいお味のあんかけをたっぷりかけました。油揚げがだしをしっかり吸い込みます!


夏間近!糖尿病患者さん夏バテに注意!

夏間近!糖尿病患者さん夏バテに注意!

暑い日々が続きますが、夏の準備はOKですか? これから楽しい夏ですが、夏バテには要注意です!


骨粗しょう症に注意。糖尿病患者さんは特に!今からできること

骨粗しょう症に注意。糖尿病患者さんは特に!今からできること

さまざまな合併症がある糖尿病ですが、意外と知られていないのが、骨粗しょう症です。 骨粗しょう症になると、骨折しやすくなるだけでなく、痛みを感じたりして運動療法が続けられなくなることもあります。


知らないと損してるかも?糖尿病に大事なGI値ってなに?

知らないと損してるかも?糖尿病に大事なGI値ってなに?

糖尿病について、よく知っている方も、最近勉強し始めた方も、ネットで「GI値」と言う文字、よく見かけませんか? なんとなくは分かるけど、、、実際のところよくわからない!というから多いと思います!そんな方のためにGI値徹底解説!


糖尿病の食事治療中でもコンビニの惣菜などの中食って大丈夫?

糖尿病の食事治療中でもコンビニの惣菜などの中食って大丈夫?

最近は中食(なかしょく)という言葉が一般的に使われるようになりました。これは、スーパー・コンビニやお惣菜屋さんで調理済みの料理を買って、自宅で食べることを言います。


最新の投稿


糖尿病患者さんは要注意!痛風も予防、アルカリ性食品でふせげる?

糖尿病患者さんは要注意!痛風も予防、アルカリ性食品でふせげる?

糖尿病患者さんはいろいろな合併症を阻止しなければなりません。 なぜなら、通常よりも、病気にかかりやすくなっているからです。 今回は痛風についてです。


糖尿病食事レシピ【 おひとり様ランチに☆厚揚げピザ決定版 】 

糖尿病食事レシピ【 おひとり様ランチに☆厚揚げピザ決定版 】 

これだけでお腹いっぱいになるのに、しっかり糖質制限できます!パパッと出来て美味しいので、是非お試しください♪


糖尿病食事レシピ【 卵豆腐の和風あんかけ 】

糖尿病食事レシピ【 卵豆腐の和風あんかけ 】

油揚げの中に卵豆腐を入れ、優しいお味のあんかけをたっぷりかけました。油揚げがだしをしっかり吸い込みます!


夏間近!糖尿病患者さん夏バテに注意!

夏間近!糖尿病患者さん夏バテに注意!

暑い日々が続きますが、夏の準備はOKですか? これから楽しい夏ですが、夏バテには要注意です!


骨粗しょう症に注意。糖尿病患者さんは特に!今からできること

骨粗しょう症に注意。糖尿病患者さんは特に!今からできること

さまざまな合併症がある糖尿病ですが、意外と知られていないのが、骨粗しょう症です。 骨粗しょう症になると、骨折しやすくなるだけでなく、痛みを感じたりして運動療法が続けられなくなることもあります。