糖尿病を理解するための基礎知識 初級編 part3

糖尿病を理解するための基礎知識 初級編 part3

糖尿病になってしまった・・・。糖尿病の勉強を始めたいけど、何から始めればいいか分からない・・・。そんなあなたのために、糖尿病を知る上で必要な基礎知識をまとめています。今回はpart3ということで、糖尿病の診断基準と検査項目について書いてみました。是非参考にしてみてください。


どうやって糖尿病と判断するの?

我が国の糖尿病の診断基準は、日本糖尿病学会によって定められています。
初回検査では「型」が判定されます。

随時血糖検査では、食後をした時間と関係なく採血し、血糖値(この場合は随時血糖値と呼びます)を測ります。

早朝空腹時血糖検査では、検査当日に朝食を抜いた状態で採血し、血糖値(この場合は早朝空腹時血糖と呼びます)を測ります。

75gOGTT(75g経口ブドウ糖負荷試験)は、検査当日の朝まで10時間以上絶食した状態で採血し、血糖値を測ります。
その後、ブドウ糖液(ブドウ糖75gを水に溶かしたもの)を飲み、30分後、1時間後、2時間後に採血し、血糖値を測るという検査です。

これらの検査は必ずしもすべて行うわけではなく、いずれかの検査で(1)~(4)の基準値を超えてしまった場合に「糖尿病型」と判断されます。

(1)早朝空腹時血糖・・・126mg/dL以上
(2)75gOGTTの2時間値・・・200mg/dL以上
(3)随時血糖値・・・200mg/dL以上
(4)HbA1c・・・(JDS値)6.1%以上または(国際標準値)6.5%以上

そして、以下の(5)および(6)が確認された場合は、「正常型」と判断されます。
(5)早朝空腹時血糖・・・110mg/dL未満
(6)75gOGTTの2時間値・・・140mg/dL未満

「糖尿病型」「正常型」いずれにも属さない場合は「境界型」と判定されます。

ただし、初回検査時に糖尿病が疑われる場合は血糖値とHbA1cを同時に測り、両方の結果が糖尿病型であった場合はその時点で糖尿病と診断されます。

くわえて、初回検査で血糖値の検査結果が糖尿病型であり、「口渇、多飲、多尿、体重減少などの糖尿病の典型的症状」「確実な糖尿病網膜症」がみられる場合も、その時点で糖尿病と診断されます。

その後、別の日にもう一度検査をして糖尿病型と診断された場合に「糖尿病」と確定診断されます。

2回目の検査で糖尿病型の基準値以下であった場合は、「糖尿病の疑い」と判断され、3~6か月以内に血糖値やHbA1cを再検査することになります。

詳しくは、フローチャートを見てみてください。

http://taka-yuki.com/, http://www.dm-town.com/index.html, 糖尿病治療ガイド2016-2017(抜粋)を参考に作成。

「境界型」って何?

糖尿病の検査で「境界型」と判断されても、安心はできません。

なぜなら、糖尿病ではありませんが、糖尿病に準ずる状態であるからです。

この境界型の人は、WHO(世界保健機関)の分類では、耐糖能異常や空腹時血糖異常となります。

また、境界型の人は、インスリン分泌障害やインスリン抵抗性がある場合があることが多く、インスリン抵抗性はメタボリックシンドロームとの関連が強いとも言われています。

メタボリックシンドロームは内臓脂肪症候群とも言われ、高血圧や脂質代謝異常、高血糖が起こりやすく、高尿酸血症や脂肪肝といった病気にもなりやすくなります。

さらに、長い間放っていると、動脈硬化が進行し、脳血管障害や心筋梗塞に進展してしまいます(詳しくは別の記事でまとめます)。

そのため、日本糖尿病学会の糖尿病治療ガイドでは、生活習慣の改善による肥満の解消、食事量の制限や運動の奨励、飲酒習慣の更生や禁煙などに努めなくてはならないと書かれています。

HbA1cの検査って何を調べているの?

糖尿病の検査では、血糖値の他にも血液の中のHbA1cを測る場合があります。

でも、一体これは何なのでしょうか?糖尿病とはどのような関わりがあるのでしょう?

まず、HbA1cとは何かと言いますと、hemoglobin A1c (ヘモグロビンエーワンシー)の略語となります。

日本語ではグリコヘモグロビンと言い、血液中のヘモグロビンに糖がくっついたものになります。

ヘモグロビンは赤血球に含まれているタンパク質で、赤い色の色素であるだけでなく、酸素とくっついたり離れたりすることができるため、肺から取り入れた空気中の酸素を全身に運ぶ役割を担っています。

よく、「赤血球は酸素を運ぶ」と言われますが、実際に酸素を運んでいるのは赤血球の中のヘモグロビンと言えます。

しかし、ヘモグロビンは酸素だけでなく糖もくっつくことがあり、この場合はなかなか離れません。

ヘモグロビンの寿命は約120日とされているため、血液中のヘモグロビンにどれくらい糖がくっついているかを調べれば、その人の血液中には、長い間糖がたくさんあったのか(血糖値が高い状態にあったのか)を調べることができるというわけです。

特に、糖尿病の人は血液中のブドウ糖が多い(血糖値が高い)ので、ヘモグロビンへの糖の結合が多くなり、HbA1cの量が多くなります。


糖尿病の検査では、HbA1cは約1~2ヵ月前の血糖値の状態を反映する指標とされています。

①でも記載しましたが、現在は、血液中のヘモグロビンに対するHbA1cの割合が、日本の基準で6.1%、国際基準では6.5%を越えると「糖尿病型」と診断されます。

ちなみに、血糖値の検査とは何が違うのかと言いますと、血糖値は食事やストレスなどによって変動しやすいので、測ったときにたまたま血糖値が高かったり低かったりすることがある場合があります。

検査の時にたまたま高かっただけなのに「糖尿病」と診断されてしまったら嫌ですよね(そのために数回にわたって検査をするのですが)。

一方で、HbA1cは1~2か月間の血糖値の状態を示しているので、より正確な診断が可能となるわけです。

*もちろん、血糖値の結果が信頼できないというわけではありませんよ!

まとめ

今回は糖尿病の診断基準を中心にまとめてみましたが、いかかでしたでしょうか?

測定項目や糖尿病の指標については、血糖値とHbA1c以外にもいくつかありますので、次回にまとめてみようと思います。

関連するキーワード


糖尿病 血糖値

関連する投稿


糖尿病予防!毎日使える低糖質レシピ ナッツ編(4)

糖尿病予防!毎日使える低糖質レシピ ナッツ編(4)

糖尿病生活のため自炊をしたい!そんな時に使えるおいしいレシピをご紹介します!今回はナッツ編(4)です。食事に取り入れたりおやつに取り入れたり、様々なレシピで糖尿病改善のための血糖コントロールを!


糖尿病食事レシピ  【 あまーい☆アスパラの胡麻和え 】  

糖尿病食事レシピ  【 あまーい☆アスパラの胡麻和え 】  

作り置きにもピッタリ!夏野菜のうまみを存分にいただける一皿です。


糖尿病予防・改善に!毎日使える低糖質レシピ 豚肉編(3)

糖尿病予防・改善に!毎日使える低糖質レシピ 豚肉編(3)

糖尿病改善のため、自炊をしたいけど、毎日の食事を考えるのが大変…そんな時に使えるおいしいレシピをご紹介します!今回は豚肉編です。


糖尿病予防・改善に!毎日使える低糖質レシピ 豚肉編(2)

糖尿病予防・改善に!毎日使える低糖質レシピ 豚肉編(2)

糖尿病改善のため、自炊をしたいけど、毎日の食事を考えるのが大変…そんな時に使えるおいしいレシピをご紹介します!今回は豚肉編です。


糖尿病食事レシピ  【 簡単★卵巾着 】 

糖尿病食事レシピ  【 簡単★卵巾着 】 

油揚げに卵を入れて焼く、簡単おつまみレシピです♪お弁当にもオススメなのでお試しあれ!


最新の投稿


糖尿病の食事レシピ・メニューで困ったらコレ!おすすめ10

糖尿病の食事レシピ・メニューで困ったらコレ!おすすめ10

糖尿病の食事で困っている人必見! 糖尿病の方でも食べられるおいしいレシピ・メニューです! ちょっとした工夫で糖質オフだったりカロリー制限が出来ちゃいます! 食卓をいつもよりもにぎやかに♪


糖質ダイエット!糖質制限の基礎知識と様々な効果に驚き!

糖質ダイエット!糖質制限の基礎知識と様々な効果に驚き!

カロリー制限ばかりがダイエットではありません。糖質制限することはインシュリンとの関わりから見えてくる効能が大きいのです。身体の中の糖質プロセスを知って、より良いダイエットに繋げましょう。


妊娠糖尿病の食事メニュー!毎日おいしく過ごそう!

妊娠糖尿病の食事メニュー!毎日おいしく過ごそう!

妊娠糖尿病ではどんな食事メニューがよいのか? 注意点をしっかり押さえればおいしい食卓を囲めます。 注意点をおさえた、美味しく食べれる食事メニューをご紹介! 食事は生活をささえる大事な要素なのでストレスの原因にもなってします。 健康かつ、満足のいく食事を毎日摂りたいですね!


糖尿病で皮膚にはどんな影響が?皮膚乾燥の対策と気になる5大症状

糖尿病で皮膚にはどんな影響が?皮膚乾燥の対策と気になる5大症状

糖尿病と皮膚との関係について。糖尿病を発症すると合併症が起こりやすくなると言われているように、体にさまざまな症状が出てきます。 皮膚もその一つ。一般的に、糖尿病患者さんの約3割に何らかの皮膚病変が見られると言われています。今は大丈夫と思っていてもそこが落とし穴になります。


糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病になると皮膚のかゆみが出てくる時があります。なぜでしょうか? 高血糖が続くと免疫力が低下し、合併症を起こしやすく末梢神経・循環の機能障害から、皮膚トラブルも起こしやすくなってしまいます。 糖尿病と皮膚の関係を知り、正しいスキンケアを身につけて、かゆみ等の皮膚トラブルを未然に防ぐことが大切です。