正しい有酸素運動方法って?やり方を間違えると無駄な努力に。。。

正しい有酸素運動方法って?やり方を間違えると無駄な努力に。。。

有酸素運動と無酸素運動の違いは分かりますか? 有酸素運動は運動療法、ダイエットの基本で知られていますが、 間違って運動をしている方が実は多かったり(>_<) 正しい方法とは?


有酸素運動と、無酸素運動の違いは説明できますか?
現在運動を継続して行っている方も、そうでない方も、知識を深めればとらえ方も変わり
もっと効果を発揮できるかも!

有酸素運動と無酸素運動の違いは?

酸素を有すると書く有酸素運動に対し、酸素を有しない(無)と書く無酸素運動。

この違いを説明する時に「呼吸を止めて行うのが無酸素運動で、呼吸をしながら行うのは有酸素運動」としている方がいらっしゃいますが、これは違います。

有酸素運動とは、酸素をエネルギー源として脂肪を燃焼させる運動で、一方の無酸素運動は筋肉に蓄積してある糖質を燃焼させる運動です。

無酸素運動は、酸素を必要としない運動ではなく、無酸素運動時であっても当然のことながら酸素は必要ですし、一定量の酸素は使われています。

有酸素運動→脂肪の燃焼
無酸素運動→糖質の燃焼

ということになりますね。

長期的に継続して痩せるには、有酸素運動が効果的、という事になります!

有酸素運動の手順!これは守りたい!

①運動の前にはストレッチするべし!

有酸素運動の燃焼効率はどれくらいだと思いますか?

これは、おおよそのデータですが、体重50kgの方が1時間ジョギングをした場合に消費されるカロリーは350~400㎉程度。ウォーキングであればその半分となります。

1時間のジョギングは、運動初心者だけではなく中級者でもなかなか厳しい数値です。

このように、有酸素運動は確かに脂肪を燃焼させる運動ですが、その消費カロリーは思ったほど多くはないのも現状です。

では、有酸素運動前に筋トレを行っていたらどうなるでしょうか。

筋トレは無酸素運動のため、それ自体は脂肪を燃やしません。

しかし、筋トレを行うことで筋肉量が増えて代謝(脂肪を分解する働き)が上がるため、分解された脂肪は有酸素運動によってより燃焼されやすくなります。

つまり、有酸素運動前に筋トレをすることで、脂肪が燃えやすい環境を作っておくことができるため、例えば1時間のジョギングをしたとしたら、消費されるカロリーも増えるのです。

②20分以上の運動時間!

一般的に言われているのは、開始からおよそ20分と言われ、この20分よりも前に運動を止めてしまうと脂肪の燃焼は殆ど行われないと考えられています。

また、有酸素運動は長ければ長いほどよいかと言われると、それもそうではありません。

負荷の少ない動きをしていたとしても、長時間行うとやがて息が切れたり上がってしまいますよね。

有酸素運動では、酸素を体内に摂り込むことが最も大事なので、「ハッハッ」と呼吸が荒くなっては意味がないのです。

このようなことから、有酸素運動を行う場合は20分以上を目安にして、体が疲れすぎたり呼吸が乱れる状態までは行わないようにしましょう。

有酸素運動の種類は?

ダイエット目的として代表的な有酸素運動の種類は以下のものが挙げられます。

・ジョギング
・ウォーキング
・スロージョギング
・水泳/水中ウォーキング
・縄跳び
・ヨガ
・エアロバイク
・自転車
・踏み台昇降運動

どの運動が優れているとかではなく、
それぞれ“消費カロリー”、“体の負担”、“手軽さ”などにおいてメリット・デメリットがあるため、
人それぞれにあった運動があります。

まとめ

いかがでしたか?
有酸素運動はただただ苦しく運動をするわけではありません。
息が苦しくなるぐらい運動を続けていたらそれは無酸素運動かも??

運動=苦しい、

というイメージをお持ちの方がいらしたら、それは損な発想です。

この機にウォーキングに出かけてみてはいかがでしょう(#^.^#)

参考になったらシェア(#^.^#)b

この記事のライター

あおいまる編集部のIです。

関連する投稿


糖尿病から白内障?意外に知られていない関係を解説

糖尿病から白内障?意外に知られていない関係を解説

糖尿病が白内障を引き起こしやすいことを知っていましたか?一度発症してしまうと薬では治せない病気。怖いからこそ知っておきましょう。白内障と糖尿病の関係から予防対策までをご説明いたします。


糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

心臓の病気と聞けばすぐに命に関わることと当然のように認識されています。 糖尿病は膵臓に関わる病気であって心筋梗塞とは直接は結び付かないように思われますが、実は大きなかかわりを持っています。 恐ろしい心筋梗塞だからこそ病気を知り、予防を心がけましょう。


11月14日「世界糖尿病デー」糖尿病について考えよう。

11月14日「世界糖尿病デー」糖尿病について考えよう。

11月14日は何の日だかご存知ですか?そうです。世界糖尿病デー。 この日のイメージカラーはズバリ「青色」。各地でブルーライトが灯されるイベントやシンポジウムが行われます。この糖尿病情報まとめサイト「あおいまる」もここからきています。糖尿病についてもう一度見直してみましょう。


糖尿病食事レシピ【豚ロースのレモン煮、焼き野菜添え】

糖尿病食事レシピ【豚ロースのレモン煮、焼き野菜添え】

野菜は焼いて添えるだけなので、野菜本来の栄養素を味わえます。 また、豚ロースは揚げることが多いですが煮ても柔らかく食べることができますよ。 レモンが効いていてさっぱり味で塩分制限やカロリーダウンしたい方にお勧めです。


糖尿病食事レシピ【白菜と豆腐の中華風ハンバーグ】

糖尿病食事レシピ【白菜と豆腐の中華風ハンバーグ】

野菜をたっぷり使い、豆腐も加えているので糖質オフ! 牛肉の味が引き立つ一品です。 下味をつけないで、食べる直前にタレをかけるので塩分も少ないメニューです。


最新の投稿


糖尿病透析患者さんの食事で気を付けたいこと

糖尿病透析患者さんの食事で気を付けたいこと

透析を行うことになると食事については当然、一段と厳しくコントロールをしなければなりません。 では具体的には何について気をつけなければいけないのでしょうか? この記事では透析を行うことになった場合の食事について気をつけるべき点を整理しました。


糖尿病から白内障?意外に知られていない関係を解説

糖尿病から白内障?意外に知られていない関係を解説

糖尿病が白内障を引き起こしやすいことを知っていましたか?一度発症してしまうと薬では治せない病気。怖いからこそ知っておきましょう。白内障と糖尿病の関係から予防対策までをご説明いたします。


糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

心臓の病気と聞けばすぐに命に関わることと当然のように認識されています。 糖尿病は膵臓に関わる病気であって心筋梗塞とは直接は結び付かないように思われますが、実は大きなかかわりを持っています。 恐ろしい心筋梗塞だからこそ病気を知り、予防を心がけましょう。


糖尿病患者さんとうつ病、その関係とは?

糖尿病患者さんとうつ病、その関係とは?

糖尿病患者さんの隠れた合併症にうつ病があるって知っていましたか? 目に見えない心の症状だからこそ知っておかなくてはいけない糖尿病とうつ病の関係と予防法の解説です。


人工透析に係る費用と知っておくべき医療費助成制度

人工透析に係る費用と知っておくべき医療費助成制度

人工透析に係る費用について。人工透析の導入にあたっては食事管理や水分制限など様々な問題がありますが、そういった健康上の問題以外にも費用や社会福祉サービスの仕組みもどう利用したら良いのか悩みどころになります。今回は人工透析にかかる費用の仕組みを簡単に勉強していきましょう。