ロカボ体験記(6):ローソンの「ブランのバナナクリーム&ホイップパン」

ロカボ体験記(6):ローソンの「ブランのバナナクリーム&ホイップパン」

ぺたこのロカボ体験記★この記事では糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソンの「バナナクリーム&ホイップパン」のご紹介です!


こんにちは、糖質制限ダイエットで順調に減量中の「ぺたこ」です(*^_^*)
こちらの記事では私が主にスーパー・コンビニで買える糖質オフ商品や糖質制限メニュー、外食時に気軽に食べられるロカボメニューなどを実際に体験して皆様にレビューをお届けします♪

今回はローソンさんの「バナナクリーム&ホイップパン」!!

ローソンの「ブランのバナナクリーム&ホイップパン」♪

ローソンさんのブランパンは定期的にラインナップをチェックしちゃうくらいはまっているのですが、
こんな名前のパン、買っちゃわないわけがないですよね…(*´ω`*)
なんてったって、

・バナナ
・ホイップクリーム
・パン

こんなの、ダイエット中に目にするのも嫌なくらいNG!な食品名のハズなのに、全部入っちゃってます…(笑)

個人的に、糖質制限を始める前って、甘いものは基本NGってイメージがありました。
でも、いろんな企業さんの努力で、こうして甘いものも食べられるようにどんどんなってきていますよね!

それではいつもの栄養成分などなど見ていきましょう!

気になる栄養成分・原材料などなど。

カロリーは187kcal、糖質は11.0g。原材料はご覧の画像に詳細があります。

やはり甘いパン、しかもバナナだけあって10gちょっとくらいは糖質があるんですね。
人によるとおもいますが、10g前後くらいだったらわたし的には「おやつでOK」ラインです。
食事なんかに組み合わせる場合は、他のものとの兼ね合いもあるのでひょっとしたら切り分けて少しずつ楽しむかもしれません。(そこまでしてでも食べたいのです!笑)

実際に食べてみた!

お皿に取り出した所。
このパンは女性の手のひらサイズくらいで、ややこぶりな印象です。
袋から取り出した途端ふわっと広がるバナナの香り、案外ずっしりとした重みを感じて
「クリームいっぱい入ってるのかな~♪」と期待してしまいました。

わかりやすく、半分に切ってみます!

よく見えるでしょうか、結構上の方までホイップクリームがぎっしり…さらにその下にはバナナのペーストがたっぷりです!

実際に食べてみると、もう、見た目そのままで、フワッフワのホイップクリームと、しっかりバナナバナナしたペーストがベストマッチング!
パンの上にトッピングされたアーモンドの歯ごたえがアクセントになっています。

ローソンのブランパンの食べ心地はしっとり重みがあるのですが、
それがまたクリームの甘みと合わさって、ちょっとケーキを食べているような気持ちにもなりますね♪

一つ食べたら「甘いもの食べたなぁ」っていう満足感でいっぱいになります!

まとめ

いかがだったでしょうか?

ダイエット中、甘いものが食べたくなってしまうときはどうしてもあるはず。
そんな時にしっかり満足させてくれる商品だなと思いました。

それでは糖質/カロリー/価格をおさらいしてみましょう!

糖質  11.0g
カロリー187kcal
価格  150円(税込)

しっとりとしたブランパンの生地と、たっぷりクリームで幸せになることまちがいなしの
バナナクリーム&ホイップパンでした♪

それではまた次回をお楽しみに!

この記事のライター

最新の投稿


糖尿病患者さんは要注意!痛風も予防、アルカリ性食品でふせげる?

糖尿病患者さんは要注意!痛風も予防、アルカリ性食品でふせげる?

糖尿病患者さんはいろいろな合併症を阻止しなければなりません。 なぜなら、通常よりも、病気にかかりやすくなっているからです。 今回は痛風についてです。


糖尿病食事レシピ【 おひとり様ランチに☆厚揚げピザ決定版 】 

糖尿病食事レシピ【 おひとり様ランチに☆厚揚げピザ決定版 】 

これだけでお腹いっぱいになるのに、しっかり糖質制限できます!パパッと出来て美味しいので、是非お試しください♪


糖尿病食事レシピ【 卵豆腐の和風あんかけ 】

糖尿病食事レシピ【 卵豆腐の和風あんかけ 】

油揚げの中に卵豆腐を入れ、優しいお味のあんかけをたっぷりかけました。油揚げがだしをしっかり吸い込みます!


夏間近!糖尿病患者さん夏バテに注意!

夏間近!糖尿病患者さん夏バテに注意!

暑い日々が続きますが、夏の準備はOKですか? これから楽しい夏ですが、夏バテには要注意です!


骨粗しょう症に注意。糖尿病患者さんは特に!今からできること

骨粗しょう症に注意。糖尿病患者さんは特に!今からできること

さまざまな合併症がある糖尿病ですが、意外と知られていないのが、骨粗しょう症です。 骨粗しょう症になると、骨折しやすくなるだけでなく、痛みを感じたりして運動療法が続けられなくなることもあります。