糖尿病の一から始める運動療法!糖尿病完治を目指そう!

糖尿病の一から始める運動療法!糖尿病完治を目指そう!

Ⅱ型糖尿病完治を目指すには、食事療法とともに運動療法も重要となってきます。運動療法は血糖値を下げるだけでなく、様々な効果がある事がわかっています。しかし、運動を行う事が逆効果になることもあります。どのような運動を、どの程度行う事が安全で効果的かをご紹介します。


運動の効果

効果1:ブドウ糖の消費量が増える

ブドウ糖は体を動かすエネルギー源です。運動をすると筋肉が多くのエネルギーを消費するので、血液中のブドウ糖が筋肉に取り込まれ、血糖値が下がります。

効果2:インスリンの作用が高まる(インスリン抵抗性の改善)

運動を続け、内蔵脂肪を減らすことで、インスリンの働きを邪魔する物質が少なくなります。そのため、インスリンの働きはよくなり、血糖値が下がります。

効果3:動脈硬化(進展)の予防

運動をすることで、血液中の中性脂肪や、動脈硬化の原因になる悪玉コレステロールを減らし、代わって善玉コレステロールを増やすことが出来ます。

効果4:基礎代謝を高め、太りにくい体を作る

運動で筋肉を付けることで、基礎代謝が上がり、太りにくい体質になります。

効果5:血液の循環がよくなる

効果6:心肺機能を保つ

効果7:血圧を下げる

効果8:体力・筋力向上・維持によるQOLの向上と老化防止

※QOL=生活の質

効果9:ストレス解消

運動をすることによってこんなに効果があるんですね。

確かに運動をするとスッキリします!

次に、運動療法の具体的な方法(基本)を見ていきましょう!

運動の方法

運動の種類

全身を使った有酸素運動
・ウォーキング
・ジョギング
・水泳
・自転車こぎ 等

筋肉トレーニングと組み合わせるとより効果的になります。

正しい有酸素運動方法って?やり方を間違えると無駄な努力に。。。

http://blue-circle.jp/articles/10

有酸素運動と無酸素運動の違いは分かりますか? 有酸素運動は運動療法、ダイエットの基本で知られていますが、 間違って運動をしている方が実は多かったり(>_<) 正しい方法とは?

毎日必死に筋トレしているあなた。それ、間違ってるかも?

http://blue-circle.jp/articles/187

体型維持やダイエットのため筋トレしている女性の諸君!たくましい肉体を手に入れるため筋トレしている男性の諸君!でもなかなか筋肉がつかない...と思っている方、筋トレの仕方、間違っていませんか?むやみにトレーニングしてもそれは意味がないかもしれません。そんな筋トレ初心者の方々に今日は簡単に説明したいと思います。

運動の強度

軽く息がはずむ程度
(持ってる力の60%程度で)

苦しくなるほどの強さはあまり効果的ではありません。

運動時間 

20~60分/日程度

脂肪を燃やすためには20分以上行うのが理想的です。

運動時間が長くなると披露し辛くなってきてしまいます。
60分程度におさめて、長期間続けられるようにしましょう!

運動の実施時間

食後30分~2時間以内

食後は血糖値が上昇します。
食後に運動すると、血糖値の上昇が抑えられ、効果的です。

基本的には何時でも構いませんが、
インスリン注射・経口血糖効果剤を使用している人は、低血糖防止の為、食後に運動しましょう。

運動の頻度

3~5日/週程度

運動の効果は2日間持続します。
できるだけ2日は空ける様にしましょう。

1日30×5日/週 運動するのが理想的と言われています。

30分は続けなくても、細切れ(たとえば1回10分の運動を1日3回)に行っても効果があります。

毎日の生活のちょっとした動き(生活活動)でも、積み重ねれば十分運動になります!
無理なくできることを探してみましょう!

生活の中での運動療法

子どもと遊ぶ/介護

庭の草むしり/ガーデニング

屋内の掃除

買い物/犬の散歩

通勤/通学

運動時の注意点

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

1. 前後の準備運動

2. 気候に合わせた服装
  寒いときは重ね着をして体温調節ができるようにしましょう!

3. 適度な水分補給をする
  スポーツドリンクは飲まない

4. 低血糖に備えてブドウ糖(それに代わるものでも)携帯する

5. 運動に適した・あ費に合った靴を履き、酢つずれなどを起こさないようにする

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

運動を長続きさせるコツ

*自宅でもできる運動方法を考える(運動機器の利用)
*仲間を作る
*家族に協力してもらう
*最初から無理をせず、「楽しい」「続けられる」と思える内容・強度にする

※運動制限(調整)が必要な状態

次のような状態に当てはまる人は、「体のため」と思って頑張っていた運動が、逆効果になることがあります。

△   △   △   △   △   △   △   △

① 血糖値が250mg/dl以上あり、尿ケトン体が陽性の時
② 高血圧(収縮期血圧ー上の血圧が180mmHg以上)の時
③ 脈拍が1分間に100回以上ある時
④ ②③以外でも、運動により病状が悪化するような、心臓の病気がある場合
⑤ 高度の肥満がある場合
⑥ 関節に障害がある場合
⑦ 糖尿病の三大合併症 網膜症(眼底・硝子体出血を起こしている)、腎臓(持続的に尿中タンパクが出ている)、神経障害(足潰瘍や壊疽、不整脈、無自覚低血糖)が出ている場合

△   △   △   △   △   △   △   △

運動療法は予防や軽度の糖尿病の方になら確実に効果が得られます。

しかし、心配な場合は必ず医師に

*運動をした方がいいか
*どんな運動をした方がいいか
*運動時の注意点

を相談して、
医師からの指示を受けましょう!

この記事のライター

まだまだ未熟ですが管理栄養士です!
仕事でも日々の勉強でもスキルアップしていきたいと思います!

関連する投稿


糖尿病による足の壊疽症状。切断しなければいけなくなる前に!

糖尿病による足の壊疽症状。切断しなければいけなくなる前に!

糖尿病による壊疽は高血糖が足を崩壊してしまう大変怖い症状です。 壊疽という恐ろしい病気のメカニズムを知ることで自分の足を守りましょう。 糖尿病と足の関係を解明するとともに、フットケアについてもお伝えします。


糖尿病と歯周病はお互いを傷つけあってしまう!今からのケアが大事

糖尿病と歯周病はお互いを傷つけあってしまう!今からのケアが大事

詩風病が糖尿病の合併症のひとつでもあり、また逆に歯周病が糖尿病を悪化させる、そんな関係だと知っていましたか?関連性のないように見える二つの病気には、驚くような深い関係があるのです。 糖尿病をもっていなくても絶対に知っておくべき内容です。糖尿病と歯周病の徹底解析です。


あなたは大丈夫?しびれは糖尿病のサインかも!

あなたは大丈夫?しびれは糖尿病のサインかも!

糖尿病の3大合併症は「糖尿病神経障害」「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」。 その中でも「糖尿病神経障害」は手足の先に痛みやしびれといった症状が生じ、気づかないうちに末梢神経が障害され、次第に身体にさまざまな症状があらわれることもあります。


糖尿病ってどんな病気?丸わかり大辞典

糖尿病ってどんな病気?丸わかり大辞典

「糖尿病と診断された。」「家族に2型糖尿病がいる。」でも糖尿病については、全然知らない。そんなあなたのために、糖尿病丸わかり講座!糖尿病に関するワード全てを徹底解説します!治療を始める前にまずは知識を高めましょう!


まるわかり!糖尿病食品交換表の使い方!

まるわかり!糖尿病食品交換表の使い方!

糖尿病になってから、栄養指導を受けたけれど、食品交換表だけ買わされて使い方がわからない、、、そんなあなたのための食品交換表の使い方をどこよりもわかりやすく、一番シンプルなやり方でまとめてみました!使い始めは難しそうですが、使ってみると意外とカンタンかも?!糖尿病完治を目指すには必須アイテムを見直しましょう!


最新の投稿


女性には糖尿病における大きなリスクがある

女性には糖尿病における大きなリスクがある

糖尿病発症リスクに男女差があるってことは知っていましたか? 直接原因ではなく女性ホルモンが関わり内臓脂肪を増やしてしまうことです。しっかりと仕組みを知り、予防対策につなげましょう


糖尿病をもつ人にとって安全かつ有効な運動療法とは?

糖尿病をもつ人にとって安全かつ有効な運動療法とは?

運動が必要です、糖尿病には運動が欠かせないなど耳が痛くなるほど聞く話しです。しかし運動の必要性やどんな効果があるのかなど運動に関することは、よく考えると疑問が出てくるものではないでしょうか。運動と糖尿病の関りを深く知ることで、より一層運動に興味を持つことにもなります。運動と糖尿病の関係の解説です。


糖尿病を見つけるために早めの検査を!

糖尿病を見つけるために早めの検査を!

糖尿病を早く見つけるために検査が何より大事です。糖尿病と診断されるためにどのような検査があるのでしょうか? 検査の内容と合わせて、そもそも知ってるようで意外と説明できない糖尿病についても詳しく見ていきましょう。


コレステロールの基本を知って上手にコントロール

コレステロールの基本を知って上手にコントロール

コレステロールが高いと聞けば良くない印象を持ちますが、実はとても大事な役割を持っています。コレステロールと上手に付き合うためには、基本を知ることが大切です。コレステロールの薬やサプリメントなどの情報と合わせて知識を高めましょう。


管理栄養士が教える!〜糖尿病とおやつ〜

管理栄養士が教える!〜糖尿病とおやつ〜

糖尿病の方は良く好きなものが食べられなくなるのが辛い。それがとてもストレスになると聞きます。 しかし、ちょっとした心がけで随分気持ちが軽くなりますよ。