2010年8月25日

朝から快調!すぐに試せる便秘解消法

便秘は食べものを摂取することによってもたらされる生理現象です。つまり、小生活を改善することによって便秘を解消することができるのです。ここでは便秘解消のための食事の摂取方法についてご紹介していきます。

便秘は食べものを摂取することによってもたらされる生理現象です。つまり、小生活を改善することによって便秘を解消することができるのです。ここでは便秘解消のための食事の摂取方法についてご紹介していきます。

食物繊維

便秘解消のための食事の一つとして食物繊維があげられます。しかし、食物繊維には種類が二つあります。以下の食物繊維をバランスよく摂取するようにしましょう。

水溶性食物繊維

水に溶ける性質を持つ食物繊維で、果物や海藻類などに多く含まれています。腸の中でゲル状の柔らかい便を作り、出やすくする作用があります。

不溶性食物繊維

穀物、根菜など、繊維質の多い野菜や豆類に多く含まれる食物繊維です。水に溶けずに水分を吸収してふくらみ、便のかさを増やして腸管を刺激し、腸のぜん動運動(消化管などの臓器の収縮運動)を高める働きをします。

便秘を防ぐまたは、解消のためにはこれら二種類の食物繊維をバランスよく摂取する必要があり、症状によって使い分ける必要があります。腸が動かないことが原因の弛緩性便秘の方は不溶性食物繊維を摂取することにより便秘を解消することができ、庁が緊張状態にある痙攣(けいれん)性便秘の方は水溶性食物繊維がおすすめです。

*不溶性食物繊維を摂り過ぎるとよけいにお腹が張って症状が悪化する場合があるので、注意が必要です。

酸化マグネシウム

酸化マグネシウムは「酸化マグネシウム系便秘薬」というカテゴリが病院であるほど便秘に聞くといわれています。酸化マグネシウムは体内にもともと現存する必要不可欠なミネラルの一種であるため、ほかの便秘薬と比べ副作用がなく、常用することにより、効果が薄れることもないのが特徴で国から妊婦や5歳のお子さんからでも飲めると認められているほど、安全性が高いです。

ただし、通常範囲内の摂取は問題ありませんが、重篤な心臓病や腎臓病の人は医師に相談の上で摂取するようにしましょう。

乳製品

乳製品で腸内環境を改善できるというのはよく聞きますね。なぜ乳製品で腸内環境を改善できるかというと、乳製品には善玉菌という悪化した腸内環境を改善してくれる菌を含んでいるので便秘に良いといわれているのです。しかし、ここで注意してほしいのは生きたまま善玉菌が腸内までに届く食材を摂取するようにしましょう。そのような食品の代表例としてヨーグルトや牛乳があげられます。

頑固な便秘に聞く食べ物たち

プルーン

プルーンは先ほど述べた二種類の食物繊維を含む上に、ソルビトールという腸内の水分吸収を抑え、便が固くなるのを妨げる興亜kを持っています。

バナナ

バナナは、食物繊維を多く含む上に、オリゴ糖も多く含んでいます。オリゴ糖は善玉菌のえさとなる成分でオリゴ糖を摂取することにより、善玉菌を増やすことができるのです。さらに、レジスタントスターチと言われるでんぷん質の一種は小腸で消化されにくく、大腸まで残りやすく、発行・分解され有機酸となります。有機酸は悪玉菌を抑制する働きがあり、善玉菌が増えるのを助けてくれる力があるのです。

りんご

りんごにはアップルペクチンという成分が含まれています。アップルペクチンはレジスタントスターチ同様、小腸で消化されにくく、大腸まで到達し腸内環境を改善する働きがあります。また、アップルペクチンは皮に多く含まれるため、皮がと食べるのがより効果的で、さらに過熱調理しても減ることがないので、調理しても摂取することができます。

オリーブオイル

オリーブオイルの主成分であるオレイン酸は小腸で消化されにくく、大腸で腸管を刺激します。また、オリーブオイルは潤滑剤としても役立ち、排便をスムーズにする働きもします。

大人の場合、毎日大さじ2杯を摂取すると効果があるといわれています。そのうちの1杯は、朝に飲むことをおすすめします。

糖質制限には便秘が付き物?原因と対策を知って体も気分も軽くしましょう!

https://blue-circle.jp/articles/248

糖質制限をしていると便秘はつきものなのでしょうか?
糖質制限ダイエットや体調管理をおこなっていても、便秘という副作用にさいなまれては、元も子もありませんね。糖質制限の本質を振り返りながら、身体によいことと便秘解消の対策を見ていきましょう。

関連するタグ
関連する記事
最新記事