糖尿病食事レシピ【 チーズとろーり♪アスパラのささみ巻 】 

糖尿病食事レシピ【 チーズとろーり♪アスパラのささみ巻 】 

ダイエットや糖質制限に欠かせない食材、ささみを使ったヘルシーレシピです^^チーズと白だしが不思議とよく合いますよ♪


***************

1人当たりの栄養価情報
    ・カロリー   : 135kcal
    ・糖質     : 2.4g
    ・たんぱく質  : 17.95g
    ・脂質     : 4.45g

***************

~材料(2人分)~

鶏ささみ         4本
グリーンアスパラ    4本
塩、こしょう       適量
板チーズ         2枚
◆料理酒        大さじ1
◆白だし        大さじ1.5
◆みりん        小さじ1

~作り方~

① フライパンもしくは大きめの鍋に熱湯を沸かします。アスパラは根本の硬い部分を折り、断面を整えます。熱湯に塩小さじ1を加えてから、アスパラを茹でます。

② アスパラは根本だけまず入れて30秒、全部入れて30秒~1分茹でます。茹で上がったら氷水に入れて色止めします。

③ アスパラの水気を拭き取り、根本の筋を包丁で丁寧に取ります。

④ ささみは筋を取り、切り目を入れて開きます。麺棒で叩きながら薄く広げます。軽く塩、こしょうを振っておきます。

⑤ 板チーズを4等分します(計8本)ささみの上にチーズを二枚置き、アスパラを置いてくるくる巻きます。


⑥ フライパンにサラダ油(分量外)を熱します。巻き終わりを下にしてささみを並べます。

⑦ 1分ほど触らずにささみを焼き、裏返します。そこに◆を入れて蓋をします。中火で3分以上蒸し焼きにします。
⑧ 焦げないように、途中コロコロしながら焼きます。ある程度火が通ったら、蓋をとって焼き色をつけます。チーズが溶け出しても気にしません。

⑨ ささみに焼き色がついたらまな板に取り出し、半分に切ってお皿に盛りつけたら完成!溶け出したチーズはかけてしまいましょう^^

コツ・ポイント

アスパラの筋は、三角形の部分に刃を当てて、ゆっくり下に引っ張ると綺麗に取れます。

この記事のライター

あおいまる編集部のIです。

関連する投稿


糖尿病の食事療法においての注意点、徹底解説!

糖尿病の食事療法においての注意点、徹底解説!

糖尿病と診断されたら、今まで通り好きなものを食べているだけではだめです。 その為に糖尿病食事療法があります!治療の方法は運動療法、薬物療法さまざまですが食事療法は一番身近で一番改善に近い療法です。 これをうまく使わない手はないので、是非活用しましょう!


糖尿病にいいと言われるクロム。知っておきたい関係性

糖尿病にいいと言われるクロム。知っておきたい関係性

クロムと言う金属元素があります。必要量は少ないのですが、体内で血糖コントロールに重要な役割を果たしている必須ミネラルの一つです。 クロムが糖尿病にいいという事は聞いたことありますか?


これが基本の「き」!糖尿病予防食で抑えておきたいポイント

これが基本の「き」!糖尿病予防食で抑えておきたいポイント

糖尿病は発症要因から大きく1型、2型に分けられます。日本人では糖尿病患者さんの約95%が2型糖尿病といわれ、「ストレス」、「肥満」、「運動不足」、「暴飲暴食」などのライフスタイルのみだれがおもな原因となって起こります。こうした原因に気をつけて日常生活をおくることができれば、糖尿病になりにくい体をつくることができます。


糖尿病患者さんの甘味料選び。「血糖値をあげにくい」オススメ甘味料まとめ

糖尿病患者さんの甘味料選び。「血糖値をあげにくい」オススメ甘味料まとめ

血糖値を上げる食材として最も気になるものの一つとして、砂糖があります。 砂糖はごはんなどの炭水化物同様に血糖値を上げやすい食材です。 糖尿病患者さんにおいては特に摂り過ぎに注意したいものです。 今回は、砂糖の代わりとなる甘味などについて見ていきます。


糖尿病の食事には塩分制限が必要?高血圧予防

糖尿病の食事には塩分制限が必要?高血圧予防

糖質ばっかりであまり気にしてなかったけど、塩分制限ってやっぱり必要? 塩分制限の重要さを集めてみました!


最新の投稿


糖尿病の食事療法においての注意点、徹底解説!

糖尿病の食事療法においての注意点、徹底解説!

糖尿病と診断されたら、今まで通り好きなものを食べているだけではだめです。 その為に糖尿病食事療法があります!治療の方法は運動療法、薬物療法さまざまですが食事療法は一番身近で一番改善に近い療法です。 これをうまく使わない手はないので、是非活用しましょう!


糖尿病にいいと言われるクロム。知っておきたい関係性

糖尿病にいいと言われるクロム。知っておきたい関係性

クロムと言う金属元素があります。必要量は少ないのですが、体内で血糖コントロールに重要な役割を果たしている必須ミネラルの一つです。 クロムが糖尿病にいいという事は聞いたことありますか?


これが基本の「き」!糖尿病予防食で抑えておきたいポイント

これが基本の「き」!糖尿病予防食で抑えておきたいポイント

糖尿病は発症要因から大きく1型、2型に分けられます。日本人では糖尿病患者さんの約95%が2型糖尿病といわれ、「ストレス」、「肥満」、「運動不足」、「暴飲暴食」などのライフスタイルのみだれがおもな原因となって起こります。こうした原因に気をつけて日常生活をおくることができれば、糖尿病になりにくい体をつくることができます。


糖尿病患者さんの甘味料選び。「血糖値をあげにくい」オススメ甘味料まとめ

糖尿病患者さんの甘味料選び。「血糖値をあげにくい」オススメ甘味料まとめ

血糖値を上げる食材として最も気になるものの一つとして、砂糖があります。 砂糖はごはんなどの炭水化物同様に血糖値を上げやすい食材です。 糖尿病患者さんにおいては特に摂り過ぎに注意したいものです。 今回は、砂糖の代わりとなる甘味などについて見ていきます。


糖尿病の食事には塩分制限が必要?高血圧予防

糖尿病の食事には塩分制限が必要?高血圧予防

糖質ばっかりであまり気にしてなかったけど、塩分制限ってやっぱり必要? 塩分制限の重要さを集めてみました!