塩分取り過ぎ注意!ついつい塩分を取り過ぎてしまう人のための記事!

塩分取り過ぎ注意!ついつい塩分を取り過ぎてしまう人のための記事!

塩分の取り過ぎはよくないというイメージ誰もが持っていると思います。しかし、ついつい飲み会の帰りなどに我慢できず夜中にラーメンを食べてしまったなんてことよくあると思います。そんな方々のために、塩分を取り過ぎたときのおもな症状や対処法をご紹介していきます。


塩分を取り過ぎた時のおもな症状

まずは塩分を取り過ぎるとどうなってしまうのかをご紹介しましょう!

むくみやだるさを引き起こす

高血圧になる

イライラしやすい

特に高血圧は糖尿病とも大きくかかわりがあります。

糖尿病にかかると、いろいろな病気に罹患しやすくなってしまうのは長年のデータの中からわかっているので、特に注意しなけれなりません。

当然ですが、一つ病気にかかると健康からどんどん離れていくため、
病気にかかっていない方よりも治りが遅くなったりします。
そうなる前に小さなケアからやっていきましょう!

どれくらいの量の塩分摂取するのが適切?

最近特にこの話題がテレビや雑誌などでも取り上げられるのは2015年4月1日より日本での塩分の摂取目標量が男性が8.0g、女性が7.0g

しかし実際は日本人の平均的な塩分摂取量は10.2gもあるそう。目標量の倍!

塩分を取り過ぎてしまったときの対処法

カリウムと水を同時に摂取する!

カリウムは、体内の塩分と水分をくっつけてくれます。 水分を摂ることで尿量が多くなります。
カリウムと水分を同時に摂ることで、体内の塩分を水分と一緒に尿として体外に排出できるわけです。

カリウムの働き

・ナトリウムとともに、水分を引きつけて細胞の浸透圧を維持。
 細胞の内外で物質のやりとりをする。
・ナトリウムによる血圧上昇を抑制する。
・筋肉の収縮を円滑にする。
・腎臓における老廃物の排泄を促す。

カリウムの多い食材一覧

干し柿、トマトジュース、焼き芋、干しアンズ、バナナ、柿、キウイフルーツ、グレープフルーツ、メロン、梨、アボカド、ホウレンソウ、納豆、カジキマグロ、カツオの刺身、ジャガイモ、長いも(生)、舞茸、輸入牛

運動や半身浴

カリウムのほかにも運動や半身浴などによって汗を流すことも塩分を摂取しすぎてしまった時に効果的です。

まとめ

みなさん塩分を取り過ぎたときはとにかくカリウムと水分!ということを頭にいれておいてくだいさいね。また汗を流すことで塩分を体の中から排出するのも効果的でしたね。うっかり塩分を取り過ぎてしまったときはぜひおためしください。

この記事のライター

関連するキーワード


糖尿病予防 血糖値

関連する投稿


食事療法。完治を目指せ、食事で糖尿病改善に導こう!

食事療法。完治を目指せ、食事で糖尿病改善に導こう!

糖尿病の完治を目指すために一番大事なのが、食事です。具体的には食事療法といいますが、実際はどのような療法なのでしょうか?交換表が理解できない、続けるが難しい、かえってストレスを感じてしまう。様々な悩みがあると思いますが、ここで一つ復習して見ましょう! すべてがわかる丸わかり辞典2限目です。


これが基本の「き」!糖尿病予防食で抑えておきたいポイント

これが基本の「き」!糖尿病予防食で抑えておきたいポイント

糖尿病は発症要因から大きく1型、2型に分けられます。日本人では糖尿病患者さんの約95%が2型糖尿病といわれ、「ストレス」、「肥満」、「運動不足」、「暴飲暴食」などのライフスタイルのみだれがおもな原因となって起こります。こうした原因に気をつけて日常生活をおくることができれば、糖尿病になりにくい体をつくることができます。


糖尿病の食事には納豆が効果的?血糖値との関係

糖尿病の食事には納豆が効果的?血糖値との関係

糖尿病になっても納豆は効果的、健康的なのでしょうか?納豆と言えば、大豆イソフラボン、ねばねば、など健康食品で知られていますが、血糖値にも関係があるようです。 健康に万能な納豆をご紹介!


「予防」に効果アリ?糖尿病とコーヒーの意外な関係性!

「予防」に効果アリ?糖尿病とコーヒーの意外な関係性!

従来コーヒーは糖尿病に良いと言われることが良くありました。しかし最近になってコーヒーは糖尿病には良くないという研究報告がされるようになってきました。いったいどっちなのか、詳しくまとめてみました。


特に注意!糖尿病患者さんの血圧管理方法

特に注意!糖尿病患者さんの血圧管理方法

糖尿病患者さんは合併症が一番の敵です。 血圧も上がりやすいので警戒して予防しましょう!


最新の投稿


ダイエットと炭水化物の関係。始めよう糖質制限(糖質ダイエット)!

ダイエットと炭水化物の関係。始めよう糖質制限(糖質ダイエット)!

今回はダイエットと炭水化物の関係についてです。 炭水化物は、タンパク質や脂質とともに三大栄養素と呼ばれています。そして炭水化物抜きダイエットというものがありますが、ダイエットと炭水化物はどう関係しているのでしょう?


皮膚がかゆい?!糖尿病と皮膚の密接な関係

皮膚がかゆい?!糖尿病と皮膚の密接な関係

糖尿病の3大合併症はよく知られていますが、このほかにも皮膚に関係する病気がいくつもあるんです。しっかり知って、皮膚のトラブルを回避しましょう!


糖尿病性網膜症、あなたは本当に大丈夫ですか?

糖尿病性網膜症、あなたは本当に大丈夫ですか?

糖尿病性網膜症は、糖尿病の合併症の一つです。自覚症状なく網膜の損傷は進行するのです。 病気を知ることこそ失明の防止となるのです。 まずは糖尿病性網膜症について、詳しく理解するところから始めましょう!


糖尿病と尿の関係を徹底解説!泡や尿糖で診断できる?

糖尿病と尿の関係を徹底解説!泡や尿糖で診断できる?

糖尿病と尿の関係はどういうものなのでしょうか?尿は単純なものではありません。糖尿病や腎臓に関するサインを私たちに投げかけます。健康診断での検査結果から目で見える異変についてまでを詳しく分かりやすくお伝えいたします。


糖尿病の低血糖。甘く見てはいけない知らないと本当に危険な話

糖尿病の低血糖。甘く見てはいけない知らないと本当に危険な話

低血糖を起こさないで安心して生活するためには、まずは糖尿病と低血糖に関する知識を持ちましょう。 特に糖尿病の方は治療を受けている中で、低血糖で危険な状態に陥ることもあります。 今回は低血糖の詳しい内容をお伝えいたします!