塩分取り過ぎ注意!ついつい塩分を取り過ぎてしまう人のための記事!

塩分取り過ぎ注意!ついつい塩分を取り過ぎてしまう人のための記事!

塩分の取り過ぎはよくないというイメージ誰もが持っていると思います。しかし、ついつい飲み会の帰りなどに我慢できず夜中にラーメンを食べてしまったなんてことよくあると思います。そんな方々のために、塩分を取り過ぎたときのおもな症状や対処法をご紹介していきます。


塩分を取り過ぎた時のおもな症状

まずは塩分を取り過ぎるとどうなってしまうのかをご紹介しましょう!

むくみやだるさを引き起こす

高血圧になる

イライラしやすい

特に高血圧は糖尿病とも大きくかかわりがあります。

糖尿病にかかると、いろいろな病気に罹患しやすくなってしまうのは長年のデータの中からわかっているので、特に注意しなけれなりません。

当然ですが、一つ病気にかかると健康からどんどん離れていくため、
病気にかかっていない方よりも治りが遅くなったりします。
そうなる前に小さなケアからやっていきましょう!

どれくらいの量の塩分摂取するのが適切?

最近特にこの話題がテレビや雑誌などでも取り上げられるのは2015年4月1日より日本での塩分の摂取目標量が男性が8.0g、女性が7.0g

しかし実際は日本人の平均的な塩分摂取量は10.2gもあるそう。目標量の倍!

塩分を取り過ぎてしまったときの対処法

カリウムと水を同時に摂取する!

カリウムは、体内の塩分と水分をくっつけてくれます。 水分を摂ることで尿量が多くなります。
カリウムと水分を同時に摂ることで、体内の塩分を水分と一緒に尿として体外に排出できるわけです。

カリウムの働き

・ナトリウムとともに、水分を引きつけて細胞の浸透圧を維持。
 細胞の内外で物質のやりとりをする。
・ナトリウムによる血圧上昇を抑制する。
・筋肉の収縮を円滑にする。
・腎臓における老廃物の排泄を促す。

カリウムの多い食材一覧

干し柿、トマトジュース、焼き芋、干しアンズ、バナナ、柿、キウイフルーツ、グレープフルーツ、メロン、梨、アボカド、ホウレンソウ、納豆、カジキマグロ、カツオの刺身、ジャガイモ、長いも(生)、舞茸、輸入牛

運動や半身浴

カリウムのほかにも運動や半身浴などによって汗を流すことも塩分を摂取しすぎてしまった時に効果的です。

まとめ

みなさん塩分を取り過ぎたときはとにかくカリウムと水分!ということを頭にいれておいてくだいさいね。また汗を流すことで塩分を体の中から排出するのも効果的でしたね。うっかり塩分を取り過ぎてしまったときはぜひおためしください。

この記事のライター

関連するキーワード


糖尿病予防 血糖値

関連する投稿


糖尿病がある人では特に注意!夏バテのあれこれ

糖尿病がある人では特に注意!夏バテのあれこれ

夏バテは知っているようで意外に知らないのではないでしょうか。糖尿病のある人は夏バテしやすい要因があるといいます。体の不調は糖尿病のせいだけではないかもしれません。 夏バテの詳細を知り体の保護につなげましょう。


糖尿病と関連性もあるというストレス、悪いだけのもの?

糖尿病と関連性もあるというストレス、悪いだけのもの?

マイナスのイメージであるストレスですが、実はなくてはならないもの。しかし糖尿病には悪影響を与えるともいいます。ストレスについて詳しく知ることで、糖尿病とともに向かい合っていける方法を見つけましょう。


糖尿病と歯周病はお互いを傷つけあってしまう!今からのケアが大事

糖尿病と歯周病はお互いを傷つけあってしまう!今からのケアが大事

詩風病が糖尿病の合併症のひとつでもあり、また逆に歯周病が糖尿病を悪化させる、そんな関係だと知っていましたか?関連性のないように見える二つの病気には、驚くような深い関係があるのです。 糖尿病をもっていなくても絶対に知っておくべき内容です。糖尿病と歯周病の徹底解析です。


「糖質制限食」のキホン。ダイエットやメタボ解消に!

「糖質制限食」のキホン。ダイエットやメタボ解消に!

糖尿病患者さんの「血糖値コントロール」や、ダイエットの方法としてよく聞く「糖質制限」。わからないことも多いハズ。糖質制限食とは?という基本的なところから、実際どんなものを食べればよいのかをかんたんにまとめます!


妊娠糖尿病の食事で絶対に気をつけたい注意点!

妊娠糖尿病の食事で絶対に気をつけたい注意点!

妊娠糖尿病になった時の食事についてどうしたらよいのか。詳しくご存知ですか?妊婦の時に糖尿病になってしまう症状を妊娠糖尿病といい、妊娠中に血糖値が高くなったり、血糖値が高い状態が初めて発見された状態をいいます。 この妊娠糖尿病は食事療法での治療が基本となりますが、食事での注意点などご紹介していきます。


最新の投稿


女性には糖尿病における大きなリスクがある

女性には糖尿病における大きなリスクがある

糖尿病発症リスクに男女差があるってことは知っていましたか? 直接原因ではなく女性ホルモンが関わり内臓脂肪を増やしてしまうことです。しっかりと仕組みを知り、予防対策につなげましょう


糖尿病をもつ人にとって安全かつ有効な運動療法とは?

糖尿病をもつ人にとって安全かつ有効な運動療法とは?

運動が必要です、糖尿病には運動が欠かせないなど耳が痛くなるほど聞く話しです。しかし運動の必要性やどんな効果があるのかなど運動に関することは、よく考えると疑問が出てくるものではないでしょうか。運動と糖尿病の関りを深く知ることで、より一層運動に興味を持つことにもなります。運動と糖尿病の関係の解説です。


糖尿病を見つけるために早めの検査を!

糖尿病を見つけるために早めの検査を!

糖尿病を早く見つけるために検査が何より大事です。糖尿病と診断されるためにどのような検査があるのでしょうか? 検査の内容と合わせて、そもそも知ってるようで意外と説明できない糖尿病についても詳しく見ていきましょう。


コレステロールの基本を知って上手にコントロール

コレステロールの基本を知って上手にコントロール

コレステロールが高いと聞けば良くない印象を持ちますが、実はとても大事な役割を持っています。コレステロールと上手に付き合うためには、基本を知ることが大切です。コレステロールの薬やサプリメントなどの情報と合わせて知識を高めましょう。


管理栄養士が教える!〜糖尿病とおやつ〜

管理栄養士が教える!〜糖尿病とおやつ〜

糖尿病の方は良く好きなものが食べられなくなるのが辛い。それがとてもストレスになると聞きます。 しかし、ちょっとした心がけで随分気持ちが軽くなりますよ。