ロカボ体験記(4):ローソンの「ブランのハム&マヨネーズパン」

ロカボ体験記(4):ローソンの「ブランのハム&マヨネーズパン」

ぺたこのロカボ体験記★この記事では糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソンの「ブランのハム&マヨネーズパン」を食べてみました!


こんにちは、糖質制限ダイエットで順調に減量中の「ぺたこ」です(*^_^*)
こちらの記事では私が主にスーパー・コンビニで買える糖質オフ商品や糖質制限メニュー、外食時に気軽に食べられるロカボメニューなどを実際に体験して皆様にレビューをお届けします♪

今回はローソンの定番、ロカボパンシリーズのお惣菜パンをご紹介します♪

ローソン「ブランのハム&マヨネーズパン」

ローソンの低糖質ブランパンシリーズ、みなさんは食べたことがありますか?
私はほぼほぼこれが主食なのでは?というくらいお世話になっています(*´ω`*)

これまで食べていた小麦粉のパンとは食感が異なり、少ししっとり重た目の食べ心地なのが特徴です。
小麦の「ブラン(ふすま)」を利用しているので「ブランパン」というんですね。
色は写真でもわかるように香ばしそうな茶色。中身も茶色いパンです。

今回はそんなブランパンの「ハム&マヨネーズパン」をチョイスしました。
お惣菜系のパンって、普段の食事に簡単に取り入れられるので嬉しいんですよね♪

写真で見れる通り、糖質は1個当たり6.2g。2つとも食べたとしても12.4gです。
カロリーは134kcal/個ということですね。

人工甘味料不使用なのもアピールポイントのようです!

気になる栄養成分をチェック。

栄養成分は1個あたりでこんな感じになっています。
ブランパンシリーズは、ロカボなだけではなく、タンパク質や食物繊維が豊富に含まれているんです♪

実際に食べてみた!

袋から出してみるとこんな感じ。ふっくら丸いパンに、てっぺんの部分に穴が開いています。
ここから中のフィリングがちらっと見えていて美味しそうです。

半分に切ってみるとこんな感じです!パンがふっくらすぎて中身のフィリングがおとなしく見えてしまいますが、実際はパンの食べごたえがとてもあるので中身が全然無いなんて感じることはなく、ちょうどよいバランスだと思います。


実際に食べてみると、角切りのハムの歯ごたえがしっかりありますし、マヨネーズの味もしっかりついていて、普通に売っているハムマヨパンと全然変わりなく食べられちゃいます!
ブランパンは食べごたえがしっかりしているので、一つだけ+お肉系のおかず+サラダ とかの組み合わせでも、十分満足できそうな感じがします♪

まとめ

いかがだったでしょうか?
お惣菜パン系、しかも割りとベーシックなハムマヨパンが出たのはうれしいですね。

糖質/カロリー/価格をおさらいしてみましょう。

糖質  6.2g(1個あたり)
カロリー134kcal(1個あたり)
価格  150円(2個入り・税込み)

私は今回そのまま食べてしまいましたが、軽くトースターやレンジなどで温め直して食べるとより一層美味しく食べられそうです♪
コンビニで気軽に買えるパンなので、ご飯を作るのが面倒…というときにもうれしいですね!

それではまた次回をお楽しみに!

この記事のライター

最新の投稿


糖尿病患者さんは要注意!痛風も予防、アルカリ性食品でふせげる?

糖尿病患者さんは要注意!痛風も予防、アルカリ性食品でふせげる?

糖尿病患者さんはいろいろな合併症を阻止しなければなりません。 なぜなら、通常よりも、病気にかかりやすくなっているからです。 今回は痛風についてです。


糖尿病食事レシピ【 おひとり様ランチに☆厚揚げピザ決定版 】 

糖尿病食事レシピ【 おひとり様ランチに☆厚揚げピザ決定版 】 

これだけでお腹いっぱいになるのに、しっかり糖質制限できます!パパッと出来て美味しいので、是非お試しください♪


糖尿病食事レシピ【 卵豆腐の和風あんかけ 】

糖尿病食事レシピ【 卵豆腐の和風あんかけ 】

油揚げの中に卵豆腐を入れ、優しいお味のあんかけをたっぷりかけました。油揚げがだしをしっかり吸い込みます!


夏間近!糖尿病患者さん夏バテに注意!

夏間近!糖尿病患者さん夏バテに注意!

暑い日々が続きますが、夏の準備はOKですか? これから楽しい夏ですが、夏バテには要注意です!


骨粗しょう症に注意。糖尿病患者さんは特に!今からできること

骨粗しょう症に注意。糖尿病患者さんは特に!今からできること

さまざまな合併症がある糖尿病ですが、意外と知られていないのが、骨粗しょう症です。 骨粗しょう症になると、骨折しやすくなるだけでなく、痛みを感じたりして運動療法が続けられなくなることもあります。