ロカボ体験記(4):ローソンの「ブランのハム&マヨネーズパン」

ロカボ体験記(4):ローソンの「ブランのハム&マヨネーズパン」

ぺたこのロカボ体験記★この記事では糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソンの「ブランのハム&マヨネーズパン」を食べてみました!


こんにちは、糖質制限ダイエットで順調に減量中の「ぺたこ」です(*^_^*)
こちらの記事では私が主にスーパー・コンビニで買える糖質オフ商品や糖質制限メニュー、外食時に気軽に食べられるロカボメニューなどを実際に体験して皆様にレビューをお届けします♪

今回はローソンの定番、ロカボパンシリーズのお惣菜パンをご紹介します♪

ローソン「ブランのハム&マヨネーズパン」

ローソンの低糖質ブランパンシリーズ、みなさんは食べたことがありますか?
私はほぼほぼこれが主食なのでは?というくらいお世話になっています(*´ω`*)

これまで食べていた小麦粉のパンとは食感が異なり、少ししっとり重た目の食べ心地なのが特徴です。
小麦の「ブラン(ふすま)」を利用しているので「ブランパン」というんですね。
色は写真でもわかるように香ばしそうな茶色。中身も茶色いパンです。

今回はそんなブランパンの「ハム&マヨネーズパン」をチョイスしました。
お惣菜系のパンって、普段の食事に簡単に取り入れられるので嬉しいんですよね♪

写真で見れる通り、糖質は1個当たり6.2g。2つとも食べたとしても12.4gです。
カロリーは134kcal/個ということですね。

人工甘味料不使用なのもアピールポイントのようです!

気になる栄養成分をチェック。

栄養成分は1個あたりでこんな感じになっています。
ブランパンシリーズは、ロカボなだけではなく、タンパク質や食物繊維が豊富に含まれているんです♪

実際に食べてみた!

袋から出してみるとこんな感じ。ふっくら丸いパンに、てっぺんの部分に穴が開いています。
ここから中のフィリングがちらっと見えていて美味しそうです。

半分に切ってみるとこんな感じです!パンがふっくらすぎて中身のフィリングがおとなしく見えてしまいますが、実際はパンの食べごたえがとてもあるので中身が全然無いなんて感じることはなく、ちょうどよいバランスだと思います。


実際に食べてみると、角切りのハムの歯ごたえがしっかりありますし、マヨネーズの味もしっかりついていて、普通に売っているハムマヨパンと全然変わりなく食べられちゃいます!
ブランパンは食べごたえがしっかりしているので、一つだけ+お肉系のおかず+サラダ とかの組み合わせでも、十分満足できそうな感じがします♪

まとめ

いかがだったでしょうか?
お惣菜パン系、しかも割りとベーシックなハムマヨパンが出たのはうれしいですね。

糖質/カロリー/価格をおさらいしてみましょう。

糖質  6.2g(1個あたり)
カロリー134kcal(1個あたり)
価格  150円(2個入り・税込み)

私は今回そのまま食べてしまいましたが、軽くトースターやレンジなどで温め直して食べるとより一層美味しく食べられそうです♪
コンビニで気軽に買えるパンなので、ご飯を作るのが面倒…というときにもうれしいですね!

それではまた次回をお楽しみに!

この記事のライター

最新の投稿


糖尿病だと疲れやすい?最近のだるさはこれが原因だった!!

糖尿病だと疲れやすい?最近のだるさはこれが原因だった!!

季節の変わり目ですが、体調は大丈夫ですか? 「なんとなくだるいけど、熱もないし、、、ただ怠けているだけなのだろうか?」こん経験誰しもあると思います!それにも原因があったんです!


ここでも予防!糖尿病に効く飲み物

ここでも予防!糖尿病に効く飲み物

コンビニ等でも最近はトクホよく売ってますよね。 食品だけでなく、飲み物でも糖尿病予防が期待できるのです!


今が旬!夏食材で糖尿病予防!第二弾

今が旬!夏食材で糖尿病予防!第二弾

もう夏間近!最近夏野菜とても美味しくないですか? 季節の野菜で美味しく糖尿病予防しましょう!第二弾です!


血糖値を上げにくくする食事はこれだ!上手な主食の摂り方講座

血糖値を上げにくくする食事はこれだ!上手な主食の摂り方講座

血糖値を上げにくくする食事の摂り方をご紹介します。


知りたかった!理解が深まる糖尿病の検査項目 前編

知りたかった!理解が深まる糖尿病の検査項目 前編

糖尿病になってしまった・・・。糖尿病の勉強を始めたいけど、何から始めればいいか分からない・・・。そんなあなたのために、糖尿病を知る上で必要な基礎知識をまとめています。過去の記事では糖尿病の診断基準を取り上げましたので、今度は検査項目について、前編・中編・後編と3回に分けて少し掘り下げてみようと思います。