頑張る栄養くん~ビタミン ビタミンB₂~

頑張る栄養くん~ビタミン ビタミンB₂~

見えないところでも栄養は頑張ってくれています(^^) 今回はビタミンB₂編!


ビタミンB₂ってなに?

ビタミンB2は、脂質の代謝を助けてエネルギーを産生するほか、細胞の発育と正常な働きに欠かせないため「成長ビタミン」ともいわれます。また過酸化脂質を分解する働きも重要です。
水に溶け、光やアルカリによって壊れやすい性質があります。
不足すると肌荒れや口内炎の原因になります。子どもの場合は発育不良、成人の場合は動脈硬化につながることもあります。

脂質の代謝を助ける

私たちが食べ物から摂ったたんぱく質や脂質、炭水化物を利用するには、これらをエネルギーや身体の成分といった人間に必要な形に作り変える、「代謝」を行なわなければなりません。ビタミンB2は、たんぱく質、脂質、炭水化物の代謝すべてにかかわっていますが、その中でも脂質をエネルギーに変えるのを助ける働きがとくに重要です。脂質はほかの栄養素よりも大量のエネルギーを産み出すため、とくに成長期の子どもや胎児の場合、ビタミンB2が不足すると発育不良になる可能性があります。
細胞の発育を助ける

過酸化脂質の分解を助ける

体内の脂質が酸化されると、有害物質である過酸化脂質となり血管に沈着します。これが動脈硬化の原因のひとつです。ビタミンB2は、この過酸化脂質を無毒化する酵素の働きを促すため、動脈硬化のほか、それから生じる高血圧、心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病の予防も助けます。

欠乏症・過剰症は?

ビタミンB2が不足すると…

発育不良、肌荒れ、口角炎、口内炎、目の充血、脂肪肝、動脈硬化など

ビタミンB2を摂りすぎると…

多量に摂っても排泄されるため、過剰症の心配はありません。
しかしサプリメント等で1日に400㎎摂取すると下痢や多尿が起こる可能性もあります。

ビタミンB₂の働き

肌荒れや髪のトラブルの改善

皮膚・髪・爪などの細胞の再生に働き、肌荒れなどのトラブルを解消してくれます。また、ビタミンB2には粘膜を保護する働きがあるため、口角炎や口内炎などの予防にも効果的です。

疲れ目、涙目の改善

細胞の再生・粘膜の保護作用により、目の充血や疲れ目、涙目などを改善してくれます。
⇒パソコン・スマホでの「目の疲れ」対策!疲れ目に必要な栄養分とは

生活習慣病の予防

動脈硬化などの血行障害を起こす過酸化脂質を分解する働きがあります。

成長ホルモンの合成

成長期の子供には特に必要で、不足すると成長障害が起こることもあります。

推奨摂取量

ビタミンB2の推奨量は、以下の通りです。

男性(18~49歳)1.4~1.8mg
女性(18~49歳)は1.0~1.4mg

ビタミンB2が多く含まれる食材

ビタミンB2は、魚や乳製品に多く含まれます。
ビタミンB2が多く含まれる食材をご紹介します。

豚レバー 3.6mg
牛レバー 3.0mg
鶏レバー 1.8mg
うなぎの蒲焼 0.74mg
カレイ 0.35mg
マサバ 0.28mg
銀鮭 0.14mg
牛乳(コップ1杯 200g) 0.30mg
納豆(50g 1パック) 0.29mg
鶏卵(1個) 0.24mg
アーモンド(10粒) 0.17mg
焼きのり(19cm×21cm 1枚) 0.07mg

脂質代謝に必要不可欠!【ビタミンB2】

http://column.asken.jp/nutrient_dictionary/nutrient_dictionary-649/

ビタミンB2は「発育のビタミン」と言われ、成長を促進し、皮膚や髪、爪などの細胞の再生にかかわります。ビタミンB2の働きや一日の摂取目安量、ビタミンB2を多く含む食材について、あすけん栄養士がわかりやすく紹介します。

効率よく摂るには

ほかのビタミンB群と組み合わせる
ビタミンB群は相互に補い合って働くため、ほかのビタミンB群の多い食品とともに摂ったほうが効果的です。

水溶性のビタミンB2は、熱には強いものの水や煮汁に流れ出てしまうので、洗いすぎないようにしたり、調理した煮汁ごと利用したいものです。また、光に弱いのでビタミンB2を強化した食品などは保存の際には光をさえぎる容器に入れるなどの注意が必要です。

関連記事

脂質代謝に必要不可欠!【ビタミンB2】

http://column.asken.jp/nutrient_dictionary/nutrient_dictionary-649/

ビタミンB2は「発育のビタミン」と言われ、成長を促進し、皮膚や髪、爪などの細胞の再生にかかわります。ビタミンB2の働きや一日の摂取目安量、ビタミンB2を多く含む食材について、あすけん栄養士がわかりやすく紹介します。

【ダイエットの栄養】ビタミンB2の効果と不足症状、摂り方 - 痩せるダイエット方法

http://yaserulincoln.hatenablog.com/entry/2015/04/16/%E3%80%90%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E6%A0%84%E9%A4%8A%E3%80%91%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3B2%E3%81%AE%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E3%81%A8%E9%A3%9F%E3%81%B9%E7%89%A9

ビタミンB群に含まれる栄養素の一つである、ビタミンB2は成長に深く関わっています。ただし、子どもから大人への体格の変化だけが体の成長ではありません。ダイエットをして、より健康で美しい肉体へと生まれ変わることも成長です。成長と再生を担うビタミンB2も、ダイエットに深く関わっています。ここでは、ビタミンB2の効果や摂取方法などを説明していきます。

この記事のライター

まだまだ未熟ですが管理栄養士です!
仕事でも日々の勉強でもスキルアップしていきたいと思います!

関連するキーワード


糖尿病

関連する投稿


糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

心臓の病気と聞けばすぐに命に関わることと当然のように認識されています。 糖尿病は膵臓に関わる病気であって心筋梗塞とは直接は結び付かないように思われますが、実は大きなかかわりを持っています。 恐ろしい心筋梗塞だからこそ病気を知り、予防を心がけましょう。


糖尿病患者さんとうつ病、その関係とは?

糖尿病患者さんとうつ病、その関係とは?

糖尿病患者さんの隠れた合併症にうつ病があるって知っていましたか? 目に見えない心の症状だからこそ知っておかなくてはいけない糖尿病とうつ病の関係と予防法の解説です。


糖尿病から白内障?意外に知られていない関係を解説

糖尿病から白内障?意外に知られていない関係を解説

糖尿病が白内障を引き起こしやすいことを知っていましたか?一度発症してしまうと薬では治せない病気。怖いからこそ知っておきましょう。白内障と糖尿病の関係から予防対策までをご説明いたします。


糖尿病になりやすい人ってどんな人?なりやすい人の特徴

糖尿病になりやすい人ってどんな人?なりやすい人の特徴

糖尿病になりやすい人はどのような人なのでしょう? 糖尿病は体質によってかかりやすさが異なります。 しかし生活習慣病と言われるように、自身の生活習慣でもかかりやすい体になってしまう事があります。もしかしたら、あなたも・・・?かかりやすい人の特徴を分かりやすくまとめてみました。


管理栄養士が行く!糖質制限レストラン&カフェ外食巡り vol.4「ヤッファ オーガニック カフェ」

管理栄養士が行く!糖質制限レストラン&カフェ外食巡り vol.4「ヤッファ オーガニック カフェ」

こんにちは! この記事では、管理栄養士の私が実際に糖質制限メニューを出しているレストランやカフェに行って、お店の雰囲気、メニューをわかりやすくご紹介していきます!糖尿病の方や糖質制限ダイエット中の方が外食先を探す際に参考にして下さい。 今回は渋谷にある「ヤッファ オーガニック カフェ」さんへ行ってまいりました!!


最新の投稿



糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~関西版~

糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~関西版~

糖尿病だけど美味しいケーキ・スイーツが食べたい!糖質が少なくても上質なスイーツが食べられたら…そんな風に思う方は多いハズ! 関西圏内の美味しい低糖質スイーツ店をご紹介します!


人工透析中の食事管理。治療中でも毎日楽しく食べたい!

人工透析中の食事管理。治療中でも毎日楽しく食べたい!

人工透析中でも食事管理はとても大切です。特に、水分・タンパク質の管理は重要で、毎食バランス、摂取量を考えなければなりません。大変な食事管理の中でも食は楽しみでもあり、制限などにしばられるとストレスを感じてしまう事も。


糖質制限は朝食が肝(キモ)!効果を最大化させる方法

糖質制限は朝食が肝(キモ)!効果を最大化させる方法

糖質制限は、ダイエッターなら一度は試しみたいダイエットですね。朝食を抜くと逆に太りやすくなってしまうのをご存知ですか? 「明日からダイエット」と言っても、1日の最初に食べる食事は朝食なように、糖質制限ダイエットは朝食から大事!糖質制限ダイエットにおける朝ごはんの重要さを見直していきましょう。


糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

心臓の病気と聞けばすぐに命に関わることと当然のように認識されています。 糖尿病は膵臓に関わる病気であって心筋梗塞とは直接は結び付かないように思われますが、実は大きなかかわりを持っています。 恐ろしい心筋梗塞だからこそ病気を知り、予防を心がけましょう。