糖尿病患者さんの甘味料選び。「血糖値をあげにくい」オススメ甘味料まとめ

糖尿病患者さんの甘味料選び。「血糖値をあげにくい」オススメ甘味料まとめ

血糖値を上げる食材として最も気になるものの一つとして、砂糖があります。 砂糖はごはんなどの炭水化物同様に血糖値を上げやすい食材です。 糖尿病患者さんにおいては特に摂り過ぎに注意したいものです。 今回は、砂糖の代わりとなる甘味などについて見ていきます。


血糖値を上げる食材として最も気になるものの一つとして、砂糖があります。
砂糖はごはんなどの炭水化物同様に血糖値を上げやすい食材です。
糖尿病患者さんにおいては特に摂り過ぎに注意したいものです。
今回は、砂糖の代わりとなる甘味などについて見ていきます。

糖尿病対策向け!甘味料を選ぶポイント

糖尿病対策なら合成甘味料

人工甘味料は糖アルコールと合成甘味料に分けられています。合成甘味料は基本的に甘みが強いのにも関わらず低カロリーやゼロカロリーです。もちろん糖アルコールも同じような性質のものもありますが、甘みが少ない上に砂糖よりも高カロリーのものもあります。

もちろん血糖値もあがりますから、糖質制限をしている方にはかなりハイリスクなものに。自然の甘みからつくりだしている糖アルコールはカロリーをもっている可能性が高くなるため、まずは避けておいた方が無難でしょう。

人工甘味料の中でも安全性の高いものを選ぶ

人工甘味料は人工的につくられたものなので、発がん性や病気のもとになるとの研究結果がでているものもあります。そこで安全をはかる基準として、正式な 機関からの認定を受けているかを確認しましょう。

WHO(国際保健機関)・FDA(米食品医薬局)・FAO(国連食糧農業機関)・厚生労働省など、世界には口にいれて害がないかなどを調査するプロの集団があります。様々な種類の実験や研究をした上の結果ですので、選ぶ際の大きなチェックポイントとなります。

血糖値を上昇させにくいオススメ甘味料

エリスリトール(GI値 1-2)

トウモロコシなどを原料にした、糖アルコールの一種。カロリーが低く、血糖値をほとんど上げないことで注目されている天然の甘味料。見た目は白砂糖のようですが、甘さは砂糖の65-70%程度。一度に食べ過ぎるとお腹がゆるくなることがあるようです。

ココナッツシュガー(GI値35前後)

必須アミノ酸が16種類など、ココナッツシュガーにはさまざまな栄養が含まれ、さらに低GI(GI32)。黒糖のようなコクがあるので、飲み物に入れてもおいしいし、料理にも砂糖代わりに使えます。

ステビア(GI値 0)

何世紀も前から南米では甘味料として使われているのがステビア。キク科の多年草です。日本でも、清涼飲料水の甘味料などに使われています。発がん性があるのではないか、などの議論もありましたが、ステビアはそもそもアスパルテーム、スクラロースなどの人口甘味料とはちがい、植物由来の甘味料であり、各国のさまざまな研究で安全性が確認されているようです。少量で砂糖の25-30倍もの甘さがあり、カロリーゼロ、GI値もゼロの甘味料です。

アガベ(GI値10-20)

低GI食品として注目され、日本でも店頭に並び始めているのでご存じの方も多いのでは。アガベシロップはメキシコやアリゾナ州などの砂漠地帯で育つブルーアガベ(竜舌蘭)から絞ったものを加工した製品。血中のブドウ糖濃度を上げにくい健康食品として人気のアガベですが、実は最近では逆に健康に悪いという説もあるのでご注意を。というのも、アガベシロップは果糖であるフルクトースの割合が非常に多く、高いものではこのフルクトースが95%をしめる製品も。血中のブドウ糖濃度を上げないのは、なぜならほとんどが果糖だから。フルクトースは血中ではほとんど分解されず、血糖値を変化させることは少ないものの、直接肝臓に運ばれるため、肝臓へ大きな負担がかかります。

まとめ

甘い味を求めて糖類を避けるなら、人工甘味料あるいは血糖値を上げない天然甘味料に置き換えるしかありません。
上手く甘味料を利用すれば、糖尿病の予防や治療に良い影響を与えることができます。
上手に利用してストレスのない毎日を送りましょう!

この記事のライター

関連するキーワード


糖尿病 糖尿病の食事

関連する投稿


肝がんにも発展する脂肪肝、糖尿病との関係は?

肝がんにも発展する脂肪肝、糖尿病との関係は?

比較的重篤にならない疾患であると考えられてきた脂肪肝ですが、最近では油断できない注目すべき疾患となりました。この脂肪肝が糖尿病と関係性が高いこともわかってきています。脂肪肝とはどういう疾患でどんな関りがあるのかわかりやすく解説いたします。


糖尿病から白内障?意外に知られていない関係を解説

糖尿病から白内障?意外に知られていない関係を解説

糖尿病が白内障を引き起こしやすいことを知っていましたか?一度発症してしまうと薬では治せない病気。怖いからこそ知っておきましょう。白内障と糖尿病の関係から予防対策までをご説明いたします。


糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

心臓の病気と聞けばすぐに命に関わることと当然のように認識されています。 糖尿病は膵臓に関わる病気であって心筋梗塞とは直接は結び付かないように思われますが、実は大きなかかわりを持っています。 恐ろしい心筋梗塞だからこそ病気を知り、予防を心がけましょう。


糖尿病食事レシピ【糖質オフ★鶏ささみのパン粉焼き】

糖尿病食事レシピ【糖質オフ★鶏ささみのパン粉焼き】

粉チーズでしっかり味がついているので、何もつけなくてもそのまま美味しい♪お弁当にもオススメです。


「糖質制限食」のキホン。ダイエットやメタボ解消に!

「糖質制限食」のキホン。ダイエットやメタボ解消に!

糖尿病患者さんの「血糖値コントロール」や、ダイエットの方法としてよく聞く「糖質制限」。わからないことも多いハズ。糖質制限食とは?という基本的なところから、実際どんなものを食べればよいのかをかんたんにまとめます!


最新の投稿


血糖値とHbA1c、どう違う?糖尿病患者さんの疑問を解決!

血糖値とHbA1c、どう違う?糖尿病患者さんの疑問を解決!

健康診断でも糖尿病外来でも検査する「HbA1c」。血糖値とは違う、なぜ高いのか疑問に思う人も多いと思われます。今後の体調コントロールがスムーズにできるためにも「HbA1c」を知りましょう。「HbA1c」徹底解析です。


糖尿病と関連性もあるというストレス、悪いだけのもの?

糖尿病と関連性もあるというストレス、悪いだけのもの?

マイナスのイメージであるストレスですが、実はなくてはならないもの。しかし糖尿病には悪影響を与えるともいいます。ストレスについて詳しく知ることで、糖尿病とともに向かい合っていける方法を見つけましょう。


糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~名古屋版~

糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~名古屋版~

糖尿病だけど美味しいケーキ・スイーツが食べたい!糖質が少なくても上質なスイーツが食べられたら…そんな風に思う方は多いハズ! 名古屋圏内の美味しい低糖質スイーツ店をご紹介します!


糖尿病が癌の罹患リスクを2倍にアップ!?その理由とは

糖尿病が癌の罹患リスクを2倍にアップ!?その理由とは

糖尿病には三大合併症に留まらず数々の病気に気をつけなければなりません。しかし意外に知られていないのが癌です。糖尿病が癌になるリスクを上げるといわれます。どんな関りを持っているのか、どういったことに気をつけなければならないのか詳しく解説いたします。


肝がんにも発展する脂肪肝、糖尿病との関係は?

肝がんにも発展する脂肪肝、糖尿病との関係は?

比較的重篤にならない疾患であると考えられてきた脂肪肝ですが、最近では油断できない注目すべき疾患となりました。この脂肪肝が糖尿病と関係性が高いこともわかってきています。脂肪肝とはどういう疾患でどんな関りがあるのかわかりやすく解説いたします。