妊娠糖尿病の原因。改善のためにすべきこと

妊娠糖尿病の原因。改善のためにすべきこと

妊娠糖尿病の原因について。妊娠と言うのは女性ならではの現象であり、それだけでもホルモンバランスが崩れやすかったり、様々な不調が出やすい時期です。妊娠糖尿病の場合、糖尿病の原因とは少々異なる点もあります。今回は妊娠糖尿病の原因について。


今回は、妊娠糖尿病の原因についてです。

人の身体は複雑で、原因のわからない病気など、
まだまだ解明されていないこともたくさんあります。

糖尿病は現代病と言われるように、
近年では研究が進み昔よりかはるかに原因も発覚し予防もしやすくなってきました。

しかし、
妊娠糖尿病は妊娠というデリケートな現象と糖尿病が組み合わさっているので、
糖尿病の予防よりもさらに気を使わなければなりません。

予防・改善をするにはまず、原因を把握しましょう。

【妊娠糖尿病はどんな病気?】

妊娠糖尿病は、妊娠中に血糖値が高くなったり血糖値が高い状態が初めて発見された糖代謝異常を言います。妊娠前に診断された糖尿病は含まれないのがややこしい点ですね。

妊娠糖尿病は赤ちゃんへのさまざまな影響・障害が起こる可能性のある病気なので、早めの発見、治療が必要です。

妊娠糖尿病の原因

妊娠糖尿病はママや赤ちゃんの体に妊娠高血圧症候群や羊水過多などの合併症を引き起こすリスクを高めます。

妊娠糖尿病のメカニズムを細かく見ていくと
妊娠すると、胎盤からインスリンの働きに対抗するhPL(ヒト胎盤性ラクトーゲン)
というホルモンが分泌されます。

赤ちゃんは、ママから胎盤を通して送られてくる血液中からブドウ糖を吸収します。

通常、ママの膵臓はインスリンの分泌を増やし、
ちょうどいい血糖値にコントロールしていきますが、
それが追いつかずに糖尿病の状態になってしまうのが、妊娠糖尿病とうわけです。

妊娠糖尿病になってしまう人、ならない人、原因はさまざまです。

妊娠糖尿病になってしまう原因はこれだ!というように1つの原因が特定されているわけではありません。

原因になりうる現象として、、、

妊娠中の母体のホルモンが影響

妊娠時、胎児(赤ちゃん)を育むために、胎盤が作られます。

その胎盤で、胎児(赤ちゃん)に十分な栄養を送れるよう、
血糖値を上げやすいホルモン(インスリン拮抗ホルモン)が作られるため、
妊娠中期以降、必然的に血糖値を上げやすくなる状態になっています。
正常な妊婦さんはここで、上昇しやすくなった血糖値をコントロールする分の
インスリンを出せますが、
必要なインスリンを分泌することの出来ない体質の妊婦さんは血糖値が上昇したまま、
下げられない状態が長く続き、
妊娠糖尿病のリスクが上がってしまいます。

食生活の変化が原因となる体重増加

妊娠中の母体は、お腹の胎児(赤ちゃん)のために栄養を付けようとする働きが強くなります。

それにより、食欲が増し、さらに吸収も多いため通常より太りやすくなります。

「食べづわり」と言うものがあるように、
ホルモンの関係で食べていないと気持ちが悪くなってしまったり、
妊娠前と比べると、食欲がまし、食べてる時間が多いと実感しているママさんも多いでしょう。

妊娠前の健全な身体でも、短期間で体重が増えるのは血糖コントロールが乱れる原因になるので
良いことではありません。
妊娠中ははさらに、太りやすく、血糖値が上昇しやすくなっている為、
短期間で体重が増加しやすく、血糖コントロールが間に合わず妊娠糖尿病になってしまう可能性を高めるのです。

妊娠中のストレスが影響

妊娠中でなくても、
身体や心にストレスを抱えると、血糖値をあげるホルモンが分泌される一方で、インスリン抵抗性(インスリンに対する抗反応)が強くなると報告されています。


妊娠中は何かと自分の体が自分のものでないように思え、
自由に動けないことの身体的ストレス、精神的ストレス、
胎児(赤ちゃん)の成長に関しての悩み、
妊娠したことによる夫や家族との対人関係の悩みを抱えやすくなるものです。

またそのストレスが、暴食を誘発すると更に血糖値をあげてしまうこととなります。

妊娠中にしかできない楽しみや、趣味、いいストレス解消法を見つけることも妊娠糖尿病の予防に繋がります。

両親の遺伝

「糖尿病になりやすい体質」は遺伝する、と言われており、
家族に糖尿病患者がいると、糖尿病になってしまうリスクが上がります。

両親が糖尿病の場合、本人が65歳までに糖尿病になる確率は40%前後と高い報告もされています。

しかし、遺伝子自体を変えることはできませんし、
リスクが上がってしまうのは仕方のないことです。
あくまで、遺伝するのは体質なので、血糖値を上げるような食生活などに気を付けていれば回避できることもあります。

運動不足で血糖値が下げられない

私たちの身体は、食事からとった炭水化物を体の中でブドウ糖に変換し、
それをエネルギーとして活動しています。

立ったり座ったり、散歩したり、眠っている時にさえエネルギーは消化されます。

エネルギーが消費されるとうことは、
血糖値が下がります。
このエネルギーの消化をさらに消費の促進をするには、運動です。

妊娠して、血糖値が上がりやすい状態になっているところ、運動が不足していると血糖値を下げることができず妊娠糖尿病につながることもあります。

妊娠糖尿病の原因のまとめ。

妊娠というただでさえ大変な時期に、
誰もが順調な妊娠生活を望んでいると思います。

そんな中で、妊娠糖尿病の可能性がある、または、検査で結果が出てしまった。
となると不安になってしまいますよね。

しかし、お腹の赤ちゃんの為にも、
妊娠糖尿病はなんとかしなければなりません。

原因を知ることだけで予防につながるわけではありませんが、
なにごとも知ることからはじまります。

大変な時期ではありますが、
元気な赤ちゃんの顔をみるため、
頑張っていきましょう。

妊娠糖尿病大辞典!原因・予防法から検査方法や入院の事まで!

http://blue-circle.jp/articles/301

自分、または家族の人が「妊娠糖尿病」を指摘されて驚いていませんか? 糖尿病と縁がなくても可能性があるんです。くわしい内容を知って回避または改善を試みましょう。

この記事のライター

まだまだ未熟ですが管理栄養士です!
仕事でも日々の勉強でもスキルアップしていきたいと思います!

関連する投稿


妊娠糖尿病大辞典!原因・予防法から検査方法や入院の事まで!

妊娠糖尿病大辞典!原因・予防法から検査方法や入院の事まで!

自分、または家族の人が「妊娠糖尿病」を指摘されて驚いていませんか? 糖尿病と縁がなくても可能性があるんです。くわしい内容を知って回避または改善を試みましょう。


妊娠糖尿病とは。妊婦なら誰にでもなりうるって本当?

妊娠糖尿病とは。妊婦なら誰にでもなりうるって本当?

妊娠糖尿病、最近増えてきたようです。 と言うのも、妊娠中は妊娠前の身体より、血糖値が下がりにくくなっているので、 血糖値のコントロールが非常に難しい!! また、糖尿病合併妊娠というのもあるので、そこの違いも詳しく見ていきましょう!


妊娠糖尿病での胎児への影響とは?胎児が低血糖になる可能性

妊娠糖尿病での胎児への影響とは?胎児が低血糖になる可能性

妊娠糖尿病により、お母さん(母体)の高血糖が続くと胎児にもさまざまな影響を引き起こす可能性があることがわかっています。今回は妊娠糖尿病のになると出産時、胎児にどのような影響があるかを解説していきます。


妊娠糖尿病と糖尿病合併妊娠の違い。どんな危険性がある?

妊娠糖尿病と糖尿病合併妊娠の違い。どんな危険性がある?

妊娠糖尿病と合併症。糖尿病合併妊娠と妊娠糖尿病とでは何がどう違って大事な赤ちゃんにはどんな影響が出てきてしまうのでしょうか? 少し分かりづらい妊娠中の合併症。糖尿病にも種類があるようです。 そこを徹底解説!


妊娠糖尿病の予防法!今すぐ始めたい糖尿病予防

妊娠糖尿病の予防法!今すぐ始めたい糖尿病予防

妊娠糖尿病の予防について!妊娠中で毎日大変な妊婦のみなさん、妊娠糖尿病が増えてきているのをご存知ですか?実は太っていなくても妊娠糖尿病はかかってしまうことがあるのです。妊娠中はいわば非日常の事がいろいろ積み重なっていますよね。そんな、心配される妊娠糖尿病の予防法をご紹介します!


最新の投稿


糖質制限中の外食、気をつけたい5つのポイント!

糖質制限中の外食、気をつけたい5つのポイント!

糖質制限中の外食の際、自分ひとりの食事はなんとかなっても、家族や友人、会社の付き合いで食事をする機会も多くあります。そんな時もポイントさえおさえれば大丈夫!糖質制限中でも外食を楽しみましょう!


ロカボ体験記(13):ローソンの「ブランのスイートチョコロール」

ロカボ体験記(13):ローソンの「ブランのスイートチョコロール」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソンの「ブランのスイートチョコロール」をレビューします。


人工透析とたばこ。もっとも注意しなければいけないことはコレ。

人工透析とたばこ。もっとも注意しなければいけないことはコレ。

人工透析治療を導入すると、生命予後はよくなりますが、 生活スタイルが大きく変わりますね。例えば、絶対に定期的に病院へ通わなければならなければなる、食事に気を付けなければいけなる、透析中心といっても過言ではない生活になります。今回は導入前は日常のように吸っていたタバコ、透析導入と共に何か危険となってくるのしょうか?


糖尿病と腎臓病の関係。~慢性腎臓病ってどんな病気?~

糖尿病と腎臓病の関係。~慢性腎臓病ってどんな病気?~

腎臓は障害を受けた場合、二度と回復することをご存知でしたか? 予後良好への道は 透析や腎臓移植を選択するほかないという事になります。 そうなる前に私たちはどんな対策を取っておくべきなんでしょうか。


糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病になると皮膚のかゆみが出てくる時があります。なぜでしょうか? 高血糖が続くと免疫力が低下し、合併症を起こしやすく末梢神経・循環の機能障害から、皮膚トラブルも起こしやすくなってしまいます。 糖尿病と皮膚の関係を知り、正しいスキンケアを身につけて、かゆみ等の皮膚トラブルを未然に防ぐことが大切です。