ロカボ体験記(13):ローソンの「ブランのスイートチョコロール」

ロカボ体験記(13):ローソンの「ブランのスイートチョコロール」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソンの「ブランのスイートチョコロール」をレビューします。


こんにちは、ロカボ食品を利用しながら順調に糖質制限中の「ぺたこ」です。
このシリーズでは私が主にスーパー・コンビニで買える糖質オフ商品や糖質制限メニュー、外食時に気軽に食べられるロカボメニューなどを実際に体験して皆様にレビューをお届けしています♪

今回はローソンから「ブランのスイートチョコロール~クーベルチュールチョコ~」をレビューします!

ローソンの「ブランのスイートチョコロール」♪

今回はローソンの「ブランシリーズ」から「スイートチョコロール」を食べてみたいと思います。
チョコロール、しかもクーベルチュールチョコレート!期待が高まります!

※クーベルチュールチョコレートとは、脂肪分の高いチョコレート。
「総カカオ固形分35%以上、カカオバター31%以上、無脂カカオ固形分2.5%以上、カカオバター以外の代用油脂は使用不可」という厳格な規定があります。
日本では製菓用のチョコレートとして知られています!

気になる栄養成分・原材料などなど。

原材料はこちら。食物繊維っぽい名前がズラッと並んだミックス粉、これはブランシリーズおなじみの粉ですね。
その他ファットスプレッド、チョコレート、卵…と続きます。

栄養成分表示はこちら。
いつもなんですがブランシリーズはタンパク質や食物繊維も豊富に含まれていて、バランスが良いなと感じます。
カロリーは232kcal、菓子パンとしては普通レベルでしょうか。

実際に食べてみた!

こちらが袋から出したところ。真ん中にどーんとチョコレートスティックが鎮座しています。
パンも結構大きめで、クロワッサンのような見た目です。
手触りもクロワッサン風ですね。

私はいつも、食事と一緒に食べるので、このように2つにカットしてから半分ずつ食べています。
カットしてみると空気の層がしっかり入っています!ちょこれーとは端から端まで通っています。

実際に食べてみると、チョコレートのカリカリ感とパンのサクフワ感が一緒に楽しめて、面白い食感です。
ブランパンの生地はしっとりずっしり系なんですが、こういうふうに空気の層がたっぷりあると、サクサクふわふわで楽しめます。
チョコレートはちょうどよい甘さ。甘すぎず、ビターすぎもしません。
私はいつも冷やしてから食べるのでチョコがカリカリとしてますが、軽くトーストするとまた違った食感で楽しめるかも♪

まとめ

いかがだったでしょうか?
間食・おやつとしてもOKですし、食事と一緒に(私は朝食でよく食べます)食べてもOKの、バランスのとれた味だと思います!
特にこのチョコレートのカリカリ感が癖になって、結構ヘビーリピートしたりしています(笑)

それでは、糖質/カロリー/価格をおさらいしてみましょう!

糖質  12.3g
カロリー232kcal
価格  150円(税込)

ブランパンシリーズはとにかくその味の多さが魅力だと思います。
こちらのスイートチョコロールもその一つ。いつものパンと違った食感を楽しめ、しかも甘いもの欲もしっかり満たされる安定の商品かと!

それではまた次回をお楽しみに!

この記事のライター

最新の投稿


ダイエットと炭水化物の関係。始めよう糖質制限(糖質ダイエット)!

ダイエットと炭水化物の関係。始めよう糖質制限(糖質ダイエット)!

今回はダイエットと炭水化物の関係についてです。 炭水化物は、タンパク質や脂質とともに三大栄養素と呼ばれています。そして炭水化物抜きダイエットというものがありますが、ダイエットと炭水化物はどう関係しているのでしょう?


皮膚がかゆい?!糖尿病と皮膚の密接な関係

皮膚がかゆい?!糖尿病と皮膚の密接な関係

糖尿病の3大合併症はよく知られていますが、このほかにも皮膚に関係する病気がいくつもあるんです。しっかり知って、皮膚のトラブルを回避しましょう!


糖尿病性網膜症、あなたは本当に大丈夫ですか?

糖尿病性網膜症、あなたは本当に大丈夫ですか?

糖尿病性網膜症は、糖尿病の合併症の一つです。自覚症状なく網膜の損傷は進行するのです。 病気を知ることこそ失明の防止となるのです。 まずは糖尿病性網膜症について、詳しく理解するところから始めましょう!


糖尿病と尿の関係を徹底解説!泡や尿糖で診断できる?

糖尿病と尿の関係を徹底解説!泡や尿糖で診断できる?

糖尿病と尿の関係はどういうものなのでしょうか?尿は単純なものではありません。糖尿病や腎臓に関するサインを私たちに投げかけます。健康診断での検査結果から目で見える異変についてまでを詳しく分かりやすくお伝えいたします。


糖尿病の低血糖。甘く見てはいけない知らないと本当に危険な話

糖尿病の低血糖。甘く見てはいけない知らないと本当に危険な話

低血糖を起こさないで安心して生活するためには、まずは糖尿病と低血糖に関する知識を持ちましょう。 特に糖尿病の方は治療を受けている中で、低血糖で危険な状態に陥ることもあります。 今回は低血糖の詳しい内容をお伝えいたします!