運動別消費カロリー!あなたに合った運動はなに?

運動別消費カロリー!あなたに合った運動はなに?

運動は好きな人も嫌いな人も健康的に痩せたいなら避けられないものですよね。 日常の中にも効果的な運動は隠れています!


運動と言うと、野球、サッカー、バスケ 等、テクニックが必要なものを想像しがちですが、
学生時代から運動に触れてこなかった人でも、簡単に出来る運動法はあります。

日常的な運動

日常的に、意識してみると、体を動かす場面はたくさんあります!

・掃除
・階段上り下り
・買い物
・犬の散歩

等・・・

探してみればたくさんあります!
積極的に体を動かしましょう!

すぐできる運動

・ランニング
・ウォーキング
・水泳
・踏み台昇降運動
・自転車
・縄跳び
・ヨガ
・スクワット

大体これぐらいが気軽に出来る運動ですね。

では、どの運動でどのくらいカロリー消費できるのでしょう?

運動別消費カロリー一覧

水泳が一番消費が高いのですね。
近くにスイミングのできるジムがあれば通ってもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?
少しでも意識が上がってくれれば幸いです。
晴れた過ごしやすい日にはバス停一個分、駅一個分歩いてみてはいかがでしょう!

この記事のライター

関連する投稿


糖質制限ダイエット中「チョコレート」を上手に活用しよう

糖質制限ダイエット中「チョコレート」を上手に活用しよう

糖質制限=甘いものは厳禁!と思っていませんか?甘いものの代表格と思われている「チョコレート」実は上手に活用すればダイエットの強い味方になるんです! 糖質制限中のチョコレートの選び方、チョコレートの嬉しい効果についてまとめます。


ダイエットと炭水化物の関係。始めよう糖質制限(糖質ダイエット)!

ダイエットと炭水化物の関係。始めよう糖質制限(糖質ダイエット)!

今回はダイエットと炭水化物の関係についてです。 炭水化物は、タンパク質や脂質とともに三大栄養素と呼ばれています。そして炭水化物抜きダイエットというものがありますが、ダイエットと炭水化物はどう関係しているのでしょう?


糖質制限ダイエットでリバウンドしない方法!体の仕組みを理解しよう!

糖質制限ダイエットでリバウンドしない方法!体の仕組みを理解しよう!

糖質制限ダイエットに上手に向かい合い、リバウンド知らずになるための解説です。 カロリーに縛られることなく楽に始められる糖質制限ダイエット。苦労の甲斐あってスリムな自分に出会えた途端、ダイエットをやめてから一気にリバウンド。この現実だけはむかえたくありませんよね。


糖質制限中の外食、気をつけたい5つのポイント!

糖質制限中の外食、気をつけたい5つのポイント!

糖質制限中の外食の際、自分ひとりの食事はなんとかなっても、家族や友人、会社の付き合いで食事をする機会も多くあります。そんな時もポイントさえおさえれば大丈夫!糖質制限中でも外食を楽しみましょう!


「糖質制限食」のキホン。ダイエットやメタボ解消に!

「糖質制限食」のキホン。ダイエットやメタボ解消に!

糖尿病患者さんの「血糖値コントロール」や、ダイエットの方法としてよく聞く「糖質制限」。わからないことも多いハズ。糖質制限食とは?という基本的なところから、実際どんなものを食べればよいのかをかんたんにまとめます!


最新の投稿


糖質制限中の外食、気をつけたい5つのポイント!

糖質制限中の外食、気をつけたい5つのポイント!

糖質制限中の外食の際、自分ひとりの食事はなんとかなっても、家族や友人、会社の付き合いで食事をする機会も多くあります。そんな時もポイントさえおさえれば大丈夫!糖質制限中でも外食を楽しみましょう!


ロカボ体験記(13):ローソンの「ブランのスイートチョコロール」

ロカボ体験記(13):ローソンの「ブランのスイートチョコロール」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソンの「ブランのスイートチョコロール」をレビューします。


人工透析とたばこ。もっとも注意しなければいけないことはコレ。

人工透析とたばこ。もっとも注意しなければいけないことはコレ。

人工透析治療を導入すると、生命予後はよくなりますが、 生活スタイルが大きく変わりますね。例えば、絶対に定期的に病院へ通わなければならなければなる、食事に気を付けなければいけなる、透析中心といっても過言ではない生活になります。今回は導入前は日常のように吸っていたタバコ、透析導入と共に何か危険となってくるのしょうか?


糖尿病と腎臓病の関係。~慢性腎臓病ってどんな病気?~

糖尿病と腎臓病の関係。~慢性腎臓病ってどんな病気?~

腎臓は障害を受けた場合、二度と回復することをご存知でしたか? 予後良好への道は 透析や腎臓移植を選択するほかないという事になります。 そうなる前に私たちはどんな対策を取っておくべきなんでしょうか。


糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病になると皮膚のかゆみが出てくる時があります。なぜでしょうか? 高血糖が続くと免疫力が低下し、合併症を起こしやすく末梢神経・循環の機能障害から、皮膚トラブルも起こしやすくなってしまいます。 糖尿病と皮膚の関係を知り、正しいスキンケアを身につけて、かゆみ等の皮膚トラブルを未然に防ぐことが大切です。