糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病になると皮膚のかゆみが出てくる時があります。なぜでしょうか? 高血糖が続くと免疫力が低下し、合併症を起こしやすく末梢神経・循環の機能障害から、皮膚トラブルも起こしやすくなってしまいます。 糖尿病と皮膚の関係を知り、正しいスキンケアを身につけて、かゆみ等の皮膚トラブルを未然に防ぐことが大切です。


糖尿病が原因のかゆみや乾燥などの肌トラブル

「肌が乾燥する」「かゆみがある」等、肌トラブルは多くの人に経験があることでしょう。

糖尿病患者さんがそれらの自覚症状を感じた場合、もしかすると糖尿病と関係した症状である場合があります。
この記事では、糖尿病患者さんの皮膚・肌トラブルの症状、そしてスキンケアについてまとめていきます。

皮膚のかゆみの原因は様々

免疫力・皮膚の血流がわるくなり乾燥・かゆみにつながるケース

糖尿病の症状には、手足のしびれや目のかすみなどがよく知られています。
ですが厚労省の糖尿病サイトでも、症状の中で「肌のかさつき・かゆみ」を、よくある症状の1つとして挙げています。

では糖尿病と肌の乾燥やかゆみにはどのような関係があるのでしょうか。
糖尿病で高血糖状態が長く続くと、免疫機能が低下してきます。そうなると、感染症にかかりやすく、肌トラブルを起こしやすくなります。
感染症とは風邪や肺炎などだけではなく、皮膚炎もその一つなのです。

また高血糖状態では血流も悪くなるため、皮膚に必要な栄養や酸素が行き渡らなくなり、乾燥やかゆみにつながることもあります。
糖尿病患者さんが感染症にかかると、急速に進行するだけでなく、回復にも長い時間がかかります。
感染症にかかることにより、血糖値が上昇しやすくなるので、血糖のコントロールが乱れます。
そのため、糖尿病そのものの進行にも影響を及ぼしてしまいます。

高血糖により尿だけでなく汗にも糖が含まれて湿疹となるケース

高血糖になると、尿に糖が含まれるようになりますが、症状が一層悪化すると、尿だけでなく汗にも糖分が含まれるようになります。

これが、皮膚の炎症を引き起こし、かゆみや湿疹の原因になる場合があります。

要注意!皮膚の「かゆみ」の危険性

健康な人であるならば、日常生活の中で、かゆみがあったとしても、「よっぽどのこと」がない限り深刻に考えないかもしれません。

しかし糖尿病患者さんの場合、かゆみによって肌をかき、傷をつくってしまうと、それがどんなに小さな傷であったとしても、そこから細菌が侵入し、感染症を引き起こしてしまう場合があるため注意が必要です。

さらに糖尿病の合併症で神経障害を起こしている場合には傷に気付けず悪化させてしまう、免疫機能が低下しているため治りづらい、と厄介なことになりかねないのです。

肌の乾燥対策

熱いお風呂やシャワーを避ける

温度の高いお湯は肌の水分を奪い乾燥のもと、そしてかゆみの原因になります。

ゴシゴシ強く洗いすぎない

硬い素材のタオルなどで体、特にかゆい場所をゴシゴシ洗いすぎると、皮膚のバリア機能を壊してしまいます。
低刺激性の石鹸、木綿のタオル、また手などを使い、よく泡立てて優しく洗いましょう。

強く拭きすぎない

お風呂のあとに体をふくときも優しく水分をすいとるようにしてください。
吸水性のよいバスタオルなどを体に押し当て水分を吸い取ります。

保湿はしっとりしているうちに行う

そして保湿のためのクリーム及び化粧水などは、まだ体がしっとりと水分をふくんでいるうちに行いましょう。
そうすることで、水分をしっかりと閉じ込めることができます。
また保湿は1日のうちでもこまめに行うと良いでしょう。

セラミドを補う食品を摂る

セラミドとは、肌の細胞をつなぎとめて肌のうるおいに関わる成分です。
こんにゃく、しらたき、わかめ、ごぼう、大豆や小麦、ヨーグルトに多く含まれています。

たんぱく質、ビタミン類をバランスよく

健康な肌をつくるためのたんぱく質、新陳代謝をうながすためのビタミン類など、
バランスの良い食事を取ることで内側から肌を健康に保つことが大事です。

運動の習慣化

運動不足は血流の悪化を引き起こしたり、汗をかかないことにより肌に老廃物を貯めてしまう原因となります。その結果肌の乾燥につながることもありますので、血糖コントロールのためにも、毎日30分程度、最低でも週2~3のペースでの運動を習慣化しましょう。

肌のかゆみ対策

血糖コントロール

糖尿病に由来する皮膚の乾燥や感染症を防ぐため最も重要なことは何と言っても血糖コントロールです。
血糖値の上昇により、糖尿病が悪化し、感染症のリスクが高まってしまいます。
また、感染症にかかることで血糖値がさらに上昇する傾向にあるのをご存知ですか?
感染症が更に悪化するだけでなく、糖尿病の進行にも影響を及ぼし、悪循環に陥ってしまいます。
インスリンを含めた日々の血糖コントロールはとても重要な対策となります。

皮膚を清潔に保つ

毎日入浴をし、体を清潔に保つことは重要です。入浴後はきちんと保湿をし、余計乾燥してしまうことのないようにしましょう。
逆に蒸れやすい場所やかゆくなる場所への過剰な保湿は皮膚感染を悪化させてしまいますので、ベビーパウダーを利用して蒸れを防ぐと良いでしょう。

皮膚への刺激をおさえる

皮膚がかゆみを感じているというのは、皮膚が過敏になっている状態なのです。
そのような状態の体に刺激を与えるというのは、かえってかゆみを増長させます。

毎日の入浴は重要ですが、先に述べた通り熱すぎるお湯は肌への刺激が強すぎます。
乾燥をおさえることと同じく、肌への刺激をできるだけ少なくすることは、かゆみの軽減につながります。

気になるかゆみ・乾燥は医師に相談を!

糖尿病患者さんの場合、肌の乾燥やかゆみを軽く見ていると、重症化させてしまうことがあるので注意したいところ。毎日のスキンケアに加え、食事や運動を見直すことも大切です。
気になる肌の乾燥やかゆみ、発疹がある場合には、早めにかかりつけ医に相談し、必要があれば皮膚科など専門医にも診てもらいましょう。

この記事のライター

最新の投稿


菊芋の効能とは?キクイモは天然のインスリン!

菊芋の効能とは?キクイモは天然のインスリン!

「菊芋(キクイモ)」には効能があるということで食べたことがある糖尿病患者の方は多いかもしれません。 菊芋は、血糖値を下げる効果があるとして生活習慣病を気にする方の注目を集めている食べ物です。 なぜ注目を集めているのか? ここではその効能について見ていきましょう。


糖尿病食事レシピ【 お一人さまランチに♪厚揚げの味噌マヨ焼き 】

糖尿病食事レシピ【 お一人さまランチに♪厚揚げの味噌マヨ焼き 】

糖尿病の方でもおいしく食べられるレシピです。 簡単に作れてものすごく美味しい!味噌マヨとチーズたっぷりなのに低糖質が嬉しいレシピです♪


みかんと血糖値。糖尿病生活に取り入れたい身近な健康食品。

みかんと血糖値。糖尿病生活に取り入れたい身近な健康食品。

みかんと血糖値に意外な関係があるのをご存知ですか? 糖尿病になると甘い果物などは食べるのをためらってしまいますよね。そんな果物ですが、糖尿病にいいとされている果物があるならば積極的に摂っていきたいですね!今回は身近な果物みかんをご紹介!


糖尿病食事レシピ【 ★糖質オフの味方★レタスの中華スープ 】 ~あと一品編~

糖尿病食事レシピ【 ★糖質オフの味方★レタスの中華スープ 】 ~あと一品編~

糖尿病の方でもおいしくお食べられるレシピです。 スープならレタスの外側の葉も捨てずに美味しく食べられます!ハムが良い味を出すので絶対入れてください^^


糖尿病食事レシピ【 ビタミン不足に!我が家の常夜鍋 】

糖尿病食事レシピ【 ビタミン不足に!我が家の常夜鍋 】

糖尿病の方でもおいしく食べられるレシピです。 少し手間はかかりますが、ほうれん草は下茹でしておくのがポイント!我が家では厚揚げを使ってかさ増しします^^