これが基本の「き」!糖尿病予防食で抑えておきたいポイント

これが基本の「き」!糖尿病予防食で抑えておきたいポイント

糖尿病は発症要因から大きく1型、2型に分けられます。日本人では糖尿病患者さんの約95%が2型糖尿病といわれ、「ストレス」、「肥満」、「運動不足」、「暴飲暴食」などのライフスタイルのみだれがおもな原因となって起こります。こうした原因に気をつけて日常生活をおくることができれば、糖尿病になりにくい体をつくることができます。


今や誰もが他人事ではない糖尿病ですが、食事や運動、睡眠など基本的な生活習慣を適切にすることで予防をしていくことができます。

ここでは、糖尿病予防の基本である食事において、効果的と言われている食品や逆に糖尿病のリスクを上げる食品に注目して、そのワケや栄養価について解説していきます。

食事の基本と、摂り過ぎNGの食品・積極的に摂りたいもの

糖尿病予防の食事の基本は、1日の摂取カロリーを守り、栄養バランス良く食べることです。

食事の基本~三大栄養素~

炭水化物

炭水化物(1日の摂取カロリーの50~60%)

タンパク質

たんぱく質(標準体重1kgあたり1.0~1.2g)

脂質

脂質(炭水化物、たんぱく質のカロリーの残り)

食事の基本~体の調子を整える栄養素~

ビタミン

B1、B2、B3、B5、B6、B12、葉酸、ビオチン、コリンといった一連のビタミンB類は、人体の複雑な代謝経路の中でも特に炭水化物の代謝に密接に関係しており、 糖というエネルギーの根源にかかわる代謝に異常をきたす病気、つまり糖尿病にはなくてはならないものです。

ミネラル

ミネラルは、身体に必要な5大栄養素のひとつで、直訳すると「鉱物」のこと。
私たちの身体の約96%は、「炭素」「窒素」「水素」「酸素」の4つの元素から成り立っています。
ミネラルは、この4つの元素以外のすべての生体元素の総称で、「無機物」とか「微量元素」とも呼ばれていますよ。
約96%を占める4つの元素以外の、わずか約4%がミネラルということになるんですね。
でも、そのわずか約4%のミネラルが、私たちが生きていく上で欠くことができない元素であり、とくに代謝活動で中心的な役割を果たしているわけです。
だから、ミネラルが欠乏すれば新陳代謝も低下し、その状態が長くなると病気の原因にもなります。
ただ、ここで忘れてならないことは、ミネラルが他の栄養素と違うのは、身体の中で合成=作り出すことができない点だということです。
ですから、意識して食べ物や飲み物から摂取しないと、いとも簡単にミネラル不足を招いてしまうんですね。

この他のポイントとして次のことも大切。

食塩摂取量を減らす。(1日男性9g未満、女性7.5g未満)
コレステロール、飽和脂肪酸を多く含む食品を控えめにする。
食物繊維を多く摂取する。(1日20~25g)


どの栄養素も、極端な過不足は健康に良くありません。ポイントを踏まえながら、「適切に」食べることが重要です。摂り過ぎに特に注意したいのが、次のような食品です。

摂り過ぎNGの食品

レトルト、出来合いの惣菜やインスタント食品など。
脂質や塩分が多く含まれるものが多く、利用する場合は栄養成分表示をしっかりチェックすることが大切です。

過度のアルコール摂取は健康事態によくありません。
糖質が多く含まれていたり、おつまみをついつい食べ過ぎてしまったり…。
また飲み過ぎてしまうと肝臓などほかの臓器にも悪影響を及ぼします。

アイスや菓子パンなどの嗜好品や甘い飲料
これらには糖分や脂肪分がたくさん含まれていて、血糖値や中性脂肪を上げやすくなってしまいます。

積極的に摂りたい食品

食物繊維を多く含む食品(海藻・きのこ・野菜など)
食物繊維には腸内環境の改善や血糖値の急激な上昇を防ぐなどの効果があります。

不飽和脂肪酸や大豆製品
青魚や大豆に含まれる不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールを下げる働きがあります。
納豆、豆腐などの大豆製品は、良質なたんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などを豊富に含み、血糖上昇がおだやかなので、カロリーに注意しつつ積極的に摂りたい食品です。

基本はカロリーと栄養バランス、「これだけでOK」は無い!

「これさえ食べていれば大丈夫」「これさえ食べなければ問題ない」ということはありません。
糖尿病予防の食事の基本は、1日の摂取カロリーを守ること、栄養バランス良く食べることです。

その上で、いろいろな食品に興味関心を持ち、上手に日々の食生活に取り入れていけると良いですね。

関連する投稿


糖尿病にも好影響?毎日の食事に「納豆」を!

糖尿病にも好影響?毎日の食事に「納豆」を!

健康食品の代表格とも言える納豆ですが、糖尿病に対して好影響はあるのでしょうか? 今回は納豆の血糖値への影響や、働きをご紹介します。


頑張る栄養くん! ~たんぱく質②(アミノ酸編)~

頑張る栄養くん! ~たんぱく質②(アミノ酸編)~

見えてなくても栄養くんは今日も頑張ります! 今回はたんぱく質編の第2弾!


糖尿病患者さんのためのひんやりデザートレシピ集(1)

糖尿病患者さんのためのひんやりデザートレシピ集(1)

糖尿病で、甘いものを我慢し続けなければいけないのは辛いですよね。手作りのお菓子ならコントロールができて安心!今回はこの時期にあったかくしたお部屋の中で逆に食べたくなるひんやりデザートレシピ集のまとめをお届けします。


放置は厳禁!糖尿病の「3大合併症」とは?

放置は厳禁!糖尿病の「3大合併症」とは?

「糖尿病は合併症の病気」「本当の怖さは合併症にある」と言われています。 病院で糖尿病だと診断されても、その初期には自覚症状はあまりないのです。ところが放置していると、数年~10年程度で非常に恐ろしいさまざまな病気を引き起こしてしまうことをご存知でしょうか。


糖尿病の前兆症状を紹介!こんな兆候が現れたら要注意

糖尿病の前兆症状を紹介!こんな兆候が現れたら要注意

糖尿病の前兆症状を知っておくことは大切です。どんな病気であれ、早期発見することで重症になり前に対処することができます。そこで、糖尿病の前兆症状や兆候が現れたときの対処方法について紹介していきます。


最新の投稿


ズバリ!糖尿病にはこの食品だ!糖尿病と食事

ズバリ!糖尿病にはこの食品だ!糖尿病と食事

糖尿病は気づきにくい病気です。去年は大丈夫だったのに、、どうして、、?ということも。。 それは生活習慣の乱れからくるものかもしれません。 なかでも食事は生きていく中で最も大事と言っても過言ではありません! 糖尿病になってしまっても食事を見直せば改善することも!


日々の食事に取り入れたい!糖尿病に効果抜群「納豆」レシピ集(1)

日々の食事に取り入れたい!糖尿病に効果抜群「納豆」レシピ集(1)

納豆が糖尿病に良いことはわかるけど、毎日同じでは飽きてしまう… そんな時にはアレンジして楽しみましょう!


糖尿病食事レシピ 【 絶対美味★ほうれん草と卵のスープ 】  

糖尿病食事レシピ 【 絶対美味★ほうれん草と卵のスープ 】  

糖尿病の食事(糖尿病食事療法)お困りではありませんか? 糖尿病の方でもおいしく食べられるレシピです!ほうれん草で不足しがちな野菜を摂りましょう!卵をふわふわにするコツも教えちゃいます♪


糖尿病にも好影響?毎日の食事に「納豆」を!

糖尿病にも好影響?毎日の食事に「納豆」を!

健康食品の代表格とも言える納豆ですが、糖尿病に対して好影響はあるのでしょうか? 今回は納豆の血糖値への影響や、働きをご紹介します。


糖尿病食事レシピ【 ほうれん草と豚肉のみぞれ煮 】 

糖尿病食事レシピ【 ほうれん草と豚肉のみぞれ煮 】 

豚肉は別茹でするのでカロリーもオフ!野菜不足解消にピッタリの一品です^^