糖尿病の食事には納豆が効果的?血糖値との関係

糖尿病の食事には納豆が効果的?血糖値との関係

糖尿病になっても納豆は効果的、健康的なのでしょうか?納豆と言えば、大豆イソフラボン、ねばねば、など健康食品で知られていますが、血糖値にも関係があるようです。 健康に万能な納豆をご紹介!


納豆1パック当たりの栄養素

糖尿病と納豆の関係を紐解く前に、まずは納豆1パックの栄養素を整理します。

■納豆1パック(約50g)当たり

エネルギー:100kcal
たんぱく質:8g
脂質:5g
炭水化物:6g
食物繊維:3g
カリウム:330mg
カルシウム:45mg
マグネシウム:50mg
鉄分:1.5mg
ビタミンB2:0.28mg
ビタミンE:0.25mg

納豆は血糖値を下げるのか?

納豆は糖尿病にとってどんな食材なんでしょうか?そして血糖値にはどんな影響があるのでしょうか?

納豆には主原料である大豆の大豆たんぱくの中に「水溶性ペプチド」という成分が含まれています。
人は食事をすることによって血糖値が上昇しますが、それを正常にもどす働きをしているのがインスリンというホルモンであり、「水溶性ペプチド」はこのインスリンの働きを活性化させ、血液中の糖の吸収を促す作用があるのです。
つまり、納豆は、血糖値を上げにくくする効果がある食品と言えます。

納豆の食物繊維の働きに注目

成人の約6.4人にひとりが糖尿病患者もしくは糖尿病予備軍とされる現代日本において、血糖値のコントロールは多くの人々の重大な関心事となっています。
血糖値が急激に上昇するのは食事の後。
ミツカンでは、納豆に食後血糖値の上昇を抑制する効果があり、かつ、納豆のほうが大豆に比べその効果が強い傾向にあることを、研究により確認、発表しました。

食物繊維に食後血糖値の上昇抑制効果があることはすでに報告されており、その中には大豆の食物繊維も含まれています。
しかし、納豆や大豆のかたちで摂取した場合の抑制効果については、これまでに報告例がありませんでした。納豆のもつ食物繊維に血糖値の上昇抑制効果があれば、納豆にも血糖値の上昇抑制効果が期待できるのではないか、納豆が発酵により大豆にない新たな有効成分を生み出しているのであれば大豆以上のはたらきをもつのではないか、そう考えたところから研究は開始されました。

合併症を防ぐ、大豆のレシチン

糖尿病が怖いのは、高血糖の状態が続くことより、合併症を起こすからです。

毛細血管の損傷によって起こる網膜症、腎症、神経障害は、糖尿病の三大合併症といわれています。
なかでも、糖尿病の合併症で網膜症になり、視覚障害になった人は年間3000人にも及びます。
糖尿病になると、医師も患者も血糖値を下げようとします。
これは当然のことですが、そこに落とし穴があるのです。実は、網膜症は血糖値を急激に下げた場合に起こりやすいのです。血糖値が急激に下がると、網膜の中の微妙なバランスが崩れ、新しい毛細血管ができてきます。
しかし、この新しい血管を構成する細胞膜のレシチンが不足すると、とても脆い毛細血管になり、また小さな動脈瘤もできやすいのです。

そのため、ちょっとした刺激でも破れて出血を繰り返しやすくなり、網膜症の引きがねにもなりかねません。

しかし、不思議なことに、高血糖の状態が長く続いても、網膜症などまったく血管に合併症の出ない患者もいます。
そういう人は往々にして血中にレシチンが多く、毛細血管の壁を破れないように強力にガードしているのではないか、と考えられているのです。
納豆に多く含まれるレシチンは、糖尿病の合併症を未然に防いでくれる効果があるのです。

糖尿病と納豆についてのまとめ

糖尿病にとってもやっぱり納豆は血糖値のうまくコントロールしてくれるなどの優秀食品でしたね。

好き嫌いがはっきりする食品ではありますが。。。

ダイエットにも最適ですし、今晩は納豆ごはんにしましょう!

この記事のライター

あおいまる編集部のIです。

関連する投稿


糖尿病食事レシピ【糖質オフ★鶏ささみのパン粉焼き】

糖尿病食事レシピ【糖質オフ★鶏ささみのパン粉焼き】

粉チーズでしっかり味がついているので、何もつけなくてもそのまま美味しい♪お弁当にもオススメです。


糖尿病予防!毎日使える低糖質レシピ ナッツ編(4)

糖尿病予防!毎日使える低糖質レシピ ナッツ編(4)

糖尿病生活のため自炊をしたい!そんな時に使えるおいしいレシピをご紹介します!今回はナッツ編(4)です。食事に取り入れたりおやつに取り入れたり、様々なレシピで糖尿病改善のための血糖コントロールを!


糖尿病食事レシピ  【 簡単★卵巾着 】 

糖尿病食事レシピ  【 簡単★卵巾着 】 

油揚げに卵を入れて焼く、簡単おつまみレシピです♪お弁当にもオススメなのでお試しあれ!


糖尿病予防・改善に!毎日使える低糖質レシピ 豚肉編(3)

糖尿病予防・改善に!毎日使える低糖質レシピ 豚肉編(3)

糖尿病改善のため、自炊をしたいけど、毎日の食事を考えるのが大変…そんな時に使えるおいしいレシピをご紹介します!今回は豚肉編です。


糖尿病予防・改善に!毎日使える低糖質レシピ 豚肉編(2)

糖尿病予防・改善に!毎日使える低糖質レシピ 豚肉編(2)

糖尿病改善のため、自炊をしたいけど、毎日の食事を考えるのが大変…そんな時に使えるおいしいレシピをご紹介します!今回は豚肉編です。


最新の投稿


糖尿病予防!低糖質レシピ フルーツ編~キウイ~

糖尿病予防!低糖質レシピ フルーツ編~キウイ~

糖尿病生活のため自炊をしたい!そんな時に使えるおいしいレシピをご紹介します!「血糖値上昇を抑制する栄養素」を重視したフルーツレシピ! 今回は抗酸化作用の強いキウイを主に取り上げます♪


糖尿病とは。そして糖尿病の食事について

糖尿病とは。そして糖尿病の食事について

糖尿病とは、どんな症状の病気なのか、そしてその代表的な治療法である糖尿病の食事についてご説明します。 食事療法は糖尿病になった場合の基本です。気になる1日カロリーの計算方法、レシピ、糖尿病でも安心できる食べ物、飲み物、お菓子までお役立ち情報を幅広くご紹介します。改善へのコツもあるのでチェックしていきましょう!


糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病になると皮膚のかゆみが出てくる時があります。なぜでしょうか? 高血糖が続くと免疫力が低下し、合併症を起こしやすく末梢神経・循環の機能障害から、皮膚トラブルも起こしやすくなってしまいます。 糖尿病と皮膚の関係を知り、正しいスキンケアを身につけて、かゆみ等の皮膚トラブルを未然に防ぐことが大切です。


糖尿病予防!低糖質レシピ フルーツ編~ブルーベリー~

糖尿病予防!低糖質レシピ フルーツ編~ブルーベリー~

糖尿病生活のため自炊をしたい!そんな時に使えるおいしいレシピをご紹介します!「血糖値上昇が緩やかな栄養素」を重視したフルーツレシピ!


放置は厳禁!糖尿病の「3大合併症」とは?

放置は厳禁!糖尿病の「3大合併症」とは?

「糖尿病は合併症の病気」「本当の怖さは合併症にある」と言われています。 病院で糖尿病だと診断されても、その初期には自覚症状はあまりないのです。ところが放置していると、数年~10年程度で非常に恐ろしいさまざまな病気を引き起こしてしまうことをご存知でしょうか。


最近話題のキーワード

糖尿病のあおいまるで話題のキーワード


糖質制限 糖質制限 朝ごはん 糖質制限 朝食 糖尿病 お茶