糖尿病の食事には塩分制限が必要?高血圧予防

糖尿病の食事には塩分制限が必要?高血圧予防

糖質ばっかりであまり気にしてなかったけど、塩分制限ってやっぱり必要? 塩分制限の重要さを集めてみました!


2型糖尿病では、塩分の摂り過ぎが心筋梗塞などの合併症につながってしまうと言われています。
では、どのくらいおさえればよいのでしょう?

意外な落とし穴!和食の塩分

健康な食事として知られている和食!
脂質も少なく、食物繊維も豊富でまさに日本の誇れる食事!

なのですが、
実は以外にも塩分が多くて注意が必要なんです!

平成23年度の日本人の栄養調査では成人の一日あたりの塩分平均摂取量は男性で11.4g、女性で9.6gとっていて、厚生労働省が日本人の食事摂取基準で目標と掲げた“男性1日9g未満、女性7.5g未満”を上回っているのです。

それに比べ、欧米では、男性で10.4g、女性で7.3gと日本よりも摂取量が低いのです。

欧米はファーストフードなどで、塩分も沢山とっているように思いますが、実は日本の方が塩分摂取率は高いのです。

■日本人は塩分の過剰摂取が常態化している

日本人は1950年頃は20gも摂っていたことを考えると大幅に減りましたが、まだまだ過剰摂取な状況なのです。ただ、人間の身体が生理的に塩分を必要とする量は0.6~1.2g/日なので、相当に過剰ということが分かりますよね。

驚愕…日本人はアメリカ人よりも●●の摂取量が多いと判明 - WooRis(ウーリス)

http://wooris.jp/archives/14531

日本食は健康食ともいわれ、諸外国から重宝されています。そのおかげなのか、日本の長寿に比べ、医学先進国の欧米諸国の平均寿命はかなり低い年齢になっています。しかし、その日本食でも、長年、国が摂取過剰と警告をだしている成分があるのです。 ■健康食のデメリット?確かに日本食は質素ではあるけれども、油で炒める

塩と高血圧、高血圧と糖尿病

 日本食は伝統的に塩分が多く、高血圧が国民病といわれるほど患者数の多い病気で、その治療では減塩が大切。これは日本人の常識です。ところが、糖尿病の治療食はというと、一般的には糖分を控えるというイメージが先行していて、あまり減塩までは思い浮かばないのではないでしょうか。ほんとうは、糖尿病の食事療法は、適切なカロリーでバランスの良い食事をとるということで、加えて減塩もとても大切なことです。なぜなら、糖尿病の人は血圧の高い人が多く(その頻度は糖尿病でない人の2倍にのぼるといわれています)、高血圧は糖尿病の合併症の発病・進行を早めるからです。

 高血圧を防ぎ、合併症の進行を抑えるには、減塩が大きな意味をもってきます。市販の糖尿病食は、ちゃんとその辺のことを考えて味付けされているのだと思います。また、味が濃い料理はごはんが進みますから、糖尿病食事療法の大敵である食べ過ぎになりがちなことも、市販の糖尿病食が薄味に調理されている理由のひとつでしょう。家庭の料理で食事療法を進めている人も、やはり塩分には気をつけるようにしてください。

塩分摂取量を1日6g未満に抑えるのが目標

糖尿病患者向けの治療ガイドラインでは、糖尿病の合併症の危険性を抑えるために、塩分摂取量を控えることが勧められている。日本の食事ガイドラインでは、塩分摂取量を、1日6g未満に抑えることが推奨されている。
 日本の2型糖尿病患者を対象とした研究で、塩分の多い食事が、心筋梗塞、脳卒中の危険性を上昇させることが分かった。
 塩分摂取量が多い2型糖尿病の患者では、心血管疾患を発症するリスクが2倍に上昇するという。
 この研究は、新潟県立大学人間生活学部の堀川千嘉氏らが発表したもので、日本人の2型糖尿病を対象とした前向きコホート調査である「JDCS」(Japan Diabetes Complications Study)の結果を解析したものだ。

食事内容を見直すことが必要

塩(ナトリウム)は血圧を上昇させることが知られている。血糖コントロールの不良の糖尿病患者では、心血管疾患の発症が増えるので、塩分制限は特に必要だ。米国の統計(National Diabetes Statistics Report 2014)によると、2003~2006年における心血管疾患による死亡者数の割合が、糖尿病患者では通常の1.7倍だった。
 「2型糖尿病患者の心血管疾患リスクを減らすために、血糖コントロールの改善に加えて、食事内容を見直すことが大切です。今回の結果により、食事に含まれる塩分を制限するのが糖尿病の危険な合併症を予防するのに有効である可能性が示されました」と、堀川氏は述べている。

関連記事

特に注意!糖尿病患者さんの血圧管理方法

http://blue-circle.jp/articles/66

糖尿病患者さんは合併症が一番の敵です。 血圧も上がりやすいので警戒して予防しましょう!

隠れ糖尿病はこんな症状!気付かないうちが一番怖い?

http://blue-circle.jp/articles/249

隠れ糖尿病とはどのような症状をいうのでしょうか? 糖尿病はいわば誰でもなりうる病気です。 最近、少し太り気味、けだるい、喉も乾きやすい、、、 もしかしたら自分も。。?食事、日頃の運動で予防できることがあるかもしれません。

この記事のライター

まだまだ未熟ですが管理栄養士です!
仕事でも日々の勉強でもスキルアップしていきたいと思います!

関連する投稿


糖尿病で皮膚にはどんな影響が?皮膚乾燥の対策と気になる5大症状

糖尿病で皮膚にはどんな影響が?皮膚乾燥の対策と気になる5大症状

糖尿病と皮膚との関係について。糖尿病を発症すると合併症が起こりやすくなると言われているように、体にさまざまな症状が出てきます。 皮膚もその一つ。一般的に、糖尿病患者さんの約3割に何らかの皮膚病変が見られると言われています。今は大丈夫と思っていてもそこが落とし穴になります。


糖尿病による足の壊疽症状。切断しなければいけなくなる前に!

糖尿病による足の壊疽症状。切断しなければいけなくなる前に!

糖尿病による壊疽は高血糖が足を崩壊してしまう大変怖い症状です。 壊疽という恐ろしい病気のメカニズムを知ることで自分の足を守りましょう。 糖尿病と足の関係を解明するとともに、フットケアについてもお伝えします。


糖尿病とは。おかしいなと思ったらすぐ検査!

糖尿病とは。おかしいなと思ったらすぐ検査!

誰しもが一度は聞いたことがある病気、糖尿病。 でも糖尿病ってちゃんと説明できますか? いったい糖尿病ってなんなのでしょうか。 また糖尿病は気づきにくい病気でも有名です。少し違和感を感じたらすぐに検査に行って見ましょう。 知ってるようで意外と説明できない糖尿病について詳しく見ていきましょう。


糖尿病でもお菓子が食べたい!どんなお菓子なら食べてもOKなの?

糖尿病でもお菓子が食べたい!どんなお菓子なら食べてもOKなの?

糖尿病ではお菓子を楽しめないかというとそうではないんです!手軽にコンビニやスーパーなど市販で買えるお菓子もあれば、手作りできるお菓子もあります。いくつか糖尿病の方でも大丈夫なものをピックアップしました。でも食べ過ぎはだめですよ。


透析患者のかゆみ原因・対策!!

透析患者のかゆみ原因・対策!!

透析患者さんのかゆみはつらいものがあります。健康な人からみれば痒みなんて我慢しなさいよ。と思うかもしれません。しかし透析患者さんが感じる痒みは酷い人では血が出るほど掻きむしってしまったり、睡眠障害によって不眠症になる方までいます。ではを抑えるにはどうすればいいのでしょうか。


最新の投稿


透析中の食事管理。治療中でも毎日楽しく食べたい!

透析中の食事管理。治療中でも毎日楽しく食べたい!

透析中の食事管理はとても大切です。特に、水分・たんぱく質の管理は重要で、毎食バランス、摂取量を考えなければなりません。さまざまな制限などにしばられるとストレスを感じてしまいとても大変な食事管理ですが、でも食事は楽しみたいですよね。そのためにもしっかりした知識を身につけてください。


糖質制限中の外食、気をつけたい5つのポイント!

糖質制限中の外食、気をつけたい5つのポイント!

糖質制限中の外食の際、自分ひとりの食事はなんとかなっても、家族や友人、会社の付き合いで食事をする機会も多くあります。そんな時もポイントさえおさえれば大丈夫!糖質制限中でも外食を楽しみましょう!


糖尿病で皮膚にはどんな影響が?皮膚乾燥の対策と気になる5大症状

糖尿病で皮膚にはどんな影響が?皮膚乾燥の対策と気になる5大症状

糖尿病と皮膚との関係について。糖尿病を発症すると合併症が起こりやすくなると言われているように、体にさまざまな症状が出てきます。 皮膚もその一つ。一般的に、糖尿病患者さんの約3割に何らかの皮膚病変が見られると言われています。今は大丈夫と思っていてもそこが落とし穴になります。


境界型糖尿病は食事や生活など自分次第で完治する!

境界型糖尿病は食事や生活など自分次第で完治する!

境界型糖尿病と診断されてショックを抱えてませんか? でも境界型糖尿病は、食事や運動などのちょっとした日常生活の工夫で糖尿病にはならない、しかも完治する病気です。糖尿病予備群ともいわれる境界型糖尿病を知り、そこから脱出しましょう。


糖尿病による足の壊疽症状。切断しなければいけなくなる前に!

糖尿病による足の壊疽症状。切断しなければいけなくなる前に!

糖尿病による壊疽は高血糖が足を崩壊してしまう大変怖い症状です。 壊疽という恐ろしい病気のメカニズムを知ることで自分の足を守りましょう。 糖尿病と足の関係を解明するとともに、フットケアについてもお伝えします。