天然のインスリン!糖尿病に効く食材「菊芋」とは?

天然のインスリン!糖尿病に効く食材「菊芋」とは?

糖尿病患者さんであれば「菊芋(キクイモ)」を食べたことがある方も多いかもしれません。 「菊芋(キクイモ)」は、血糖値を下げる効果があるとして糖尿病患者さんや、生活習慣病を気にする方の注目を集めている食べ物です。 ここでは「菊芋(キクイモ)」について、またその健康効果について見ていきましょう。


「菊芋」って?

「菊芋」とは、キク科ヒマワリ属の植物。
菊の花に似た黄色い花を咲かせ、地中の根が芋のようなのでこのような名前が付けられました。
アメリカイモ、ブタイモ、サンチョーク、エルサレムアーティチョークなどとも呼ばれ、北アメリカが原産ですが、繁殖力が非常に強く、世界中に生育しています。

日本でも長野県や岐阜県などで栽培され、特産品として出回ることもあります。
煮物や味噌漬け、スープの具など、さまざまな料理に用いられます。

菊芋の健康効果

「イヌリン」によって、血糖値・中性脂肪値を下げる



菊芋の中に含まれるイヌリンという水溶性の食物繊維が
胃腸において、長時間留まるため、



腸における糖の吸収を抑え、膵臓からのインスリン分泌が
少量で済むのが天然のインスリンと言われている理由です。


その他にも、糖尿病の患者に必要なビタミンやミネラル、食物繊維、必須アミノ酸、酵素など
重要な栄養素が豊富にも関わらず、カロリーが低いのが菊芋が注目される理由です。



ちなみに、イモと聞くと炭水化物で血糖値を上げるのでは?と疑問に思うと思いますが、
ジャガイモやサツマイモに含まれるデンプン(炭水化物の1種)は血糖値を上げますが、
そのデンプンが菊芋には含まれていません。

イヌリンは水に非常に良く溶ける食物繊維です。 普段よく食べているタマネギ、ゴボウなどといった多くの植物に存在します。キクイモやチコリには 特に多く含まれています。 血糖値の上昇を抑制するなど多くの生理作用が期待されるため、欧米では古くから糖尿病患者用の食事に利用されています。

イヌリンはヒトの胃や腸などの消化管では消化・吸収されにくい難消化性の糖質(食物繊維)です。消化・吸収される消化性糖質のでん粉やオリゴ糖とは異なり、胃や小腸ではまったく分解されません。大腸ではじめて腸内の善玉菌であるビフィズス菌などの餌として利用されます。イヌリンのカロリー値は、消化性糖質の約半分にあたる2kcal/gと推定されています。

デンプンをほとんど含まず低カロリー

菊芋は「芋」という名前がついていますが、じゃがいもやさつまいもなどのようにデンプンはほとんど含まれていません。
100gあたり35kcalと、じゃがいもやさつまいもの半分以下のカロリーです。
食事療法中の方も安心して食べられる食材の一つと言えるでしょう。

その他にも菊芋には沢山のカリウムが含まれています。カリウムはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。逆に不足すると、筋肉が弱り、障害を起こすそうです。

菊芋(キクイモ)のカロリーは、ほかの野菜に比べて低カロリーです。
「サツマイモ 132Kcal(100g)」「ごぼう 65Kcal(100g)」「たまねぎ 37kcal(100g)」に対し、「菊芋(キクイモ) 35kcal(100g)」です。
菊イモは糖質や脂肪の吸収を抑制する性質があるので、菊芋(キクイモ)を食べ始めたら肥満が解消した、ダイエット効果があったという話もよく聞きます。

善玉菌を増やし、腸内環境を整える

「イヌリン」は腸内でオリゴ糖の一種に変わり、腸内で善玉菌の餌となります。
そのため、善玉菌が増え、腸内環境が良くなり、便秘や下痢など腸のトラブルを改善する働きがあると言われています。

菊芋に含まれている優れた物質イヌリンは、腸内で人間の体にとって欠かせない“ビフィズス菌”など、善玉菌の餌となって善玉菌を増やしてくれ腸内環境整った結果、便秘が改善されます。

善玉菌の成長を促し、増加させるのですが、悪玉菌(ウェルシュ菌)のえさにはならないので、腸の中は、ビフィズス菌が優勢になります。

日々の食卓に上手に取り入れよう

「菊芋」は、私たちの食卓にそれほど馴染みのあるものではないかもしれません。
しかし低カロリーでさまざまな健康効果も期待できるので、これまでに食べたことがない方も挑戦してみる価値のある食材と言えるでしょう。

ただし、どんな食材でも言えることですが、いくら血糖値を下げる働きなどが期待できる食材でもそれだけを食べていれば良いということではありません。バランスよく食べることを前提として、その上で菊芋などの糖尿病にも良いとされる食材を上手に取り入れてみてくださいね。

関連する投稿


糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

心臓の病気と聞けばすぐに命に関わることと当然のように認識されています。 糖尿病は膵臓に関わる病気であって心筋梗塞とは直接は結び付かないように思われますが、実は大きなかかわりを持っています。 恐ろしい心筋梗塞だからこそ病気を知り、予防を心がけましょう。


糖尿病患者さんとうつ病、その関係とは?

糖尿病患者さんとうつ病、その関係とは?

糖尿病患者さんの隠れた合併症にうつ病があるって知っていましたか? 目に見えない心の症状だからこそ知っておかなくてはいけない糖尿病とうつ病の関係と予防法の解説です。


糖尿病から白内障?意外に知られていない関係を解説

糖尿病から白内障?意外に知られていない関係を解説

糖尿病が白内障を引き起こしやすいことを知っていましたか?一度発症してしまうと薬では治せない病気。怖いからこそ知っておきましょう。白内障と糖尿病の関係から予防対策までをご説明いたします。


糖尿病になりやすい人ってどんな人?なりやすい人の特徴

糖尿病になりやすい人ってどんな人?なりやすい人の特徴

糖尿病になりやすい人はどのような人なのでしょう? 糖尿病は体質によってかかりやすさが異なります。 しかし生活習慣病と言われるように、自身の生活習慣でもかかりやすい体になってしまう事があります。もしかしたら、あなたも・・・?かかりやすい人の特徴を分かりやすくまとめてみました。


管理栄養士が行く!糖質制限レストラン&カフェ外食巡り vol.4「ヤッファ オーガニック カフェ」

管理栄養士が行く!糖質制限レストラン&カフェ外食巡り vol.4「ヤッファ オーガニック カフェ」

こんにちは! この記事では、管理栄養士の私が実際に糖質制限メニューを出しているレストランやカフェに行って、お店の雰囲気、メニューをわかりやすくご紹介していきます!糖尿病の方や糖質制限ダイエット中の方が外食先を探す際に参考にして下さい。 今回は渋谷にある「ヤッファ オーガニック カフェ」さんへ行ってまいりました!!


最新の投稿



糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~関西版~

糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~関西版~

糖尿病だけど美味しいケーキ・スイーツが食べたい!糖質が少なくても上質なスイーツが食べられたら…そんな風に思う方は多いハズ! 関西圏内の美味しい低糖質スイーツ店をご紹介します!


人工透析中の食事管理。治療中でも毎日楽しく食べたい!

人工透析中の食事管理。治療中でも毎日楽しく食べたい!

人工透析中でも食事管理はとても大切です。特に、水分・タンパク質の管理は重要で、毎食バランス、摂取量を考えなければなりません。大変な食事管理の中でも食は楽しみでもあり、制限などにしばられるとストレスを感じてしまう事も。


糖質制限は朝食が肝(キモ)!効果を最大化させる方法

糖質制限は朝食が肝(キモ)!効果を最大化させる方法

糖質制限は、ダイエッターなら一度は試しみたいダイエットですね。朝食を抜くと逆に太りやすくなってしまうのをご存知ですか? 「明日からダイエット」と言っても、1日の最初に食べる食事は朝食なように、糖質制限ダイエットは朝食から大事!糖質制限ダイエットにおける朝ごはんの重要さを見直していきましょう。


糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

心臓の病気と聞けばすぐに命に関わることと当然のように認識されています。 糖尿病は膵臓に関わる病気であって心筋梗塞とは直接は結び付かないように思われますが、実は大きなかかわりを持っています。 恐ろしい心筋梗塞だからこそ病気を知り、予防を心がけましょう。