天然のインスリン!糖尿病に効く食材「菊芋」とは?

天然のインスリン!糖尿病に効く食材「菊芋」とは?

糖尿病患者さんであれば「菊芋(キクイモ)」を食べたことがある方も多いかもしれません。 「菊芋(キクイモ)」は、血糖値を下げる効果があるとして糖尿病患者さんや、生活習慣病を気にする方の注目を集めている食べ物です。 ここでは「菊芋(キクイモ)」について、またその健康効果について見ていきましょう。


「菊芋」って?

「菊芋」とは、キク科ヒマワリ属の植物。
菊の花に似た黄色い花を咲かせ、地中の根が芋のようなのでこのような名前が付けられました。
アメリカイモ、ブタイモ、サンチョーク、エルサレムアーティチョークなどとも呼ばれ、北アメリカが原産ですが、繁殖力が非常に強く、世界中に生育しています。

日本でも長野県や岐阜県などで栽培され、特産品として出回ることもあります。
煮物や味噌漬け、スープの具など、さまざまな料理に用いられます。

菊芋の健康効果

「イヌリン」によって、血糖値・中性脂肪値を下げる



菊芋の中に含まれるイヌリンという水溶性の食物繊維が
胃腸において、長時間留まるため、



腸における糖の吸収を抑え、膵臓からのインスリン分泌が
少量で済むのが天然のインスリンと言われている理由です。


その他にも、糖尿病の患者に必要なビタミンやミネラル、食物繊維、必須アミノ酸、酵素など
重要な栄養素が豊富にも関わらず、カロリーが低いのが菊芋が注目される理由です。



ちなみに、イモと聞くと炭水化物で血糖値を上げるのでは?と疑問に思うと思いますが、
ジャガイモやサツマイモに含まれるデンプン(炭水化物の1種)は血糖値を上げますが、
そのデンプンが菊芋には含まれていません。

イヌリンは水に非常に良く溶ける食物繊維です。 普段よく食べているタマネギ、ゴボウなどといった多くの植物に存在します。キクイモやチコリには 特に多く含まれています。 血糖値の上昇を抑制するなど多くの生理作用が期待されるため、欧米では古くから糖尿病患者用の食事に利用されています。

イヌリンはヒトの胃や腸などの消化管では消化・吸収されにくい難消化性の糖質(食物繊維)です。消化・吸収される消化性糖質のでん粉やオリゴ糖とは異なり、胃や小腸ではまったく分解されません。大腸ではじめて腸内の善玉菌であるビフィズス菌などの餌として利用されます。イヌリンのカロリー値は、消化性糖質の約半分にあたる2kcal/gと推定されています。

デンプンをほとんど含まず低カロリー

菊芋は「芋」という名前がついていますが、じゃがいもやさつまいもなどのようにデンプンはほとんど含まれていません。
100gあたり35kcalと、じゃがいもやさつまいもの半分以下のカロリーです。
食事療法中の方も安心して食べられる食材の一つと言えるでしょう。

その他にも菊芋には沢山のカリウムが含まれています。カリウムはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。逆に不足すると、筋肉が弱り、障害を起こすそうです。

菊芋(キクイモ)のカロリーは、ほかの野菜に比べて低カロリーです。
「サツマイモ 132Kcal(100g)」「ごぼう 65Kcal(100g)」「たまねぎ 37kcal(100g)」に対し、「菊芋(キクイモ) 35kcal(100g)」です。
菊イモは糖質や脂肪の吸収を抑制する性質があるので、菊芋(キクイモ)を食べ始めたら肥満が解消した、ダイエット効果があったという話もよく聞きます。

善玉菌を増やし、腸内環境を整える

「イヌリン」は腸内でオリゴ糖の一種に変わり、腸内で善玉菌の餌となります。
そのため、善玉菌が増え、腸内環境が良くなり、便秘や下痢など腸のトラブルを改善する働きがあると言われています。

菊芋に含まれている優れた物質イヌリンは、腸内で人間の体にとって欠かせない“ビフィズス菌”など、善玉菌の餌となって善玉菌を増やしてくれ腸内環境整った結果、便秘が改善されます。

善玉菌の成長を促し、増加させるのですが、悪玉菌(ウェルシュ菌)のえさにはならないので、腸の中は、ビフィズス菌が優勢になります。

日々の食卓に上手に取り入れよう

「菊芋」は、私たちの食卓にそれほど馴染みのあるものではないかもしれません。
しかし低カロリーでさまざまな健康効果も期待できるので、これまでに食べたことがない方も挑戦してみる価値のある食材と言えるでしょう。

ただし、どんな食材でも言えることですが、いくら血糖値を下げる働きなどが期待できる食材でもそれだけを食べていれば良いということではありません。バランスよく食べることを前提として、その上で菊芋などの糖尿病にも良いとされる食材を上手に取り入れてみてくださいね。

関連する投稿


糖尿病で皮膚にはどんな影響が?皮膚乾燥の対策と気になる5大症状

糖尿病で皮膚にはどんな影響が?皮膚乾燥の対策と気になる5大症状

糖尿病と皮膚との関係について。糖尿病を発症すると合併症が起こりやすくなると言われているように、体にさまざまな症状が出てきます。 皮膚もその一つ。一般的に、糖尿病患者さんの約3割に何らかの皮膚病変が見られると言われています。今は大丈夫と思っていてもそこが落とし穴になります。


糖尿病による足の壊疽症状。切断しなければいけなくなる前に!

糖尿病による足の壊疽症状。切断しなければいけなくなる前に!

糖尿病による壊疽は高血糖が足を崩壊してしまう大変怖い症状です。 壊疽という恐ろしい病気のメカニズムを知ることで自分の足を守りましょう。 糖尿病と足の関係を解明するとともに、フットケアについてもお伝えします。


糖尿病とは。おかしいなと思ったらすぐ検査!

糖尿病とは。おかしいなと思ったらすぐ検査!

誰しもが一度は聞いたことがある病気、糖尿病。 でも糖尿病ってちゃんと説明できますか? いったい糖尿病ってなんなのでしょうか。 また糖尿病は気づきにくい病気でも有名です。少し違和感を感じたらすぐに検査に行って見ましょう。 知ってるようで意外と説明できない糖尿病について詳しく見ていきましょう。


糖尿病でもお菓子が食べたい!どんなお菓子なら食べてもOKなの?

糖尿病でもお菓子が食べたい!どんなお菓子なら食べてもOKなの?

糖尿病ではお菓子を楽しめないかというとそうではないんです!手軽にコンビニやスーパーなど市販で買えるお菓子もあれば、手作りできるお菓子もあります。いくつか糖尿病の方でも大丈夫なものをピックアップしました。でも食べ過ぎはだめですよ。


透析患者のかゆみ原因・対策!!

透析患者のかゆみ原因・対策!!

透析患者さんのかゆみはつらいものがあります。健康な人からみれば痒みなんて我慢しなさいよ。と思うかもしれません。しかし透析患者さんが感じる痒みは酷い人では血が出るほど掻きむしってしまったり、睡眠障害によって不眠症になる方までいます。ではを抑えるにはどうすればいいのでしょうか。


最新の投稿


透析中の食事管理。治療中でも毎日楽しく食べたい!

透析中の食事管理。治療中でも毎日楽しく食べたい!

透析中の食事管理はとても大切です。特に、水分・たんぱく質の管理は重要で、毎食バランス、摂取量を考えなければなりません。さまざまな制限などにしばられるとストレスを感じてしまいとても大変な食事管理ですが、でも食事は楽しみたいですよね。そのためにもしっかりした知識を身につけてください。


糖質制限中の外食、気をつけたい5つのポイント!

糖質制限中の外食、気をつけたい5つのポイント!

糖質制限中の外食の際、自分ひとりの食事はなんとかなっても、家族や友人、会社の付き合いで食事をする機会も多くあります。そんな時もポイントさえおさえれば大丈夫!糖質制限中でも外食を楽しみましょう!


糖尿病で皮膚にはどんな影響が?皮膚乾燥の対策と気になる5大症状

糖尿病で皮膚にはどんな影響が?皮膚乾燥の対策と気になる5大症状

糖尿病と皮膚との関係について。糖尿病を発症すると合併症が起こりやすくなると言われているように、体にさまざまな症状が出てきます。 皮膚もその一つ。一般的に、糖尿病患者さんの約3割に何らかの皮膚病変が見られると言われています。今は大丈夫と思っていてもそこが落とし穴になります。


境界型糖尿病は食事や生活など自分次第で完治する!

境界型糖尿病は食事や生活など自分次第で完治する!

境界型糖尿病と診断されてショックを抱えてませんか? でも境界型糖尿病は、食事や運動などのちょっとした日常生活の工夫で糖尿病にはならない、しかも完治する病気です。糖尿病予備群ともいわれる境界型糖尿病を知り、そこから脱出しましょう。


糖尿病による足の壊疽症状。切断しなければいけなくなる前に!

糖尿病による足の壊疽症状。切断しなければいけなくなる前に!

糖尿病による壊疽は高血糖が足を崩壊してしまう大変怖い症状です。 壊疽という恐ろしい病気のメカニズムを知ることで自分の足を守りましょう。 糖尿病と足の関係を解明するとともに、フットケアについてもお伝えします。