糖尿病予備群必見!糖尿病予防療法はダイエットになる!

糖尿病予備群必見!糖尿病予防療法はダイエットになる!

健康診断で糖尿病予備群だと宣告された・・・。 でも何をどうすればいいのかわからない。 そんな困ってる時に活用してほしいです! 糖尿病療法は早く始めて困る物でもありません、むしろダイエット効果で生活に取り入れている方もいるほどです。


糖尿病予防療法には、食事療法、運動療法、薬物療法があります。
糖尿病予備群の段階でしたら、当然薬物療法は適用されません。
毎日の食事、ちょっとした運動の心がけで、今ならぐんぐん改善されていくはずです。

糖尿病への危機感を持つべし!

糖尿病が「大した病気ではない」と思われてしまうのはなぜでしょうか?
それにはネーミングが大きくかかわっているといわれています。

尿に糖分が出るから 「糖尿」イコール「甘い尿」。尿に糖分が出るなんて、なんだか甘ったるくて気恥ずかしい・・・、なんて思っていませんか?

本当は尿に糖分が出るのではなくて 「血糖値が高くなる」の間違い。
つまり糖尿病は、尿というより、全身を流れる血液の病態なのです。

糖尿病だからと言って、すぐに入院、命の危機!なんてことはそうそうありません。
しかし、調べれば調べるほど、糖尿病は恐ろしい病気です。
それは合併症!!
今の段階で、詳しく聞いてもピンとこないと思いますが、
一度は糖尿病で検索をかけて、画像をみてみて下さい(>_

基本の食事療法!「摂り方」を気にするべし!

食事療法の原則、それは、、、

1.適正なエネルギー量の食事(量)

2.栄養バランスの良い食事(質)

3.規則的な食習慣(摂り方)

です!

糖尿病予備群の方がまずできるのは、規則的な食習慣(摂り方)だと思いまいます。

外食の時は、カロリーを気にしてみたり、コーヒーの砂糖を半分にしてみたり、
些細なことからチャレンジしましょう♪

糖尿病食事療法上級編~食品交換表の活用~

食事療法の素晴らしさが分かってくれば、きっと試したくなるはず♪
第7版は最近出たばかりなので、しばらく変わらないと思います(#^.^#)
そんなに高くはないので、持っておいて、勉強してみるのもいいかも☆

糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版

運動療法は些細なことから取り組むべし!

運動療法というと、ジョギング、筋トレ、ウォーキングのイメージが強いですよね。

最初からそこまでできればもちろんパーフェクトなのですが、
なかなか実行できないのが現状。。。

日常ちょっとしたとこで出来る運動をご紹介♪

1.わざわざ運動量を増やす

ありがちな提案ですが、わざわざやってみましょう。

座って出来る事はわざわざ立ってやる。わざわざ階段を昇り降り。電車でなく、自転車。自転車でなく歩く。

日常生活の中には色々わざわざできることは沢山あります。

2.環境を整える

運動の習慣が出来、目標が出来ても、中々気が進まないのも運動です。そこで運動しやすい環境を整えましょう。

通勤はスニーカーとリュックにする(歩きやすい環境を作る)。自転車を売る(歩かなければいけない環境を作る)。椅子を使わない。(床からの立ち上がりの方が運動強度が高いから)

このような工夫を日常の中に取り入れるだけで変わってきます。

3.姿勢を整える

現代人の9割が猫背です。姿勢を正すことだけで運動になります。それは、姿勢を正すことで腹筋や背筋、太もも周りの筋肉、さらにはインナーマッスルが働き始めます。

すなわち、起きているときの活動全てが運動になるのです。ただ座っているだけ、1つ1つの活動がいちいち運動になります。代謝が良くなり、同じ運動でも運動量が増えます。

姿勢を整える事だけで運動不足解消の1歩になるのです。

特に働く女性は仕事でも家庭でもカラダが歪むシーンは多々潜んでいます。それを解消する事で運動不足が解消できるだけでなく、肩こり・腰痛やダイエットにも効果的な姿勢を整える為のヨガや骨盤矯正はオススメです。当ブログでも随時日常に取り入れ可能なヨガや骨盤矯正法をアップしていきますのでご参照下さい。

まとめ

いかがでしたか?
考えてみると、糖尿病の予防はちょっとしたダイエットと同じですよね!
本気につらいダイエットをするのとは違うので、気軽に始めてはいかがでしょう♪

参考になったらシェア☆

この記事のライター

まだまだ未熟ですが管理栄養士です!
仕事でも日々の勉強でもスキルアップしていきたいと思います!

関連するキーワード


糖尿病 運動 糖尿病予防

関連する投稿


糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

心臓の病気と聞けばすぐに命に関わることと当然のように認識されています。 糖尿病は膵臓に関わる病気であって心筋梗塞とは直接は結び付かないように思われますが、実は大きなかかわりを持っています。 恐ろしい心筋梗塞だからこそ病気を知り、予防を心がけましょう。


糖尿病患者さんとうつ病、その関係とは?

糖尿病患者さんとうつ病、その関係とは?

糖尿病患者さんの隠れた合併症にうつ病があるって知っていましたか? 目に見えない心の症状だからこそ知っておかなくてはいけない糖尿病とうつ病の関係と予防法の解説です。


糖尿病から白内障?意外に知られていない関係を解説

糖尿病から白内障?意外に知られていない関係を解説

糖尿病が白内障を引き起こしやすいことを知っていましたか?一度発症してしまうと薬では治せない病気。怖いからこそ知っておきましょう。白内障と糖尿病の関係から予防対策までをご説明いたします。


糖尿病になりやすい人ってどんな人?なりやすい人の特徴

糖尿病になりやすい人ってどんな人?なりやすい人の特徴

糖尿病になりやすい人はどのような人なのでしょう? 糖尿病は体質によってかかりやすさが異なります。 しかし生活習慣病と言われるように、自身の生活習慣でもかかりやすい体になってしまう事があります。もしかしたら、あなたも・・・?かかりやすい人の特徴を分かりやすくまとめてみました。


糖尿病と歯周病はお互いを傷つけあってしまう!今からのケアが大事

糖尿病と歯周病はお互いを傷つけあってしまう!今からのケアが大事

詩風病が糖尿病の合併症のひとつでもあり、また逆に歯周病が糖尿病を悪化させる、そんな関係だと知っていましたか?関連性のないように見える二つの病気には、驚くような深い関係があるのです。 糖尿病をもっていなくても絶対に知っておくべき内容です。糖尿病と歯周病の徹底解析です。


最新の投稿



糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~関西版~

糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~関西版~

糖尿病だけど美味しいケーキ・スイーツが食べたい!糖質が少なくても上質なスイーツが食べられたら…そんな風に思う方は多いハズ! 関西圏内の美味しい低糖質スイーツ店をご紹介します!


人工透析中の食事管理。治療中でも毎日楽しく食べたい!

人工透析中の食事管理。治療中でも毎日楽しく食べたい!

人工透析中でも食事管理はとても大切です。特に、水分・タンパク質の管理は重要で、毎食バランス、摂取量を考えなければなりません。大変な食事管理の中でも食は楽しみでもあり、制限などにしばられるとストレスを感じてしまう事も。


糖質制限は朝食が肝(キモ)!効果を最大化させる方法

糖質制限は朝食が肝(キモ)!効果を最大化させる方法

糖質制限は、ダイエッターなら一度は試しみたいダイエットですね。朝食を抜くと逆に太りやすくなってしまうのをご存知ですか? 「明日からダイエット」と言っても、1日の最初に食べる食事は朝食なように、糖質制限ダイエットは朝食から大事!糖質制限ダイエットにおける朝ごはんの重要さを見直していきましょう。


糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

心臓の病気と聞けばすぐに命に関わることと当然のように認識されています。 糖尿病は膵臓に関わる病気であって心筋梗塞とは直接は結び付かないように思われますが、実は大きなかかわりを持っています。 恐ろしい心筋梗塞だからこそ病気を知り、予防を心がけましょう。