糖尿病の原因について徹底解説!原因から見る予防と対策

糖尿病の原因について徹底解説!原因から見る予防と対策

糖尿病の原因を知ることで、糖尿病にならないよう予防・対策することができます。誰もが「糖尿病になりたくない!」と思っているはずです。糖尿病の原因がわかれば、予防・対策することができます。そこで今回は、糖尿病の原因について徹底解説していきたいと思います。


1.糖尿病の原因は種類によって異なる

糖尿病とはどんな病気?

糖尿病の原因について解説していく前に、そもそも糖尿病がどんな病気なのかを紹介しておきましょう。糖尿病を簡単に説明すると、慢性的に高血糖状態となる疾患のことです。主にインスリン作用が不足することで、慢性的な高血糖となってしまう疾患となります。症状としては、口渇(喉が渇く)や多尿(尿の量が多くなる)、体重減少などが挙げられます。ただし、初期症状を自覚するのは難しく、気付いたときには糖尿病が進行しているケースが多いです。

注意すべきは症状だけではありません。糖尿病の場合は、合併症にも注意するべきです。糖尿病となり、高血糖状態が続くことで合併症が起きるリスクが高くなります。糖尿病関連の合併症には、糖尿病網膜症や糖尿病腎症、糖尿病神経障害などが挙げられます。場合によっては、命の危険もあるほどです。いずれにしても、糖尿病は厄介な病気であり、普段から予防・対策をしておきたい病気のひとつなのです。

糖尿病の種類について

糖尿病には、大きく分けて2つの種類があります。その2つとは、1型糖尿病と2型糖尿病です。糖尿病の種類によって、原因も変わってきます。そのため、まずは1型糖尿病・2型糖尿病の違いについても紹介しておきたいと思います。

①1型糖尿病について

1型糖尿病とは、インスリンを分泌しているβ細胞が死滅する病気です。そのため、インスリンが分泌されなくなり、糖尿病となってしまいます。ですから、1型糖尿病になるとインスリンを対外から補給する必要があるのです。ちなみに、日本における1型糖尿病は、糖尿病全体の5%以下とされています。また、小児期に発症する糖尿病の多くは1型糖尿病というのも特徴のひとつとなっています。

②2型糖尿病について

遺伝や生活習慣などがきっかけで発病するのが2型糖尿病です。2型糖尿病になると、インスリンの効果が効きにくくなることや分泌のタイミングが悪くなります。そのため、血糖値が高くなってしまうのです。2型糖尿病の特徴としては、発病しても自覚症状がほとんどないことが挙げられます。ですから、いつ発病したのかわからないことが多く、気付いたときには糖尿病が進行しているケースが多いのです。ちなみに、日本における糖尿病の約95%が2型糖尿病とされており、糖尿病患者の多くは2型糖尿病なのです。

2.糖尿病の原因について

ここまで糖尿病について紹介してきましたが、ここからは糖尿病の原因について解説していきたいと思います。糖尿病の原因はひとつではありません。たくさんの原因が考えられます。そのため、たくさんある糖尿病の原因をひとつずつ解説していきたいと思います。

糖尿病の原因1:遺伝

①糖尿病と遺伝の関係

糖尿病の原因として挙げられるのが遺伝です。現実として、両親や祖父母、親族などに糖尿病の人がいる場合とそうでない人を比べた場合、親族などに糖尿病の人がいると糖尿病になりやすいことがわかっています。このことから、糖尿病と遺伝は深く関係しているとされているのです。

ただし、糖尿病そのものが遺伝することはありません。親族が糖尿病になったから、自分も糖尿病になるとは限りません。そもそも、糖尿病の直接的な原因が遺伝というわけではなく、遺伝はあくまでも「糖尿病を発症しやすい体質」と捉えることができるのです。

②日本人は遺伝的に糖尿病になりやすい

1型糖尿病・2型糖尿病ともに、遺伝性があることがわかっています。そして、これは民族性も関係していることがわかっています。1型糖尿病は欧米人に比べて、日本人の発症率は低いです。その一方で、2型糖尿病は欧米人に比べて、発症率が高くなっています。日本人と欧米人では、日本人の方が肥満の人が少なく、糖尿病となる確率が低いように思いまが実際には逆です。日本人の方が2型糖尿病の発病が多くなっており、日本人は遺伝的に2型糖尿病になりやすいと言われているのです。

日本人が遺伝的に2型糖尿病になりやすい理由としては、農耕民族だったことが挙げられています。もともと穀物中心で低脂肪食だった日本人は、あまりインスリン分泌の必要がありませんでした。しかし、時代が進み近代になると食の欧米化により、高カロリー・高脂肪食を摂るようになっていったのです。そのため、遺伝的にインスリン分泌が少ない日本人では対応することができず、日本人は遺伝的に2型糖尿病になりやすいと言われているのです。

糖尿病の原因2:ストレス

①糖尿病とストレスの関係

ストレスは、糖尿病の原因のひとつです。過剰なストレスがきっかけとなって、糖尿病を発病することがあります。実際に、ストレスが多い人は2型糖尿病を発症するリスクが上昇するという研究報告もされているのです。

ストレスが糖尿病の原因となるメカニズムとしては、まずストレスを感じすることでアドレナリンやコルチゾールなどのホルモンが分泌されることにあります。これらのホルモンが分泌されることにより、心拍数や血圧を上がります。しかし、それだけでなく血糖値を上げる作用もあるのです。そのため、ストレスを感じる状態が続くことにより、血糖値が高い状態が続くことになり、糖尿病の原因となってしまうのです。

さらに、ストレスが糖尿病の原因となる理由は、ストレスによってインスリンの作用を減少されてしまうことが挙げられます。ストレスは血糖値を下げる役目であるインスリンの作用が低下させてしまうので、血糖値を下げることができず、糖尿病の原因となってしまうのです。このように、糖尿病とストレスには深い関係があり、糖尿病の原因のひとつがストレスと言えるのです。

②ストレスは暴飲暴食につながる

ストレスが糖尿病の原因になるメカニズムがわかったと思いますが、実はストレスは他にも影響を及ぼします。過度なストレスがかかることで、暴飲暴食につながってしまうことが多いです。暴飲暴食は糖尿病の原因のひとつとなっています。どうしても暴飲暴食をすれば、食生活が乱れてしまいます。その結果、糖尿病の原因となってしまうのです。このことからも、ストレスは糖尿病の大敵と言えるでしょう。ストレスは感じないように生活するのが、糖尿病にならないためには重要なことなのです。

糖尿病の原因3:食事

①糖尿病と食生活の関係

糖尿病の原因となり得るのは食事です。食生活が乱れている人は、糖尿病になりやすい傾向があります。不規則な食事や暴飲暴食は肥満の原因となり、糖尿病を発病するリスクを高めてしまうのです。とくに、加齢が進むとエネルギー基礎代謝が低下するため、食生活が乱れていると肥満になりやすいです。そのため、1日のエネルギー摂取量を配慮し、食べ過ぎないようにすることが大切となっています。糖尿病と食生活の関係は深く、食事が糖尿病の原因となることが多々あるのです。

②早食いも糖尿病の原因?

食生活だけでなく、早食いも糖尿病の原因とされています。理由は、早食いをすることで肥満になりやすいからです。食事をすると満腹中枢が反応することで、体に満腹感を知らせます。満腹中枢が反応するメカニズムとしては、食べ物を摂取することで血液中のブドウ糖の量が増え、血糖値が上昇することで満腹中枢は感知することができるのです。血糖値の上昇を満腹中枢が感知するまでには約15分必要とされています。

そのため、早食いをしてしまうと、満腹中枢が反応する前にどんどん食べてしまいます。その結果、ついつい食べ過ぎてしまい、肥満になりやすいのです。そのため、早食いは糖尿病の原因と言われているのです。糖尿病にならないためにも、早食いは改めるべきでしょう。

③糖尿病になりやすい食べ物とは?

糖尿病と食事の関係についてわかったと思いますが、そこで知っておきたいのが糖尿病の原因となりやすい食べ物についてです。どんな食べ物が糖尿病の原因となりやすいのかがわかれば、予防・対策をすることができます。糖尿病の原因になりやすい食べ物は、「ジャンクフード」「炭水化物」「動物性脂肪」「砂糖が使われているお菓子・飲料」などが挙げられます。いずれの食べ物も、過剰摂取することで肥満になりやすい食べ物です。ここで挙げた食べ物は絶対に食べてはいけないわけではありませんが、糖尿病になりたくなかったら過剰摂取することは控えるべきです。

糖尿病の原因4:砂糖?

①糖尿病と砂糖の関係

糖尿病の病名のイメージから、糖尿病の原因は砂糖と思っている人が意外と多くいます。これは、半分正解であり、半分間違っています。そもそも、糖尿病の「糖」は「ブドウ糖」の糖です。つまり、砂糖の「糖」ではありません。とは言え、砂糖を摂り過ぎれば糖尿病の原因となることがあります。そのため、砂糖の過剰摂取には注意が必要なのです。

②砂糖の過剰摂取はダメ

砂糖の過剰摂取は糖尿病の原因となる可能性があります。砂糖はカロリーが高く、肥満になりやすいため、過剰摂取することで糖尿病の原因となりかねません。そのため、砂糖を大量に使用しているお菓子や飲料には要注意なのです。また、すでに糖尿病や糖尿病予備軍となっている人にとって砂糖の過剰摂取は危険となります。砂糖は血糖値を急激に上昇させてしまうため、体に大きな負担をかけてしまうのです。ですから、砂糖の過剰摂取は避けるようにしましょう。

糖尿病の原因5:アルコール

①糖尿病とアルコールの関係性

糖尿病とアルコールは深い関係があり、糖尿病の原因のひとつになります。アルコールを飲み過ぎるとインスリンの効きが悪くなります。アルコールの過剰摂取をすると、視床下部で炎症反応が起き、その結果インスリン受容体へのシグナル送信が阻害されてしまうのです。そのため、アルコールを過剰摂取することで2型糖尿病となるリスクが高くなるのです。

さらに、アルコールは高カロリーなのが特徴となっています。最近では「糖質ゼロ」のアルコールもありますが、カロリーがゼロのわけではありません。さらに、アルコールは食欲を増進させる効果があるため、高カロリーとなりやすいのです。そのため、アルコールは肥満になりやすく、糖尿病の原因となってしまいます。できるだけアルコールを控えることが、糖尿病のリスクを下げることにつながるのです。

糖尿病の原因6:脂肪肝

①脂肪肝とは?

脂肪肝とは、名前からわかるように肝臓に脂肪がたまった状態のことを指しています。脂肪肝が悪化していくと、肝硬変につながることがある病気です。また、肝硬変はアルコールが原因の「アルコール性脂肪肝」とアルコール以外が原因の「非アルコール性脂肪肝」があります。

②脂肪肝と糖尿病の関係

そんな脂肪肝ですが、糖尿病とも関係しています。実は、脂肪肝になるとインスリン抵抗性が進行することになります。そのため、脂肪肝になると高血糖になりやすく、糖尿病の原因となるのです。脂肪肝は糖尿病と同じく、初期症状がありません。脂肪肝の症状が出始めたときには、すでに肝臓に大きなダメージを負っているケースが多いです。脂肪肝にならないためには、適度な運動とバランスのとれた食事が大切となっています。これは糖尿病にもつながることであり、脂肪肝・糖尿病にならないためにも、適度な運動とバランスのとれた食事を心がけましょう。

③脂肪肝と隠れ糖尿病について

脂肪肝は、隠れ糖尿病の原因とも言われています。隠れ糖尿病とは、空腹のときには血糖値が正常なに、食後の血糖値が高血糖になってしまう状態のことです。この隠れ糖尿病の原因として、脂肪肝が挙げられます。その理由は、脂肪肝になると、肝臓が糖を取り込んでくれなくなるからです。その結果、隠れ糖尿病となってしまうのです。隠れ糖尿病を放っておけば、本格的な糖尿病へと進行していきます。ですから、隠れ糖尿病にならないためにも、脂肪肝にならないような生活をするべきなのです。

糖尿病の原因7:運動不足

①運動不足と糖尿病の関係

運動不足と糖尿病は密接に関係しています。普段から運動している人と運動をしていない人では、普段から運動している人の方が糖尿病になりにくいとの研究報告があります。これには理由があります。まず、運動をすることによって、血糖値を下げることができるからです。運動をすることにより、ブドウ糖消費が促進されることになります。そのため、血糖値を下げることができるのです。また、普段から運動することにより、インスリン抵抗性を改善することもできます。このことから、運動不足は糖尿病のひとつであり、糖尿病にならないためにも、普段から運動をするべきなのです。

糖尿病の原因8:睡眠不足

①糖尿病と睡眠不足の関係性

糖尿病と睡眠不足には関係があり、糖尿病の原因のひとつが睡眠不足と言われています。睡眠不足が糖尿病の原因となる理由は、インスリン抵抗性を高めるからです。睡眠不足になると、交感神経を活発にしようとするホルモンが分泌されます。その結果、血糖・血圧・心拍数を上昇させてしまいます。そして、血糖値を下げるインスリンの効果を悪くしてしまい、インスリン抵抗性を高めてしまうのです。しかも、睡眠不足になると食欲が増進することがわかっています。そのため、過剰なカロリー摂取による肥満につながり、糖尿病の原因になりかねないのです。ですから、睡眠不足にならないような生活をすることによって、糖尿病になるリスクを抑えることができるのです。

糖尿病の原因9:タバコ

①タバコが糖尿病の原因?

タバコは糖尿病の原因になることがあります。タバコを吸うことにより、ニコチンの影響を受けることになります。ニコチンの影響を受けると、交感神経が刺激されることで興奮するのです。そして、交感神経が刺激されることでアドレナリンやグルカゴンなどの分泌量が増えます。これらは、血糖値を上昇させるホルモンであり、糖尿病の原因になりかねなません。

さらに、タバコを吸うことでインスリン抵抗性を高めることがわっています。タバコを吸うとアディポネクチンが減少します。このアディポネクチンとは、インスリンの作用を受けることで血糖値を下げる役割があるのです。しかし、タバコを吸うとアディポネクチンが減少してしまうため、インスリンの作用を阻害してしまうのです。その結果、インスリン抵抗性を高めることになり、血糖値を高めてしまいます。そのため、タバコを吸うことは糖尿病の原因となるのです。糖尿病にならないためには、タバコを控えるもしくは禁煙することが重要なのです。

②糖尿病とタバコの関係

タバコは糖尿病の原因となるばかりか、糖尿病の合併症を引き起こす可能性もあります。糖尿病になると、血糖値が高くなり血液がドロドロとなります。そんな状態にもかかわらずタバコを吸うことによって、さらに血液がドロドロになり動脈硬化を引き起こすリスクが高くなるのです。タバコを吸うと一酸化炭素を体内に取り入れることになります。その結果、体内が酸欠状態となってしまいます。そのため、酸素を送り込もうと赤血球の量が増えることになり、血液がドロドロとなるのです。糖尿病とタバコを吸うことによる相乗効果は動脈硬化を引き起こすリスクが高まるのです。そして、心筋梗塞や脳梗塞になる可能性を高めてしまいます。そのため、糖尿病とタバコの相性は最悪であり、タバコを控えるべきなのです。

糖尿病の原因10:原因不明?

①糖尿病は原因不明の場合も?

糖尿病の原因は不明の場合もあります。なかでも、1型糖尿病の原因は、いまでもはっきりとわかっていません。現在のところ、1型糖尿病の原因は「自己免疫」によるものとされているのですが、詳細についてはわかっていないのが現状です。ちなみに、自己免疫とは、体内に異物が侵入した際に機能する免疫機能が異常を生じることで、自分自身を攻撃してしまうことです。1型糖尿病では、自己免疫によってβ細胞を攻撃してしまうとされています。しかし、その原因やメカニズムについてはわかっていないため、1型糖尿病の原因は不明とされることがあるのです。

糖尿病の原因11:複合的

ここまで、さまざまな糖尿病の原因を紹介してきました。しかし、どれかひとつだけが糖尿病の原因とは限りません。紹介してきた糖尿病の原因のいくつかが複合的に絡まっていることもあります。そのため、それぞれの糖尿病の原因の予防・対策をしていくことが大切なのです。糖尿病の原因をひとつに絞るのではなく、さまざまな要素が原因であると捉えるようにしましょう。そして、糖尿病の予防・対策をしていくべきなのです。

3.子供の糖尿病の原因は?

子供も糖尿病になる?

糖尿病の患者は中年以降のイメージが強いと思います。しかし、実は子供でも糖尿病になることがあります。子供の糖尿病は小児糖尿病と言われており、1型糖尿病・2型糖尿病ともに発症する可能性があるのです。かつては、小児糖尿病の多くは1型糖尿病とされていましたが、最近では2型糖尿病も増えてきていると言われています。ちなみに、2型糖尿病と診断される小児糖尿病は、肥満であるケースがほとんどです。

小児糖尿病の原因について

小児糖尿病の原因は、1型糖尿病と2型糖尿病によって異なります。1型糖尿病の場合は、自己免疫が原因と言われています。しかし、メカニズムなどについては解明されていません。2型糖尿病の原因は、運動不足や過食などによる肥満です。肥満により、インスリン抵抗性が高まることで、糖尿病が発病するのです。そのため、子供の肥満は小児糖尿病につながるため、肥満にならないような生活を送ることが大切となります。

4.妊娠糖尿病の原因は?

妊娠糖尿病とは?

妊娠糖尿病とは、妊婦による影響により発病する糖尿病のことです。妊娠糖尿病は軽度であり、出産後は症状が治まっていくのが一般的です。しかし、今まで糖尿病の兆候がなかった人でも、妊娠糖尿病になることで糖尿病を発症しやすくなると言われています。ちなみに、妊娠する前から糖尿病の場合、糖尿病合併妊娠に区別されています。

妊娠糖尿病の原因について

妊娠糖尿病の原因は、ホルモンバランスの変化とされています。妊娠することで、胎盤性ホルモンなどが分泌され、インスリン作用が打ち消されてしまうのです。そのため、妊娠すると妊娠糖尿病となるケースがあるのです。ちなみに、妊婦糖尿病は妊婦全体の約12%が発症すると言われています。

5.糖尿病の原因から見る予防・対策!

ここまで糖尿病の原因について紹介してきました。糖尿病の原因がわかれば、糖尿病の予防・対策をすることができます。そこで、ここからは糖尿病の原因からわかる予防・対策について紹介していきたいと思います。

ストレスの解消

ストレスは糖尿病の原因のひとつです。そのため、日頃からストレスを溜めないことが糖尿病の予防・対策となります。現代社会においてストレスを溜めないで生活するのは難しいですが、できるだけストレスを溜め込まないような生活を心がけるべきです。趣味や運動をして、日ごろからストレスを解消するようにしましょう。

食事から予防・対策

食事と糖尿病は深い関係があります。食生活が乱れることで、糖尿病となるリスクが高まります。そのため、1日3食バランスの取れた食事を心がけることで、糖尿病の予防・対策をすることができるのです。また、肥満の人は糖尿病になりやすい傾向があります。ですから、肥満にならないような食事を心がけるべきです。

肥満にならないような食事のためには、1日のエネルギー摂取量に配慮したり、緑黄色野菜や食物繊維を積極的に摂取したりするのがおすすめです。また、甘いものや脂っぽいものは、極力控えることで肥満対策になります。

糖尿病予防・対策としては、よく噛んで食べることも挙げられます。早食いは急激に血糖値を上げてしまうため、糖尿病になりやすいです。そこで、よく噛んで食べることで、ゆっくりと食事をすることができ、急激な血糖値の上昇を抑えることができます。そのため、糖尿病予防・対策のために、ゆっくりとよく噛んで食べることを心がけましょう。

タバコ・アルコールを制限して予防・対策

タバコ・アルコールは、いずれも糖尿病になる一因となっています。そのため、タバコ・アルコールを制限もしくは禁煙・禁酒をすることが糖尿病の予防・対策となるのです。いきなり禁煙・禁酒をするのは難しいと思います。また、無理やり禁煙・禁酒をすることでストレスを溜めてしまえば逆効果になってしまいます。そのため、少しずつでもタバコ・アルコールを制限し、最終的には禁煙・禁酒をするようにしましょう。それができれば、糖尿病の予防・対策となるのです。

運動不足を解消

糖尿病の予防・対策としては、運動不足を解消することがおすすめです。普段から運動をすることによって、糖尿病の予防・対策となります。とくに、有酸素運動や筋力トレーニングが糖尿病の予防・対策には有効です。有酸素運動が予防・対策となる理由は、筋肉への血流が増えることで、ブドウ糖が細胞の中に取り込まれるからです。そのため、インスリンの効果が高まることになり、血糖値を下げることが期待できるのです。

また、筋肉トレーニングをすることにより、筋肉を増加させることも糖尿病の予防・対策となります。筋肉の量が増えることによって、インスリンの効果が高まります。そのため、インスリン抵抗性を改善することができ、糖尿病の予防となるのです。ただし、運動による糖尿病の予防・対策は継続がポイントとなります。そのため、無理のない範囲で継続的に運動をすることが大切です。無理に運動しても続かなければ意味がありません。継続的な運動をして、糖尿病の予防・対策をしましょう。

睡眠不足の解消

睡眠不足は糖尿病の原因のひとつです。そのため、睡眠不足を解消することで、糖尿病予防・対策をすることができます。睡眠不足を解消する方法はいくつかあります。そこで、睡眠不足を解消する方法をいくつか紹介していきましょう。

〈睡眠不足を解消する方法〉

①寝る前にリラックスする

寝る前にリラックスする時間を作ることで、睡眠不足を解消することができます。寝る前にリラックスすることで、良質な睡眠をとることができます。その結果、睡眠不足を解消することができるのです。リラックスする方法としては、ストレッチやリラックスできる音楽を聴くのがおすすめです。就寝前にリラックスする時間を作り、睡眠不足を解消してください。

②寝酒をしない

寝酒をしないことで、睡眠不足の解消をすることができます。アルコールは睡眠の質が悪くなります。そのため、寝酒を控えることで良質の睡眠をとることができ、睡眠不足を解消することができるのです。そもそも、アルコールは糖尿病の原因のひとつとなります。ですから、寝酒を控えることが糖尿病の予防・対策になるのです。できるだけ、寝酒は避けるようにしましょう。

③就寝前にテレビ・パソコン・スマートフォンを見ない!

寝る前にテレビやパソコン、スマートフォンを見ることで、睡眠不足となってしまいます。多くの人が就寝前まで、テレビ・パソコン・スマートフォンなどを見ていると思います。しかし、これらはブルーライトが出ており、睡眠を妨げてしまうのです。そのため、睡眠不足を解消するためには、寝る前にテレビ・パソコン・スマートフォンなどを見るのをやめるべきなのです。

④就寝前のカフェイン摂取を控える

睡眠不足を解消するためには、就寝前のカフェイン摂取を控えるべきです。カフェインには、睡眠物資であるアデノシンの吸収を阻害する効果があります。そのため、就寝前にカフェインを摂取するとなかなか寝付けず、睡眠不足の原因となります。ですから、就寝前のカフェインの摂取は控えるべきなのです。ちなみに、カフェインが血液に留まる時間は6時間以上と言われています。そのため、できることなら、夕方以降のカフェイン摂取は控えるのがおすすめです。

睡眠不足は糖尿病の原因となってしまいます。そのため、睡眠不足を解消するための行動をすることで、糖尿病の予防・対策をすることができます。睡眠不足を解消して、糖尿病の予防・対策をしてください。

6.まとめ

今回は、糖尿病の原因について紹介してきました。糖尿病の原因はいくつもあります。「遺伝」「ストレス」「食事」「アルコール」「睡眠不足」「タバコ」「運動不足」など多くの原因があるのです。ひとつの原因だけで糖尿病になるわけではありません。複数の原因により、糖尿病になるのです。また、原因から糖尿病の予防・対策をすることができます。原因に応じた予防・対策をすることで、糖尿病になりにくい生活をすることができるのです。糖尿病にならないためにも、日ごろから予防・対策をするようにしましょう。

この記事のライター

わかりやすく糖尿病について紹介していきたいと思います!

最新の投稿


糖尿病は完治することができるのか?完治のためのすべきこと

糖尿病は完治することができるのか?完治のためのすべきこと

糖尿病は完治できない病気であり、一生付き合う必要があると言われることがあります。果たしてそれは、本当なのでしょうか。そこで、糖尿病を完治することができるのかについて紹介していきたいと思います。


不整脈、本当の恐怖は?不整脈のメカニズムから原因対策まで!

不整脈、本当の恐怖は?不整脈のメカニズムから原因対策まで!

急に起こるめまいや失神、不整脈が原因となって起こることがあります。しかし不整脈全てが怖いものばかりではありません。それらを見極めるためにも、不整脈が生じるメカニズムをベースに症状や対処法などを知っておきましょう。


糖尿病の前兆症状を紹介!こんな兆候が現れたら要注意

糖尿病の前兆症状を紹介!こんな兆候が現れたら要注意

糖尿病の前兆症状を知っておくことは大切です。どんな病気であれ、早期発見することで重症になり前に対処することができます。そこで、糖尿病の前兆症状や兆候が現れたときの対処方法について紹介していきます。


糖尿病食事レシピ【たっぷり野菜のドライカレー】

糖尿病食事レシピ【たっぷり野菜のドライカレー】

沢山の野菜が入り、スパイスが効いているのでご飯との相性抜群です!


【糖尿病食事レシピ】ナスとオクラのひき肉あんかけ

【糖尿病食事レシピ】ナスとオクラのひき肉あんかけ

全て電子レンジでできる簡単レシピ! 野菜とひき肉が入ってボリューム満点です。