糖尿病食事レシピ【 卵豆腐の和風あんかけ 】

糖尿病食事レシピ【 卵豆腐の和風あんかけ 】

油揚げの中に卵豆腐を入れ、優しいお味のあんかけをたっぷりかけました。油揚げがだしをしっかり吸い込みます!


***************

1人当たりの栄養価情報
    ・カロリー   : 148.5kcal
    ・糖質     : 19.0g
    ・たんぱく質  : 15.0g
    ・脂質     : 16.3g

***************

材料  ~二人分~

油揚げ 1枚
卵豆腐 2個
♦だし汁 200ml
♦顆粒和風だし 小匙1/2
♦醤油 大匙1~2
♦みりん 大匙1
♦白だし 大匙1
水溶き片栗粉 大匙1   

作り方

① 油揚げを半分に切ります。ポケット型にして、卵豆腐を一つずつ入れます。つまようじで口を閉じます。

② フライパンで油揚げを両面2分ずつくらい焼いてカリッとさせます。焼き色がつくくらいで大丈夫です。

③ ♦の材料を鍋に入れて沸騰させます。そこに焼いた油揚げを入れます。水溶き片栗粉を入れたら火を止め、かるく混ぜてとろみがついたら完成です♪

コツ・ポイント

糖質が気になる方は、水溶き片栗粉を省いてもOKです。だしを濃くとっていただければ、顆粒だしは入れないでも大丈夫です。

この記事のライター

あおいまる編集部のIです。

関連する投稿


女性には糖尿病における大きなリスクがある

女性には糖尿病における大きなリスクがある

糖尿病発症リスクに男女差があるってことは知っていましたか? 直接原因ではなく女性ホルモンが関わり内臓脂肪を増やしてしまうことです。しっかりと仕組みを知り、予防対策につなげましょう


管理栄養士が教える!〜糖尿病とおやつ〜

管理栄養士が教える!〜糖尿病とおやつ〜

糖尿病の方は良く好きなものが食べられなくなるのが辛い。それがとてもストレスになると聞きます。 しかし、ちょっとした心がけで随分気持ちが軽くなりますよ。


菊芋の効能を効率的に得よう!「菊芋」のおいしいレシピ集(4)

菊芋の効能を効率的に得よう!「菊芋」のおいしいレシピ集(4)

「菊芋」は、私たちの食卓にそれほど馴染みのあるものではないかもしれません。 しかし低カロリーでさまざまな健康効果も期待できるので、これまでに食べたことがない方も挑戦してみる価値のある食材と言えるでしょう。 日々の食卓に上手に菊芋を取り入れられるレシピをご紹介するまとめ第4弾です!


菊芋の効能を効率的に得よう!「菊芋」のおいしいレシピ集(3)

菊芋の効能を効率的に得よう!「菊芋」のおいしいレシピ集(3)

「菊芋」は、私たちの食卓にそれほど馴染みのあるものではないかもしれません。 しかし低カロリーでさまざまな健康効果も期待できるので、これまでに食べたことがない方も挑戦してみる価値のある食材と言えるでしょう。 日々の食卓に上手に菊芋を取り入れられるレシピをご紹介するまとめ第3弾です!


菊芋の効能を効率的に得よう!「菊芋」のおいしいレシピ集(1)

菊芋の効能を効率的に得よう!「菊芋」のおいしいレシピ集(1)

「菊芋」は、私たちの食卓にそれほど馴染みのあるものではないかもしれません。 しかし低カロリーでさまざまな健康効果も期待できるので、これまでに食べたことがない方も挑戦してみる価値のある食材と言えるでしょう。 日々の食卓に上手に菊芋を取り入れられるレシピをご紹介します。


最新の投稿


女性には糖尿病における大きなリスクがある

女性には糖尿病における大きなリスクがある

糖尿病発症リスクに男女差があるってことは知っていましたか? 直接原因ではなく女性ホルモンが関わり内臓脂肪を増やしてしまうことです。しっかりと仕組みを知り、予防対策につなげましょう


糖尿病をもつ人にとって安全かつ有効な運動療法とは?

糖尿病をもつ人にとって安全かつ有効な運動療法とは?

運動が必要です、糖尿病には運動が欠かせないなど耳が痛くなるほど聞く話しです。しかし運動の必要性やどんな効果があるのかなど運動に関することは、よく考えると疑問が出てくるものではないでしょうか。運動と糖尿病の関りを深く知ることで、より一層運動に興味を持つことにもなります。運動と糖尿病の関係の解説です。


糖尿病を見つけるために早めの検査を!

糖尿病を見つけるために早めの検査を!

糖尿病を早く見つけるために検査が何より大事です。糖尿病と診断されるためにどのような検査があるのでしょうか? 検査の内容と合わせて、そもそも知ってるようで意外と説明できない糖尿病についても詳しく見ていきましょう。


コレステロールの基本を知って上手にコントロール

コレステロールの基本を知って上手にコントロール

コレステロールが高いと聞けば良くない印象を持ちますが、実はとても大事な役割を持っています。コレステロールと上手に付き合うためには、基本を知ることが大切です。コレステロールの薬やサプリメントなどの情報と合わせて知識を高めましょう。


管理栄養士が教える!〜糖尿病とおやつ〜

管理栄養士が教える!〜糖尿病とおやつ〜

糖尿病の方は良く好きなものが食べられなくなるのが辛い。それがとてもストレスになると聞きます。 しかし、ちょっとした心がけで随分気持ちが軽くなりますよ。