糖尿病がEDにつながる仕組みはここにある

糖尿病がEDにつながる仕組みはここにある

糖尿病を持った男性の悩みのひとつにED(勃起不全)があります。いろいろな原因が隠れているEDですが、糖尿病ではEDになりやすいという現実があります。糖尿病になったからすぐにEDということではないので、予防や対策のためにもしっかりと関連性を知っておきましょう。


EDとは勃起不全のことを指します。全く勃起しない、時々勃起しなかった、一時的に勃起はするが最後まで維持できなかったなどのケースより軽度、中度、重度に分けられます。EDは30代~40代により多く見られますが、20代でもめずらしくなく年々増加傾向にあるといわれます。EDの原因にはいくつかありますが、糖尿病を患っている人はEDになりやすいという結果も出ています。男性にとってEDは身体のダメージだけではなく心のダメージにもつながる大切な問題ともいえますので、EDにつながる詳細を知って問題解決の方向性を見極めましょう。

男性の勃起とはこういう仕組み

勃起に至るまで

①視覚、聴覚、触覚、臭覚などを通じて性的刺激として脳に伝えられます。

②脳は興奮し脊髄の中に走っている神経を伝わり副交感神経が優位に立つことによって陰茎に作用します

③この際に体内で一酸化窒素が放出され陰茎の海綿体に存在する血管の筋肉よりサイクリックGMPという成分が作り出されます。

④海綿体はスポンジのような構造で動脈などの血管が多数走っています。そこにサイクリックGMPの作用によって血管が拡張し多量の血液が流れ込みます。

⑤陰茎に硬さが生じ勃起となります。
一酸化窒素はいわば海綿体の動脈に血液を流すきっかけ、管のバルブのような役割を担います。

⑥勃起後も脳の興奮が持続している限り、海綿体の膨張によって血液の逆流をはかる静脈が押しつぶされて血流が充満し、勃起状態が維持されることになります。

勃起から平常に戻るまで

①勃起したままでは通常の生活は不可能ですので、体をもとにもどす働きが行われます。
脳の興奮が低下していきます。

②実は勃起した状態の中でサイクリックGMPという物質とPDE5(ホスホジエステラーゼ)という勃起抑制酵素が存在し両者が力のせめぎ合いを起こしています。もちろん勃起しているときはサイクリックGMPが優勢になっていますが、脳の興奮が減少していくと反対にPDE5が優位となってサイクリックGMPを分解していきます。

③海綿体にある血液が静脈を介して全身へと戻っていき勃起は解消されます。

通常のEDの原因

▪ストレス
性的刺激から始まってさまざまな器官の働きが積み重なることで勃起に至りますが、ストレスによって神経の伝達に障害が起きると性的刺激が伝わりにくいということがあげられます。副交感神経の働きが大きくなければ脊髄からの信号が末梢まで伝わらないのですが、ストレスは交感神経の方を優位にする特徴があるため、この部分が障害になるということも考えられます。

▪加齢
どうしても避けられないのは加齢によるテストステロンの分泌量の減少です。テストステロンが減少すると必要な酵素の分泌も減ってしまうため血流が不足することになります。
また血管の柔軟性がなくなるという動脈硬化からつながることも要因のひとつとなります。

▪生活習慣病から起こる高血圧などの持病
脂質異常や高血圧など血管に支障を来たす病気を発症していると陰茎の動脈の拡張や血液の流出に悪影響を及ぼすためです。

▪脳血管障害
脳出血、脳梗塞、脳腫瘍、パーキンソン病などは、刺激の収集場所であり伝達を発信する中枢部分に問題が生じると末梢への信号が遮断されるためです。

▪外傷や外科的手術の後遺症
前立腺や膀胱、直腸の疾患の手術などでは仕方なく勃起に関係する神経を切断したり、取り除くことがあるため機能が維持できません。また脊髄損傷では脳からの信号が脊髄を通るため途中で遮断される可能性が高くなります。

糖尿病はEDになりやすい?その理由は

糖尿病ではない人に比べて糖尿病を発症している人がEDになる率は2~3倍といわれます。

糖尿病の合併症である神経障害

糖尿病には高血糖によって神経障害を起こす合併症があります。興奮刺激は感覚器から脳へ、脳から末梢へと常に神経伝達回路を利用しますので、神経が障害されていると性的刺激が鈍くなることから十分な勃起に達しないことになります。

一酸化窒素合成酵素が不活性化する

糖尿病は高血糖によって血管の損傷がみられます。血管が損傷されると海綿体の動脈に作用する一酸化窒素合成酵素の活性化が妨げられEDになりやすくなります。

動脈硬化

陰茎の動脈は他の部位の動脈に比べて細いため、糖尿病から動脈硬化の指摘を受けている人では血管が拡張しづらくなり勃起に必要な血液量が不足することになります。

改善方法の基本は生活習慣の改善

泌尿器科でED治療を行う際にはED薬の内服であり、ED薬のたいていはPDE5 阻害薬となります。勃起を終了させるための酵素を抑制するといった作用を行う薬ですので、原因がそういった部分でなければ薬効がない場合もあります。

糖尿病を発症しているからといって器質的に全てが糖尿病が施している物ばかりかというとそうとも言い切れません。良く調べて見ると心因性EDだったというケースも少なくありません。

そういったことから精神的にも肉体的にも安定感を持った生活習慣が必要となります。
まずは糖尿病自体の進行を防ぐため食事管理や運動の継続が大切です。
ヘモグロビンA1c値は慢性的な血糖値を表しますのでヘモグロビン A1c値を目安にコントロールしていくことがよいでしょう。

この記事のライター

20年以上看護師として病院勤務していました。
少しでもお役に立てる情報をお伝えしたいと思っています。

最新の投稿


糖尿病の食事レシピ・メニューで困ったらコレ!おすすめ10

糖尿病の食事レシピ・メニューで困ったらコレ!おすすめ10

糖尿病の食事で困っている人必見! 糖尿病の方でも食べられるおいしいレシピ・メニューです! ちょっとした工夫で糖質オフだったりカロリー制限が出来ちゃいます! 食卓をいつもよりもにぎやかに♪


妊娠糖尿病の食事メニュー!毎日おいしく過ごそう!

妊娠糖尿病の食事メニュー!毎日おいしく過ごそう!

妊娠糖尿病ではどんな食事メニューがよいのか? 注意点をしっかり押さえればおいしい食卓を囲めます。 注意点をおさえた、美味しく食べれる食事メニューをご紹介! 食事は生活をささえる大事な要素なのでストレスの原因にもなってします。 健康かつ、満足のいく食事を毎日摂りたいですね!


糖尿病で皮膚にはどんな影響が?皮膚乾燥の対策と気になる5大症状

糖尿病で皮膚にはどんな影響が?皮膚乾燥の対策と気になる5大症状

糖尿病と皮膚との関係について。糖尿病を発症すると合併症が起こりやすくなると言われているように、体にさまざまな症状が出てきます。 皮膚もその一つ。一般的に、糖尿病患者さんの約3割に何らかの皮膚病変が見られると言われています。今は大丈夫と思っていてもそこが落とし穴になります。


糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病になると皮膚のかゆみが出てくる時があります。なぜでしょうか? 高血糖が続くと免疫力が低下し、合併症を起こしやすく末梢神経・循環の機能障害から、皮膚トラブルも起こしやすくなってしまいます。 糖尿病と皮膚の関係を知り、正しいスキンケアを身につけて、かゆみ等の皮膚トラブルを未然に防ぐことが大切です。


糖尿病とは。そして糖尿病の食事について

糖尿病とは。そして糖尿病の食事について

糖尿病とは、どんな症状の病気なのか、そしてその代表的な治療法である糖尿病の食事についてご説明します。 食事療法は糖尿病になった場合の基本です。気になる1日カロリーの計算方法、レシピ、糖尿病でも安心できる食べ物、飲み物、お菓子までお役立ち情報を幅広くご紹介します。改善へのコツもあるのでチェックしていきましょう!