ロカボ体験記(49):ローソンの「ZERO ノンシュガーチョコレート」

ロカボ体験記(49):ローソンの「ZERO ノンシュガーチョコレート」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソンの「ZERO ノンシュガーチョコレート」をレビューします。


こんにちは、ロカボ食品を利用しながら順調に糖質制限中の「ぺたこ」です。
このシリーズでは私が主にスーパー・コンビニで買える糖質オフ商品や糖質制限メニュー、外食時に気軽に食べられるロカボメニューなどを実際に体験して皆様にレビューをお届けしています♪

今回はダイエット中の強い味方、コンビニで買えるチョコレートのおやつ!ローソンから「ZERO ノンシュガーチョコレート」をレビューします!

ローゾンの「ZERO ノンシュガーチョコレート」

ダイエット中にはまっさきに我慢することになりそうなおやつ、チョコレート。
でも多くの人が大好きなおやつ、それもチョコレート!

今回はローソンさんの低糖質おやつから「ZERO ノンシュガーチョコレート」をご紹介します。
パッケージを見る分にはごくごく普通のチョコレートのようですが、どんな商品なのでしょうかヾ(*´∀`*)ノ

気になる栄養成分・原材料などなど。

原材料表記と栄養成分表示。
一袋全部食べても糖質は10.0g。
原材料は甘味料を使って糖質を抑えているようですね。

実際に食べてみた!

袋を開けるとコロコロっとした丸いチョコレートが出てきます。
艶があって美味しそうに見えますね。

実際に食べてみると、パッケージの表記通り、ビターとスイートのバランスが良いです。
ややビターよりなので大人の人むけかもしれませんね。
冷やして食べると歯ごたえもしっかりしていておすすめです◎

ひとつ気になったのは、パッケージにジップ等がついていない所です。
少しずつ食べたいときに開けたらあけっぱなしではちょっと不便ですよね。

一回のおやつで食べ切れる量ではあるのですが、できればジップがついていると便利ですね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

糖質制限中のおやつ選びはかなり頭を悩ませるところですが、このようにスタンダードな商品で低糖質なものが出てくれると、かなり助かりますね。
ノンシュガーながら甘さとビターさのバランスもしっかりありました。(甘い飲み物と一緒に食べると甘さがわからなくなりやすいかもしれません 笑)
一袋10gというのもロカボおやつとしては範囲内ですし、ちょっと体型が気になり始めた方にもぴったりなおやつだと思います。
ぜひぜひ、見かけたら一度試してみてください!


それではカロリー/糖質/価格をおさらいしましょう!

1袋あたり
糖質  10.0g
カロリー134kcal

価格  148円(税込)

それではまた次回をお楽しみに!

この記事のライター

最新の投稿


血糖値とHbA1c、どう違う?糖尿病患者さんの疑問を解決!

血糖値とHbA1c、どう違う?糖尿病患者さんの疑問を解決!

健康診断でも糖尿病外来でも検査する「HbA1c」。血糖値とは違う、なぜ高いのか疑問に思う人も多いと思われます。今後の体調コントロールがスムーズにできるためにも「HbA1c」を知りましょう。「HbA1c」徹底解析です。


糖尿病と関連性もあるというストレス、悪いだけのもの?

糖尿病と関連性もあるというストレス、悪いだけのもの?

マイナスのイメージであるストレスですが、実はなくてはならないもの。しかし糖尿病には悪影響を与えるともいいます。ストレスについて詳しく知ることで、糖尿病とともに向かい合っていける方法を見つけましょう。


糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~名古屋版~

糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~名古屋版~

糖尿病だけど美味しいケーキ・スイーツが食べたい!糖質が少なくても上質なスイーツが食べられたら…そんな風に思う方は多いハズ! 名古屋圏内の美味しい低糖質スイーツ店をご紹介します!


糖尿病が癌の罹患リスクを2倍にアップ!?その理由とは

糖尿病が癌の罹患リスクを2倍にアップ!?その理由とは

糖尿病には三大合併症に留まらず数々の病気に気をつけなければなりません。しかし意外に知られていないのが癌です。糖尿病が癌になるリスクを上げるといわれます。どんな関りを持っているのか、どういったことに気をつけなければならないのか詳しく解説いたします。


肝がんにも発展する脂肪肝、糖尿病との関係は?

肝がんにも発展する脂肪肝、糖尿病との関係は?

比較的重篤にならない疾患であると考えられてきた脂肪肝ですが、最近では油断できない注目すべき疾患となりました。この脂肪肝が糖尿病と関係性が高いこともわかってきています。脂肪肝とはどういう疾患でどんな関りがあるのかわかりやすく解説いたします。