ロカボ体験記(43):トップバリュ「糖質ひかえめソーセージステーキ」

ロカボ体験記(43):トップバリュ「糖質ひかえめソーセージステーキ」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はトップバリュから「糖質ひかえめソーセージステーキ」を食べてみます!


こんにちは、ロカボ食品を利用しながら順調に糖質制限中の「ぺたこ」です。
このシリーズでは私が主にスーパー・コンビニで買える糖質オフ商品や糖質制限メニュー、外食時に気軽に食べられるロカボメニューなどを実際に体験して皆様にレビューをお届けしています♪

今回はイオンPB・トップバリュから「糖質ひかえめソーセージステーキ」を食べてみたいと思います!

トップバリュの「糖質ひかえめソーセージステーキ」

イオンのプライベートブランド、トップバリュから「糖質ひかえめソーセージステーキ」です!
糖質制限中、食材のなかでも、案外見落としがちなのがこの「加工食品」の糖質なんですよね。
お肉、お魚であれば糖質は0に近いのですが、こういった食材のように、様々に加工されると地味に糖質量が増えていたりするんです。

参考までに一般的なソーセージなどだと(ばらつきはありますが)
多いもの100gあたり9g近くも糖質があったり…裏面の栄養成分表示を見て「えっ!」と思うことがたまにあります。
ハム、ベーコン、ソーセージなどの加工肉などは、裏面をチェックするのが大事です。

なので、こういった「糖質おさえています!」とパッケージに書かれているとつい、惹かれちゃうんですよね(*´ω`*)
今回は100gあたり0.7gというおどろきの低糖質…!
私の場合ですが、お野菜とか調味料、主食系で糖質を考える事が多いので
こういったメインのおかず系が低糖質だと非常に嬉しいですね。

気になる栄養成分・原材料などなど。

栄養成分表示・原材料はこちら。

内容量は144g、3枚入りなので1枚あたり48gですね。
糖質は100gあたり0.7g。ということは1枚あたりの糖質は約0.34g。
何も気にせずに食べられちゃいます!

実際に食べてみた!

袋から取り出してみるとこんな感じ。
白っぽいソーセージの中にハーブかスパイスのような点々が見えます。

そのままでも食べられますとのことなんですが、やはり表記の通りに焼いてみましょう。
油を敷かずにじっくり焼くと焼き目が食欲をそそる感じに。

大きさが低糖質パンとちょうど同じくらいで、まさに挟んでくださいと言わんばかりのサイズだったので
せっかくなのでサンドイッチにしてみました!

食べてみた感想ですが、とってもジューシーです。プリッとした食感で、味付けもやはりスパイスなのか、ピリッとひきしまったスパイシーな味わいです。
これはお弁当なんかに入れても嬉しいかもしれません。
朝食にもピッタリだと思います。色んなシーンで活躍しそうな一品です!

まとめ

いかがだったでしょうか?
これは味・糖質ともにバッチリで、私的にはリピート決定の商品です。
見かけたら絶対カゴに入れてしまいそう…(*´ω`*)!
3つ入りで使い勝手も良さそうです。

それでは糖質・カロリー・価格をおさらいしてみましょう!

100gあたり
糖質  0.7g
カロリー310kcal

1枚48gあたり
糖質  0.336g
カロリー148.8kcal

48g×3枚入り
価格  213円(税込)

それではまた次回をお楽しみに!

この記事のライター

最新の投稿


ダイエットと炭水化物の関係。始めよう糖質制限(糖質ダイエット)!

ダイエットと炭水化物の関係。始めよう糖質制限(糖質ダイエット)!

今回はダイエットと炭水化物の関係についてです。 炭水化物は、タンパク質や脂質とともに三大栄養素と呼ばれています。そして炭水化物抜きダイエットというものがありますが、ダイエットと炭水化物はどう関係しているのでしょう?


皮膚がかゆい?!糖尿病と皮膚の密接な関係

皮膚がかゆい?!糖尿病と皮膚の密接な関係

糖尿病の3大合併症はよく知られていますが、このほかにも皮膚に関係する病気がいくつもあるんです。しっかり知って、皮膚のトラブルを回避しましょう!


糖尿病性網膜症、あなたは本当に大丈夫ですか?

糖尿病性網膜症、あなたは本当に大丈夫ですか?

糖尿病性網膜症は、糖尿病の合併症の一つです。自覚症状なく網膜の損傷は進行するのです。 病気を知ることこそ失明の防止となるのです。 まずは糖尿病性網膜症について、詳しく理解するところから始めましょう!


糖尿病と尿の関係を徹底解説!泡や尿糖で診断できる?

糖尿病と尿の関係を徹底解説!泡や尿糖で診断できる?

糖尿病と尿の関係はどういうものなのでしょうか?尿は単純なものではありません。糖尿病や腎臓に関するサインを私たちに投げかけます。健康診断での検査結果から目で見える異変についてまでを詳しく分かりやすくお伝えいたします。


糖尿病の低血糖。甘く見てはいけない知らないと本当に危険な話

糖尿病の低血糖。甘く見てはいけない知らないと本当に危険な話

低血糖を起こさないで安心して生活するためには、まずは糖尿病と低血糖に関する知識を持ちましょう。 特に糖尿病の方は治療を受けている中で、低血糖で危険な状態に陥ることもあります。 今回は低血糖の詳しい内容をお伝えいたします!