糖尿病と歯周病はお互いを傷つけあってしまう!今からのケアが大事

糖尿病と歯周病はお互いを傷つけあってしまう!今からのケアが大事

詩風病が糖尿病の合併症のひとつでもあり、また逆に歯周病が糖尿病を悪化させる、そんな関係だと知っていましたか?関連性のないように見える二つの病気には、驚くような深い関係があるのです。 糖尿病をもっていなくても絶対に知っておくべき内容です。糖尿病と歯周病の徹底解析です。


食べ物が豊富になってきた現代では糖尿病の診断を受ける人が年々増加しています。
糖尿病が恐ろしい合併症を引き起こすことは熟知されているようですが、最近では歯周病とも大きなかかわりを持つという結果が打ち出されました。
糖尿病が悪いベースとなって病気を引き起こすことは分かっていても、まさか歯までと思う人が少なくないと思われます。
糖尿病と歯周病との関係を理解しておきましょう。

歯周病とはこんな病気!

食べ物を歯磨きで磨き落とせない、または糖分が多く残ってしまう事が原因で歯垢(プラーク)が発生し、細菌がその中に住み着いてしまいます。細菌が繁殖を続け、毒素を排泄しながら生き続けると歯周病になります。
歯周病は歯肉に赤みや腫れなどを起こす慢性的な炎症であり、徐々に進行すると骨を溶かしてしまうものです。

歯周病は単に歯の磨き方が原因によるものではありません。歯のケア以外にも喫煙、ストレス、食習慣、不適合な義歯、全身疾患などが進行を促すことがわかっています。

歯周病チェック

歯周病を意識したことがない人でも、自己診断してみましょう。
3つ以上当てはまると、歯周病の可能性があります。

□ 歯ぐきが痛い
□ 歯ぐきが腫れている
□ 歯ぐきが痛痒い感じがする
□ 何もしてなくても歯ぐきから出血することがある
□ 食べたときに、歯が痛い
□ 硬いものが食べられなくなった
□ 歯が長くなった気がする
□ 強く歯磨きしていないのに歯ブラシに血がつく
□ 朝の起床時に口の中がネバネバする
□ 口臭がある

糖尿病との相関関係

私たちが食事をし、食べた物が消化吸収され血液内の放出されると、インスリンという膵臓から分泌されるホルモンによって細胞へエネルギーとして取り込まれ、残ったものは脂肪として貯蔵されます。
しかしこのインスリンが不足、または分泌しない、インスリンの受容体を低下させるといった状態を起こすことを糖尿病といいます。

糖尿病を持っていない人に比べて、糖尿病を持っている人が歯周病にかかる割合が2倍以上といわれます。
また反対に歯周病を持っていることで糖尿病を悪化させるという相互関係があるといわれます。

糖尿病が歯周病をまねく理由

1.口が渇きやすい

唾液は食べ物を噛みやすく喉に運びやすくするほかに、口の中をきれいにする働きも持っています。
糖尿病では、尿の量も増えることから体全体の水分が不足がちになり、唾液も減ってしまい口の洗浄力が衰えるため、常在している細菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

2.唾液が濃くなる

唾液も血液から作られるものなので高血糖の影響は大いに受けます。サラサラした唾液ではなくドロドロ感の強い唾液となってしまい、細菌が繁殖するのに喜ばしい環境になってしまうためです。

3.炎症を阻止しづらい

歯周病は慢性的な炎症ですから、免疫力が強ければ阻止できるのですが、高血糖であると血流も悪くなり白血球の働きがままなりません。すると細菌の繁殖に拍車がかかってしまいます。

4.タンパク質が変化

血液内が高血糖になると、糖質が正常なたんぱく質と結びついて性質を変化させてしまい、そこから炎症を起こしやすい物質(AGE)を作り出してしまうという作用もおこしてしまいます。

歯周病が糖尿病悪化をまねく理由

糖尿病を持っている人の歯周病治療をしたところ、血糖値が安定した、改善したという治療例があります。
これはインスリンの抵抗性に関係していると考えられています。

歯肉に炎症が起きると、サイトカインと呼ばれる成分が生まれます。
このサイトカインが血管を移動しながら、筋肉細胞などに付着し、インスリンが細胞内へ入ってこないように邪魔をしてしまいます。その結果、高血糖が維持されてしまうわけですから、糖尿病ではない人に対しては糖尿病への移行、糖尿病の人に対しては病状の悪化を招いてしまうことになります。

歯周病の予防と対策は?

歯周病は治療も可能であり、自分でできる対策もあります。

●歯磨きの方法を見直す
歯垢を取り除こうと必死に硬い歯ブラシを使うことも、逆に柔らかすぎる歯ブラシも効果がありません。大きすぎない、毛先が曲がっていない歯ブラシを使用しましょう。
歯ブラシを鉛筆を持つような持ち方で、歯に対して45度角度で、一本一本丁寧に磨くことが大切です。

●禁煙する
喫煙することで、唾液の量がより一層不足します。また血管が収縮するため血流も悪くなったり、ニコチンが歯垢を付着させやすくしてしまいます。
糖尿病というリスクに、さらに上乗せするかのような悪影響を及ぼしますので、喫煙することが必要です。

●食べ物
甘いものを控えるようにしましょう。歯周病菌は糖分をエサとして繁殖しますので、できるだけ甘いものは控えましょう。
また夜は口の中の唾液も減り、自浄作用が弱くなりますので、寝る前の歯磨きを行った後は食べ物を口にしないように心がけましょう。

●歯ぎしり、噛みしめ、口呼吸を止める
歯ぎしりや歯を強くかんでしまうことで、歯と歯の間に隙間ができてしまい、そこにプラークが入り込んで歯周病となってしまいます。
また口呼吸が癖になっていると口の中の乾燥をまねきますので、歯周病につながってしまいます。
普段から起こる良くない癖は治すことが良いでしょう。

小さな心がけこそが大きな治療へと発展する

歯に関わる病気は糖尿病とは関係ないものと思いがちですが、歯周病も同じ体の中で生じるもの。私たちの体は血液やリンパが流れすべてつながっているものです。
小さなことも、このくらい大丈夫と思って放っておくことが大きな病気の引き金となってしまいます。また反対に、小さなことを治していくことで大きな病気を防ぐことができるということにもなります。
もしも歯周病の心配のある方は、歯科受診と身近なケアから始めることをオススメいたします。

関連する投稿


糖尿病について徹底解析、糖尿病の基本から未来治療まで!

糖尿病について徹底解析、糖尿病の基本から未来治療まで!

すでに日本では300万人を超えて発症している糖尿病、多くの人が知っている病名です。しかし詳しい内容は意外に知らない人が多いのではないでしょうか。ここでは糖尿病の基礎から、そして現代医療の内容までをご紹介いたします。


放置は厳禁!糖尿病の「3大合併症」とは?

放置は厳禁!糖尿病の「3大合併症」とは?

「糖尿病は合併症の病気」「本当の怖さは合併症にある」と言われています。 病院で糖尿病だと診断されても、その初期には自覚症状はあまりないのです。ところが放置していると、数年~10年程度で非常に恐ろしいさまざまな病気を引き起こしてしまうことをご存知でしょうか。


感染症に要注意!糖尿病患者さんの予防の仕方~ノロウイルス編~

感染症に要注意!糖尿病患者さんの予防の仕方~ノロウイルス編~

秋から冬にかけてウイルスや細菌が増殖しやすい乾燥の季節がやってきました。 今年も感染症は流行するでしょう。しかし、かかる人もいればかからない人もいる。当然しっかり予防している人にはかかりにくいですが、実は糖尿病患者さんは感染症にかかりやすい、という事も言われています。最適な予防方法とはどのようなものでしょうか?


皮膚がかゆい?!糖尿病と皮膚の密接な関係

皮膚がかゆい?!糖尿病と皮膚の密接な関係

糖尿病の3大合併症はよく知られていますが、このほかにも皮膚に関係する病気がいくつもあるんです。しっかり知って、皮膚のトラブルを回避しましょう!


境界型糖尿病完治には食事や生活など自分次第で!

境界型糖尿病完治には食事や生活など自分次第で!

「境界型糖尿病」と言われてショックを抱えてませんか?食事や運動などのちょっとした日常生活の工夫で糖尿病にはならない、しかも完治する病気です。「境界型糖尿病」を知り、糖尿病から脱出しましょう。


最新の投稿



糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~関西版~

糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~関西版~

糖尿病だけど美味しいケーキ・スイーツが食べたい!糖質が少なくても上質なスイーツが食べられたら…そんな風に思う方は多いハズ! 関西圏内の美味しい低糖質スイーツ店をご紹介します!


人工透析中の食事管理。治療中でも毎日楽しく食べたい!

人工透析中の食事管理。治療中でも毎日楽しく食べたい!

人工透析中でも食事管理はとても大切です。特に、水分・タンパク質の管理は重要で、毎食バランス、摂取量を考えなければなりません。大変な食事管理の中でも食は楽しみでもあり、制限などにしばられるとストレスを感じてしまう事も。


糖質制限は朝食が肝(キモ)!効果を最大化させる方法

糖質制限は朝食が肝(キモ)!効果を最大化させる方法

糖質制限は、ダイエッターなら一度は試しみたいダイエットですね。朝食を抜くと逆に太りやすくなってしまうのをご存知ですか? 「明日からダイエット」と言っても、1日の最初に食べる食事は朝食なように、糖質制限ダイエットは朝食から大事!糖質制限ダイエットにおける朝ごはんの重要さを見直していきましょう。


糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

心臓の病気と聞けばすぐに命に関わることと当然のように認識されています。 糖尿病は膵臓に関わる病気であって心筋梗塞とは直接は結び付かないように思われますが、実は大きなかかわりを持っています。 恐ろしい心筋梗塞だからこそ病気を知り、予防を心がけましょう。