糖尿病食事レシピ【 お弁当に★アスパラの肉巻き 】 

糖尿病食事レシピ【 お弁当に★アスパラの肉巻き 】 

糖尿病の方でもおいしく食べられるレシピ。 夕飯と翌日のお弁当にまで入れられます!にんじんとミニアスパラで綺麗な格子柄にして、見た目も美味しく仕上げました^^


***************

1人当たりの栄養価情報
    ・カロリー   : 204kcal
    ・糖質     : 12.2g
    ・たんぱく質  : 11.1g
    ・脂質     : 9.9g

***************

材料  ~二人分~

ミニアスパラ 10本
人参 1/2本
牛肉薄切り 100g
♦ラカントS 小匙1
♦醤油 大匙1.5
♦みりん 大匙1.5
  

作り方

① ミニアスパラは固い部分を切って、筋を軽く取っておきます。人参は縦半分に切り、ミニアスパラと同じくらいの太さに切ります。(余った人参はスープに使っちゃいます♪)

② 耐熱容器に入れてレンジで加熱します。最初は人参だけで2分、アスパラを追加して1分です。

③ 火が通ったら、水気を切って冷ましておきます。冷めたらアスパラと人参を2本ずつ牛肉で巻きます。

④ フライパンに軽く油をひいて、牛肉に焼き色を付けます。中火1~2分くらいです。

⑤ 焼き色がついたら♦の材料を全ていれ、弱中火にして3分ほど蒸し焼きにします。

⑥ 最後に蓋を取って、中火に戻してタレをからめたら完成♪

コツ・ポイント

切った時に格子柄になるよう、人参とアスパラをずらして巻いてください。

この記事のライター

あおいまる編集部のIです。

関連する投稿


糖尿病食事レシピ【 おひとり様ランチに☆厚揚げピザ決定版 】 

糖尿病食事レシピ【 おひとり様ランチに☆厚揚げピザ決定版 】 

これだけでお腹いっぱいになるのに、しっかり糖質制限できます!パパッと出来て美味しいので、是非お試しください♪


糖尿病食事レシピ【 卵豆腐の和風あんかけ 】

糖尿病食事レシピ【 卵豆腐の和風あんかけ 】

油揚げの中に卵豆腐を入れ、優しいお味のあんかけをたっぷりかけました。油揚げがだしをしっかり吸い込みます!


夏間近!糖尿病患者さん夏バテに注意!

夏間近!糖尿病患者さん夏バテに注意!

暑い日々が続きますが、夏の準備はOKですか? これから楽しい夏ですが、夏バテには要注意です!


骨粗しょう症に注意。糖尿病患者さんは特に!今からできること

骨粗しょう症に注意。糖尿病患者さんは特に!今からできること

さまざまな合併症がある糖尿病ですが、意外と知られていないのが、骨粗しょう症です。 骨粗しょう症になると、骨折しやすくなるだけでなく、痛みを感じたりして運動療法が続けられなくなることもあります。


知らないと損してるかも?糖尿病に大事なGI値ってなに?

知らないと損してるかも?糖尿病に大事なGI値ってなに?

糖尿病について、よく知っている方も、最近勉強し始めた方も、ネットで「GI値」と言う文字、よく見かけませんか? なんとなくは分かるけど、、、実際のところよくわからない!というから多いと思います!そんな方のためにGI値徹底解説!


最新の投稿


糖尿病患者さんは要注意!痛風も予防、アルカリ性食品でふせげる?

糖尿病患者さんは要注意!痛風も予防、アルカリ性食品でふせげる?

糖尿病患者さんはいろいろな合併症を阻止しなければなりません。 なぜなら、通常よりも、病気にかかりやすくなっているからです。 今回は痛風についてです。


糖尿病食事レシピ【 おひとり様ランチに☆厚揚げピザ決定版 】 

糖尿病食事レシピ【 おひとり様ランチに☆厚揚げピザ決定版 】 

これだけでお腹いっぱいになるのに、しっかり糖質制限できます!パパッと出来て美味しいので、是非お試しください♪


糖尿病食事レシピ【 卵豆腐の和風あんかけ 】

糖尿病食事レシピ【 卵豆腐の和風あんかけ 】

油揚げの中に卵豆腐を入れ、優しいお味のあんかけをたっぷりかけました。油揚げがだしをしっかり吸い込みます!


夏間近!糖尿病患者さん夏バテに注意!

夏間近!糖尿病患者さん夏バテに注意!

暑い日々が続きますが、夏の準備はOKですか? これから楽しい夏ですが、夏バテには要注意です!


骨粗しょう症に注意。糖尿病患者さんは特に!今からできること

骨粗しょう症に注意。糖尿病患者さんは特に!今からできること

さまざまな合併症がある糖尿病ですが、意外と知られていないのが、骨粗しょう症です。 骨粗しょう症になると、骨折しやすくなるだけでなく、痛みを感じたりして運動療法が続けられなくなることもあります。