ロカボ体験記(38):ローソンの「ブランのチキンカレーパン」

ロカボ体験記(38):ローソンの「ブランのチキンカレーパン」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソンの「ブランのチキンカレーパン」をレビューします。


こんにちは、ロカボ食品を利用しながら順調に糖質制限中の「ぺたこ」です。
このシリーズでは私が主にスーパー・コンビニで買える糖質オフ商品や糖質制限メニュー、外食時に気軽に食べられるロカボメニューなどを実際に体験して皆様にレビューをお届けしています♪

今回はローソンから「ブランのチキンカレーパン」をレビューします!

ローソンの「ブランのチキンカレーパン」

カレーパン…ダイエットする前、つまり太っていた頃…大好きでした!
今でも大好きですが、糖質制限やロカボを意識しているとなかなか食べられませんよね。

ローソンさんのブランシリーズからチキンカレーパンが登場していたので、早速試してみたいと思います!

気になる栄養成分・原材料などなど。

こちらは原材料表記。
カレーに焼とり!美味しそうです…(*ノェノ)
そしてブランパンにはおなじみのミックス粉、パン粉は普通のパン粉なのでしょうか。

こちらは栄養成分表示。糖質は15.3g、少し多めです。これは切り分けて食べるのは難しいでしょうから、他のメニューで調整するか、コレだけぱぱっと食べる!というようなシーンならOKそう。

実際に食べてみた!

今回は袋から出してそのままではなく、軽くトーストしてみました。

これが大正解です!このパン、軽くトーストしたほうが絶対に美味しいです。
上にトッピングされているパン粉がカリカリになって、ブランパン特有のしっとり目な食べごたえが軽くなります。
つまりカレーパン感がより一層強くなるということですねヾ(*´∀`*)ノ

中のカレーフィリングはこんな感じ。
焼とりがかなりゴロっとしていますね。カレーソースはちょっと控えめですが、味的にはしっかりカレーパンしていました。

食べてみたあとも、結構満足感はありました。小腹満たしにはちょうどいいかもしれません。
なによりジャンクなカレーパンをロカボに楽しめるっていうのが最高ですね♪
カリカリサクサクのパン生地とゴロゴロしたチキン、スパイシーなカレーが絶妙にマッチしていました!

まとめ

いかがだったでしょうか?
ローソンさんのブランパンシリーズは甘いものもお惣菜系も出ていてバリエーションが楽しめますね。
その中でも「特に好き!」と思えるものがたまに出てきてくれるんですが、このカレーパンはその「特に好き!」に入りました!

それでは糖質/カロリー/価格をおさらいしてみましょう!

糖質  15.3g
カロリー168kcal
価格  180円(税込)

これからもブランパンシリーズからは目が離せませんね!随時チェックしてレビューしていきますので、よろしくお願いします!

それではまた次回をお楽しみに!

この記事のライター

最新の投稿


ダイエットと炭水化物の関係。始めよう糖質制限(糖質ダイエット)!

ダイエットと炭水化物の関係。始めよう糖質制限(糖質ダイエット)!

今回はダイエットと炭水化物の関係についてです。 炭水化物は、タンパク質や脂質とともに三大栄養素と呼ばれています。そして炭水化物抜きダイエットというものがありますが、ダイエットと炭水化物はどう関係しているのでしょう?


皮膚がかゆい?!糖尿病と皮膚の密接な関係

皮膚がかゆい?!糖尿病と皮膚の密接な関係

糖尿病の3大合併症はよく知られていますが、このほかにも皮膚に関係する病気がいくつもあるんです。しっかり知って、皮膚のトラブルを回避しましょう!


糖尿病性網膜症、あなたは本当に大丈夫ですか?

糖尿病性網膜症、あなたは本当に大丈夫ですか?

糖尿病性網膜症は、糖尿病の合併症の一つです。自覚症状なく網膜の損傷は進行するのです。 病気を知ることこそ失明の防止となるのです。 まずは糖尿病性網膜症について、詳しく理解するところから始めましょう!


糖尿病と尿の関係を徹底解説!泡や尿糖で診断できる?

糖尿病と尿の関係を徹底解説!泡や尿糖で診断できる?

糖尿病と尿の関係はどういうものなのでしょうか?尿は単純なものではありません。糖尿病や腎臓に関するサインを私たちに投げかけます。健康診断での検査結果から目で見える異変についてまでを詳しく分かりやすくお伝えいたします。


糖尿病の低血糖。甘く見てはいけない知らないと本当に危険な話

糖尿病の低血糖。甘く見てはいけない知らないと本当に危険な話

低血糖を起こさないで安心して生活するためには、まずは糖尿病と低血糖に関する知識を持ちましょう。 特に糖尿病の方は治療を受けている中で、低血糖で危険な状態に陥ることもあります。 今回は低血糖の詳しい内容をお伝えいたします!