ロカボ体験記(38):ローソンの「ブランのチキンカレーパン」

ロカボ体験記(38):ローソンの「ブランのチキンカレーパン」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソンの「ブランのチキンカレーパン」をレビューします。


こんにちは、ロカボ食品を利用しながら順調に糖質制限中の「ぺたこ」です。
このシリーズでは私が主にスーパー・コンビニで買える糖質オフ商品や糖質制限メニュー、外食時に気軽に食べられるロカボメニューなどを実際に体験して皆様にレビューをお届けしています♪

今回はローソンから「ブランのチキンカレーパン」をレビューします!

ローソンの「ブランのチキンカレーパン」

カレーパン…ダイエットする前、つまり太っていた頃…大好きでした!
今でも大好きですが、糖質制限やロカボを意識しているとなかなか食べられませんよね。

ローソンさんのブランシリーズからチキンカレーパンが登場していたので、早速試してみたいと思います!

気になる栄養成分・原材料などなど。

こちらは原材料表記。
カレーに焼とり!美味しそうです…(*ノェノ)
そしてブランパンにはおなじみのミックス粉、パン粉は普通のパン粉なのでしょうか。

こちらは栄養成分表示。糖質は15.3g、少し多めです。これは切り分けて食べるのは難しいでしょうから、他のメニューで調整するか、コレだけぱぱっと食べる!というようなシーンならOKそう。

実際に食べてみた!

今回は袋から出してそのままではなく、軽くトーストしてみました。

これが大正解です!このパン、軽くトーストしたほうが絶対に美味しいです。
上にトッピングされているパン粉がカリカリになって、ブランパン特有のしっとり目な食べごたえが軽くなります。
つまりカレーパン感がより一層強くなるということですねヾ(*´∀`*)ノ

中のカレーフィリングはこんな感じ。
焼とりがかなりゴロっとしていますね。カレーソースはちょっと控えめですが、味的にはしっかりカレーパンしていました。

食べてみたあとも、結構満足感はありました。小腹満たしにはちょうどいいかもしれません。
なによりジャンクなカレーパンをロカボに楽しめるっていうのが最高ですね♪
カリカリサクサクのパン生地とゴロゴロしたチキン、スパイシーなカレーが絶妙にマッチしていました!

まとめ

いかがだったでしょうか?
ローソンさんのブランパンシリーズは甘いものもお惣菜系も出ていてバリエーションが楽しめますね。
その中でも「特に好き!」と思えるものがたまに出てきてくれるんですが、このカレーパンはその「特に好き!」に入りました!

それでは糖質/カロリー/価格をおさらいしてみましょう!

糖質  15.3g
カロリー168kcal
価格  180円(税込)

これからもブランパンシリーズからは目が離せませんね!随時チェックしてレビューしていきますので、よろしくお願いします!

それではまた次回をお楽しみに!

この記事のライター

最新の投稿


血糖値とHbA1c、どう違う?糖尿病患者さんの疑問を解決!

血糖値とHbA1c、どう違う?糖尿病患者さんの疑問を解決!

健康診断でも糖尿病外来でも検査する「HbA1c」。血糖値とは違う、なぜ高いのか疑問に思う人も多いと思われます。今後の体調コントロールがスムーズにできるためにも「HbA1c」を知りましょう。「HbA1c」徹底解析です。


糖尿病と関連性もあるというストレス、悪いだけのもの?

糖尿病と関連性もあるというストレス、悪いだけのもの?

マイナスのイメージであるストレスですが、実はなくてはならないもの。しかし糖尿病には悪影響を与えるともいいます。ストレスについて詳しく知ることで、糖尿病とともに向かい合っていける方法を見つけましょう。


糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~名古屋版~

糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~名古屋版~

糖尿病だけど美味しいケーキ・スイーツが食べたい!糖質が少なくても上質なスイーツが食べられたら…そんな風に思う方は多いハズ! 名古屋圏内の美味しい低糖質スイーツ店をご紹介します!


糖尿病が癌の罹患リスクを2倍にアップ!?その理由とは

糖尿病が癌の罹患リスクを2倍にアップ!?その理由とは

糖尿病には三大合併症に留まらず数々の病気に気をつけなければなりません。しかし意外に知られていないのが癌です。糖尿病が癌になるリスクを上げるといわれます。どんな関りを持っているのか、どういったことに気をつけなければならないのか詳しく解説いたします。


肝がんにも発展する脂肪肝、糖尿病との関係は?

肝がんにも発展する脂肪肝、糖尿病との関係は?

比較的重篤にならない疾患であると考えられてきた脂肪肝ですが、最近では油断できない注目すべき疾患となりました。この脂肪肝が糖尿病と関係性が高いこともわかってきています。脂肪肝とはどういう疾患でどんな関りがあるのかわかりやすく解説いたします。