ロカボ体験記(36):シャトレーゼ「やさしい糖質生活 どら焼き」

ロカボ体験記(36):シャトレーゼ「やさしい糖質生活 どら焼き」

ぺたこのロカボ体験記★この記事では糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はシャトレーゼの「やさしい糖質生活 どら焼き」をご紹介します。


こんにちは、糖質制限ダイエットで順調に減量中の「ぺたこ」です(*^_^*)
こちらの記事では私が主にスーパー・コンビニで買える糖質オフ商品や糖質制限メニュー、外食時に気軽に食べられるロカボメニューなどを実際に体験して皆様にレビューをお届けします♪

今回は和菓子の登場!シャトレーゼの「やさしい糖質生活 どら焼き」を食べてみます。

シャトレーゼ「やさしい糖質生活 どら焼き」

今回ご紹介するのはシャトレーゼの「やさしい糖質生活シリーズ」から「どら焼き」です!

やさしい糖質生活シリーズというのは、シャトレーゼさんが主に糖尿病患者さん向けに、
甘いものが食べたくても食べられないひとのためのお菓子づくりということで
販売されているシリーズです。

こだわり | シャトレーゼ

https://www.chateraise.co.jp/commitment/healthy/glucide/

シャトレーゼのこだわり。自然でおいしいものを全ての人に。お客様の体と心の健康を第一に考え、より自然な素材で添加物を極力使用しないお菓子づくりに取り組んでいます。

医師や臨床試験を行っている会社さんと共同でつくられている、
糖尿病患者さんや日頃から糖質を気にしている方向けの商品とのことです。

今回はなんと和菓子で低糖質などら焼き!
購入したときは冷凍されていました。保存も冷凍です。

ひとつあたりの糖質は4.8g。エリスリトールを除いた糖質量です。
同じくシャトレーゼのどら焼きがひとつあたり54.9gの炭水化物を含んでいることを考えると、かなりの糖質オフですね!

食べるときは室温にうつして5時間を目安。冷蔵庫でゆっくりと解凍してもOKです。
夜に食べたいと思ったら昼前には移動しておくといいですね!

気になる栄養成分・原材料などなど。

こちらは原材料表示。

カロリーはちょうど100kcal、糖質は4.8g。

実際に食べてみた!

袋から出して見たところ。私がよく知ってるどら焼きそのまま…!と、謎の感動を覚えました(笑)
香ばしい焼き色が美しいですね♪
あんこ部分はどうなっているのでしょう…!

横から見たところ。しっかりあんこが挟まっています!ちょっと見えづらいので切って断面を見てみましょう。

御覧ください…あんこたっぷりです!ヾ(*´∀`*)ノ
同時にどら焼きの皮のふっくらぐらいもよくわかりますね。美しい断面でした!

実際に食べてみてまたびっくり。本当にシャトレーゼさんのスイーツはレベルが高いですね…!
しっとりとして、モサモサ感を一切感じさせない皮、和菓子らしく優しい甘さの餡がぴったりマッチしています。
低糖質スイーツには「これ、食べてもいいの!?」と思わせてくる商品が多いのですが、こちらはその筆頭かもしれません。何と言ってもどら焼きですからね(笑)
これで糖質5g以下とは恐れ入りました…!

まとめ

いかがだったでしょうか?
和菓子は基本的に糖質が多いですよね。なかなか食べられないのが現状だと思います。
このどら焼きはそんな中、まさに画期的な商品かと思います。
低糖質にも関わらずしっかりどら焼きが楽しめます。とてもおすすめの商品です♪

それでは糖質/カロリー/価格をおさらいしてみましょう!

糖質  4.8g※エリスリトールを除いた糖質量
カロリー100kcal
価格  172円(税込)

お近くに店舗がある方はぜひ足を運んでみてくださいね!
シャトレーゼさんでは店舗販売のほか、通販も行われていますので、
店舗が無い方は通販で買うのもアリかと思われます♪

それではまた次回をお楽しみに!

この記事のライター

最新の投稿


ダイエットと炭水化物の関係。始めよう糖質制限(糖質ダイエット)!

ダイエットと炭水化物の関係。始めよう糖質制限(糖質ダイエット)!

今回はダイエットと炭水化物の関係についてです。 炭水化物は、タンパク質や脂質とともに三大栄養素と呼ばれています。そして炭水化物抜きダイエットというものがありますが、ダイエットと炭水化物はどう関係しているのでしょう?


皮膚がかゆい?!糖尿病と皮膚の密接な関係

皮膚がかゆい?!糖尿病と皮膚の密接な関係

糖尿病の3大合併症はよく知られていますが、このほかにも皮膚に関係する病気がいくつもあるんです。しっかり知って、皮膚のトラブルを回避しましょう!


糖尿病性網膜症、あなたは本当に大丈夫ですか?

糖尿病性網膜症、あなたは本当に大丈夫ですか?

糖尿病性網膜症は、糖尿病の合併症の一つです。自覚症状なく網膜の損傷は進行するのです。 病気を知ることこそ失明の防止となるのです。 まずは糖尿病性網膜症について、詳しく理解するところから始めましょう!


糖尿病と尿の関係を徹底解説!泡や尿糖で診断できる?

糖尿病と尿の関係を徹底解説!泡や尿糖で診断できる?

糖尿病と尿の関係はどういうものなのでしょうか?尿は単純なものではありません。糖尿病や腎臓に関するサインを私たちに投げかけます。健康診断での検査結果から目で見える異変についてまでを詳しく分かりやすくお伝えいたします。


糖尿病の低血糖。甘く見てはいけない知らないと本当に危険な話

糖尿病の低血糖。甘く見てはいけない知らないと本当に危険な話

低血糖を起こさないで安心して生活するためには、まずは糖尿病と低血糖に関する知識を持ちましょう。 特に糖尿病の方は治療を受けている中で、低血糖で危険な状態に陥ることもあります。 今回は低血糖の詳しい内容をお伝えいたします!