ロカボ体験記(35):シャトレーゼ「やさしい糖質生活 ショートケーキ」

ロカボ体験記(35):シャトレーゼ「やさしい糖質生活 ショートケーキ」

ぺたこのロカボ体験記★この記事では糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はシャトレーゼの「やさしい糖質生活 ショートケーキ」をご紹介します。


こんにちは、糖質制限ダイエットで順調に減量中の「ぺたこ」です(*^_^*)
こちらの記事では私が主にスーパー・コンビニで買える糖質オフ商品や糖質制限メニュー、外食時に気軽に食べられるロカボメニューなどを実際に体験して皆様にレビューをお届けします♪

今回はシャトレーゼの「やさしい糖質生活 ショートケーキ」を食べてみます。

シャトレーゼ 「やさしい糖質生活 ショートケーキ」

今回ご紹介するのはシャトレーゼの「やさしい糖質生活シリーズ」から「ショートケーキ」です!

やさしい糖質生活シリーズというのは、シャトレーゼさんが主に糖尿病患者さん向けに、
甘いものが食べたくても食べられないひとのためのお菓子づくりということで
販売されているシリーズです。

こだわり | シャトレーゼ

https://www.chateraise.co.jp/commitment/healthy/glucide/

シャトレーゼのこだわり。自然でおいしいものを全ての人に。お客様の体と心の健康を第一に考え、より自然な素材で添加物を極力使用しないお菓子づくりに取り組んでいます。

医師や臨床試験を行っている会社さんと共同でつくられている、
糖尿病患者さんや日頃から糖質を気にしている方向けの商品とのことです。

今回はこのショートケーキを食べてみます!
購入したときは冷凍されていました。保存も冷凍です。

ひとつあたりの糖質は5.0g。エリスリトール・マルチトールを除いた糖質量です。
同じくシャトレーゼのいちごのショートケーキがひとつあたり25.1gの炭水化物を含んでいることを考えると、1/5ほどの糖質量!これはうれしいですねヾ(*´∀`*)ノ

食べるときは10度以下(冷蔵庫で良いと思います)に移して6-7時間。
夜に食べたいと思ったら昼前には移動しておくといいですね!

気になる栄養成分・原材料などなど。

原材料・栄養成分表示はこちら。小麦粉のかわりに難消化性デキストリンや大豆粉などが使われているようです。

栄養成分は、カロリー243kcal、糖質はエリスリトール・マルチトールを除いて5.0g。

お皿に移し替えた所。クリームたっぷり、糖質面と、それから冷凍保存という関係からかフルーツ等のトッピングはありませんが、スポンジとの間にイチゴジャムのような層が見えます。

実際に食べてみた!

冷蔵庫でキレイに解凍できました。とっても美味しそうです…!

フォークを入れてみるとすんなりと入って、柔らかさがよくわかります。
スポンジはしっとりふわふわ、クリームもとても甘いです。
イチゴジャムのような部分はイチゴピューレとのことですが、イチゴの風味がしっかりあります。
もちろん甘みも十分。
スポンジ・クリーム共に、低糖質である風味はあまり感じません。
むしろ甘みがすごく強くて、甘いもの食べたい欲は確実に満たしてくれます。

まとめ

いかがだったでしょうか?
ケーキ部分はいい意味で予想を裏切られました。スポンジにも、クリームにも、ピューレにも甘みがしっかりです。
クリーム独特のミルク感もしっかりあり、スポンジ・ピューレとの相性が抜群です。

公式サイトにもおすすめされていますが、もしも果物を何かトッピングするなら、
糖質的に考えてもイチゴがおすすめです!
ショートケーキ感がぐっとアップすると思います♪

それでは糖質/カロリー/価格をおさらいしてみましょう!

糖質  5.0g※エリスリトール・マルチトールを除いた糖質量
カロリー242kcal
価格  280円(税込)

お近くに店舗がある方はぜひ足を運んでみてくださいね!
シャトレーゼさんでは店舗販売のほか、通販も行われていますので、
店舗が無い方は通販で買うのもアリかと思われます♪

それではまた次回をお楽しみに!

この記事のライター

最新の投稿


血糖値とHbA1c、どう違う?糖尿病患者さんの疑問を解決!

血糖値とHbA1c、どう違う?糖尿病患者さんの疑問を解決!

健康診断でも糖尿病外来でも検査する「HbA1c」。血糖値とは違う、なぜ高いのか疑問に思う人も多いと思われます。今後の体調コントロールがスムーズにできるためにも「HbA1c」を知りましょう。「HbA1c」徹底解析です。


糖尿病と関連性もあるというストレス、悪いだけのもの?

糖尿病と関連性もあるというストレス、悪いだけのもの?

マイナスのイメージであるストレスですが、実はなくてはならないもの。しかし糖尿病には悪影響を与えるともいいます。ストレスについて詳しく知ることで、糖尿病とともに向かい合っていける方法を見つけましょう。


糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~名古屋版~

糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~名古屋版~

糖尿病だけど美味しいケーキ・スイーツが食べたい!糖質が少なくても上質なスイーツが食べられたら…そんな風に思う方は多いハズ! 名古屋圏内の美味しい低糖質スイーツ店をご紹介します!


糖尿病が癌の罹患リスクを2倍にアップ!?その理由とは

糖尿病が癌の罹患リスクを2倍にアップ!?その理由とは

糖尿病には三大合併症に留まらず数々の病気に気をつけなければなりません。しかし意外に知られていないのが癌です。糖尿病が癌になるリスクを上げるといわれます。どんな関りを持っているのか、どういったことに気をつけなければならないのか詳しく解説いたします。


肝がんにも発展する脂肪肝、糖尿病との関係は?

肝がんにも発展する脂肪肝、糖尿病との関係は?

比較的重篤にならない疾患であると考えられてきた脂肪肝ですが、最近では油断できない注目すべき疾患となりました。この脂肪肝が糖尿病と関係性が高いこともわかってきています。脂肪肝とはどういう疾患でどんな関りがあるのかわかりやすく解説いたします。