ロカボ体験記(29):イオン・トップバリュの「低糖質豆乳 プレーン・バナナ・コーヒー」

ロカボ体験記(29):イオン・トップバリュの「低糖質豆乳 プレーン・バナナ・コーヒー」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はイオンPBトップバリュの「低糖質豆乳」をいただきます♪


こんにちは、ロカボ食品を利用しながら順調に糖質制限中の「ぺたこ」です。
このシリーズでは私が主にスーパー・コンビニで買える糖質オフ商品や糖質制限メニュー、外食時に気軽に食べられるロカボメニューなどを実際に体験して皆様にレビューをお届けしています♪

今回はイオンのプライベートブランド「トップバリュ」から「低糖質 調整豆乳」、「低糖質豆乳飲料 バナナ/麦芽コーヒー」をご紹介します!

糖質制限のマストアイテム「豆乳」!

みなさん、豆乳飲んでますかっ!?ヾ(*´∀`*)ノ

牛乳は案外ごくごく飲んでしまうと糖質を結構摂取してしまう…ということで注目されているのが豆乳ですね。(他にはアーモンドミルクなども)

豆乳の中にも、無調整豆乳と、調整豆乳があります。
調整豆乳というのは飲みやすく調整されたもので、甘み等を加えて飲みやすくされていたりします。
なので、ダイエット中に豆乳を飲むなら「無調整がマスト!」と思っていたのです。

「無調整豆乳も嫌いじゃないけれど、調整豆乳の飲みやすさも好きだなぁ…」
「あと、フレーバーがついてる豆乳飲料も飲みたいなぁ…」
「でも普段からたくさん飲んでると結構馬鹿にできない糖質量だしなぁ…」
なんて思っていたのですが(笑)

トップバリュさんから出てました、低糖質の調整豆乳&豆乳飲料!ヾ(*´∀`*)ノ

イオンPBトップバリュの「低糖質豆乳シリーズ」

トップバリュさんから出ている調整豆乳&豆乳飲料がこちらになります!

左から、調整豆乳・バナナ・麦芽コーヒー の順です。
どれも糖質が0.9g~1g(100mlあたり)ということで、かなりのロカボ飲料ですね。

それでは詳しく栄養成分など見ていきましょう!

原材料・栄養成分(調整豆乳)

まずは調整豆乳の原材料表記。

続いて栄養成分表示。
1本あたりの糖質は2.0g!
他にもイソフラボンは71.2mgとのこと。
大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれる等、嬉しい効果もありますが
一日の摂取目安(~75mg)には注意しましょう!

原材料・栄養成分(バナナ)

こちらはバナナの原材料表示。
バナナ果汁とバナナピューレが入っています!

こちらはバナナの栄養成分表示。1本で糖質は1.8g、イソフラボン42.6mgとなっています。

原材料・栄養成分(麦芽コーヒー)

こちらは麦芽コーヒーの原材料名。

麦芽コーヒーの栄養成分表示です。
糖質は1.8g、イソフラボンは40.4mgとなっています。

実際に飲んでみた!

それぞれ、実際に飲んでみました!

調整豆乳

スッキリと飲める豆乳という感じです。大豆の風味もしますが、甘さが上品で、豆乳が苦手な人でも飲めてしまいそう。
糖質は気にするほどの量ではないので安心して飲めますね。

バナナ 豆乳飲料

バナナ果汁とバナナピューレのおかげでしょうか、バナナ独特の甘みがしっかりあります!
かなり美味しいバナナジュースのような印象で飲めてしまいます。
こんなに甘いのに1本あたり糖質1.8gだなんて…嬉しいです(笑)

麦芽コーヒー 豆乳飲料

こちらもスッキリ飲めるコーヒー牛乳みたいな感じですね。
甘さももちろんありますが、コーヒー独特の香ばしさ、苦味なども感じられて、個人的には一番好きなフレーバーかもしれません!

まとめ

いかがだったでしょうか?
こういう、糖質制限をする人が好む商品をさらに低糖質で出してくれることに対して感動しました。
味も普段から飲みたくなるレベルで美味しかったのでさらに大満足です◎
価格もお手頃なので見かけたらストック購入をおすすめします♪

それでは糖質/カロリー/価格をおさらいしてみましょう!

糖質   調整豆乳 2.0g バナナ 1.8g 麦芽コーヒー 1.8g
カロリー 調整豆乳95kcal バナナ67kcal 麦芽コーヒー68kcal
価格   73円(税込)

トップバリュの商品は、イオンの他系列スーパーなどでも購入ができるので、
皆様もみかけたら是非是非おためししてみてください!

それではまた次回をお楽しみに!

この記事のライター

最新の投稿


血糖値とHbA1c、どう違う?糖尿病患者さんの疑問を解決!

血糖値とHbA1c、どう違う?糖尿病患者さんの疑問を解決!

健康診断でも糖尿病外来でも検査する「HbA1c」。血糖値とは違う、なぜ高いのか疑問に思う人も多いと思われます。今後の体調コントロールがスムーズにできるためにも「HbA1c」を知りましょう。「HbA1c」徹底解析です。


糖尿病と関連性もあるというストレス、悪いだけのもの?

糖尿病と関連性もあるというストレス、悪いだけのもの?

マイナスのイメージであるストレスですが、実はなくてはならないもの。しかし糖尿病には悪影響を与えるともいいます。ストレスについて詳しく知ることで、糖尿病とともに向かい合っていける方法を見つけましょう。


糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~名古屋版~

糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~名古屋版~

糖尿病だけど美味しいケーキ・スイーツが食べたい!糖質が少なくても上質なスイーツが食べられたら…そんな風に思う方は多いハズ! 名古屋圏内の美味しい低糖質スイーツ店をご紹介します!


糖尿病が癌の罹患リスクを2倍にアップ!?その理由とは

糖尿病が癌の罹患リスクを2倍にアップ!?その理由とは

糖尿病には三大合併症に留まらず数々の病気に気をつけなければなりません。しかし意外に知られていないのが癌です。糖尿病が癌になるリスクを上げるといわれます。どんな関りを持っているのか、どういったことに気をつけなければならないのか詳しく解説いたします。


肝がんにも発展する脂肪肝、糖尿病との関係は?

肝がんにも発展する脂肪肝、糖尿病との関係は?

比較的重篤にならない疾患であると考えられてきた脂肪肝ですが、最近では油断できない注目すべき疾患となりました。この脂肪肝が糖尿病と関係性が高いこともわかってきています。脂肪肝とはどういう疾患でどんな関りがあるのかわかりやすく解説いたします。