ロカボ体験記(25):ローソンの「黒ごまとチアシードのひとくちクリスプ」

ロカボ体験記(25):ローソンの「黒ごまとチアシードのひとくちクリスプ」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソン(ナチュラルローソン/NL)の「黒ごまとチアシードのひとくちクリスプ」をご紹介します!


こんにちは、ロカボ食品を利用しながら順調に糖質制限中の「ぺたこ」です。
このシリーズでは私が主にスーパー・コンビニで買える糖質オフ商品や糖質制限メニュー、外食時に気軽に食べられるロカボメニューなどを実際に体験して皆様にレビューをお届けしています♪

今回はローソンのナチュラルローソン(NL)ブランドから出ているお菓子、「黒ごまとチアシードのひとくちクリスプ」を食べてみたいと思います!

ローソンの「黒ごまとチアシードのひとくちクリスプ」

今回はローソンの「黒ごまとチアシードのひとくちクリスプ」をご紹介します。
パッケージにはインパクトのある黒ごまクリスプの写真。
スーパーフードのチアシードも入っているみたいです!

チアシードって?

チアはシソ科の植物です。その種子がチアシードですね。Ω-3脂肪酸を豊富に含んでいます。
お水につけると質量の何倍もの水分を吸収し、それがゲル状の物質に包まれます。(バジルみたいですね)

食物繊維がたっぷりでデトックス効果、また水分を吸収するのでお腹でふくらんで満腹感が持続するなど、ダイエット中にも嬉しい効果♪

気になる栄養成分・原材料などなど。

それでは原材料から見ていきましょう!
ごまを中心に、ポリデキストロースやパン加工品、チアシードなど…クリスプっぽい原材料も見えますね。

こちらは栄養成分表示。
糖質は9.7g、エネルギーは171kcal。
食物繊維も6.1g含まれているんですね!

実際に食べてみた!

少し写真は明るくなってしまってますが、こんな感じの見た目です。
見た目からわかる、ぎっしりとした黒ごま!
食感もザクザクで一ついただくにしてもかなりモグモグ食べられます。
お味と香りは黒ごまの香ばしさが強め、旨みも感じられます。
しっかり噛むので、噛めば噛むほど味わいが広がって、満足感もたっぷりあります!

ひとつ食べるだけでかなり腹持ちもよく、お仕事中にちょっとおつまみできるような
おやつだなという印象です◎

まとめ

いかがだったでしょうか?
かなりインパクトのある見た目ですが、ぎっしりした黒ごまとパフの食感で食べごたえ◎、味も◎、腹もちも◎の優秀なお菓子でした!!

健康を気にしている方は勿論、糖質も低いので糖質制限中にも◎のおやつだと思います。

では、糖質/カロリー/価格をおさらいしてみましょう!

一袋当たりの数字です。
糖質  9.7g
カロリー171kcal

価格  148円(税込)

それではまた次回をお楽しみに!

この記事のライター

最新の投稿


血糖値とHbA1c、どう違う?糖尿病患者さんの疑問を解決!

血糖値とHbA1c、どう違う?糖尿病患者さんの疑問を解決!

健康診断でも糖尿病外来でも検査する「HbA1c」。血糖値とは違う、なぜ高いのか疑問に思う人も多いと思われます。今後の体調コントロールがスムーズにできるためにも「HbA1c」を知りましょう。「HbA1c」徹底解析です。


糖尿病と関連性もあるというストレス、悪いだけのもの?

糖尿病と関連性もあるというストレス、悪いだけのもの?

マイナスのイメージであるストレスですが、実はなくてはならないもの。しかし糖尿病には悪影響を与えるともいいます。ストレスについて詳しく知ることで、糖尿病とともに向かい合っていける方法を見つけましょう。


糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~名古屋版~

糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~名古屋版~

糖尿病だけど美味しいケーキ・スイーツが食べたい!糖質が少なくても上質なスイーツが食べられたら…そんな風に思う方は多いハズ! 名古屋圏内の美味しい低糖質スイーツ店をご紹介します!


糖尿病が癌の罹患リスクを2倍にアップ!?その理由とは

糖尿病が癌の罹患リスクを2倍にアップ!?その理由とは

糖尿病には三大合併症に留まらず数々の病気に気をつけなければなりません。しかし意外に知られていないのが癌です。糖尿病が癌になるリスクを上げるといわれます。どんな関りを持っているのか、どういったことに気をつけなければならないのか詳しく解説いたします。


肝がんにも発展する脂肪肝、糖尿病との関係は?

肝がんにも発展する脂肪肝、糖尿病との関係は?

比較的重篤にならない疾患であると考えられてきた脂肪肝ですが、最近では油断できない注目すべき疾患となりました。この脂肪肝が糖尿病と関係性が高いこともわかってきています。脂肪肝とはどういう疾患でどんな関りがあるのかわかりやすく解説いたします。