人工透析とたばこ。もっとも注意しなければいけないことはコレ。

人工透析とたばこ。もっとも注意しなければいけないことはコレ。

人工透析治療を導入すると、生命予後はよくなりますが、 生活スタイルが大きく変わりますね。例えば、絶対に定期的に病院へ通わなければならなければなる、食事に気を付けなければいけなる、透析中心といっても過言ではない生活になります。今回は導入前は日常のように吸っていたタバコ、透析導入と共に何か危険となってくるのしょうか?


人工透析治療になると、
生活のスタイルがガラッと大きく変わります。

貴方は喫煙をしていますか?

喫煙は一般的に言われる通り、
身体によくなく、また、持っている病気にプラスして
合併症を引き起こす原因にもなってしまいます。

「これを機に煙草をやめよう!」

そう思えるきっかけになって頂けたら幸いです!

今回は透析と煙草について。


タバコが与える体の害について

タバコは一般的にも身体に害をおよぼす、禁煙をした方がいいと言われていますね。

では、具体的にどのような影響を体に及ぼしているのでしょう。

長期にわたって喫煙をしていると、
各種臓器、組織に障害をお越し、いろいろな疾患を生じやすくなります。

特にガン、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎)は喫煙による影響が大きく、喫煙関連三大疾患と呼ばれています。



タバコのデメリット

【煙草は老化を進める】
たばこを吸うと老け顔になる、と言う噂があるように、
実際、たばこを吸う人は非喫煙者に比べて老化が早いと言われています。
喫煙者は共通して実際の年齢よりも歳をとっているように見えます。


【煙草で寿命が縮まる?】
「ブリティッシュ メディカル ジャーナル」という医学誌に掲載された研究(2012年)では、
タバコ1本吸うごとに、14.4分も寿命が短くなることが発表されました。
20歳から一日1本吸い続けている人に関しては10年も寿命が短くなるそうです。


【喫煙者の医療費も高くなる】
喫煙者は非喫煙者に比べて病気のリスクが高くなるので、
病気を発症しやすく、当然その治療費も非喫煙者よりも高くなります。
タバコは個人の健康状態だけじゃなく、社会全体に重くのしかかるのです。


【喫煙者はメタボにもなりやすい】
喫煙者は非喫煙者に比べてメタボの発症率が最大で約3倍になる、といわれています。
喫煙により、内臓脂肪が増える原因になるコルチゾールというホルモンが多く分泌されるうように
なるからです。
また、男性ホルモンや女性ホルモンの働きを抑えるため、内臓脂肪がたまりやすいという側面もあるようです。

タバコと腎臓

タバコは肺や、喉だけじゃなく腎臓にもダメージを与えてしまうことが分かっています。

腎臓には水分量を調節したり、
老廃物を尿として排泄する役割があります。

煙草を1日220本以上吸う人は、吸わない人に比べて末期腎不全になる確率が2.3倍というデータがあります。
すでに慢性腎臓病の人も、喫煙によってタンパク尿が増加し、腎機能障害が進行します。
末期腎不全になれば、腎臓移植や人工移植をしなければなりません。

また、たばこにはわかっているだけで50種類以上の発がん性物質が含まれています。
肺がんや咽頭がんなど、たばこは様々ながんの原因として知られていますが、腎臓がんも煙草によって引き起こされるがんの一つです。

人工透析では喫煙はNG!

人工透析になると、
生活のほとんどが、制限されてしまい楽しみが激減してしまうのではと、
心配する人も多くいます。

飲酒に関しては適量であれば、禁止されているわけではありません。
水分制限、アルコールの量をしっかり管理して範囲内でたしなみましょう。

しかし、喫煙に関しては、
人工透析中の方はやめましょう。

もともと、健康な人であっても、喫煙は健康の被害が大きいとされており、
身体にいい影響を与えることがありません。
タバコには血管を収縮させる働きがあるので、
心臓疾患等を起こしやすくなり、
人工透析で合併症になりやすくなるとされています。

人工透析とたばこについてのまとめ

人工透析になると、
生活の幅が狭まり、ストレスがたまりやすくなってしまいます。

また喫煙に関しては、
人工透析中はやめた方がよいという事がわかりました。

人工透析に移行する前や
人工透析になってからも、
しっかりと今できるケアをしていきましょう。

腎臓の働きと人工透析について~糖尿病腎症~

http://blue-circle.jp/articles/303

今回は、人工透析について詳しく見ていきます。人工透析と言えば、病気などの影響で機能が衰えてしまった腎臓の代わりに、体の中の血液をきれいに保ってくれたり、いる物要らないものを振り分けたり、身体の外からもともとあった腎臓の役割を果たしてくれます。そもそも腎臓は体の中でどのように働いてくれていたのでしょうか?

慢性腎臓病ってどんな病気?~糖尿病と腎臓病の関係~

http://blue-circle.jp/articles/330

腎臓は障害を受けた場合、二度と回復することがないことをご存知でしたか? 予後良好への道は 透析や腎臓移植を選択するほかないという事になります。 そうなる前に私たちはどんな対策を取っておくべきなんでしょうか。

透析中の食事管理。治療中でも毎日楽しく食べたい!

http://blue-circle.jp/articles/307

透析中の食事管理はとても大切です。特に、水分・たんぱく質の管理は重要で、毎食バランス、摂取量を考えなければなりません。さまざまな制限などにしばられるとストレスを感じてしまいとても大変な食事管理ですが、でも食事は楽しみたいですよね。そのためにもしっかりした知識を身につけてください。

人工透析の食事治療!正しい食べ物を選ぼう!

http://blue-circle.jp/articles/374

透析患者さん食事について。透析中の上手な食事の摂り方とは、ずばり高カロリーかつ低蛋白の食事です。慢性腎臓病、人工透析の食事治療の両方に言えることです。食事をするための工夫をここでは紹介していきたいと思います。

この記事のライター

まだまだ未熟ですが管理栄養士です!
仕事でも日々の勉強でもスキルアップしていきたいと思います!

関連するキーワード


人工透析 透析

関連する投稿


透析患者のかゆみ原因・対策!!

透析患者のかゆみ原因・対策!!

透析患者さんのかゆみはつらいものがあります。健康な人からみれば痒みなんて我慢しなさいよ。と思うかもしれません。しかし透析患者さんが感じる痒みは酷い人では血が出るほど掻きむしってしまったり、睡眠障害によって不眠症になる方までいます。ではを抑えるにはどうすればいいのでしょうか。


透析患者さんの食事。外食での工夫

透析患者さんの食事。外食での工夫

最近では健康を意識したレストランも、コンビニでのお弁当も増えてきました。 それでも透析患者さんにとっては適した食事とはいけません。 食事療法をきちんとするには食品の量や内容など細かく記録するなど手間がかかります。透析患者さんは量に注意しながら食べ方を工夫してみましょう!


腎臓の働き~尿が出来るまで~

腎臓の働き~尿が出来るまで~

腎臓病罹患者は現在29万人と言われます。 もしかしたら、自分が人工透析治療になる可能性もあるかもしれない。その前に身体の仕組み、腎臓が悪くなると尿などどう影響がでてくるのかをしっかり把握しておきましょう


自己管理が重要!透析患者さんに必要な血液データについて

自己管理が重要!透析患者さんに必要な血液データについて

よりよい透析生活を送るためには、自己管理が非常に重要になってきます。 スッタフだけでなく患者さん自身も自分の身体の情報をしっかり知ることが重要になってきます。


【人工透析】シャントの管理の重要性!

【人工透析】シャントの管理の重要性!

人工透析を行う際に必要となってくるシャントですが、自己管理がずさんでいるとすぐに閉塞、狭窄などとトラブルの原因になります。 透析を長く続ていくためにもシャントの管理は毎日確認しましょう。


最新の投稿


女性には糖尿病における大きなリスクがある

女性には糖尿病における大きなリスクがある

糖尿病発症リスクに男女差があるってことは知っていましたか? 直接原因ではなく女性ホルモンが関わり内臓脂肪を増やしてしまうことです。しっかりと仕組みを知り、予防対策につなげましょう


糖尿病をもつ人にとって安全かつ有効な運動療法とは?

糖尿病をもつ人にとって安全かつ有効な運動療法とは?

運動が必要です、糖尿病には運動が欠かせないなど耳が痛くなるほど聞く話しです。しかし運動の必要性やどんな効果があるのかなど運動に関することは、よく考えると疑問が出てくるものではないでしょうか。運動と糖尿病の関りを深く知ることで、より一層運動に興味を持つことにもなります。運動と糖尿病の関係の解説です。


糖尿病を見つけるために早めの検査を!

糖尿病を見つけるために早めの検査を!

糖尿病を早く見つけるために検査が何より大事です。糖尿病と診断されるためにどのような検査があるのでしょうか? 検査の内容と合わせて、そもそも知ってるようで意外と説明できない糖尿病についても詳しく見ていきましょう。


コレステロールの基本を知って上手にコントロール

コレステロールの基本を知って上手にコントロール

コレステロールが高いと聞けば良くない印象を持ちますが、実はとても大事な役割を持っています。コレステロールと上手に付き合うためには、基本を知ることが大切です。コレステロールの薬やサプリメントなどの情報と合わせて知識を高めましょう。


管理栄養士が教える!〜糖尿病とおやつ〜

管理栄養士が教える!〜糖尿病とおやつ〜

糖尿病の方は良く好きなものが食べられなくなるのが辛い。それがとてもストレスになると聞きます。 しかし、ちょっとした心がけで随分気持ちが軽くなりますよ。