ロカボ体験記(14):ローソンの「ブランのチーズ蒸しケーキ」

ロカボ体験記(14):ローソンの「ブランのチーズ蒸しケーキ」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソンの「ブランのチーズ蒸しケーキ」をレビューします。


こんにちは、ロカボ食品を利用しながら順調に糖質制限中の「ぺたこ」です。
このシリーズでは私が主にスーパー・コンビニで買える糖質オフ商品や糖質制限メニュー、外食時に気軽に食べられるロカボメニューなどを実際に体験して皆様にレビューをお届けしています♪

今回はローソンから「ブランのチーズ蒸しケーキ~北海道産クリームチーズ~」をレビューします!

ローソンの「ブランのチーズ蒸しケーキ」♪

今回はブランのチーズ蒸しケーキ。
ブラン感が一切ない、普通のチーズ蒸しケーキのようにみえるビジュアルですね。
2個入りですが、1つあたりの糖質が9.7g。10gを切っています。
大きさは手のひらサイズくらいなのですが、手に持った感じはひとつひとつが蒸しケーキらしくずっしり目に思えます。

気になる栄養成分・原材料などなど。

まずは原材料から見ていきましょう。なるほど、たしかに小麦ふすまや大豆粉が入っていますね!
エリスリトールもロカボには必須の原材料ですね(笑)

そしてこちらは栄養成分表示。1個あたりの数字なのに注意です。
糖質10g以下、カロリー100kcalを下回っています。小腹満たしのおやつにちょうどいいかもしれませんね!

実際に食べてみた!

それでは実際に袋から取り出し、いただきます♪

ブラン特有のモッタリ感が、この蒸しパンでもひょっとしたら効果を発揮しているのでしょうか?かなりもちもちふわふわの食感です。すっと鼻に抜けるチーズの香りが◎です♪
蒸しケーキのしっとり感が私は大好きなんですが、こちらの蒸しケーキもしっかりしっとりしています。
北海道産クリームチーズのしつこすぎないチーズの旨味、甘みがちょうどよいバランスですね。
きめ細やかな生地で舌触りも抜群です。

薄紙をはがし、横から見てみた所♪

こちらの蒸しケーキですが、2ついっぺんに食べてしまうと、9.7g×2で20gに迫ってしまいます。
体重維持やロカボダイエットであれば問題なさそうですが、ガッツリ糖質制限をしている方は
その点だけお気をつけください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

個人的には、2個入りで全部食べてしまうと結局…というよりは、
1個あたりの糖質量が10g以下のものを2つ入れてくれているという捉え方をしています(笑)
調整しやすいですし、2個食べると贅沢感も出ますよね?ちょっとしたご褒美にも出来ると思います。

味についても、クオリティの高い仕上がりで、毎回のことですが「ダイエット中にこれが食べられるなんて…♡」と思える商品です!

それでは糖質/カロリー/価格をおさらいしてみましょう!

糖質  9.7g(1個あたり)
カロリー99kcal(1個あたり)
価格  140円(2個入り・税込)

ブランシリーズも、新商品が出る度にどんどんクオリティが高まっているような気がします!
今回のチーズ蒸しケーキは是非長く販売していてほしいです。

それではまた次回をお楽しみに!

この記事のライター

最新の投稿


ダイエットと炭水化物の関係。始めよう糖質制限(糖質ダイエット)!

ダイエットと炭水化物の関係。始めよう糖質制限(糖質ダイエット)!

今回はダイエットと炭水化物の関係についてです。 炭水化物は、タンパク質や脂質とともに三大栄養素と呼ばれています。そして炭水化物抜きダイエットというものがありますが、ダイエットと炭水化物はどう関係しているのでしょう?


皮膚がかゆい?!糖尿病と皮膚の密接な関係

皮膚がかゆい?!糖尿病と皮膚の密接な関係

糖尿病の3大合併症はよく知られていますが、このほかにも皮膚に関係する病気がいくつもあるんです。しっかり知って、皮膚のトラブルを回避しましょう!


糖尿病性網膜症、あなたは本当に大丈夫ですか?

糖尿病性網膜症、あなたは本当に大丈夫ですか?

糖尿病性網膜症は、糖尿病の合併症の一つです。自覚症状なく網膜の損傷は進行するのです。 病気を知ることこそ失明の防止となるのです。 まずは糖尿病性網膜症について、詳しく理解するところから始めましょう!


糖尿病と尿の関係を徹底解説!泡や尿糖で診断できる?

糖尿病と尿の関係を徹底解説!泡や尿糖で診断できる?

糖尿病と尿の関係はどういうものなのでしょうか?尿は単純なものではありません。糖尿病や腎臓に関するサインを私たちに投げかけます。健康診断での検査結果から目で見える異変についてまでを詳しく分かりやすくお伝えいたします。


糖尿病の低血糖。甘く見てはいけない知らないと本当に危険な話

糖尿病の低血糖。甘く見てはいけない知らないと本当に危険な話

低血糖を起こさないで安心して生活するためには、まずは糖尿病と低血糖に関する知識を持ちましょう。 特に糖尿病の方は治療を受けている中で、低血糖で危険な状態に陥ることもあります。 今回は低血糖の詳しい内容をお伝えいたします!