ロカボ体験記(10):ローソンの「ブランのオムレット」

ロカボ体験記(10):ローソンの「ブランのオムレット」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソンの「ブランのオムレット」を食べてみたいと思います!


こんにちは、糖質制限ダイエットで順調に減量中の「ぺたこ」です(*^_^*)
こちらの記事では私が主にスーパー・コンビニで買える糖質オフ商品や糖質制限メニュー、外食時に気軽に食べられるロカボメニューなどを実際に体験して皆様にレビューをお届けします♪

今回はローソンのブランシリーズから「ブランのオムレット」をご紹介します♪

ローソンの「ブランのオムレット」

オムレットとは、スポンジ生地に生クリームやフルーツを挟んだスイーツのことです。
ローソンからロカボなオムレットが出ていたので購入してきました。

ローソンさんのブランシリーズって、パンだけじゃないんですよね。
ロールケーキも出ているように(後日レビュー予定です♪)、スポンジ生地でも使われているんです!
だからこういったスイーツ的な商品も出来ちゃうんですね~♪

気になる栄養成分・原材料などなど…

写真の関係でちょっと見づらいかもしれませんがこんな感じです。
糖質は12.5g、スイーツであることを考えたら低いですね…!
原材料名の一番最初にもホイップクリームが堂々と並んでいます。
これはクリーム天国な予感がします…!

実際に食べてみた!

お皿に出してみてびっくり!スポンジがふかふかです。
そしてたっぷりすぎるクリームの量。

裏側です(笑)
くるっと綺麗にスポンジが巻かれています。

クリーム部分のアップ。
綺麗に作られていて、食欲がそそられます…(*´ω`*)

一口たべてみると、本当にクリームが中までパンパン、ぎっしりです!
ほんのり甘みのあるクリームと、フワッフワのスポンジで一気に幸せになれますね。

中までぎっしりクリームの図です。

甘すぎるものって私はちょっと苦手になってきたのですが、こちらのブランのオムレットはロカボスイーツらしく上品な甘さです。
それでいてスポンジのふわふわ感、クリーム自体のギュッと詰まった感もあって、
ぺろっと食べられてしまいます。

おやつとして紅茶やコーヒーと一緒に頂いたら丁度良さそうです。
また、そこまで甘すぎないので朝食等の主食代わりに頂いても良さそう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

スポンジのしっとりふわふわ感にびっくり、ブランシリーズって言われないと気づかない…という感じで、写真を撮り終えたらすぐ食べきってしまいました。
ちゃんとパッケージに厚紙で支えがしてあるので、ふわふわスポンジとクリームのスイーツでも型崩れなどはありませんでした♪
甘いもの欲を十分満たしてくれる上、低糖質。かなりオススメな一品です♪

それでは、糖質/カロリー/価格をおさらいしてみましょう!

糖質   12.5g
カロリー 168kcal
価格   150円(税込)

これだけスイーツスイーツした見た目と味を堪能したあとに、改めて12.5gという糖質量を見てみると驚きしかありません。
中身がクリームだけなので、何か果物をプラスしても良いかもしれません。ここでも糖質を意識するならベリー系が良いんじゃないでしょうか♪

それではまた次回をお楽しみに!

この記事のライター

最新の投稿


糖尿病患者さんは要注意!痛風も予防、アルカリ性食品でふせげる?

糖尿病患者さんは要注意!痛風も予防、アルカリ性食品でふせげる?

糖尿病患者さんはいろいろな合併症を阻止しなければなりません。 なぜなら、通常よりも、病気にかかりやすくなっているからです。 今回は痛風についてです。


糖尿病食事レシピ【 おひとり様ランチに☆厚揚げピザ決定版 】 

糖尿病食事レシピ【 おひとり様ランチに☆厚揚げピザ決定版 】 

これだけでお腹いっぱいになるのに、しっかり糖質制限できます!パパッと出来て美味しいので、是非お試しください♪


糖尿病食事レシピ【 卵豆腐の和風あんかけ 】

糖尿病食事レシピ【 卵豆腐の和風あんかけ 】

油揚げの中に卵豆腐を入れ、優しいお味のあんかけをたっぷりかけました。油揚げがだしをしっかり吸い込みます!


夏間近!糖尿病患者さん夏バテに注意!

夏間近!糖尿病患者さん夏バテに注意!

暑い日々が続きますが、夏の準備はOKですか? これから楽しい夏ですが、夏バテには要注意です!


骨粗しょう症に注意。糖尿病患者さんは特に!今からできること

骨粗しょう症に注意。糖尿病患者さんは特に!今からできること

さまざまな合併症がある糖尿病ですが、意外と知られていないのが、骨粗しょう症です。 骨粗しょう症になると、骨折しやすくなるだけでなく、痛みを感じたりして運動療法が続けられなくなることもあります。