ロカボ体験記(10):ローソンの「ブランのオムレット」

ロカボ体験記(10):ローソンの「ブランのオムレット」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソンの「ブランのオムレット」を食べてみたいと思います!


こんにちは、糖質制限ダイエットで順調に減量中の「ぺたこ」です(*^_^*)
こちらの記事では私が主にスーパー・コンビニで買える糖質オフ商品や糖質制限メニュー、外食時に気軽に食べられるロカボメニューなどを実際に体験して皆様にレビューをお届けします♪

今回はローソンのブランシリーズから「ブランのオムレット」をご紹介します♪

ローソンの「ブランのオムレット」

オムレットとは、スポンジ生地に生クリームやフルーツを挟んだスイーツのことです。
ローソンからロカボなオムレットが出ていたので購入してきました。

ローソンさんのブランシリーズって、パンだけじゃないんですよね。
ロールケーキも出ているように(後日レビュー予定です♪)、スポンジ生地でも使われているんです!
だからこういったスイーツ的な商品も出来ちゃうんですね~♪

気になる栄養成分・原材料などなど…

写真の関係でちょっと見づらいかもしれませんがこんな感じです。
糖質は12.5g、スイーツであることを考えたら低いですね…!
原材料名の一番最初にもホイップクリームが堂々と並んでいます。
これはクリーム天国な予感がします…!

実際に食べてみた!

お皿に出してみてびっくり!スポンジがふかふかです。
そしてたっぷりすぎるクリームの量。

裏側です(笑)
くるっと綺麗にスポンジが巻かれています。

クリーム部分のアップ。
綺麗に作られていて、食欲がそそられます…(*´ω`*)

一口たべてみると、本当にクリームが中までパンパン、ぎっしりです!
ほんのり甘みのあるクリームと、フワッフワのスポンジで一気に幸せになれますね。

中までぎっしりクリームの図です。

甘すぎるものって私はちょっと苦手になってきたのですが、こちらのブランのオムレットはロカボスイーツらしく上品な甘さです。
それでいてスポンジのふわふわ感、クリーム自体のギュッと詰まった感もあって、
ぺろっと食べられてしまいます。

おやつとして紅茶やコーヒーと一緒に頂いたら丁度良さそうです。
また、そこまで甘すぎないので朝食等の主食代わりに頂いても良さそう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

スポンジのしっとりふわふわ感にびっくり、ブランシリーズって言われないと気づかない…という感じで、写真を撮り終えたらすぐ食べきってしまいました。
ちゃんとパッケージに厚紙で支えがしてあるので、ふわふわスポンジとクリームのスイーツでも型崩れなどはありませんでした♪
甘いもの欲を十分満たしてくれる上、低糖質。かなりオススメな一品です♪

それでは、糖質/カロリー/価格をおさらいしてみましょう!

糖質   12.5g
カロリー 168kcal
価格   150円(税込)

これだけスイーツスイーツした見た目と味を堪能したあとに、改めて12.5gという糖質量を見てみると驚きしかありません。
中身がクリームだけなので、何か果物をプラスしても良いかもしれません。ここでも糖質を意識するならベリー系が良いんじゃないでしょうか♪

それではまた次回をお楽しみに!

この記事のライター

最新の投稿


ダイエットと炭水化物の関係。始めよう糖質制限(糖質ダイエット)!

ダイエットと炭水化物の関係。始めよう糖質制限(糖質ダイエット)!

今回はダイエットと炭水化物の関係についてです。 炭水化物は、タンパク質や脂質とともに三大栄養素と呼ばれています。そして炭水化物抜きダイエットというものがありますが、ダイエットと炭水化物はどう関係しているのでしょう?


皮膚がかゆい?!糖尿病と皮膚の密接な関係

皮膚がかゆい?!糖尿病と皮膚の密接な関係

糖尿病の3大合併症はよく知られていますが、このほかにも皮膚に関係する病気がいくつもあるんです。しっかり知って、皮膚のトラブルを回避しましょう!


糖尿病性網膜症、あなたは本当に大丈夫ですか?

糖尿病性網膜症、あなたは本当に大丈夫ですか?

糖尿病性網膜症は、糖尿病の合併症の一つです。自覚症状なく網膜の損傷は進行するのです。 病気を知ることこそ失明の防止となるのです。 まずは糖尿病性網膜症について、詳しく理解するところから始めましょう!


糖尿病と尿の関係を徹底解説!泡や尿糖で診断できる?

糖尿病と尿の関係を徹底解説!泡や尿糖で診断できる?

糖尿病と尿の関係はどういうものなのでしょうか?尿は単純なものではありません。糖尿病や腎臓に関するサインを私たちに投げかけます。健康診断での検査結果から目で見える異変についてまでを詳しく分かりやすくお伝えいたします。


糖尿病の低血糖。甘く見てはいけない知らないと本当に危険な話

糖尿病の低血糖。甘く見てはいけない知らないと本当に危険な話

低血糖を起こさないで安心して生活するためには、まずは糖尿病と低血糖に関する知識を持ちましょう。 特に糖尿病の方は治療を受けている中で、低血糖で危険な状態に陥ることもあります。 今回は低血糖の詳しい内容をお伝えいたします!