ロカボ体験記(10):ローソンの「ブランのオムレット」

ロカボ体験記(10):ローソンの「ブランのオムレット」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソンの「ブランのオムレット」を食べてみたいと思います!


こんにちは、糖質制限ダイエットで順調に減量中の「ぺたこ」です(*^_^*)
こちらの記事では私が主にスーパー・コンビニで買える糖質オフ商品や糖質制限メニュー、外食時に気軽に食べられるロカボメニューなどを実際に体験して皆様にレビューをお届けします♪

今回はローソンのブランシリーズから「ブランのオムレット」をご紹介します♪

ローソンの「ブランのオムレット」

オムレットとは、スポンジ生地に生クリームやフルーツを挟んだスイーツのことです。
ローソンからロカボなオムレットが出ていたので購入してきました。

ローソンさんのブランシリーズって、パンだけじゃないんですよね。
ロールケーキも出ているように(後日レビュー予定です♪)、スポンジ生地でも使われているんです!
だからこういったスイーツ的な商品も出来ちゃうんですね~♪

気になる栄養成分・原材料などなど…

写真の関係でちょっと見づらいかもしれませんがこんな感じです。
糖質は12.5g、スイーツであることを考えたら低いですね…!
原材料名の一番最初にもホイップクリームが堂々と並んでいます。
これはクリーム天国な予感がします…!

実際に食べてみた!

お皿に出してみてびっくり!スポンジがふかふかです。
そしてたっぷりすぎるクリームの量。

裏側です(笑)
くるっと綺麗にスポンジが巻かれています。

クリーム部分のアップ。
綺麗に作られていて、食欲がそそられます…(*´ω`*)

一口たべてみると、本当にクリームが中までパンパン、ぎっしりです!
ほんのり甘みのあるクリームと、フワッフワのスポンジで一気に幸せになれますね。

中までぎっしりクリームの図です。

甘すぎるものって私はちょっと苦手になってきたのですが、こちらのブランのオムレットはロカボスイーツらしく上品な甘さです。
それでいてスポンジのふわふわ感、クリーム自体のギュッと詰まった感もあって、
ぺろっと食べられてしまいます。

おやつとして紅茶やコーヒーと一緒に頂いたら丁度良さそうです。
また、そこまで甘すぎないので朝食等の主食代わりに頂いても良さそう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

スポンジのしっとりふわふわ感にびっくり、ブランシリーズって言われないと気づかない…という感じで、写真を撮り終えたらすぐ食べきってしまいました。
ちゃんとパッケージに厚紙で支えがしてあるので、ふわふわスポンジとクリームのスイーツでも型崩れなどはありませんでした♪
甘いもの欲を十分満たしてくれる上、低糖質。かなりオススメな一品です♪

それでは、糖質/カロリー/価格をおさらいしてみましょう!

糖質   12.5g
カロリー 168kcal
価格   150円(税込)

これだけスイーツスイーツした見た目と味を堪能したあとに、改めて12.5gという糖質量を見てみると驚きしかありません。
中身がクリームだけなので、何か果物をプラスしても良いかもしれません。ここでも糖質を意識するならベリー系が良いんじゃないでしょうか♪

それではまた次回をお楽しみに!

この記事のライター

最新の投稿


糖尿病患者さんは特に注意!脂質異常症って?

糖尿病患者さんは特に注意!脂質異常症って?

糖尿病にかかると、他の病気の事も敏感にアンテナを張ってないといけません。 その一つに脂質異常症があります。 脂質異常症についてみてみましょう。


【糖尿病基礎知識】高齢者の糖尿病

【糖尿病基礎知識】高齢者の糖尿病

やはり年齢とともに増えてくる糖尿病。 高齢になるにつれ危険度もましてきます。 今からできることはなんでしょう?


【糖尿病基礎知識】糖尿病の一番怖い合併症って?

【糖尿病基礎知識】糖尿病の一番怖い合併症って?

あらためて糖尿病の基礎知識! 何度も言われている怖い合併症。 改めて確認してみましょう!


糖尿病でもお米は食べたい!選ぶならコレ!

糖尿病でもお米は食べたい!選ぶならコレ!

お米と言ったら日本人の主食! 毎日欠かさず食べている人も多いと思います。 しかし、糖尿病になると、血糖値の関係でなんとなく罪悪感を感じてしまいますよね。 ・・・でも実は賢くお米を食べられる手段があったんです!


菊芋の効能を効率的に得よう!「菊芋」のおいしいレシピ集(3)

菊芋の効能を効率的に得よう!「菊芋」のおいしいレシピ集(3)

「菊芋」は、私たちの食卓にそれほど馴染みのあるものではないかもしれません。 しかし低カロリーでさまざまな健康効果も期待できるので、これまでに食べたことがない方も挑戦してみる価値のある食材と言えるでしょう。 日々の食卓に上手に菊芋を取り入れられるレシピをご紹介するまとめ第3弾です!