糖尿病患者に花粉症が多いのには理由があった!糖尿病と花粉症の関係

糖尿病患者に花粉症が多いのには理由があった!糖尿病と花粉症の関係

糖尿病患者さんへ、あなたは花粉症ですか?この時期になるとマスクをしている人がどっと増える気がします。家族が花粉症、友達が花粉症、周りに花粉症の人が多くいるのではないでしょうか?日本人に多いように感じる花粉症ですが、海外と比べると特徴があります。さらに、糖尿病との関連性も。。。


糖尿病と花粉症。
この時期になると、街中でマスクをしている方が多くいますね。

友達、家族、花粉症で苦しんでいる方、少なくないんじゃないんでしょうか?

日本人に多い印象を受ける花粉症ですが、
海外と比較すると特徴があるようです。

さらに、糖尿病との関係性も、、、!

まずは、日本の花粉症人口の推移からみていきましょう!

花粉症人口の推移

日本人の花粉症人口の推移はズバリ、、、

!!!全体人工のおよそ26.5%!!!

だそうです。

10年前に比べると10%も有病率が増えています。

26%というと、4人に1人と言う計算になりますね。


また、日本人に多い印象を受ける花粉症ですが、

日本人のこの時期の花粉症と言えば、主にスギ花粉ですね。

このスギ花粉が強烈で、本当にひどい人は目も開けられない、
と言う方もいるわけですが、
実は海外では、このスギ花粉、森の中で飛ぶものであって、
人々の暮らす街にはまず、飛んでこないのです。

日本は海外に比べて、
人の住む町とスギの木が密接してしまっている、という事から、
スギ花粉症で悩まされる方が多いのです。

海外で、スギ花粉症になる方が少ない理由はここにありました。


時期別の花粉の種類

スギ:2月上旬~4月下旬、
   11月上旬~12月中旬、1月上旬

ヒノキ科:2月上旬~5月下旬

ハンノキ属:2月中旬~5月上旬

シラカンバ:4月下旬~6月上旬

イネ科:4月上旬~7月上旬、
    7月下旬~10月上旬

ブタクサ属:8月上旬~10月中旬

カナムグラ:8月中旬~10月中旬

ヨモギ属:9月


実は一年中花粉は飛んでいるんですね。

花粉症は年齢を重ねるごとに症状が増す傾向もあるので、
もし、花粉症かな?と思ったら早めに対策をする事が大事です。

糖尿病と花粉症の関係

花粉症の発症は体質によるもので、花粉が体に入るたびに作られる抗体の量が一定量を超えた時に発症します。

体質によって、花粉症になり易い人、
なりにくい人、がいるのですね。

しかし、
糖尿病患者さんの場合は、高血糖により免疫が低下してしまい、
感染症全般にかかりやすくなってしまします。

このため、糖尿病になる前は花粉症でなかった人も
突然花粉症になってしまうこともあるのです。


糖尿病患者さんが花粉症かな?と思ったら・・・

糖尿病患者さんで、
今まで症状が無かったのに突然花粉症のような症状を感じたら、
まずは、糖尿病の主治医を受診する様にしましょう。

市販で売られている、花粉症対策の薬も手に入りやすいですが、
血糖コントロールの必要な糖尿病患者さんは
血糖コントロールを乱してしまう可能性があるのです。

例えば、
花粉症対策薬によく含まれる
塩酸プソイドエフェドリンは血糖を上昇させる効果があることがわかっています。

糖尿病患者さんの花粉症の場合は、糖尿病の主治医に相談の上、
花粉症の治療薬を決めてもらったり、ご自身の状況に応じて診断をしてもらいましょう。

糖尿病と花粉症についてのまとめ

糖尿病患者さんはよく、免疫が落ちているから合併症に気を付けて!
などよく記述で書かれますが、
花粉症も同じですね。

花粉症の罹患者が多いので、花粉症症状が一般化してしまっていて、
軽度と考えがちですが、
合併症と同じです!

食事などで、免疫力の衰えを最小限に抑えることも出来ますので、
糖尿病治療をしっかりしていきましょう!

花粉に負けないように!!(^^)

糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。主な症状とスキンケアとは?

http://blue-circle.jp/articles/232

糖尿病になると皮膚のかゆみが出てくる時があります。なぜでしょうか? 高血糖が続くと免疫力が低下し、合併症を起こしやすく末梢神経・循環の機能障害から、皮膚トラブルも起こしやすくなってしまいます。 糖尿病と皮膚の関係を知り、正しいスキンケアを身につけて、かゆみ等の皮膚トラブルを未然に防ぐことが大切です。

この記事のライター

まだまだ未熟ですが管理栄養士です!
仕事でも日々の勉強でもスキルアップしていきたいと思います!

関連するキーワード


糖尿病

関連する投稿


女性には糖尿病における大きなリスクがある

女性には糖尿病における大きなリスクがある

糖尿病発症リスクに男女差があるってことは知っていましたか? 直接原因ではなく女性ホルモンが関わり内臓脂肪を増やしてしまうことです。しっかりと仕組みを知り、予防対策につなげましょう


管理栄養士が教える!〜糖尿病とおやつ〜

管理栄養士が教える!〜糖尿病とおやつ〜

糖尿病の方は良く好きなものが食べられなくなるのが辛い。それがとてもストレスになると聞きます。 しかし、ちょっとした心がけで随分気持ちが軽くなりますよ。


菊芋の効能を効率的に得よう!「菊芋」のおいしいレシピ集(4)

菊芋の効能を効率的に得よう!「菊芋」のおいしいレシピ集(4)

「菊芋」は、私たちの食卓にそれほど馴染みのあるものではないかもしれません。 しかし低カロリーでさまざまな健康効果も期待できるので、これまでに食べたことがない方も挑戦してみる価値のある食材と言えるでしょう。 日々の食卓に上手に菊芋を取り入れられるレシピをご紹介するまとめ第4弾です!


菊芋の効能を効率的に得よう!「菊芋」のおいしいレシピ集(3)

菊芋の効能を効率的に得よう!「菊芋」のおいしいレシピ集(3)

「菊芋」は、私たちの食卓にそれほど馴染みのあるものではないかもしれません。 しかし低カロリーでさまざまな健康効果も期待できるので、これまでに食べたことがない方も挑戦してみる価値のある食材と言えるでしょう。 日々の食卓に上手に菊芋を取り入れられるレシピをご紹介するまとめ第3弾です!


菊芋の効能を効率的に得よう!「菊芋」のおいしいレシピ集(1)

菊芋の効能を効率的に得よう!「菊芋」のおいしいレシピ集(1)

「菊芋」は、私たちの食卓にそれほど馴染みのあるものではないかもしれません。 しかし低カロリーでさまざまな健康効果も期待できるので、これまでに食べたことがない方も挑戦してみる価値のある食材と言えるでしょう。 日々の食卓に上手に菊芋を取り入れられるレシピをご紹介します。


最新の投稿


女性には糖尿病における大きなリスクがある

女性には糖尿病における大きなリスクがある

糖尿病発症リスクに男女差があるってことは知っていましたか? 直接原因ではなく女性ホルモンが関わり内臓脂肪を増やしてしまうことです。しっかりと仕組みを知り、予防対策につなげましょう


糖尿病をもつ人にとって安全かつ有効な運動療法とは?

糖尿病をもつ人にとって安全かつ有効な運動療法とは?

運動が必要です、糖尿病には運動が欠かせないなど耳が痛くなるほど聞く話しです。しかし運動の必要性やどんな効果があるのかなど運動に関することは、よく考えると疑問が出てくるものではないでしょうか。運動と糖尿病の関りを深く知ることで、より一層運動に興味を持つことにもなります。運動と糖尿病の関係の解説です。


糖尿病を見つけるために早めの検査を!

糖尿病を見つけるために早めの検査を!

糖尿病を早く見つけるために検査が何より大事です。糖尿病と診断されるためにどのような検査があるのでしょうか? 検査の内容と合わせて、そもそも知ってるようで意外と説明できない糖尿病についても詳しく見ていきましょう。


コレステロールの基本を知って上手にコントロール

コレステロールの基本を知って上手にコントロール

コレステロールが高いと聞けば良くない印象を持ちますが、実はとても大事な役割を持っています。コレステロールと上手に付き合うためには、基本を知ることが大切です。コレステロールの薬やサプリメントなどの情報と合わせて知識を高めましょう。


管理栄養士が教える!〜糖尿病とおやつ〜

管理栄養士が教える!〜糖尿病とおやつ〜

糖尿病の方は良く好きなものが食べられなくなるのが辛い。それがとてもストレスになると聞きます。 しかし、ちょっとした心がけで随分気持ちが軽くなりますよ。