糖尿病食事レシピ  【 野菜たっぷり麻婆春雨 】 

糖尿病食事レシピ 【 野菜たっぷり麻婆春雨 】 

糖尿病と診断されてしまった。ご家族が糖尿病。。。 食事療法が主と言われてもやり方がわからない、そんなあなたのために 糖尿病専用に、美味しく食べられる糖質オフレシピです! 冷蔵庫の残り野菜で簡単に出来ます!一人ランチにもオススメ^^


***************

1人当たりの栄養価情報
    ・カロリー   : 149kcal
    ・糖質     : 7.1g
    ・たんぱく質  : 6.7g
    ・脂質     : 8.7g

***************

~材料(2人分)~

乾燥春雨 : 30g
白菜 : 50~80g
ピーマン : 1個
長ネギ : 1/2本
豚小間肉 : 50g
★すりおろししょうが : 小匙1/2
★豆板醤 : 小匙1/2
★鶏ガラスープ : 100ml
★醤油 : 大匙1
★料理酒 : 大匙1
ごま油 : 大匙1

~作り方~

① 乾燥春雨はお湯で戻し、ザルにあけて水気を切ります。白菜は食べやすい大きさに切ります。

② ピーマンは千切りに。長ネギは斜め切りします。★の調味料を全て混ぜておきます。

③ フライパンにごま油を熱し、豚小間肉を炒めます。火が通ったらいったん取り出し、白菜、ピーマン、長ネギを炒めます。

④ 野菜に火が通ったら、豚肉と春雨をフライパンに入れ、★の調味料を入れて炒めます。水分がなくなるまで炒めたら完成♪

\コツ・ポイント/

肉が固くならないように別で炒めることと、調味料をあらかじめ混ぜておくことです^^冷蔵庫にある余り野菜でどうぞ!

この記事のライター

あおいまる編集部のIです。

関連する投稿


糖尿病について徹底解析、糖尿病の基本から未来治療まで!

糖尿病について徹底解析、糖尿病の基本から未来治療まで!

すでに日本では300万人を超えて発症している糖尿病、多くの人が知っている病名です。しかし詳しい内容は意外に知らない人が多いのではないでしょうか。ここでは糖尿病の基礎から、そして現代医療の内容までをご紹介いたします。


糖尿病食事レシピ  【 あまーい☆アスパラの胡麻和え 】  

糖尿病食事レシピ  【 あまーい☆アスパラの胡麻和え 】  

作り置きにもピッタリ!夏野菜のうまみを存分にいただける一皿です。


糖尿病の食事には塩分制限が必要?高血圧予防

糖尿病の食事には塩分制限が必要?高血圧予防

糖質ばっかりであまり気にしてなかったけど、塩分制限ってやっぱり必要? 塩分制限の重要さを集めてみました!


境界型糖尿病完治には食事や生活など自分次第で!

境界型糖尿病完治には食事や生活など自分次第で!

「境界型糖尿病」と言われてショックを抱えてませんか?食事や運動などのちょっとした日常生活の工夫で糖尿病にはならない、しかも完治する病気です。「境界型糖尿病」を知り、糖尿病から脱出しましょう。


糖尿病予防!低糖質レシピ フルーツ編~キウイ~

糖尿病予防!低糖質レシピ フルーツ編~キウイ~

糖尿病生活のため自炊をしたい!そんな時に使えるおいしいレシピをご紹介します!「血糖値上昇を抑制する栄養素」を重視したフルーツレシピ! 今回は抗酸化作用の強いキウイを主に取り上げます♪


最新の投稿



糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~関西版~

糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~関西版~

糖尿病だけど美味しいケーキ・スイーツが食べたい!糖質が少なくても上質なスイーツが食べられたら…そんな風に思う方は多いハズ! 関西圏内の美味しい低糖質スイーツ店をご紹介します!


人工透析中の食事管理。治療中でも毎日楽しく食べたい!

人工透析中の食事管理。治療中でも毎日楽しく食べたい!

人工透析中でも食事管理はとても大切です。特に、水分・タンパク質の管理は重要で、毎食バランス、摂取量を考えなければなりません。大変な食事管理の中でも食は楽しみでもあり、制限などにしばられるとストレスを感じてしまう事も。


糖質制限は朝食が肝(キモ)!効果を最大化させる方法

糖質制限は朝食が肝(キモ)!効果を最大化させる方法

糖質制限は、ダイエッターなら一度は試しみたいダイエットですね。朝食を抜くと逆に太りやすくなってしまうのをご存知ですか? 「明日からダイエット」と言っても、1日の最初に食べる食事は朝食なように、糖質制限ダイエットは朝食から大事!糖質制限ダイエットにおける朝ごはんの重要さを見直していきましょう。


糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

心臓の病気と聞けばすぐに命に関わることと当然のように認識されています。 糖尿病は膵臓に関わる病気であって心筋梗塞とは直接は結び付かないように思われますが、実は大きなかかわりを持っています。 恐ろしい心筋梗塞だからこそ病気を知り、予防を心がけましょう。