糖尿病食事レシピ【エリンギの梅しょうゆ焼き】

糖尿病食事レシピ【エリンギの梅しょうゆ焼き】

糖尿病の方でもおいしく食べられるレシピ。大好きなエリンギをたっぷり1パック使用しました♪ お弁当にもおつまみにもよく合うあっさり味です^^


***************

1人当たりの栄養価情報
    ・カロリー   : 346kcal
    ・糖質     : 2.7g
    ・たんぱく質  : 12.75g
    ・脂質     : 29.7g

***************

材料  ~二人分~

   エリンギ       1パック(3本)
   豚バラ薄切り肉  12~16枚
   梅           2個
   しょうゆ        小さじ1 
   ごま油        小さじ1/2
   料理酒        大さじ1

作り方

① エリンギは縦に4等分~6等分します。エリンギの大きさをなるべく合わせてカットしてください。

② 梅2個は種を取り除き、包丁で叩いてペースト状になるまで細かく切ります。ペースト状になった梅肉、しょうゆ、ごま油をよく混ぜあわせておきます。

③ 豚バラ薄切り肉を広げ、手順2の梅しょうゆをうすく塗ります。手前にエリンギを1切れ乗せ、豚肉を少し斜めにしながらピッタリ巻きます。

④ フライパンにサラダ油(分量外)を入れ、中火で熱します。手順3の肉巻きエリンギを、巻き終わりを下にして焼きます。

⑤ 豚肉の表面に焼色がついてきたら、料理酒大さじ1を加えて蓋をし、1分ほど蒸し焼きにします。

⑥ 蓋を開け、水分を飛ばしてカリッとなるまで炒めたら完成です♪

コツ・ポイント

梅はしょっぱい梅をオススメします。塩気が足りない場合は、食べる時にポン酢を添えるのも◎です^^

この記事のライター

あおいまる編集部のIです。

関連する投稿


糖尿病食事レシピ【 おひとり様ランチに☆厚揚げピザ決定版 】 

糖尿病食事レシピ【 おひとり様ランチに☆厚揚げピザ決定版 】 

これだけでお腹いっぱいになるのに、しっかり糖質制限できます!パパッと出来て美味しいので、是非お試しください♪


糖尿病食事レシピ【 卵豆腐の和風あんかけ 】

糖尿病食事レシピ【 卵豆腐の和風あんかけ 】

油揚げの中に卵豆腐を入れ、優しいお味のあんかけをたっぷりかけました。油揚げがだしをしっかり吸い込みます!


知らないと損してるかも?糖尿病に大事なGI値ってなに?

知らないと損してるかも?糖尿病に大事なGI値ってなに?

糖尿病について、よく知っている方も、最近勉強し始めた方も、ネットで「GI値」と言う文字、よく見かけませんか? なんとなくは分かるけど、、、実際のところよくわからない!というから多いと思います!そんな方のためにGI値徹底解説!


糖尿病食事レシピ 【 パイ生地なし★糖質オフキッシュ 】 

糖尿病食事レシピ 【 パイ生地なし★糖質オフキッシュ 】 

キッシュといえば、タルト生地を使うので糖質オフには向かない…。なので、なくしちゃいました^^十分美味しいですよ♪


糖尿病の食事治療中でもコンビニの惣菜などの中食って大丈夫?

糖尿病の食事治療中でもコンビニの惣菜などの中食って大丈夫?

最近は中食(なかしょく)という言葉が一般的に使われるようになりました。これは、スーパー・コンビニやお惣菜屋さんで調理済みの料理を買って、自宅で食べることを言います。


最新の投稿


糖尿病患者さんは要注意!痛風も予防、アルカリ性食品でふせげる?

糖尿病患者さんは要注意!痛風も予防、アルカリ性食品でふせげる?

糖尿病患者さんはいろいろな合併症を阻止しなければなりません。 なぜなら、通常よりも、病気にかかりやすくなっているからです。 今回は痛風についてです。


糖尿病食事レシピ【 おひとり様ランチに☆厚揚げピザ決定版 】 

糖尿病食事レシピ【 おひとり様ランチに☆厚揚げピザ決定版 】 

これだけでお腹いっぱいになるのに、しっかり糖質制限できます!パパッと出来て美味しいので、是非お試しください♪


糖尿病食事レシピ【 卵豆腐の和風あんかけ 】

糖尿病食事レシピ【 卵豆腐の和風あんかけ 】

油揚げの中に卵豆腐を入れ、優しいお味のあんかけをたっぷりかけました。油揚げがだしをしっかり吸い込みます!


夏間近!糖尿病患者さん夏バテに注意!

夏間近!糖尿病患者さん夏バテに注意!

暑い日々が続きますが、夏の準備はOKですか? これから楽しい夏ですが、夏バテには要注意です!


骨粗しょう症に注意。糖尿病患者さんは特に!今からできること

骨粗しょう症に注意。糖尿病患者さんは特に!今からできること

さまざまな合併症がある糖尿病ですが、意外と知られていないのが、骨粗しょう症です。 骨粗しょう症になると、骨折しやすくなるだけでなく、痛みを感じたりして運動療法が続けられなくなることもあります。