妊娠糖尿病の治療。ストレスを溜めない取り組み方

妊娠糖尿病の治療。ストレスを溜めない取り組み方

妊娠糖尿病の治療について。 妊娠糖尿病と診断されてしまった場合の治療法は大きく二つあります。それは「食事療法」「インスリン療法」です。普通の糖尿病は薬を使ったり、積極的に運動を取り入れていきますが、妊娠糖尿病の治療はどうなのでしょうか。


今回は妊娠糖尿病の治療について。

妊娠糖尿病と診断された場合、
胎児(赤ちゃん)の影響を考えて激しい運動は推奨されません。

治療は食事療法とインスリンを使った療法で行います。

【妊娠糖尿病はどんな病気?】

妊娠糖尿病は、妊娠中に血糖値が高くなったり血糖値が高い状態が初めて発見された糖代謝異常を言います。妊娠前に診断された糖尿病は含まれないのがややこしい点ですね。

妊娠糖尿病は赤ちゃんへのさまざまな影響・障害が起こる可能性のある病気なので、早めの発見、治療が必要です。

妊娠糖尿病の原因。改善のためにすべきこと

http://blue-circle.jp/articles/266

妊娠糖尿病の原因について。妊娠と言うのは女性ならではの現象であり、それだけでもホルモンバランスが崩れやすかったり、様々な不調が出やすい時期です。妊娠糖尿病の場合、糖尿病の原因とは少々異なる点もあります。今回は妊娠糖尿病の原因について。

妊娠糖尿病の主な症状は?なってしまったらどうする?

http://blue-circle.jp/articles/265

妊娠糖尿病の症状が怖い。もしもなってしまったら、、医師に危ないと言われた。 早期発見が望ましいように、事前にチェックしていることは、病気予防の第一歩です!妊娠糖尿病の症状を見ていきましょう!

妊娠糖尿病の治療

妊娠してない場合の糖尿病の治療法は、
食事療法、
運動療法、
薬剤
による血糖降下療法になりますが、
妊娠糖尿病の場合は、胎児(赤ちゃん)に影響が出る恐れがあるため、
激しい運動は推奨されません。

また、薬剤療法も胎児(赤ちゃん)に悪影響を及ぼす可能性があります。

妊娠糖尿病の食事療法

糖尿病では食事でのコントロールが基本でしたね。

妊娠糖尿病も同様です。
妊娠糖尿病の対策として食事療法や多少の食事制限は切っても切れないもので、
血糖のコントロールは基本だと言われています。
妊娠糖尿病と診断されると、まず食事療法が始まります。
食事療法のポイントを以下にまとめます。

妊娠糖尿病では過度なカロリー摂取・偏った食事には注意

お腹に子供がいるのですから、当然成長に必要な栄養の摂取は基本中の基本。

問題のない妊婦さんの摂取カロリーの30%カット程度が理想的だと言われていて、
過剰なカロリー摂取は避けた方がいいそうです。

また食事を減らし、おやつや夜食などを導入するのもいいと言われています。

妊娠糖尿病では高血糖を起こさない食べ方をすること

1日の摂取カロリーを3食で摂ると食後血糖が上がりすぎてしまう場合は分食といって、
4回~6回に分けて食べます。

また、ゆっくりよく噛んで食べる事や、
食べるものの順番を野菜→汁物→炭水化物としてみることで、
糖の吸収を穏やかにすることも効果があります。

妊娠継続と赤ちゃんのために必要な栄養素をとること

胎児の体や機能を発達させたり、母体の健康を維持するためには、
炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維のうち、
なに1つ不足してもいけません。

妊娠中の食事でなによりも重要なことは、栄養バランスを整えることです。

妊娠糖尿病の食事で絶対に気をつけたい注意点!

http://blue-circle.jp/articles/58

妊娠糖尿病を詳しくご存知ですか?妊娠中に血糖値が高くなったり、血糖値が高い状態が初めて発見された状態をいいます。 食事療法での治療が基本となりますが、どんな点が注意点なのかご紹介していきます。

妊娠糖尿病のインスリン療法

妊娠前からインスリンを使っていた人はもちろんの事、
内服薬で治療していた人も妊娠糖尿病ではインスリン療法が必要となります。

それは内服薬がおなかの赤ちゃんにとって安全とは言い切れないという事と、
内服薬では、妊娠に必要な厳格な血糖コントロールが維持できないからです。
妊娠前にインスリンに切り替えておきましょう。

「妊娠糖尿病」でも食事療法で目標の血糖値とならない場合はインスリン注射を行います。

糖尿病の妊婦さん(「糖尿病合併妊娠」と妊娠してから糖尿病と診断された人)
では強化インスリン療法を行います。
食後の高血糖のみが高くなる妊娠糖尿病の場合には、
食前に速効型あるいは超速効型インスリンを用います。

血糖を正常に保つためのインスリンの必要量は妊娠が進むにつれて増加し、
後期には妊娠前の1.5~2倍にもなります。
出産が終わると血糖値は急に低下し低血糖を起こすこともあります。
いろいろなインスリン製剤のうち、持効型溶解インスリン(レベミル、ランタス)と超速効インスリンのうち、
アピドラはおなかの赤ちゃんへの安全性がまだ確認されていません。(2011年)

妊娠糖尿病の正しい運動の仕方

妊娠中は血糖値が上がりやすくなり、
さらに胎児(赤ちゃん)へ栄養を送りこむため
母体の食事からの栄養吸収が、
非妊娠時よりも多くなります。
したがって太りやすくなってしまうのですが、
胎児への影響があるため、
激しい運動は推奨されてりりません。

妊娠中のウォーキング

妊婦さんは安静にすることを心がけるあまり、
運動不足になってしまいがち!

妊婦さんでもできる運動、それはウォーキングです。
通勤するだけ、買い物に出かけるだけでも十分な運動になります。

最近ではマタニティーウォーキングと呼ばれるようですね。

体調管理に適度な運動としてオススメです。

【体調管理と骨盤の筋肉を鍛える】
ウォーキングはほとんど身体に負担がかかりませんし、
準備物が少なく、実行しやすい運動です。
ちょっとした運動でも、お産の時に使う骨盤の筋肉を鍛える事が出来ます。

【血行を良くする】
有酸素運動を続けることで、血行を良くします。
妊婦さんに多い肩コリや、腰痛を和らげられることもあります。
また、便秘改善効果もあり、安産に繋がります。

【気分転換でストレス発散】
妊娠中は行動範囲が限られてくるので、ストレスがたまりがちですが、
ウォーキングで気分を変えて楽しく運動しましょう。

ウォーキングは安定期である妊娠16週から始めましょう。


赤ちゃんも子宮の中で安定し、
つわりも終わって妊婦さんの体調も安定してきます。

念のため、お医者さんに許可をもらうことを忘れないようにしてください。

ウォーキングが適切な運動と言っても、
妊婦さんが長時間歩くのはお勧めできません。

身体に負担をかけないように、
「5分正しいフォームで歩き、5分休憩」
などを繰り返して歩きましょう。

歩く時間は大体30分が目安ですが、
無理は禁物です。

ゆっくりとしたペースで歩いて、距離に換算すると1〜2kmくらいになります。

急な体調変化の可能性も考えると、できるだけ自宅の近くでウォーキングするのがおすすめです。

妊娠糖尿病大辞典!原因・予防法から検査方法や入院の事まで!

http://blue-circle.jp/articles/301

自分、または家族の人が「妊娠糖尿病」を指摘されて驚いていませんか? 糖尿病と縁がなくても可能性があるんです。くわしい内容を知って回避または改善を試みましょう。

妊婦のウォーキングはいつから?散歩の時間や距離、歩くときの注意点 - こそだてハック

https://192abc.com/16991

妊娠中は安静にすることを心がけるあまり運動不足になってしまいがちです。そんな妊婦さんにおすすめしたい運動が「ウォーキング」。買い物に出かけたり、通勤したりするだけでも、妊婦さんにとっては十分な運動になっています。今回は妊娠中のウォーキングについて、効果や時間、いつから初めていいのか、歩くときの注意点などをまと

この記事のライター

まだまだ未熟ですが管理栄養士です!
仕事でも日々の勉強でもスキルアップしていきたいと思います!

関連するキーワード


妊娠糖尿病

関連する投稿


妊娠糖尿病大辞典!原因・予防法から検査方法や入院の事まで

妊娠糖尿病大辞典!原因・予防法から検査方法や入院の事まで

妊娠糖尿病を突然、指摘されて驚いていませんか? 糖尿病と縁がなくても可能性があるんです。くわしい内容を知って回避または改善を試みましょう。今回は、原因から予防法・入院の事まで、幅広くまとめてみました!


妊娠糖尿病とは。妊婦なら誰にでもなりうるって本当?

妊娠糖尿病とは。妊婦なら誰にでもなりうるって本当?

妊娠糖尿病、最近増えてきたようです。 と言うのも、妊娠中は妊娠前の身体より、血糖値が下がりにくくなっているので、 血糖値のコントロールが非常に難しい!! また、糖尿病合併妊娠というのもあるので、そこの違いも詳しく見ていきましょう!


妊娠糖尿病での胎児への影響とは?胎児が低血糖になる可能性

妊娠糖尿病での胎児への影響とは?胎児が低血糖になる可能性

妊娠糖尿病により、お母さん(母体)の高血糖が続くと胎児にもさまざまな影響を引き起こす可能性があることがわかっています。今回は妊娠糖尿病のになると出産時、胎児にどのような影響があるかを解説していきます。


妊娠糖尿病と糖尿病合併妊娠の違い。どんな危険性がある?

妊娠糖尿病と糖尿病合併妊娠の違い。どんな危険性がある?

妊娠糖尿病と合併症。糖尿病合併妊娠と妊娠糖尿病とでは何がどう違って大事な赤ちゃんにはどんな影響が出てきてしまうのでしょうか? 少し分かりづらい妊娠中の合併症。糖尿病にも種類があるようです。 そこを徹底解説!


妊娠糖尿病の予防法!今すぐ始めたい糖尿病予防

妊娠糖尿病の予防法!今すぐ始めたい糖尿病予防

妊娠糖尿病の予防について!妊娠中で毎日大変な妊婦のみなさん、妊娠糖尿病が増えてきているのをご存知ですか?実は太っていなくても妊娠糖尿病はかかってしまうことがあるのです。妊娠中はいわば非日常の事がいろいろ積み重なっていますよね。そんな、心配される妊娠糖尿病の予防法をご紹介します!


最新の投稿


女性には糖尿病における大きなリスクがある

女性には糖尿病における大きなリスクがある

糖尿病発症リスクに男女差があるってことは知っていましたか? 直接原因ではなく女性ホルモンが関わり内臓脂肪を増やしてしまうことです。しっかりと仕組みを知り、予防対策につなげましょう


糖尿病をもつ人にとって安全かつ有効な運動療法とは?

糖尿病をもつ人にとって安全かつ有効な運動療法とは?

運動が必要です、糖尿病には運動が欠かせないなど耳が痛くなるほど聞く話しです。しかし運動の必要性やどんな効果があるのかなど運動に関することは、よく考えると疑問が出てくるものではないでしょうか。運動と糖尿病の関りを深く知ることで、より一層運動に興味を持つことにもなります。運動と糖尿病の関係の解説です。


糖尿病を見つけるために早めの検査を!

糖尿病を見つけるために早めの検査を!

糖尿病を早く見つけるために検査が何より大事です。糖尿病と診断されるためにどのような検査があるのでしょうか? 検査の内容と合わせて、そもそも知ってるようで意外と説明できない糖尿病についても詳しく見ていきましょう。


コレステロールの基本を知って上手にコントロール

コレステロールの基本を知って上手にコントロール

コレステロールが高いと聞けば良くない印象を持ちますが、実はとても大事な役割を持っています。コレステロールと上手に付き合うためには、基本を知ることが大切です。コレステロールの薬やサプリメントなどの情報と合わせて知識を高めましょう。


管理栄養士が教える!〜糖尿病とおやつ〜

管理栄養士が教える!〜糖尿病とおやつ〜

糖尿病の方は良く好きなものが食べられなくなるのが辛い。それがとてもストレスになると聞きます。 しかし、ちょっとした心がけで随分気持ちが軽くなりますよ。