糖質制限していると眠気がなくなる?そのメカニズムとは?

糖質制限していると眠気がなくなる?そのメカニズムとは?

糖質制限していると食後の眠気がなくなるといいます。普通、食事のあとは大きな眠気が襲ってきますよね。自分でたたいて刺激しても、眠気から脱出できないくらい。運転中なら大変なことになります。 ここでは糖質制限と眠気のメカニズムについてご説明します。どんなからくりがあるのかしっかり見てみましょう。


糖質制限を始めるにあたっては、糖尿病や高血圧、メタボなどの持病を持っている人が、それぞれの症状を悪化させないため。またはスタイル美女美男を求めてのダイエットとして用いられる方法ですね。しかし、この糖質制限にはもう一つの効果があると注目が集まっています。

栄養素から考えだされた糖質制限ともう一つの特典

身体に必要な基本栄養素3つ。
・タンパク質
・糖質
・脂肪

このうちエネルギーとして使われるのは糖質と脂肪です。そしてこの二つのうち先に使われるのが糖質です。糖質でもINよりOUTが少なければ残ってしまい、脂肪と同様に蓄えとして身体という倉庫にガッチリとストックされてしまいます。

ダイエットを望む人にとっては、最悪なケースですよね。この栄養素のシステムを踏まえて、そういうことなら、糖質をINしないで、初めから貯蔵庫の脂肪を使ってしまいましょうという概念で糖質ダイエットが注目されました。

しかし、目的はダイエットや病気の進行防止だったのですが、おまけのような特典があったのです。それが、「糖質制限をすると眠気もなくなる」ということだったのです。


血糖値?インスリン?どんなもの?

糖質が身体の中に入り込むと、血液の中に糖分として運ばれます。この血液中の糖分の量を血糖値といいます。

血糖値が上がると一生懸命に取り出して細胞に運ぼうとするインスリンが膵臓から分泌されます。インスリンは分配作業と共に、糖質を脂肪分として貯蔵する働きがあるため太る原因となります。

糖質制限と眠気とは、密接な関係があった

夜に眠いのと昼の眠気はちがうの?

夜に眠くなるのは 人間の本来の身体の正常システムです。一日を単位として、眠りと目覚めに関わるホルモンが司っています。

しかし、昼間の眠気。特に昼食を食べた後、午後の眠気には異常なほど勝てない何かの力を感じますよね。

仕上げなければならない書類を作成しようとすればするほど、目の前がぼんやりとしてくる。テストのポイントをおさえたいときに限って、机におでこが引っ張られるなど。
その昼間の眠気に加担しているのが、「血糖値」なのです。

脳の飢餓=眠気

脳は考えるときだけ使っているものではありません。身体の司令塔となるわけですから、いつも活発に活動します。その活動エネルギーになるのが、ぶどう糖という糖質です。

食事のあとには、血糖値が上がります。それを下げようと必死に働くインスリン。インスリンは糖質が多ければたくさん分泌されるので、勢い余って、血糖を下げ過ぎてしまうのです。

そのため、脳に行くべきぶどう糖が不足してしまって、眠くなるというメカニズムです。
冬に熊が冬眠することと同じですね。

ダイエット目的に糖質制限を用いて、昼食に炭水化物を摂らないとなれば、この反対となるので眠気が来ない午後をむかえることになります。まさに一石二鳥ということです。

おかしい…糖質制限しているのに眠気がおそう

前述したことが糖質と眠気のメカニズムなのですが、実はもう一つの原因があります。

主食のご飯やパンが大好きだった人が糖質制限で、全ての炭水化物を一気に遮断したとすれば、どうなるでしょう。やはりストレスが溜まりますよね。ストレスが夜間の不眠を引き起こしたりもします。

血糖そのものの作用ではなく二次的に生じるストレスが根本となっている場合もあるので、気を付けなくてはなりません。

ストレスをためない食事内容にも注目した方がいいかと思います。
いくつかの例を挙げてみました。

▪外食するなら、ハンバーグやステーキで量の満腹感を味わう。付属のポテトやコーンは残すことは忘れないでくださいね。

▪ご飯をどうしても食べたいときは、こんにゃくやカリフラワーなどを
代用としてかさましで使う。すべての炭水化物を切るのではなく、少しでも食事に取り入れて、お米を食べたという満足感を得ることも大切です。

▪朝食は必ず食べるようにしましょう。朝食を抜くと、体温が下がったり、ホルモンの働きが弱まってしまいます。そのため免疫力が落ちたり、新陳代謝が弱くなって消費カロリーが減るなどによって、ボーと感が増します。

糖質制限は、意外なところにもメリットを及ぼす

●昼間の眠気が解消されると、仕事の効率が上がりますね。
仕事のスピードも質も上がることで、残業がなくなる、上司に認められたり、営業成績が上がって、そのまま給料に反映したり。はたまた昇格までも期待できるかもしれません。

運転業務や車での移動が仕事時間に必須なのであれば、眠気による交通事故の心配もなく不安材料が減ります。

●空腹感を感じなくなるという人も多く、それに対するイライラ感も減少して、人間関係が良くなったり、自身の見解が広がったりすることもあるでしょう。

●夕食後も血糖値が上がらなければ、夜間に尿量が多くてトイレに何度も起きなければならない状況から解放されます。熟眠が保証されますので起床時にも気分が良いことになりますね。

 質の良い眠りは、自律神経のバランスを整えますので、生活においてマイナスだったことが、プラスに変わるかもしれません。

女性ならば、ダイエット中はお肌の疲労感を覚悟しなければならないところですが、糖質をおさえることで、よけいにきれいになるかもしれませんね。

糖質制限は一石二鳥

いかがでしたでしょうか?
糖質制限が眠気を抑えてこんなに生産性を上げるなんて、思いもしなかったと感じた方もいたのではないでしょうか。

糖質制限が用いられる目的は、「インスリンの作用を操縦する=病気予防やコントロールをしよう」ということなのですが、眠気を除去することにも効果があるとは、お得感たっぷりですね。

今度は逆に、眠気をおさえる目的で糖質制限する人も増えてくるかもしれません。
「糖質制限」の根本を理解して、色々なところに役立ててみるといいでしょう。

関連する投稿


ロカボ体験記(12):イオン・トップバリュの「やさしさ想いスイーツ エクレア」

ロカボ体験記(12):イオン・トップバリュの「やさしさ想いスイーツ エクレア」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はイオンPBトップバリュの「やさしさ想いスイーツ エクレア」を食べました!


ロカボ体験記(10):ローソンの「ブランのオムレット」

ロカボ体験記(10):ローソンの「ブランのオムレット」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソンの「ブランのオムレット」を食べてみたいと思います!


ロカボ体験記(9):日清の「カップヌードルナイス しょうゆ&シーフード」

ロカボ体験記(9):日清の「カップヌードルナイス しょうゆ&シーフード」

ぺたこのロカボ体験記★この記事では糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回は日清さんから出た「カップヌードルナイス ポークしょうゆ&クリーミーシーフード」のレビューです♪


ロカボ体験記(8):ローソンの「ブランのプルコギピザパン」

ロカボ体験記(8):ローソンの「ブランのプルコギピザパン」

ぺたこのロカボ体験記★この記事では糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソンの「プルコギピザパン」を食べてみたいと思います♡


ロカボ体験記(7):ファミリーマート&ライザップ「抹茶シュークリーム」

ロカボ体験記(7):ファミリーマート&ライザップ「抹茶シュークリーム」

ぺたこのロカボ体験記★この記事では糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はファミリーマートとライザップのコラボ商品「ファミマでライザップ 抹茶シュークリーム」をご紹介します!


最新の投稿


糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病になると皮膚のかゆみが出てくる時があります。なぜでしょうか? 高血糖が続くと免疫力が低下し、合併症を起こしやすく末梢神経・循環の機能障害から、皮膚トラブルも起こしやすくなってしまいます。 糖尿病と皮膚の関係を知り、正しいスキンケアを身につけて、かゆみ等の皮膚トラブルを未然に防ぐことが大切です。


放置は厳禁!糖尿病の「3大合併症」とは?

放置は厳禁!糖尿病の「3大合併症」とは?

「糖尿病は合併症の病気」「本当の怖さは合併症にある」と言われています。 病院で糖尿病だと診断されても、その初期には自覚症状はあまりないのです。ところが放置していると、数年~10年程度で非常に恐ろしいさまざまな病気を引き起こしてしまうことをご存知でしょうか。


糖尿病の方が頭痛になったら最初に読む記事

糖尿病の方が頭痛になったら最初に読む記事

今回は糖尿病と頭痛について。皆さんは頭痛に悩まされることはありますか? よく聞くのは片頭痛。片頭痛とは、頭の片側のみに発作的に発生し、脈打つような痛みや嘔吐などの症状を伴う事もあります。原因があまりわかっていないのも心配ですよね。さて、そんな片頭痛や頭痛に、糖尿病はどう関連してくるのでしょうか?


糖尿病患者に花粉症が多いのには理由があった!糖尿病と花粉症の関係

糖尿病患者に花粉症が多いのには理由があった!糖尿病と花粉症の関係

糖尿病患者さんへ、あなたは花粉症ですか?この時期になるとマスクをしている人がどっと増える気がします。家族が花粉症、友達が花粉症、周りに花粉症の人が多くいるのではないでしょうか?日本人に多いように感じる花粉症ですが、海外と比べると特徴があります。さらに、糖尿病との関連性も。。。


糖尿病による足の壊疽症状。切断しなければいけなくなる前に!

糖尿病による足の壊疽症状。切断しなければいけなくなる前に!

糖尿病による高血糖が足を崩壊してしまう壊疽。 壊疽という恐ろしい病気のメカニズムを知ることで自己の足を守りましょう。 糖尿病と足の関係を解明するとともに、フットケアについてもお伝えします。