チョコレートと血糖値!知ってるとこんなに違う!!

チョコレートと血糖値!知ってるとこんなに違う!!

チョコレートなどのお菓子を食べる際にやはり血糖値気になりますよね。 小腹がすいたとき、など食べたくなるチョコレートは血糖値にどのような影響があるのでしょうか?


チョコレートと言えば代表的なお菓子・スイーツですね。

チョコレートの原材料は
・カカオマス
・カカオバター
砂糖や香料 など

ですが、
このカカオマスに血糖値を下げる効果があるかもしれない、と言われています。

それはカカオマスに含まれるカカオポリフェノールです。


糖尿病でもチョコレートを食べても大丈夫?気にしないで食べるコツ

http://blue-circle.jp/articles/251

糖尿病でもチョコレートは食べても大丈夫?血糖値との関係をまとめてみました。 バレンタインなど、この季節になるとチョコレートを食べたくなりますね。 糖尿病でもチョコレートを上手に食べる方法があります。

チョコレートの血糖値(糖尿病)への影響は?

チョコレートの原料であるカカオマス(カカオを粉上につぶしたもの)
は昔薬として使われていたと言われます。

カカオは
チョコレートのいい香りはしますが、
砂糖を加えないと苦く、お菓子やスイーツとしては食べれません。


カカオにはカカオポリフェノールという
かなり上質な抗酸化作用を持つ成分と、
ミネラルや食物繊維も含まれていて、本来は健康に良いとされる食物です。

カカオポリフェノールは善玉コレステロールを増やして
動脈硬化を防いだりする事で知られています。

活性酸素も抑えるので、
活性酸素で起こる様々な障害を抑えこむ事が出来ます。

血糖値はGI値と深い関係にある

GI値についてご存知ですか?

GI値とは、グリセミック・インデックスの略で、その食品が体内で糖に変わり、血糖値が上昇するスピードを計ったものです。

GI値が低いほど、血糖値の上昇が緩やかで
高いとその逆になります。

当然GI値は低い方がよいので、
糖尿病の治療や、ダイエットにはGI値を把握しておきましょう。

知らないと損してるかも?糖尿病に大事なGI値ってなに?

http://blue-circle.jp/articles/45

糖尿病について、よく知っている方も、最近勉強し始めた方も、ネットで「GI値」と言う文字、よく見かけませんか? なんとなくは分かるけど、、、実際のところよくわからない!というから多いと思います!そんな方のためにGI値徹底解説!

GI値の高い食品を摂取すると
血糖値の上昇スピードが速いため、
上昇した血糖値を下げようと、体の中で多くのインスリンが分泌されます。

しかし、
インスリンには血糖値を下げようと働いた分だけ、
・脂肪を作る
・脂肪分解を抑制する
といった働きも並行して行います。


つまり、過剰のインスリンが分泌されると、
肥満の原因となってしますのです。


ところで、本題のチョコレートのGIはどのようになっているのでしょうか?

実はチョコレートのGI値は
含有されているカカオの量によって左右されます。

高いものは
GI値・・・91

(参照:フランスパン・・・93、食パン・・・91、うどん・・・85)

低いものは
GI値・・・22

とカカオの量により大分の差が出てきますね。

低いGI値のチョコレートはいわゆるブラックチョコレートと言われるものが多いようです。

ダイエットチョコレートや、
GI値を重視して作られたチョコレートも多く販売されています。

油断は禁物!いいことばかりじない高カカオチョコレート

高カカオチョコレートは
糖尿病にもいいといわれ、ついでにおいしいし毎日でも食べたいと言う方は
う少なくないと思います。

しかし高カカオチョコレートにはリスクもあります。



カカオに含まれているテオブロミンやカフェインは基本的には
脂肪の燃焼をしたりリラックス効果あり、イイとされていますが、
全体的に摂取量が増えると
興奮して眠れなくなったり、利尿作用が強く働いたりします。

小さな子供や妊婦さんが過剰摂取もの危険とされています。

カカオにはチラミンと言う成分も含まれており、
この成分は血管に作用するため、偏頭痛がある人は悪化させてしまう場合があります。

板チョコは大体100gぐらいだと思いますが、
これは1枚で一日の脂質の摂取量と等分で、
つまりこれ以外に脂肪を摂ると摂取量オーバーしてしまいます。

その為、一日に適当な量は板チョコ半分ぐらにとどめた方が良いでしょう。
いくらビターチョコレートとは言え、
痩せるつもりで却って太ったという結果になってしまっては意味がありません。

糖質制限ダイエット中「チョコレート」を上手に活用しよう

http://blue-circle.jp/articles/292

糖質制限=甘いものは厳禁!と思っていませんか?甘いものの代表格と思われている「チョコレート」実は上手に活用すればダイエットの強い味方になるんです! 糖質制限中のチョコレートの選び方、チョコレートの嬉しい効果についてまとめます。

この記事のライター

まだまだ未熟ですが管理栄養士です!
仕事でも日々の勉強でもスキルアップしていきたいと思います!

最新の投稿



糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~関西版~

糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~関西版~

糖尿病だけど美味しいケーキ・スイーツが食べたい!糖質が少なくても上質なスイーツが食べられたら…そんな風に思う方は多いハズ! 関西圏内の美味しい低糖質スイーツ店をご紹介します!


人工透析中の食事管理。治療中でも毎日楽しく食べたい!

人工透析中の食事管理。治療中でも毎日楽しく食べたい!

人工透析中でも食事管理はとても大切です。特に、水分・タンパク質の管理は重要で、毎食バランス、摂取量を考えなければなりません。大変な食事管理の中でも食は楽しみでもあり、制限などにしばられるとストレスを感じてしまう事も。


糖質制限は朝食が肝(キモ)!効果を最大化させる方法

糖質制限は朝食が肝(キモ)!効果を最大化させる方法

糖質制限は、ダイエッターなら一度は試しみたいダイエットですね。朝食を抜くと逆に太りやすくなってしまうのをご存知ですか? 「明日からダイエット」と言っても、1日の最初に食べる食事は朝食なように、糖質制限ダイエットは朝食から大事!糖質制限ダイエットにおける朝ごはんの重要さを見直していきましょう。


糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

心臓の病気と聞けばすぐに命に関わることと当然のように認識されています。 糖尿病は膵臓に関わる病気であって心筋梗塞とは直接は結び付かないように思われますが、実は大きなかかわりを持っています。 恐ろしい心筋梗塞だからこそ病気を知り、予防を心がけましょう。