糖尿病患者さん必見!飲み物の選び方

糖尿病患者さん必見!飲み物の選び方

糖尿病では飲み物も食べ物と同じように病気を発症させたり悪化させたりする要因になる場合がありますので、どういった飲み物を好むか、また、選ぶかによって身体に与える影響はずいぶん違うものなのです。 糖尿病の場合、飲み物にどんなものを選べばいいのかをポイントとともにまとめます。


まずは基本!糖尿病の際、飲み物を選ぶときに重要なポイント

まずは普段自分がよく飲む飲み物を振り返ってみましょう。

甘い飲み物やスポーツドリンクなどを好んでいませんか?
食べ物にかぎらず、飲み物でも血糖値をあげてしまうのはやはり糖質です。
つまり、糖質の摂取量を少しでも抑えるために、飲み物も糖質が抑えられたもの、または入っていないものを選ぶことが望ましいわけです。

ノンカロリー、カロリーゼロの飲料を選ぶ

ノンカロリー飲料、カロリーゼロ飲料というのはもちろん効果的です。

注意が必要なのは、ノンカロリーやカロリーゼロと表記されていても、栄養成分表示の関係で 100ml あたりの熱量が 5 kcal 未満であれば、ゼロカロリー、ノンカロリーと表記できる点。

例えば、100ml あたり、4kcal の飲料でも、ゼロと表記できるわけですから、その飲み物が、500ml の容量なら、20kcal のエネルギー量があることになります。

飲み物を飲む際には、その飲み物の詳細をよく知ってから飲むようにしましょう。

紅茶やコーヒーを飲む時は、砂糖やミルクなどは控える

コーヒー、紅茶などの砂糖やミルクを入れて飲むような飲料は、基本的に無糖ストレートの状態で飲むほうがよいでしょう。

もちろん、砂糖やミルク、低カロリー甘味料にも熱量があり、糖質であることが多いため、血糖値を上げてしまうという恐れがあります。

基本的に缶飲料のコーヒー、ミルクティーなどの飲料は避けたほうがいいかもしれません。

お酒は特に気をつける

アルコール類も避けましょう。
どうしても飲む場合は、糖質がオフのものなど、成分に注意が必要です。

基本的にお酒はひかえめを心がけましょう。なぜなら、アルコール飲料はさしたる栄養成分がないのに、糖質のカロリーがあるために血糖値を跳ね上げる効果が強いからです。

どんな飲み物がいいの?選ぶならこれ!

お水

やはり安定のノンカロリー飲料です。

そして脂肪を燃焼したり、何かと活躍する飲料です。

水は人間の身体のほとんどを創っていますので、馴染み深く最も害のない飲料だと言えるでしょう。

水の硬度が柔らかければ飲みやすいので、ミネラルウォーターなどを選ぶ際には、いろいろ調べてみるのもいいかもしれませんね。

一度に大量に飲むと体に吸収されずに尿として排泄されてしまいます。こまめに少量ずつ飲むように心がけてください。

緑茶

最近の研究によれば、コーヒーとともに生活習慣病を予防する効果があることがわかってきている高機能な飲み物です。

緑茶ポリフェノール、カテキンなどの健康効果も高く、まさに日本人向けの素晴らしい飲料だといえるのではないでしょうか?

緑茶をマウスに飲ませて運動させたところ、糖尿病の改善が見られたことが注目されています。また、緑茶ポリフェノールには、肥満を予防する効果があるとも言われています。

コーヒー

緑茶とともに、糖尿病や脳卒中などの予防効果が徐々に解明されてきている飲料です。

コーヒーに含まれるポリフェノールなどは、糖尿病を予防する効果があるとして注目を集めています。

飲むときは、ブラックが基本です。入れるのであれば少量のミルクや甘味料にしましょう。
一層注意していただきたいのが「缶コーヒー」です。
清涼飲料水と匹敵する量の砂糖が入っているものもあり、さらに自動販売機では成分を確認することもできません。コーヒーだからと言って安易に選んではいけないということですね。

また、間違えてはいけないのは、
あるのはあくまでも糖尿病の「予防効果」だということ。過去にはカフェインが血糖値を上げるという研究報告もありました。すでに糖尿病になっている方は飲み過ぎ厳禁です。

紅茶

緑茶、コーヒーが苦手な方には紅茶をお勧めします。

やはり紅茶にもポリフェノールが豊富なので、健康的な飲み物だと言えます。

これもやはり、無糖ストレートで飲むことが望ましいといえますね。

ウーロン茶

サントリーの研究センターによると、糖尿病の経口血糖降下薬を使用している糖尿病の患者さんに、毎日濃いウーロン茶を1.5L飲んでもらったところ、水を飲んだだけのグループに比べて血糖値の改善が見られたそうです。

その他糖質関係のトクホ

特定保健用食品とは、保健機能成分を含んだ食品です。科学的根拠を元に、個別に厚生労働省の認可を受けています。あくまでも食生活をサポートするものであって、大量に摂取したことによって疾病が治るようなものではありません。
普通のお茶を飲むよりはトクホのお茶の方が良い、程度に受け止めるのが良いでしょう。

糖尿病の方が気になる血糖値に関連しそうな代表的なトクホは「難消化性デキストリン」です。食物繊維の一種で、腸で糖質が吸収されるのを防ぐ効果があるといわれています。難消化性デキストリンは、脂肪の吸収を抑えるタイプのトクホにも含まれています。

糖尿病と飲み物のまとめ

ジュースや甘いコーヒー紅茶、お酒が飲めなくなって残念と気を落とす方も多いかもしれません。
ですが飲み物は食べ物と同じくらいに気をつけなければいけないものです。
少量を楽しんだり、代謝されない甘味料(ラカントやエリスリトールなど)を上手に使ってみるのも良いでしょう。

自分にあった飲み物を見つけてくださいね!

関連する投稿


糖尿病と生理(月経)。切り離せないネックな関係

糖尿病と生理(月経)。切り離せないネックな関係

糖尿病を患っている女性では、月経異常や不妊症になりやすいという結果がでています。 どういった関係があるのかわからなく不安に思う人もいるでしょう。ここでは、女性ホルモンから、糖尿病と生理のつながりをしっかりお伝えいたします。


糖尿病と脂質異常症。二つの併発は危険?その理由とは・・・

糖尿病と脂質異常症。二つの併発は危険?その理由とは・・・

関係なさそうに思う二つの疾患、脂質異常症と糖尿病が合併すると数倍の威力となって動脈硬化を亢進させます。その理由や予防策をしっかり解説いたします。


糖尿病と貧血のキーマンは腎臓だった!知っておきたい身体の事。

糖尿病と貧血のキーマンは腎臓だった!知っておきたい身体の事。

糖尿病になると合併症として挙げられる3つの病気についてはよく知られていますが、「貧血」に関わる実態に関しては多く知られていません。糖尿病を持っている人では密かに貧血が隠れていることが多いのも現状です。 糖尿病と貧血の関りを探ってみましょう。


糖尿病患者に花粉症が多いのには理由があった!糖尿病と花粉症の関係

糖尿病患者に花粉症が多いのには理由があった!糖尿病と花粉症の関係

糖尿病患者さんへ、あなたは花粉症ですか?この時期になるとマスクをしている人がどっと増える気がします。家族が花粉症、友達が花粉症、周りに花粉症の人が多くいるのではないでしょうか?日本人に多いように感じる花粉症ですが、海外と比べると特徴があります。さらに、糖尿病との関連性も。。。


糖尿病の低血糖。甘く見てはいけない知らないと本当に危険な話

糖尿病の低血糖。甘く見てはいけない知らないと本当に危険な話

低血糖を起こさないで安心して生活するためには、まずは糖尿病と低血糖に関する知識を持ちましょう。 特に糖尿病の方は治療を受けている中で、低血糖で危険な状態に陥ることもあります。 今回は低血糖の詳しい内容をお伝えいたします!


最新の投稿


糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病になると皮膚のかゆみが出てくる時があります。なぜでしょうか? 高血糖が続くと免疫力が低下し、合併症を起こしやすく末梢神経・循環の機能障害から、皮膚トラブルも起こしやすくなってしまいます。 糖尿病と皮膚の関係を知り、正しいスキンケアを身につけて、かゆみ等の皮膚トラブルを未然に防ぐことが大切です。


放置は厳禁!糖尿病の「3大合併症」とは?

放置は厳禁!糖尿病の「3大合併症」とは?

「糖尿病は合併症の病気」「本当の怖さは合併症にある」と言われています。 病院で糖尿病だと診断されても、その初期には自覚症状はあまりないのです。ところが放置していると、数年~10年程度で非常に恐ろしいさまざまな病気を引き起こしてしまうことをご存知でしょうか。


糖尿病の方が頭痛になったら最初に読む記事

糖尿病の方が頭痛になったら最初に読む記事

今回は糖尿病と頭痛について。皆さんは頭痛に悩まされることはありますか? よく聞くのは片頭痛。片頭痛とは、頭の片側のみに発作的に発生し、脈打つような痛みや嘔吐などの症状を伴う事もあります。原因があまりわかっていないのも心配ですよね。さて、そんな片頭痛や頭痛に、糖尿病はどう関連してくるのでしょうか?


糖尿病患者に花粉症が多いのには理由があった!糖尿病と花粉症の関係

糖尿病患者に花粉症が多いのには理由があった!糖尿病と花粉症の関係

糖尿病患者さんへ、あなたは花粉症ですか?この時期になるとマスクをしている人がどっと増える気がします。家族が花粉症、友達が花粉症、周りに花粉症の人が多くいるのではないでしょうか?日本人に多いように感じる花粉症ですが、海外と比べると特徴があります。さらに、糖尿病との関連性も。。。


糖尿病による足の壊疽症状。切断しなければいけなくなる前に!

糖尿病による足の壊疽症状。切断しなければいけなくなる前に!

糖尿病による高血糖が足を崩壊してしまう壊疽。 壊疽という恐ろしい病気のメカニズムを知ることで自己の足を守りましょう。 糖尿病と足の関係を解明するとともに、フットケアについてもお伝えします。