糖尿病の基礎知識・フットケアの重要性を知ろう!

糖尿病の基礎知識・フットケアの重要性を知ろう!

糖尿病患者さんの中には、足に深い傷が出来たり、足が変色して悪臭がしたりする糖尿病足病変という足の病気にかかる人がみられます。 健康な方なら不必要なケアでも、糖尿病患者さんにとっては足の切断にもつながる深刻な問題。手に比べて目にふれる機械の少ない足のケアを見ていきましょう。


糖尿病におけるフットケアの必要性

血糖値のコントロールが上手く行かず、糖尿病を発症し、悪化していくと合併症が起こります。
さらに進んでしまうと、足に潰瘍や壊疽が発症します。

このような、糖尿病を原因とした「足病変」の治療・予防をする「フットケア」が重要視されています。

フットケアという言葉はまだまだ定着はしていませんが、足は体の末端にあるものだからこそ、体の異変をいち早く知ることができる大切な部分なのです。

足は「第二の心臓」ともいわれ、糖尿病による足切断は、体の血液の循環にも大きな影響があります。
そういう意味からも、足からみた糖尿病治療はとても大切なものなのです。

糖尿病とフットケアについてよく知ることで、足切断のリスクを減らすことが出来るかもしれないのです。

足を切断すると生存率にも影響する

・靴ずれ
・水虫
・うおのめ、たこ
実はこんな小さな異変から、足の切断ははじまります。

健康な人なら放置しても大丈夫だと気にしないような、ちょっとしたことがきっかけとなってしまうのです。
糖尿病や合併症がある人、人工透析をしている人などでは、皮膚にできた亀裂や小さな傷が危険信号。
雑菌の侵入を許すこととなり、全身への感染を引き起こす可能性があります。
また、足の切断となると、日常生活に支障がおこるだけではなく、
5年後の生存率も低くなってしまうことがわかっています。

糖尿病の治療を受けている病院でフットケアが受けられない場合は、フットケア外来など、サポートしてもらえる外来を探し、定期的なケアで足をまもっていくことが必要です。

糖尿病の日常フットケアチェック項目!

毎日、足をよく観察する

外出からの帰宅時、入浴時等、足の皮膚・爪の異常の有無をチェックしましょう。
特に、傷・変色・腫れ・変形・うおのめ・たこ・ひび割れなどにチェックすることが大事です。

踵の後ろ、指の間といった、見にくい部分も鏡や家族に見てもらうなどして忘れずに観察しましょう。

毎日足を洗い、清潔を維持する

足裏、足指の間もちゃんと洗いましょう。
(スポンジか柔らかい素材のタオルで優しく洗うのが良いでしょう)
洗ったあとはよく水分を拭き取ります。
もちろん足指の間もよく拭きましょう。
皮膚の乾燥が気になる場合には、クリームを塗りましょう。

お風呂で火傷をしないよう、湯温に気をつける

入浴時の温度設定などで約40℃くらいに調節しておきます。

こたつや電気カーペットの使用に注意する

神経障害が起こっていると、熱に対する感覚も低下します。
そのため「低温やけど」を生じやすくなってしまいます。
お部屋全体を温める暖房器具を利用するようにしましょう。

裸足で歩かない

裸足で歩くと、小さな傷をつくりやすく注意する必要があります。

たこ・うおのめは病院で処置をしてもらう

たこやうおのめを自分で処理すると、傷ができて化膿したり、
潰瘍になったりすることがあります。

爪の切り方に気をつける

爪はすこしずつ、一直線に切り、仕上げはヤスリで先端を整えましょう。

深爪や、爪の角を切り込みすぎると「陥入爪」という病気になりやすくなります。
爪の角の部分や側面が周囲の組織に食い込み炎症をおこし、赤く腫れ上がるようになります。

爪の変形がある場合、爪の周囲に炎症を起こす原因になったりします。

足にあった靴を選ぶ

ウォーキングシューズのようなものや、運動靴のようなものを選びましょう。

つま先の部分が窮屈なもの、ヒールの高い靴などは履かないほうが良いでしょう。

つま先に1センチ程度の余裕があり、足にあった形の靴が良いでしょう。
クッション性があり、靴底が安定していること。
また運動や散歩のときに足が固定されるものもよいでしょう。
神経障害がある方は、履く前に靴の中に異物がないかよく確認してから履きましょう。

日々のこまめなフットケアで足病変を予防しましょう!

フットケアを怠り、高血糖の状態が長く続いてしまうと、足病変のリスクは高まってしまいます。

足病変は現在糖尿病患者さんの1~2%に見られる症状です。
日頃からの血糖コントロールや、今回ご紹介したフットケアを十分に行っていれば予防ができたり、
万が一発症しても軽度で済むことがあります。
日々のこまめなフットケアで体をいたわっていきましょう!

関連する投稿


糖尿病と腎臓病の関係。~慢性腎臓病ってどんな病気?~

糖尿病と腎臓病の関係。~慢性腎臓病ってどんな病気?~

腎臓は障害を受けた場合、二度と回復することをご存知でしたか? 予後良好への道は 透析や腎臓移植を選択するほかないという事になります。 そうなる前に私たちはどんな対策を取っておくべきなんでしょうか。


糖尿病と生理(月経)。切り離せないネックな関係

糖尿病と生理(月経)。切り離せないネックな関係

糖尿病を患っている女性では、月経異常や不妊症になりやすいという結果がでています。 どういった関係があるのかわからなく不安に思う人もいるでしょう。ここでは、女性ホルモンから、糖尿病と生理のつながりをしっかりお伝えいたします。


糖尿病と脂質異常症。二つの併発は危険?その理由とは・・・

糖尿病と脂質異常症。二つの併発は危険?その理由とは・・・

関係なさそうに思う二つの疾患、脂質異常症と糖尿病が合併すると数倍の威力となって動脈硬化を亢進させます。その理由や予防策をしっかり解説いたします。


糖尿病と貧血のキーマンは腎臓だった!知っておきたい身体の事。

糖尿病と貧血のキーマンは腎臓だった!知っておきたい身体の事。

糖尿病になると合併症として挙げられる3つの病気についてはよく知られていますが、「貧血」に関わる実態に関しては多く知られていません。糖尿病を持っている人では密かに貧血が隠れていることが多いのも現状です。 糖尿病と貧血の関りを探ってみましょう。


糖尿病患者に花粉症が多いのには理由があった!糖尿病と花粉症の関係

糖尿病患者に花粉症が多いのには理由があった!糖尿病と花粉症の関係

糖尿病患者さんへ、あなたは花粉症ですか?この時期になるとマスクをしている人がどっと増える気がします。家族が花粉症、友達が花粉症、周りに花粉症の人が多くいるのではないでしょうか?日本人に多いように感じる花粉症ですが、海外と比べると特徴があります。さらに、糖尿病との関連性も。。。


最新の投稿


糖質制限中の外食、気をつけたい5つのポイント!

糖質制限中の外食、気をつけたい5つのポイント!

糖質制限中の外食の際、自分ひとりの食事はなんとかなっても、家族や友人、会社の付き合いで食事をする機会も多くあります。そんな時もポイントさえおさえれば大丈夫!糖質制限中でも外食を楽しみましょう!


ロカボ体験記(13):ローソンの「ブランのスイートチョコロール」

ロカボ体験記(13):ローソンの「ブランのスイートチョコロール」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソンの「ブランのスイートチョコロール」をレビューします。


人工透析とたばこ。もっとも注意しなければいけないことはコレ。

人工透析とたばこ。もっとも注意しなければいけないことはコレ。

人工透析治療を導入すると、生命予後はよくなりますが、 生活スタイルが大きく変わりますね。例えば、絶対に定期的に病院へ通わなければならなければなる、食事に気を付けなければいけなる、透析中心といっても過言ではない生活になります。今回は導入前は日常のように吸っていたタバコ、透析導入と共に何か危険となってくるのしょうか?


糖尿病と腎臓病の関係。~慢性腎臓病ってどんな病気?~

糖尿病と腎臓病の関係。~慢性腎臓病ってどんな病気?~

腎臓は障害を受けた場合、二度と回復することをご存知でしたか? 予後良好への道は 透析や腎臓移植を選択するほかないという事になります。 そうなる前に私たちはどんな対策を取っておくべきなんでしょうか。


糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病になると皮膚のかゆみが出てくる時があります。なぜでしょうか? 高血糖が続くと免疫力が低下し、合併症を起こしやすく末梢神経・循環の機能障害から、皮膚トラブルも起こしやすくなってしまいます。 糖尿病と皮膚の関係を知り、正しいスキンケアを身につけて、かゆみ等の皮膚トラブルを未然に防ぐことが大切です。