糖尿病生活で毎日の食事守っておきたいお約束!~食事・基礎編~

糖尿病生活で毎日の食事守っておきたいお約束!~食事・基礎編~

糖尿病治療の基本は、食事療法です。 運動・薬物療法もありますが、やっぱり基本になるのは毎日の食事。 糖尿病食は、ダイエットにも使われますし、糖尿病予備群の方にも最適な予防法です。 今回は基本的な糖尿病食事療法のお話です。


糖尿病は自覚症状がないまま進行し、
予備群でも放置していれば必ず糖尿病になってしまうという予防しくい病気です。
だから油断大敵! あなたは大丈夫ですか?
そんな糖尿病を予防するポイントをまとめてみました。

糖尿病はなにが怖いの?

糖尿病とは、大きく分けて1型と2型に分かれます。
ここで予防できるのは日本人の糖尿病の90%以上を占める2型糖尿病です。

糖尿病とは、インスリンというホルモンが正常に働かなくなり、血糖値が下がりにくくなる病気です。
基本的には、本当にひどくなるまで症状がありません。

そこが一番厄介なポイント。
症状が無いのに、どうして予防しなきゃいけないの?
と思うかもしれません。

糖尿病で一番怖いのが合併症です。
この合併症では、失明してしまったり、思うように体が動かなくなってしまったり、
心筋梗塞などの血管の病気につながりやすくなってしまったりします。

本当に他人事ではありません。
今から気を付けておきましょう。

糖尿病の食事療法

①適正なエネルギー量の食事

1日当たりの適正なエネルギー量は、一般に男性では1,400~1,800kcal、女性では1,200~1,600kcalの範囲といわれていますが、体重や身体を動かす程度などにより異なります。自分に適したエネルギー摂取量を以下の計算式から算出してみましょう。

例)デスクワークが多い会社員男性、170cm、80kg⇒標準体重・・・1.7(m)×1.7(m)×22=63.6(kg)⇒エネルギー摂取量・・・63.6(kg)×25(~30)(kcal)=1,590(~1,908)(kcal)

②栄養バランスのいい食事

治療の基本である食事療法は、食べて良い食品や悪い食品は基本的にありません。
決められたエネルギーの中で色々な食品をとりましょう!


バランスのよい食事とは



主食(ご飯やパンなどの穀物類で主に糖質類を含む食品)



主菜(献立の中心となるおかず、魚や肉などのたんぱく質、



 脂質を含む料理)



副菜(野菜や海草、きのこ類の料理)を組み合わせた食事です。   




③規則的な食習慣

三食だいたい均等に、消化吸収と血糖値の関係から食事と食事の間隔は4~6時間程度としましょう。

食事や間食をすると、その直後から血糖値が上がります。その後、健康な人ならインスリンが十分に働いて、食後2時間もすると食べる前と同じ値まで戻ります。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は基礎的なお話でしたが、今度は具体的な応用編もご紹介しようと思います。

この内容は、
どの教科書にも載っている基本的なものです。
文面ではなく直接聞きたいという方は、機会があれば、
近くの病院の糖尿病教室へ足を運んでみてはいかがでしょうか?
一般の方でも参加できるようなものもあります♪

この記事のライター

まだまだ未熟ですが管理栄養士です!
仕事でも日々の勉強でもスキルアップしていきたいと思います!

関連する投稿


糖尿病予防!毎日使える低糖質レシピ ナッツ編(4)

糖尿病予防!毎日使える低糖質レシピ ナッツ編(4)

糖尿病生活のため自炊をしたい!そんな時に使えるおいしいレシピをご紹介します!今回はナッツ編(4)です。食事に取り入れたりおやつに取り入れたり、様々なレシピで糖尿病改善のための血糖コントロールを!


食事療法。完治を目指せ、食事で糖尿病改善に導こう!

食事療法。完治を目指せ、食事で糖尿病改善に導こう!

糖尿病の完治を目指すために一番大事なのが、食事です。具体的には食事療法といいますが、実際はどのような療法なのでしょうか?交換表が理解できない、続けるが難しい、かえってストレスを感じてしまう。様々な悩みがあると思いますが、ここで一つ復習して見ましょう! すべてがわかる丸わかり辞典2限目です。


糖尿病食事レシピ  【 あまーい☆アスパラの胡麻和え 】  

糖尿病食事レシピ  【 あまーい☆アスパラの胡麻和え 】  

作り置きにもピッタリ!夏野菜のうまみを存分にいただける一皿です。


糖尿病予防・改善に!毎日使える低糖質レシピ 豚肉編(3)

糖尿病予防・改善に!毎日使える低糖質レシピ 豚肉編(3)

糖尿病改善のため、自炊をしたいけど、毎日の食事を考えるのが大変…そんな時に使えるおいしいレシピをご紹介します!今回は豚肉編です。


糖尿病予防・改善に!毎日使える低糖質レシピ 豚肉編(2)

糖尿病予防・改善に!毎日使える低糖質レシピ 豚肉編(2)

糖尿病改善のため、自炊をしたいけど、毎日の食事を考えるのが大変…そんな時に使えるおいしいレシピをご紹介します!今回は豚肉編です。


最新の投稿


糖尿病の食事レシピ・メニューで困ったらコレ!おすすめ10

糖尿病の食事レシピ・メニューで困ったらコレ!おすすめ10

糖尿病の食事で困っている人必見! 糖尿病の方でも食べられるおいしいレシピ・メニューです! ちょっとした工夫で糖質オフだったりカロリー制限が出来ちゃいます! 食卓をいつもよりもにぎやかに♪


糖質ダイエット!糖質制限の基礎知識と様々な効果に驚き!

糖質ダイエット!糖質制限の基礎知識と様々な効果に驚き!

カロリー制限ばかりがダイエットではありません。糖質制限することはインシュリンとの関わりから見えてくる効能が大きいのです。身体の中の糖質プロセスを知って、より良いダイエットに繋げましょう。


妊娠糖尿病の食事メニュー!毎日おいしく過ごそう!

妊娠糖尿病の食事メニュー!毎日おいしく過ごそう!

妊娠糖尿病ではどんな食事メニューがよいのか? 注意点をしっかり押さえればおいしい食卓を囲めます。 注意点をおさえた、美味しく食べれる食事メニューをご紹介! 食事は生活をささえる大事な要素なのでストレスの原因にもなってします。 健康かつ、満足のいく食事を毎日摂りたいですね!


糖尿病で皮膚にはどんな影響が?皮膚乾燥の対策と気になる5大症状

糖尿病で皮膚にはどんな影響が?皮膚乾燥の対策と気になる5大症状

糖尿病と皮膚との関係について。糖尿病を発症すると合併症が起こりやすくなると言われているように、体にさまざまな症状が出てきます。 皮膚もその一つ。一般的に、糖尿病患者さんの約3割に何らかの皮膚病変が見られると言われています。今は大丈夫と思っていてもそこが落とし穴になります。


糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病になると皮膚のかゆみが出てくる時があります。なぜでしょうか? 高血糖が続くと免疫力が低下し、合併症を起こしやすく末梢神経・循環の機能障害から、皮膚トラブルも起こしやすくなってしまいます。 糖尿病と皮膚の関係を知り、正しいスキンケアを身につけて、かゆみ等の皮膚トラブルを未然に防ぐことが大切です。