糖尿病で足の症状をチェック!足からわかる初期症状

糖尿病で足の症状をチェック!足からわかる初期症状

糖尿病での足の症状についてまとめていきます。 糖尿病は、高血糖状態が続くことによって、血管・神経にダメージを及ぼしていきます。そして特に細い血管はダメージを受けやすく、様々な症状を引き起こします。 それらの症状がどのように足に影響して、どんな症状として現れるのか?見ていきましょう


自覚症状に乏しい糖尿病

糖尿病とは、血中にブドウ糖が増えすぎた状態のことで、そのままにしていると、血管にも悪影響を及ぼし、さまざまな合併症が起こります。

糖尿病は、初期の段階では、自覚症状がほとんどありません。
特に日本の糖尿病患者の9割以上にも当てはまる「2型糖尿病」の場合、進行が遅く、
大多数の人は糖尿病を発症しても気づきにくいのです。

糖尿病の発券は、
○自覚症状がある
 典型的な高血糖の症状が出て受信したという人は最近では少数派です
○合併症
 進行した合併症による何らかの症状が出て受診。中には目が見えなくなって初めて見つかったという人も
○無症状
 症状がなく見つかるケースが一番多いです
 検診や人間ドックでの発見、他の病気でかかったときに偶然発見というケースも多くあります

こんな「足」の症状が出ていたら糖尿病のサインかも?

合併症の中でも最も頻度が高く、また初期症状として気づきやすいのが足の異変です。

以下に挙げる足の症状が出ていたら、もしかするとそれは糖尿病のサインかもしれません。
足の症状が出ている人は要チェックです。

足のしびれ

足の違和感・感覚が鈍い

足がほてる・冷える

足がつりやすい・こむら返りがおこる

実は上記の症状は、糖尿病の初期症状ではありません。
自覚症状がないまま病気が進行してしまい起こる合併症の一つ、
【糖尿病性神経障害】の可能性がある症状なんです。

糖尿病になると血液中にブドウ糖が多くなり、
血液がドロドロになって流れにくくなってしまいます。
すると、末端まで血液が十分に流れることができなくなり、酸素を上手く運べなかったことによって末梢神経に異常が出るようになります。
足の温度の変化やピリピリした感じは、これが原因で起こるわけですね。

よく足に怪我をするようになっただとか、足の裏の感覚がよくわからないという方は、足の知覚異常を起こしている可能性が高いです。感覚がなくなると足に怪我をしても痛くないので気づけず、気づかずに処置も治療もしないのでばい菌などが入り、発見した頃には足が壊死……なんてことも有り得るのです。

もしこの症状に身に覚えがある方は、できるだけ早急に病院での受診をお奨めいたします。

日々の血糖コントロールをしっかりと行うことが大事

糖尿病の神経障害から進行していく「足病変」。足病変を起こさないために
もっとも重要なのは、糖尿病治療の基本である血糖コントロールです。

適切なカロリーをまもって、バランス良く栄養を摂りましょう。
ウォーキングや水泳など、日々の生活の中に適度な運動を取り入れるのも効果的です。

日々のフットチェックは欠かさずに!

「なにかおかしい!」と強く思うときには相当合併症も進んでいます。
糖尿病による足の症状が「問題がある」と感じることができないまま放置されることが
最大の原因です。

足の異変や痛みなど、早期発見が肝心です。
毎日のフットチェックを欠かさず行いましょう。

足の先がしびれたり、ぴりぴりする。
ぶつけた覚えがないのに、傷があったり、傷が治りにくい。
足がよくつる、痙攣を起こす。非常に冷たかったり暑かったりする。
いつものことだから…と軽視せず、ちょっとした前兆にも気を配ってください。

チェックするにあたって、逆に痛みや熱を感じにくくなる場合もあります。
このような場合は、自分以外の誰かに爪楊枝などで足をつついてもらうなどしてチェクすることが出来ます。

糖尿病の症状に、どのようなものがあるかを知っておけば、
普段からチェックし、早期発見することが期待できます。
日頃から足の状態は細かくチェックしておきたいですね!

関連する投稿


糖尿病と腎臓病の関係。~慢性腎臓病ってどんな病気?~

糖尿病と腎臓病の関係。~慢性腎臓病ってどんな病気?~

腎臓は障害を受けた場合、二度と回復することをご存知でしたか? 予後良好への道は 透析や腎臓移植を選択するほかないという事になります。 そうなる前に私たちはどんな対策を取っておくべきなんでしょうか。


糖尿病と生理(月経)。切り離せないネックな関係

糖尿病と生理(月経)。切り離せないネックな関係

糖尿病を患っている女性では、月経異常や不妊症になりやすいという結果がでています。 どういった関係があるのかわからなく不安に思う人もいるでしょう。ここでは、女性ホルモンから、糖尿病と生理のつながりをしっかりお伝えいたします。


糖尿病と脂質異常症。二つの併発は危険?その理由とは・・・

糖尿病と脂質異常症。二つの併発は危険?その理由とは・・・

関係なさそうに思う二つの疾患、脂質異常症と糖尿病が合併すると数倍の威力となって動脈硬化を亢進させます。その理由や予防策をしっかり解説いたします。


糖尿病と貧血のキーマンは腎臓だった!知っておきたい身体の事。

糖尿病と貧血のキーマンは腎臓だった!知っておきたい身体の事。

糖尿病になると合併症として挙げられる3つの病気についてはよく知られていますが、「貧血」に関わる実態に関しては多く知られていません。糖尿病を持っている人では密かに貧血が隠れていることが多いのも現状です。 糖尿病と貧血の関りを探ってみましょう。


糖尿病患者に花粉症が多いのには理由があった!糖尿病と花粉症の関係

糖尿病患者に花粉症が多いのには理由があった!糖尿病と花粉症の関係

糖尿病患者さんへ、あなたは花粉症ですか?この時期になるとマスクをしている人がどっと増える気がします。家族が花粉症、友達が花粉症、周りに花粉症の人が多くいるのではないでしょうか?日本人に多いように感じる花粉症ですが、海外と比べると特徴があります。さらに、糖尿病との関連性も。。。


最新の投稿


糖質制限中の外食、気をつけたい5つのポイント!

糖質制限中の外食、気をつけたい5つのポイント!

糖質制限中の外食の際、自分ひとりの食事はなんとかなっても、家族や友人、会社の付き合いで食事をする機会も多くあります。そんな時もポイントさえおさえれば大丈夫!糖質制限中でも外食を楽しみましょう!


ロカボ体験記(13):ローソンの「ブランのスイートチョコロール」

ロカボ体験記(13):ローソンの「ブランのスイートチョコロール」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソンの「ブランのスイートチョコロール」をレビューします。


人工透析とたばこ。もっとも注意しなければいけないことはコレ。

人工透析とたばこ。もっとも注意しなければいけないことはコレ。

人工透析治療を導入すると、生命予後はよくなりますが、 生活スタイルが大きく変わりますね。例えば、絶対に定期的に病院へ通わなければならなければなる、食事に気を付けなければいけなる、透析中心といっても過言ではない生活になります。今回は導入前は日常のように吸っていたタバコ、透析導入と共に何か危険となってくるのしょうか?


糖尿病と腎臓病の関係。~慢性腎臓病ってどんな病気?~

糖尿病と腎臓病の関係。~慢性腎臓病ってどんな病気?~

腎臓は障害を受けた場合、二度と回復することをご存知でしたか? 予後良好への道は 透析や腎臓移植を選択するほかないという事になります。 そうなる前に私たちはどんな対策を取っておくべきなんでしょうか。


糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病になると皮膚のかゆみが出てくる時があります。なぜでしょうか? 高血糖が続くと免疫力が低下し、合併症を起こしやすく末梢神経・循環の機能障害から、皮膚トラブルも起こしやすくなってしまいます。 糖尿病と皮膚の関係を知り、正しいスキンケアを身につけて、かゆみ等の皮膚トラブルを未然に防ぐことが大切です。