毎日摂りたい!血糖値上昇がゆるやかな食べ物~きのこ編~

毎日摂りたい!血糖値上昇がゆるやかな食べ物~きのこ編~

現代の生活習慣病のひとつとして深刻な問題となっている「糖尿病」。血糖値上昇が緩やかな食べ物ってなにがあるんだろう?と、気になる方も多いはず。ここでは代表的な食べ物きのこについてご紹介します。


血糖値上昇が緩やか!きのこ類の栄養素データ

きのこは漢方薬としても欠かせない食品群。
有名な"霊芝"、"冬虫夏草"などの生薬もきのこです。

きくらげなども薬膳などに頻繁に用いられ、病気の治療・予防に古くから効果があるものとされています。

代表的なきのこの栄養素をカンタンにおさらいしていきましょう。

しいたけ

煮物、焼き物、炒め物…ダシを取るにも優秀、一番身近なきのこと言っても良い「しいたけ」。

しいたけの栄養成分をおさらいしましょう。

・エリタデニン
エリタデニンは血中コレステロール値を低下させる作用があり、動脈硬化の予防が期待されています。
エリタデニンはきのこの中でもマッシュルーム・しいたけに含まれていて、特にマッシュルームには極微量となっているため、しいたけ特有の成分といっても過言ではありません。

・エルゴステロール
これは日光にあたるとビタミンDに変わる成分です。
天日干ししいたけなどでビタミンDが豊富になっているのはこの成分があるからですね。

・レンチナン、β-Dグルカン
がん細胞の増殖を抑えたり、免疫力を高める効果が期待されます。

えのき

炒め物など色々な料理に使われるえのきだけ。
ダイエットなどに利用されるイメージも多く、栄養があまりなさそうですが
実は栄養豊富、いろいろな効能があるのです。

・ギャバ
ストレスを軽減してくれる働きのあるアミノ酸です。
十分に睡眠がとれない時などに、えのきだけを食べると、ある程度のリラックス効果も見られてきます。

・ビタミンB1、B2
代謝に必要なビタミンです。
ビタミンB1の働きは、炭水化物を体内でエネルギーに変換してくれます。
ビタミンB2は脂質をエネルギーに変えてくれる働きがあります。

しめじ

しめじに含まれる栄養素を見ていきましょう。

・オルニチン
オルニチンは肝臓で働くアミノ酸の1種。
細胞分裂を活性化、肌の新陳代謝を促進するはたらきがあります。

・ビタミンD
ビタミンDは脂溶性のビタミンで、カルシウムを体内へ吸収するはたらきを高めるとともに、血中のカルシウムを一定に保つ働きがあります。
カルシウムだけを摂取するのではなく、ビタミンDを摂取することで、骨粗鬆症の予防が出来ます。

エリンギ

日本では比較的新顔のエリンギ。もともと海外から持ち込まれ日本で品種改良され広まりました。

・ナイアシン
血行を良くして、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがあります。

血糖値上昇抑制に効果!きのこに共通して多い「食物繊維」

どのきのこも食物繊維が非常に豊富です。
特に不溶性食物繊維がとても多いです。
便秘解消にも効果的ですし、糖の吸収を抑える効果もあります。

消化吸収がゆっくり行われることで、ブドウ糖が血液中に流れるスピードを遅くすることができ、
インスリンの分泌量が少なくて済むので、
膵臓の疲労を防ぐことが出来ます。

またきのこにはインスリンのレセプター(受容体)の働きを高めて、血糖値を下げる効果があると言われています。

糖尿病が悪化する原因のひとつとして、活性酸素が増え免疫力が低下することがあります。
きのこに含まれるBグルカンには、体の免疫力を高める働きがあります。
特にえのきやしめじにその働きが強いとされています。

冷凍してもOK!旨味・栄養価UP!

きのこは冷凍しても栄養素が失われません。
それどころか、むしろきのこの中にある水分が氷になり、細胞を破壊することによって凝縮されるのです。

一度火を通してしまうと旨味や栄養が溶け出してしまいますので、生のまま冷凍するのがポイントです。

基本は凍ったまま調理

冷凍きのこを料理にするとき気をつけたいのは「凍ったまま」使うこと。
そうすると栄養素が無駄にならず、きのこの美味しさを十分に味わえます。

自然解凍の場合は放置しすぎない

常温か冷蔵庫でゆっくりと回答していくことで傷めず調理することができます。
あまり放置しすぎると水と一緒に旨味や栄養素が逃げ出してしまいます。

まとめ

様々な栄養素が摂れ、しかも低カロリー。
食物繊維が豊富で血糖値改善にも効果が期待できるきのこは、健康の維持・増進に欠かせません。
積極的に取り入れていきたいですね。

調理方法も日本人としては馴染みが深く、日々の食卓にカンタンに追加することが出来ます。
是非毎日の食事に一工夫してきのこを積極的に食べていきましょう♪

関連する投稿


女性には糖尿病における大きなリスクがある

女性には糖尿病における大きなリスクがある

糖尿病発症リスクに男女差があるってことは知っていましたか? 直接原因ではなく女性ホルモンが関わり内臓脂肪を増やしてしまうことです。しっかりと仕組みを知り、予防対策につなげましょう


管理栄養士が教える!〜糖尿病とおやつ〜

管理栄養士が教える!〜糖尿病とおやつ〜

糖尿病の方は良く好きなものが食べられなくなるのが辛い。それがとてもストレスになると聞きます。 しかし、ちょっとした心がけで随分気持ちが軽くなりますよ。


菊芋の効能を効率的に得よう!「菊芋」のおいしいレシピ集(4)

菊芋の効能を効率的に得よう!「菊芋」のおいしいレシピ集(4)

「菊芋」は、私たちの食卓にそれほど馴染みのあるものではないかもしれません。 しかし低カロリーでさまざまな健康効果も期待できるので、これまでに食べたことがない方も挑戦してみる価値のある食材と言えるでしょう。 日々の食卓に上手に菊芋を取り入れられるレシピをご紹介するまとめ第4弾です!


菊芋の効能を効率的に得よう!「菊芋」のおいしいレシピ集(3)

菊芋の効能を効率的に得よう!「菊芋」のおいしいレシピ集(3)

「菊芋」は、私たちの食卓にそれほど馴染みのあるものではないかもしれません。 しかし低カロリーでさまざまな健康効果も期待できるので、これまでに食べたことがない方も挑戦してみる価値のある食材と言えるでしょう。 日々の食卓に上手に菊芋を取り入れられるレシピをご紹介するまとめ第3弾です!


菊芋の効能を効率的に得よう!「菊芋」のおいしいレシピ集(1)

菊芋の効能を効率的に得よう!「菊芋」のおいしいレシピ集(1)

「菊芋」は、私たちの食卓にそれほど馴染みのあるものではないかもしれません。 しかし低カロリーでさまざまな健康効果も期待できるので、これまでに食べたことがない方も挑戦してみる価値のある食材と言えるでしょう。 日々の食卓に上手に菊芋を取り入れられるレシピをご紹介します。


最新の投稿


女性には糖尿病における大きなリスクがある

女性には糖尿病における大きなリスクがある

糖尿病発症リスクに男女差があるってことは知っていましたか? 直接原因ではなく女性ホルモンが関わり内臓脂肪を増やしてしまうことです。しっかりと仕組みを知り、予防対策につなげましょう


糖尿病をもつ人にとって安全かつ有効な運動療法とは?

糖尿病をもつ人にとって安全かつ有効な運動療法とは?

運動が必要です、糖尿病には運動が欠かせないなど耳が痛くなるほど聞く話しです。しかし運動の必要性やどんな効果があるのかなど運動に関することは、よく考えると疑問が出てくるものではないでしょうか。運動と糖尿病の関りを深く知ることで、より一層運動に興味を持つことにもなります。運動と糖尿病の関係の解説です。


糖尿病を見つけるために早めの検査を!

糖尿病を見つけるために早めの検査を!

糖尿病を早く見つけるために検査が何より大事です。糖尿病と診断されるためにどのような検査があるのでしょうか? 検査の内容と合わせて、そもそも知ってるようで意外と説明できない糖尿病についても詳しく見ていきましょう。


コレステロールの基本を知って上手にコントロール

コレステロールの基本を知って上手にコントロール

コレステロールが高いと聞けば良くない印象を持ちますが、実はとても大事な役割を持っています。コレステロールと上手に付き合うためには、基本を知ることが大切です。コレステロールの薬やサプリメントなどの情報と合わせて知識を高めましょう。


管理栄養士が教える!〜糖尿病とおやつ〜

管理栄養士が教える!〜糖尿病とおやつ〜

糖尿病の方は良く好きなものが食べられなくなるのが辛い。それがとてもストレスになると聞きます。 しかし、ちょっとした心がけで随分気持ちが軽くなりますよ。